2005年08月31日

「ママ、巨人って・・・」


200508310fa487c7.jpgある親子の会話。

「あ〜あ、またテレビが野球でつぶれちゃった。巨人って弱いのにいつもテレビでやってる〜」
「今年はイマイチだけど、強いチームだったのよ」
「うそ〜ん、それいつの話?」
「いつだっけ・・・あなたが生まれた頃だったかな・・・あ、今日は阪神戦じゃないの」
「はんしん・・・知ってる!めっちゃ強いチームだねっ」
「昔は弱かったのよ」
「うそ〜ん、それいつの話?」
「いつだっけ・・・とにかく、アメリカの松井選手も巨人にいたんだから」
「あ〜、それで巨人は強かったの?」
「や〜、そういうわけじゃないんだけど・・・」
「今日のママ、おかしなことばっかりいってる」
「そお?」
「あ〜、野球終わりだって〜。最近早く終わるね〜」
「だって巨人戦、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。 」

※この会話はフィクションです。画像は本文と関係ありません。てか、しゃきっとせい!ジャイアンツ。
posted by my_cecil at 10:53| Comment(8) | TrackBack(4) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸楽苑の醤油らーめん


20050831b84b6970.jpgなんか最近ラーメンの話題が多いなぁ。。。
本来ラーメンよりお蕎麦の方が好きなんだけど、まあいいや。

さて、今回紹介するのは、幸楽苑の「あっさりコクだし醤油らーめん」です。
期間限定ですが、税込みで298円!

さて幸楽苑は、昭和29年創業当時の味をコンセプトとして、らーめん・ギョーザを中心に展開。らーめんの価格帯を390円、490円、590円、690円の4ラインに絞っているのが特徴のらーめん店。関東・東海を中心に関西にも進出。残念ながら北海道や四国・九州にはまだお店はありません。

よく幹線道路沿いにあるのを見かけますが、わたしがときどき行くのは駅前にあり、店員も女性が多く、女性のお客さんも多い入りやすい感じです。
そして、この醤油らーめんですが、おいしい!
薀蓄ラーメン店の方々に言わせるとどうなのかわかりませんけど、しつこさも妙な薄さもないスープに、しっかりとした麺、そこには何の不満もありません。だってこの値段。学食のラーメンよりいいかも(笑)。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
幸楽苑HP
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 02:55| Comment(10) | TrackBack(4) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

ぶっちゃけベンツってどうなの!?


20050830c2d19df3.jpg多くの国産車ユーザーが持つこの疑問に、わたしめが体当たり取材を敢行!
レクサスも開業ということで、日本でライバルとなるのはBMWやベンツ、アウディといったドイツ車勢。ベンツだと「Cクラス」ですね。ということでC180コンプレッサーに乗ってまいりました、といっても助手席ですが(どこが体当たりやねん。。。)。

メルセデスのCクラスってどんな車なのか。国産車と比べて見ましょ。全長は4535mmですが、ウイッシュやアリオン、プレミオが4550、ランエボ[が4490、ブルーバード・シルフィが4495。
全幅の1730mmは、レガシィと同じ。他にはウイッシュ、アクセラが1745など。
全高の1425mmは、レガシィが1435、アテンザが1430だから、やや低め。
ホイールベースの2715mmはハリアーと同値。なんとなく想像できました?
エンジンは、C180だと最高出力143ps/5200rpm、最大トルク22.4kgm/2500〜4200rpmというところ。数値的には国産車と比べて驚くようなものではありませぬ。ちなみにDOHC直4でスーパーチャージャー付き。(スーパーチャージャーというのはターボと違ってエンジンの回転を直接使う加給機です。ターボは排気を使ってタービンを回す加給機なので効き始めるのに若干のタイムラグがあります。スーパー〜はメルセデスが1923年に自動車用に実用化しました。ターボと違って低速から効き始めるのが利点)

インパネは写真の通り、上品にまとめられています。「ベンツっていうから成金っぽいんちゃうん?」という声を一蹴しそうなマジメさ。しかも黒が基本なのに地味すぎることもない。木目を使っていますが上品。どこかの赤ウッド満載の下品な車も見習ってほしい。。
さて、車が動きました。う〜ん、ATの変則ショックもほとんどない。ガッと踏まない普通の発信時だと2〜3速のとき、芯のある心地よいエンジン音がちょっと聞こえます。エアコンも音楽も止めてエンジン音に全神経を集中すれば停車時や低速からの加速時に、ヒューンという音は聞こえますが、そんな人おらんし。
基本的にはロードノイズくらいしか聞こえないといってもいいでしょう。セルシオとかの方が静かって人もいると思いますけど、セルシオって4.3のV8。直4の1.8でこんなエンジンは国内にはないと思います。しかも、数値以上に余裕たっぷりのエンジン。
もちろん安全性もばっちり。ドアを開け閉めするときの重厚な音をぜひ聞いてみてください。

ということでいいことずくめのメルセデス・ベンツCクラス。Cでこれだから上級グレードはもっとすごいんでしょうね〜。
ちなみにこのC180は約400万円です。よろしければどうぞ〜。
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOOKというチョコレート2


20050830d71e125b.jpg前にチョコレートのLOOK(不二家)が好きって書きましたけど、
ベリーアラモードグレープアラモードに加え、ナッツクリームアラモードが追加になりました!
へーゼルナッツ、アーモンド、ピスタチオ、マカダミアの4種類の味が楽しめる。もともとチョコとナッツの相性は抜群(あたりまえか〜)なので、なかなかいいよ。

ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
LOOKというチョコレート
こちらもどうぞ、LOOKというバンド
posted by my_cecil at 09:21| Comment(10) | TrackBack(3) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)を聞こう!5


2005083026dbad05.jpg1985.2.21「ALL YOU NEED IS・・・」リリース!

グッバイの3rdアルバムです。
メンバー全員の曲も揃い、スタジオにこもる時間も長くなってきました。
02がシングルです。シングルは素直に作れるアルバム作りと違い、変な気を遣って製作したようです。
野村義男の言葉遊びの要素の多い作詞もこのころから顕著になってきました。
01は後にジャニーズの後輩たちも歌う日本的なファンク曲、ヤッチンのR&Rの03、コーイチのラブリーなポップの04、ヤッチンのバラードの08、ハチロー作のインスト09など、バラエティに富んでるこのアルバムです。
続きを読む
posted by my_cecil at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

歌手・中谷美紀


200508290a8776c2.jpg歌手・中谷美紀って、
「このブログにしてはフツーじゃん?」
と思う人も多いでしょう。

96年・「食物連鎖」
97年・「cure」「vague」
98年・「ABSOLUTE VALUE」
99年・「私生活」
01年・「中谷美紀 Pure Best」「MIKI」


と、ベスト盤や企画盤を含め、ほぼコンスタントにCDをリリースしてるし「MIND CIRCUS」などヒット曲もあります。

しかし、わたしが好きな「歌手・中谷美紀」はそれより前の時代です。桜っ子クラブのあと、「KEY WEST CLUB」という女性2人ユニットを結成(うちにCDシングル2枚ありますが)、そして1993年リリースされたソロシングルが写真の「あなたがわからない」です。
レーベルは「BGMルームス(当時)」、つまりB'zと同じだし、アレンジャーは元WANDSの大島康祐さん、とくればどんな音楽かは想像つくでしょう。
これよかったなぁ〜。この3年後、世間でおなじみのシングルやアルバムがリリースされ、全然違う音楽性に多少がっかりしたものです。

まあ、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BURRN! JAPAN vol.2」(88年6月)


200508294973befc.jpg「BURRN JAPAN」の第2号です。
前回垢抜けなかった(失礼)表紙や中身が、ぐ〜んとグレードアップしました。

表紙はDEAD ENDのMORRIEです。かっこいい〜!!

インタビューは・・・
ANTHEM、PRESENCE(HIBARIとRADYが語る)、KILLER MAY(素顔に戻ったREINOが今だから話す)、 OUTRAGE、GASTANK(BAKIとTATSU)、REACTION(加藤純也ロングインタビュー)、HURRY SCUARY、CHRIST、TILT、LOUDNESS、ZIGGY、CATS IN BOOTS(初会見)、DEAD END

特集の「パワーメタルの逆襲」ではERASERHEAD、ROMMELに加え、FAST DRAWとXもインタビューがあります。Xはカラーグラビアでも取り上げられてます。
前回の「No.1」ではXは白黒1ページで、ドラマーの「林よしき」としてインタビューを受けてました。今回は「VANISHING VISION」発売と、メンバーが5人固定したということで一気にグレードアップ。

興味深いのは「パート別対談」
ベースは、DOOMのMOROTAさんとGASTANKのBABYさんです。う〜ん。。。
広告はほとんどがレコード関係。すばらしい!
Xの「VANISHING VISION」広告・・・「発売3日間で10000枚突破!いつまでもあると思うな」とのこと。
ブロンズエイジの「CATS IN BOOTS」の広告もあります。「ブロンズエイジで買うとメンバーの直筆サインプレゼント」だって。って、わたしはブロンズエイジ行きました(笑)。タイムマシンでこの頃にまた行ってみたいなぁ。。。

ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
BURRN JAPAN No.1
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 18:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽…日本のHR/HM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

「東京フレンズ」レビュー(第4話)


200508281a809b82.jpg「一番最初に描いた夢を、あなたは今も覚えてる?」

ご存知、大塚愛主演のDVDドラマ第4話。(ネタバレありなのでまだの方は見ないで)

玲(大塚愛)は依然、隆司(瑛太)のことが気になり続けるが、サバカンはフラチャの前座で北海道ツアーを行うことに。パリへの留学試験を受けながらも絵を描くことに対して迷いを感じ始めた真希(小林麻央)の前には、小橋(佐々木蔵之介)という謎の人物が現れる。涼子(真木よう子)にプロポーズをした敬太郎(北村一輝)は、皆の前でさらなる衝撃の告白を…。

物語も佳境に入ってきた第4話。真希は好きで絵を描いているはずが、留学試験のために描きたいものじゃない絵を描くことに。しかし小橋の言葉で、また描きたいものを描き始め、留学はなかったことになってしまう。留学前提で「夢の蔵」を辞めたのだが、実はニューヨークの名画廊主だった小橋にニューヨーク行きを誘われる。涼子は敬太郎と付き合いながら、一向にプロポーズされないことに悩み、酔った勢いでサバカンのメンバーと寝てしまい罪悪感に苦しむが、そんなときプロポーズされる。は瑛太ともよりを戻し、高知から弟が訪ねてくるが、夢に向かって前進する姿を見て驚く。隆司のフラチャは何億円ものプロモーションでメジャーデビュー。
気になるのは小林麻央ちゃんがものすごい鼻声なこと。公園のひろのと話すシーンは特にひどい。花粉症で苦しんでる時期の撮影と見た(笑)。
ま、ここはどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
「東京フレンズ」レビュー(第5話)
「東京フレンズ」レビュー(第1話)(第2話)
(第3話)
「東京フレンズ」公式サイト
「東京フレンズ」夢ブログ
人気blogランキングへ


posted by my_cecil at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMAGE COLLECTON Vol.46


20050828b88578ec.jpgファッション通販マガジンの「イマージュ」秋冬号です。
女性の方にはおなじみですけど、女性が必要なものは何でも(というくらい)扱ってます。わたしの知り合いはだいたいお世話になってますね〜。
イマージュは神戸の会社ですけど、カタログは相当がんばってます。一昔前の通販カタログとはちがって(今はみんなそうですけどね)、モデルはみんな有名モデルです。エビちゃん(蛯原友里)も出てる!
今回の46号では、直ちん(徳沢直子)が大特集!
徳沢直子ちゃんは「SEVENTEEN」モデルでおなじみでしたけど今では「CanCam」モデルとして大活躍です。168cmと、モデルとしては大きくないですが、抜群のプロポーションでそうは見えない。「CanCam」に移って、ヘアスタイルやメイクなども変わり、雰囲気も変わりましたけど、今回の「IMAGE」では、昔と変わらない笑顔をいっぱい披露。かわいいです。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

イマージュ・ホームページ
徳沢直子オフィシャルWebサイト
posted by my_cecil at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

伊香保温泉「湯の花饅頭」(清芳亭)


伊香保饅頭前に譲れないお菓子って書きましたがその一つ、伊香保のお饅頭がこれです。「大島の黒砂糖と本場北海道の小豆の味を活かした」風味ということですが、とにかくこしあん好きのわたしにはたまらない味です。
「湯の花饅頭」というのは伊香保でもいくつかのお店で売られてるようですが、とりあえず代表としてこちら清芳亭のをご紹介。

伊香保饅頭中身茶色の皮が薄くて、甘さ控えめなあんこがぎっしり!10こぐらいはあっという間に食べちゃいますよ☆
こんなの近所に売ってたら毎日食べつづけたあげく、とんでもないことになってるんだろうなぁ。だから温泉のように、たまにしか行かないところに売ってるんですね〜、ってそんなわけないか^^;。
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
清芳亭ホームページ

posted by my_cecil at 22:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

今週の「R25」(No.57)


050825R25・今回の表紙の色は山吹色。タイアップはなしです。

さて、今回の個人的に興味深い記事は・・・
「日比谷の地下40メートル探検」
「地震が起きたらあなたは歩いて家まで帰れる?」・・・ムリです(笑)。
「ロングインタビュー・・・柳葉敏郎」
・今週の彼女・・・新垣結衣さん

ちなみにホームページはこちら
携帯用「R25モバイル」はこちら 人気blogランキングへ
ちなみにここは、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
※ちなみにR25サイトにTBすると,他の最新記事に迷惑TBがぐっと来ます。でも来ても消さずに残すので、どういうのがそうなのか、ご覧あれ!。

posted by my_cecil at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

つくばエクスプレス開業!vol.3

さて一日たった今日は、TXがらみの別の話。TX精算機
さすがに新しい駅だけに、いろんな施設や設備が新しい。例えばこの精算機シルバーでかっこいいですね。券売機も同じようなデザインで、誰も触ってなければ画面にTX車両の画像が!

TX大開口秋葉原駅構内の大開口です。
地下の駅コンコースにこんな空間があるなんて、→なんかすごい!


TXみんなブロガー
さて、わたしがいちばん印象的だったのが、この光景!←
老若男女問わずみんな写真を撮っている
どう見ても鉄っちゃんじゃないし、家に帰って「見てみて、TXよ〜♪」なんてカップルの会話なんてないですよね。思うに、
「み〜んなブロガー!?」
あらぁ〜(@.@)

ま、ここはどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:50| Comment(6) | TrackBack(1) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

つくばエクスプレス開業!vol.2

TX車内つくばエクスプレスの車両は2種類ありまして、
秋葉原〜守谷間(直流区間)を走行するTX-1000系(直流車)と、秋葉原〜つくば間を走行するTX-2000系(交直流車)があります。
利用者から見た大きな違いは、TX-1000系が全車両ロングシートなのに対し、2000系は3、4号車にセミクロスシート(いわゆるボックスシート)があるということです。車内はワイドボディのため広々〜。うれしいのはドアの上の車内案内表示器がきちんと2種類用意されていることです。いまどこを走っているか、目的地の前後の駅は何かなど、ドア付近には広告しかない最近の電車ではわからない情報がいっぱいです。
TX線路
ホームには可動式ホーム柵があって、電車のドアと連動して開閉します。
ちまみに線路はこんな感じですが、普段はホーム柵のため見えません。
さすがに壁や地面きれいですね〜。そのうち汚れてくるのでしょう。
ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 21:55| Comment(10) | TrackBack(4) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つくばエクスプレス開業!vol.1

本日8月24日、つくば―秋葉原を結ぶ「つくばエクスプレス」が開業しました。

さっそく朝からわたし、乗ってまいりました〜。(わざわざ乗りに行ったというより、ちょっと通勤経路を変えてみたってとこ)
電車の解説は、詳しい方々にお任せします!
ちょっとだけ書くと、川崎重工製の新型車両はワンマンで動きます。ロングレールを使ってたり電車の進行がすべてセンターで制御されていたり、最新の安全かつ高速電車になっています。シートは最近流行の固めで、なかなかよし。鉄橋の上を無音で走る姿には驚嘆します。

TX鉄ちゃんsそれより、こういうイベントではやはりわたしは「人」と「建物」に興味が惹かれます。
建物というか駅設備はどこもきれい(当たり前だけど)。で、人は「毎日これで通勤してます」風にキョロキョロもせず黙々と電車を乗り降りしてます。。。
そんな中、うれしかった?のはホームの端にいる鉄ちゃんたちと報道陣。ここは秋葉原駅です。


さて、秋葉原駅を出ようとすると、長い長いエスカレーターの左に階段。そして地上近くまでものすごい長蛇の列。これは何の列?
TX長蛇の列
帰りもすごい人で切符が買えないので、日付印を押しただけの白い紙を配ってました。降りる駅で清算してくださいってことですね。

ではつづく。。。ってどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 21:11| Comment(10) | TrackBack(28) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

今だからWANDS☆12


200508235f023b84.jpg1995年4月
4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』リリース。
1年半ぶりのアルバムだが、以前のキラキラしたダンサブルロックは影を潜め、生々しいワイルドなロックにサウンドは変化。ファンの間では賛否両論分かれる作品。いつものロゴもフォントを変え,ブックレットの文字も明朝からゴシック系へ。
マニアックな話ですが,CDの帯はわたしが知る限り3種類あります。背中の文字がもともとの「WANDS」ロゴを使ったものが青と赤,それとゴシック系ロゴを使ったものです。わたしは頑張って3つ集めましたが。
そしてリリース後・・・
“LIVE-JUNK #2 PIECE OF MY SOUL”スタート。全国7ケ所、計11公演を行う。このツアーでWANDSの方向性が、オルタナティヴ・ロックに変化していることが実証される。そして、ツアー終了後、再びWANDSは自らのサウンドの熟成期間に突入。


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by my_cecil at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

「運のない女 最後の誕生日」(月曜ミステリー劇場)


運のない女最後の誕生日製作:ニチエンTBS
原案・脚本:寺田敏雄
プロデューサー:大森美孝
演出:吉田 健
編成担当:渡辺信也


キャスト:桜井幸子・萩原聖人・金田明夫・内田朝陽・宮川一朗太・北村総一朗
喜多嶋舞・中島ひろ子・濱田万葉・池津祥子・北原雅樹
・小林正寛・草野康太・宮下直紀

30歳の誕生日の夜、高村さとみ(桜井幸子)は高級マンションの一室で恋人・沢木雅也(宮川一朗太)を刺してしまう。混乱したさとみは部屋を飛び出し、しばらく彷徨った後ビルの屋上から飛び降りようとするが、躊躇った所を警備員に見とがめられ、反射的に逃げ出してしまう。  一方、さとみの去った部屋には、所轄の刑事・宮本英二(萩原聖人)が先輩刑事の曾根(金田明夫)や後輩の水谷(内田朝陽)と共に現場検証に臨んでいたが、その態度には仕事に対するやる気が全く失われていた。英二は過去の事件で心に受けた傷を引きずりながら、惰性のように刑事を続けているのだ。英二はそんな態度を曾根に怒鳴られ疎まれながらも捜査に参加し続ける。
 その頃、さとみは再び街をさすらい、再度自殺しようと踏み切りに飛び込もうとするが、その時、背後から中学の同級生だった浅野知子(濱田万葉)に声をかけられ、知子以外の同級生らにも遭遇。さとみは今夜が15年ぶりに開かれる中学時代の同窓会があることに気が付く。さとみは互いに懐かしがる同級生たちの雰囲気に呑まれるがまま、予期していなかった同窓会に出席してしまうが…。


犯人を追い詰めるサスペンスでも、謎解きを楽しむドラマでもない、ヒューマンドラマですが、最後まで緊張感を保っているいいドラマでした。萩原さんがよかった。もちろん桜井さんも
この手のドラマ、いつもだとツライのですが、時にはいいですね。北村さんもおちゃらけた風ではなくさすがだし、金田さんも適役。同窓会メンバーも、中島さんはさすがのバイプレイヤーぶりを発揮し、喜多嶋さんも久々に見た気がするし、北原さんもグレチキだな〜なんて思いながらしっかり最後まで見てしまいました。

でも、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 23:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌手・藤田朋子


200508226f6b4dfd.jpg藤田朋子さんと言えば女優。

玉川大を卒業後1987年、ミュージカル「レ・ミゼラブル」が初舞台となり、1988年には、連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」でテレビデビュー。多くのドラマに出演してきました。1996年、アラーキー撮影のヘアヌード写真集「遠野物語」を巡って出版中止の訴えを起こし、写真集は回収なんてこともありました。
「渡る世間は鬼ばかり」の五女長子(怠け者)役でもおなじみ。2ドラにもよく出演しています。2005年4月にはアコーディオン奏者の桑山哲也さんと結婚したそうです。

しかし、そんな藤田さんは歌手でもあります。
1989年「THE WOMAN IN ME」
1990年「COLORS OF LOVE」
1991年「MOMENTS」(ベスト)
1994年「Because」
と、4枚のアルバムをリリースしてます。ポール・マッカトニーのファンである藤田さんは、「笑っていいとも」で「ポール〜」といいながら大泣きし、日本中をひかせました(笑)。でもそれが功を奏し?ポール来日時の通訳も務めました。初期のアルバム2枚は全曲英語のポップスこれがなかなかいい!3枚目はこれまでの曲と、ドラマ主題歌(これは日本語詞)を集めたベスト。4枚目は、ソニーから、日本語詞のアルバム。ちなみにわたしは、ファンクラブにも入っていてコンサートや握手会、ファンの集いにも参加しました。現在では自主制作版で音楽活動をされているようです。

アルバムレビューについては、CDジャーナルさんがとっても的確なコメントを出していますので引用させていただきます。
「THE WOMAN IN ME」
TVドラマ「ノンちゃんの夢」で、全国的人気女優となった人だが、こういう一面があったのかとビックリさせられるデビュー作。ビートルズ・ナンバーやキャロル・キングの名曲を含めて、全編英語で歌っている。ポップスへの情熱が清々しい気分にさせる。
「COLORS OF LOVE」
ロック・シンガーとしての強さとアイドル的な健康美、さらにはボディコン・ギャル風の軽いノリが見事に同居した個性が輝く1枚。全曲、英語でまとめた努力にも拍手を送りたいし、今後もこの貴重なキャラクターをのばして欲しいもの。付録の写真もグッド。
「MOMENTS」
女優・藤田朋子のイメージから予想できないしっとりとした雰囲気の歌声を聴かせているバラード曲を集めたベスト。英語の歌といい、どれも気負わずに歌っている。ヴォーカルの表情はあっさり味で、バラード曲ならではの隠し味はこれからだが歌えるひと。
「Because」
大のビートルズ・フリーク(特にポール)の彼女らしく、タイトルもビートルズ・ナンバーから。(1)(2)(4)(5)(8)(9)((2)は共作)の詞はTOKO、つまり彼女自身が手がけている。多少の気負いは感じられるが、歌唱力はある。ミックスダウンはメルボルン。

ちなみに現在はすべて廃盤です!再発して〜!
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 16:19| Comment(7) | TrackBack(2) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

映画「ブレイクダンス」(84年・米)


200508214e0e67b0.jpgわたしの人生を変えた映画といっても過言ではありません。。。

出演:
ケリー…ルシンダ・ディッキー
オゾン…アドルフォ・“シャバドゥー”・キノーネス
ターボ…マイケル・“ブーガル・シュリンプ”・チェインバース
アイス-T
製作総指揮:メナハム・ゴーラン/ヨーラム・グローバス
製作:アレン・ドベヴォワース/デイビッド・ジトー
監督:ジョエル・シルバーグ
撮影:ハナニア・ベア
脚本:チャールズ・パーカー/アレン・ドベヴォーワース/ジラルド・スケイフ


ダンスに全てを賭けた若者たちの挑戦を描いた青春サクセス・ストーリー。LAを舞台に主人公のJAZZダンサーケリーは、プロを目指し、日夜,夢を追い続ける。そんな彼女がある日,友達に誘われ出向いた海岸沿いの街で,今まで見たことも無い斬新なダンス“ブレイク・ダンス”を踊る二人の青年に出会う。ストリートダンサーからハリウッドでの公演をするまでの挫折から成功までを描いた感動作。


片手ターボ物語としては普通かも知れません。でも80年代当時最先端だったブレイクダンスを,徹底的に見せまくってくれるのがありがたい。82年の『フラッシュダンス』で,ちょっとだけブレイクダンスは紹介されていたけれど,ここまでダンスを見せまくってくれた映画も初。
実際,この映画公開後,世界中でブレイクダンスムーブメントが起きました。

ブーガル・シュリンプが見せた“ほうき”を使ったパフォーマンスのシーンは,今見てもその不可思議な動きが強烈な印象を残します。写真右がそれです。ほうきそれから写真上はわかりにくいかもしれませんが、左手だけで横向きの体を支えています。
また,バトルシーンでは相手役となっているポッピンタコが披露する挑発的でクールなダンスも見所。写真下がそれです。にくたらしい表情ですが、さすがに上手い!マイケル・ジャクソンにムーン・ウォークを教えたことでも有名ですね。

ぽっぴん日本でも,この映画公開後,各地にダンスチームが続々登場。風見慎吾(現しんご)さんが「涙のTAKE A CHANCE」などに振り付けを導入したことで日本中の人たちが知るダンスとなりました。わたしも,いままでダンスといえば「社交ダンス」「ジャズダンス」しか知らず,全く興味もなかったのですが,「かっこいい」「力強い」ダンスのブレイクダンスを知り,強烈にハマッたものです。教則本やビデオなどいくつ購入したかわかりません。正直、今見ても「よくあんなことができるなぁ」というスーパーダンスが満載。それだけでもビックリ。
物語も,わたしが単純に涙し興奮するサクセスもの。何万回見たかわかりませんが,DVDになったのでいつまでも見られます。写真下は感動のシーン。感動した単純なのに毎回目頭が熱くなってしまうよ。
「2」も必見!サントラのCDも再発熱望!

しかしここは,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 21:36| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それ行け!個タク隊!!vol.17

さて、希少個人タクシーのこのコーナーももう17回目ですが、今回は「衝撃」「圧巻」「邂逅」、この3つのキーワードで、我々個タク隊員は、ある意味個タクの頂点を体感しました。
今回は
なんと
BMW745です。
BMW745front
ご存知の方には当たり前の話ですが、BMWのフラッグシップとなる最高級ラグジュアリーサルーンです。2003年11月モデルのスペックは

総排気量 :4398cc (V型8気筒DOHC32バルブ)
全長 :5030mm 全幅 :1900mm 全高 :1490mm
燃料消費率(10/15モード走行):7.9km/L
最高出力 :333ps(244.92kw) / 6100rpm
最大トルク :45.9kg・m(450.13N・m) / 3600rpm
です。そして、標準車両本体価格(東京地区)は1044.8万円というすごさ!
さて、何が「衝撃」なのかといいますと、BMWのタクシー自体超貴重なのです。ベンツやクライスラー、国産だとセンチュリーなどの個タク目撃情報は多数ありました。しかしBMWの、しかも現行で7シリーズのタクシーがあるなんて情報はほとんどなかったのです。運転手のYさんは「東京に1台」と仰ってましたが、いや、それどころか日本に何台って世界でしょう。それを発見しただけじゃなく写真に収め、実際に乗っちゃうわけですから。。
BMW745rear
さて、乗って「圧巻」!本皮シートは珍しくありませんが、ドアトリムの皮のギャザーからこぼれる間接照明を始め、インパネから天井から何もかもが、次元の違う高級な雰囲気。そして、なんと室内でジャズをかけています。
タクシー内のBGMといえばラジオが定番ですが、タクシー乗車以前はジャズをやっていたというYさん曰く、「以前乗ってたセルシオ」に比べて音がいまいち」とのこと。でもわたしが聞いた限り、音が悪いとは思えませんでした。
また、V8エンジンならではの余裕感を感じながら、うるさいエンジン音もなく強烈な加速感。あの、脳がGで後ろにひっぱられる感じです。もちろんタクシーでは初めてです。でも基本的には上品な走りっぷり。
さて、今回我々個タク隊員はたまたま止まっているこのクルマを発見しました。あと20分でもその場所にずれて到着したら、このクルマには出会えなかったでしょう。そして、今後またこのタクシーにめぐり遭うかはわかりません。そう考えるとタクシー道とは「邂逅」なりけり、と言えるかもしれません。
ある意味個タクの頂点とも言えるBMWですが、いや、まだまだつわもののタクシーは国内にあるはず。キャデラックやリンカーン、ロールスロイス、マイバッハなんていうのもあるかも知れません。名古屋にはジャガー(ジャグヮ)の個タクもあるそうですし。
個タク道、奥深し。。。
しかし、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 00:35| Comment(13) | TrackBack(2) | タクシーたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

祝!駒大苫小牧高校,優勝!


20050820a156fcf7.jpg第87回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の優勝戦は20日午後1時1分から、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われ、駒大苫小牧(南北海道)が京都外大西(京都)を5−3で破り、2年連続2回目の優勝を飾った。夏の大会連覇は1947、48年の小倉中(福岡)=学制変更で48年は小倉高=以来、57年ぶり史上6校目。京都外大西は2年連続7回目の出場で初めて優勝戦に進出したが、京都勢として56年の平安以来49年ぶり5回目の優勝はならなかった。(毎日新聞)

やりました!
いや〜,そもそも北海道は1年の半分近くが雪に覆われるために屋外スポーツは内地の人たちの半分しかできません。よって,屋外スポーツは圧倒的に弱く,甲子園でも1回戦敗退が当たり前でした。プロ野球チームも,今でこそドーム球場がありますけど,そんな土地に本拠地を置くはずもなく,ウインタースポーツ以外はなんともパッとしない土地だったのです。
しか〜し,甲子園2連覇です。以前なら考えれらなかったですよね。
北海道以外の出身者が仮に多くても,今の世の中そんなことは関係ないです。箱根駅伝でも外国人が走ってますし^^

しかし,それに比べてここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 19:31| Comment(10) | TrackBack(1) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。