2006年03月31日

おやじのタメ口

先日、博多ラーメンのお店にて。

ガラッと入ってきたオヤジ。
メニューも見ず「醤油ラーメンちょうだい」
店主が、ここは博多ラーメンしかない旨伝え丁重に謝ると、そのオヤジはメニューを見て「じゃ、これでいいや」と。

なんという無礼な客だろう。

このオヤジに限らず、口のききかたがなっていないオヤジが実に多い
サービス業に携わっていうものは、どうしてもそういうとこに敏感になるものだけど、店員が年下で女性となると、そうしたオヤジは実にえらそうだ。
マックとかでも、
「コーヒー」とだけ。
ミルクとお砂糖は…ということを聞かれると
「ああ」とか「いらない」とか。
「いりません」とか「けっこうです」とか言えないのか。
そういうオヤジどもは、会社のお偉い方にもそういう風にしゃべるの?ちがうよね。
ということは相手を見てそういうしゃべり方してるわけだ
相手より年上なら偉いのか?客だから偉いのか?
初対面なんだから
もっと上品に行動できないものかしら


ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

好きです!刑事コロンボ〜その5(ネタバレレビュー:episode4)


DeathLendsAHand第4話「指輪の爪あと」DEATH LENDS A HAND(1971年)

犯人役のロバート・カルプ(写真下)もこのあと3回(「アリバイのダイヤル」「意識の下の映像」「殺人講義」)犯人役で登場します。
また,コロンボが犯人を追い込むトラップも巧みで,そのため今作もコロンボの上位に挙げる人が多いと思います。

監督:バーナード・コワルスキー
脚本:リチャード・レビンソン、
ウィリアム・リンク
ゲストスター:ロバート・カルプ

deathlendsahand01今回の犯人は大手探偵社社長のブリマー(ロバート・カルプ)。大手新聞社の会長ケニカット(レイ・ミランド)が,年下の妻レノアの浮気調査をブリマーに頼む。浮気の事実をつかんだブリマーは,それを依頼主に隠しレノアを脅迫することにした。しかし,すべて夫に話すと反抗された彼は,衝動的にレノアを殴打して殺害。廃車置場に死体を遺棄するのだが,顔に残った指輪の爪あとにコロンボ(ピーター・フォーク)が目をつけた。皮肉にもブリマーは,ケニカットに犯人探しを依頼されるのだが…。

deathlendsahand02タイトルのdeath lends a handは直訳が「死が手を貸す」ですがlendsはlens(レンズ)との洒落でもあります。殺人を犯してしまったブリマーの眼鏡のレンズに映し出される死体遺棄のようす,最後の決め手になるコンタクトレンズなど,「レンズ」がポイントになっているからです。
カッとなりやすい犯人には同情の余地は全然なく,それだけに最後罠にかかったシーンは痛快でもあります。
毎回コロンボに関する「おもしろいシーン」がありますが,今回はゴルフを教えろということで試しに打ってみると,これがナイスショット,というシーンがあります。
傷のあとから「犯人は指輪をしている左利きの人間」,ゴルフセットを見つけて「亡くなった奥さんにはゴルフを通じての人間関係がある」などと推理する辺りは「名探偵ぶり」を発揮している彼のキャラを作ろうと言う意図が見えます。そしてそのコロンボを探偵事務所に引き抜こうとする犯人,そんな妙な人間関係もおもしろい。
my_cecil的評価・・・★★★

まあ,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
好きです!刑事コロンボ〜その1
好きです!刑事コロンボ〜その2(ネタバレレビュー:episode1)
好きです!刑事コロンボ〜その3(ネタバレレビュー:episode2)
好きです!刑事コロンボ〜その4(ネタバレレビュー:episode3)
※よかったらポチッと→人気blogランキングへ


posted by my_cecil at 17:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外(米)ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年ガソリン乗用車燃費ランキング発表とハイブリッドエンジン

インサイト国土交通省が平成17年度の燃費のよいガソリン乗用車ベスト10を発表しました。

【ガソリン乗用車(普通・小型)ベスト10】
順位・メーカー名・ 通称名・ 燃費[km/l]・ 型式・ 変速機形式・ 総排気量[cc]
1 本田技研工業(株) インサイト 36 AAA-ZE1 5MT 995
2 トヨタ自動車(株) プリウス 35.5 DAA-NHW20 CVT 1496
3 本田技研工業(株) シビックハイブリッド 31 DAA-FD3 CVT 1339
4 トヨタ自動車(株) ヴィッツ 24.5 DBA-KSP90 CVT 996
5 本田技研工業(株) フィット 24 DBA-GD1 CVT 1339
6 トヨタ自動車(株) ベルタ 22 DBA-KSP92 CVT 996
7 トヨタ自動車(株) パッソ 21 DBA-KGC10 4AT 996
7 ダイハツ工業(株) ブーン 21 DBA-M300S 4AT 996
7 日産自動車(株) マーチ 21 DBA-AK12 5MT 1240
10 三菱自動車工業(株) コルト 20.5 DBA-Z21A CVT 1332

【ガソリン乗用車(軽)ベスト10】
順位・メーカー名・ 通称名・ 燃費[km/l]・ 型式・ 変速機形式・総排気量[cc]
1 ダイハツ工業(株) ミラ 30.5 DBA-L250S 5MT 659
2 ダイハツ工業(株) エッセ 26 DBA-L235S 5MT 658
3 スズキ(株) アルト 24.5 CBA-HA24S 5MT 658
3 マツダ(株) キャロル 24.5 CBA-HB24S 5MT 658
5 富士重工業(株) R1 24 DBA-RJ1 CVT 658
5 富士重工業(株) R2 24 DBA-RC1 CVT 658
7 スズキ(株) ワゴンR 23.5 CBA-MH21S 5MT 658
7 マツダ(株) AZ-ワゴン 23.5 CBA-MJ21S 5MT 658
9 ダイハツ工業(株) ムーヴ 23 DBA-L150S 5MT 659
10 三菱自動車工業(株) ミニカ 22.5 CBA-H42A 5MT 657
10 スズキ(株) Kei 22.5 CBA-HN22S 5MT 658

前年とそれほど変動はないようです。
軽部門で前年,スズキのツインハイブリッドがトップだったのが,ツインハイブリッドの生産終了でミラがトップに繰り上がったくらい。これを見るまでもなく,やはり軽はすごい。いろいろかかる費用も考えるともっと認知されてもいいのではないかと思いますね。

当然といえば当然なのですが,普通・小型の上位3台はハイブリッド車。他のクルマがすべていわゆるコンパクトカーなのを考えると,やっぱりハイブリッドってすごいと思わざるを得ません。
ハイブリッドといえば,ハリアーは17.8,レクサスGSは14.2という燃費です。この数値を見て「なんだ,コルト以下じゃん」なんていう人はいないと思いますが,3310ccという排気量で最高出力211ps/5,600rpm,最大トルク<ネット>29.4kgm/4,400rpm,それに加えてフロントモーターが最高出力167ps/4,500rpm,最大トルク34.0kgm/0〜1,500rpm,さらにリヤモーター最高出力68ps/4,610〜5,120rpm,最大トルク13.3kgm/0〜610rpm。全部合わせると,ねっ,すごいことに。
プリウスが売れても他の多くのメーカーは別に焦りませんでした。燃費がよくても,それによって初期投資(つまりクルマの値段)が回収できるわけでもないし,色物じゃんって。しかし,ハリアーのハイブリッド化は,小排気量の小さいエンジンで大エンジン並みの高出力を持ち,なおかつ燃費もいいという,いいとこ取りのエンジンだったため,世界の多くのメーカーがあわてたわけです。
現在この技術を市販化しているのはトヨタとホンダだけですから,他のメーカーもなんとかしないとならないですが。
個人的には単なる後追いをするんじゃなく,もっと画期的な技術がでてくれば,と思います。電気・水素・・・いろいろガソリンに代わる燃料のエンジンが考え出されてきましたが,どれもそれぞれに問題があり,普及はしてませんから。

ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 10:55| Comment(4) | TrackBack(1) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

がんばれ!ローランド・グラポウ

rolandローランド・グラポウはどちらかというと日本にもゆかりのあるギタリストだけど、ぜんぜん人気ありません。「ローランドいいよね」という声、全くといっていいほど聞かないのはなぜでしょう。

まず、ローランドは日本で知られたのはHELLOWEENにカイ・ハンセンの後任として加入したときでしょう。
偉大な人の後任で、しかも無名だったのですごいプレッシャーがあったと思います。しかも、当時は英語が得意ではなかったので、無口でおとなしい人というイメージが定着。しかし、だんだん自分を出すようになり、ソロアルバムもリリース。なんかこれがよくなかったのかな。「ソロなんて出す玉じゃないくせに勘違いしている」などと思った人もいるのではないでしょうか。
しかも悪いことに、当時イングヴェイに心酔していた彼は、ネオクラシカルな速弾きを連発。曲に不必要な速弾きという印象を与え、さらに「長くて退屈な曲」をHELLOWEENで書いたこともあって、一気にイメージは悪くなりました。

HELLOWEEN脱退に伴い、あちこちから「ローランドを追い出して正解だ」という声も聞こえたほどです。何もそこまでいじめなくても。
そしてMASTERPLAN結成。「元HELLOWEENのギタリストとドラマーが中心になって結成」という情報から、それなりにファンはつきました。ヨルン・ランデという稀代の名ヴォーカリストをフロントマンに据えたことがバンドを何段も上級なものにしました。しかし、ローランドについての評価は低いままのような気がします。
MASTERPLANで彼はネオクラシカル・スタイルの速弾きギターを止め、メロディーとビブラートで聴かせるギターに転向(?)。一部の曲で速く弾いてるものの、曲を生かす方にガラッとチェンジ。
作曲も、「いかにもジャーマン」という狭い枠を脱し、メロディアスで力強いHR/HMという感じの曲が並ぶものになり、そろそろもっと評価が上がってもいいいのでは?と思います。

なんというか、他人を悪くいうことなく、ものすごいプレッシャーと戦いながら、必要以上に自分をアピールしなかった彼。判官びいきではないけれど、頑張ってほしいです。
でも,歌は歌わないほうがいいかな(笑)。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

映画「クローサー」(2004年・米)


closerマイク・ニコルズ監督の最新作。
ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の助演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演男優賞(クライヴ・オーウェン)に輝いています。

監督:マイク・ニコルズ
脚本:パトリック・マーバー
音楽:モリッシー
出演:ジュリア・ロバーツ 、ジュード・ロウ 、ナタリー・ポートマン 、クライヴ・オーウェン

ストーリー:ダン(ジュード・ロウ)は街で偶然出会ったストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)と恋に落ち、同棲(どうせい)を始めるが、フォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目惚れしてしまう。一方あることがきっかけで偶然医師ラリー(クライブ・オーウェン)もアンナに出会うが・・・。

基本的には上記の4人しか出てこない(出てこないわけじゃないけどお話に極力絡んでこない)大人の恋愛映画。セリフ回しでも気付いたけど,もともと舞台劇だったものの映画化なんですって。
さて,いろいろネットで見てみるとけっこう評価低いんですが,わたしは評価高い映画です。4人の誰にも感情移入できなかったし,しかしだからこそ冷静に「な〜にやってんの,この人」って感じで客観的に見られましたね。
でも見終わったあとの何ともいえない感じはある意味新鮮です。

最初の偶然のダンとアリスの出会い,あれ好きですね。ダンもとってもいい感じの人で,アリスもとってもキュート。しか〜し,なぜかダンはアンナに惚れてしまう。アンナは彼女(アリス)もいるダンを突き放し,エロチャットで約束の場所に来たラリーと出会う。といってもエロチャットでアンナのふりをしていたのは実はダンで,アンナはまったく無関係だったのだけど。その後アンナはラリーと結婚していたけど,実はダンのことが好きで浮気をしていた。ダンもアンナとのことがあるのでアンナに別れを告げる。アンナは行方不明に。これでめでたく結ばれるはずだったダンとアンナですが,アンナと離婚する条件としてラリーはアンナを抱く。それに気付いたダンはアンナから去ろうとするが,ふんぎりがつかない。一方アンナに去られたラリーはストリッパーとして働くアンナを発見,執拗に迫る。。。

まあ,このあともどろどろの人間関係が続きますが,不思議と乾いた感覚です。「真実」を求めるがゆえに何もかもなくしてしまうダン,一見ピュアに見えるコケティッシュなアリスが実は・・・。無表情で一見強く見えるアンナ,最初はエロチャット,次に妻に去られて落ちぶれる男,しかし,最後は計算の上に妻を(少なくても外見上は)取り戻すという宇梶・・・いやラリー人間模様が時間の経過とともに変わっていきます。「感情移入して泣きたい」という人にはおすすめできませんが,GG賞もとった宇梶・・・いやクライヴのいやらしい演技はいいです!笑

嘘で固めるわけじゃない。でも恋愛ってときには真実よりもっと大事なものがある。真実を知ってしまったとき,あるいは真実を知ろうと考えたとき,あっけなく愛は終わる。。
とにかくいろんなことを考えさせられました。

タイトルの「CLOSER」について,邦題は「クローサー」になってますが「クローザー」とも読めます。前者ならcloseの比較級で「より親しい」が普通の訳。同じcloseには「周到な」「窮屈な」「手放さない」という意味もあります。後者だと「終わらせる人」「閉ざす人」という意味です。つまり今まで以上に親しく(closer)なって今まで以上に窮屈に(closer)なり,その結果,恋愛と2人の関係を終わらせる人(closer)になるというわけで,とっても意味深なタイトルです。そう考えると,「この映画は何がいいたかったのかわかんない」という方もヒントを得られるのでは?

予断ですが,わたしはスター・ウオーズ(エピソード1〜3)をまったく見ていないので,ナタリーはナタリーとして見られました。ストリッパー役ではありますが,露出は少なめなのでそっちを楽しみにしてる人は残念ですよ(笑)

my_cecil的評価・・・★★★★

ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

「クローサー」オフィシャルサイト
クローサーBLOG
posted by my_cecil at 20:39| Comment(10) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

歌手・綾瀬はるか

綾瀬はるかのっけから何ですが、わたしは綾瀬はるかさん、それほど好きではありません。
あ〜、嫌いっていうわけではないんです。単にタイプじゃないというだけで。
(異性は当然として、同性でもなんかタイプじゃないってありますよね〜)
もちろんかわいいと思うし、女優としての実力もばっちりだと思います
そんな彼女が歌手デビューって聞いても、それほど興味はありませんでした。でも、デビューシングルはプロデューサーが小林武史さん、作詞は、今作が初の楽曲提供となるEvery Little Thingの持田香織が参加(小林武史との共作)という気合の入りよう。CDの割引券もあったので聴いてみようと思ったわけです。

聴いてみると「これはなかなかいい!」と。
興味のある声質は、小林さん曰く「声がとても柔らかく、深い」。ときどき持田さんを思わせるところもあり、でも持田さんとは違う声です(ってわかるかな〜)。小林さんらしい曲調に、これまた持田さんらしい歌詞世界、この2つに見事にマッチした声なんです。
「単に人気女優がCD出しました」なんて思われると、とってももったいないかも。アルバムも聞いてみたいと思わせるのに十分なデビューシングルです。

限定メモリアル盤であるDVD付シングルには、ショートフィルム「たべるきしない(DVD-EDITION)」を収録されています。

ついでにこちらも期間限定・ブログ主の、綾瀬さんにはかなわないけど…な写真2(笑
期間限定・ブログ主の、綾瀬さんにはかなわないけど…な写真1(笑

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

綾瀬はるか 公式ホームページ
ビクター・綾瀬はるか特設サイト

posted by my_cecil at 16:37| Comment(6) | TrackBack(4) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

第36回高松宮記念

高松宮記念続いて春のスプリント王決定戦の高松宮記念です。
今回の記念馬券は5枚。4枚はご覧の4枚であとは1番人気のシンボリグランだったわけです。

などと書いていても実は,牝馬の2頭以外は全然知らないので,ほぼ人気通りに買っただけなのです。

レースの模様も今日は仕事が忙しくまったく見ていないもので,着差やタイムだけでしか判断できないんですが,牝馬2頭(ラインクラフト,シーイズトウショウ)は強い!って改めて思いましたよ。

ま,ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 19:27| Comment(8) | TrackBack(25) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイやねん?

ナドアルシバ日本時間今朝未明UAEのナド・アルシバ競馬場(写真)ではドバイワールドカップが開催されました。
ちなみに開催日は真の国際競馬のチャンピオンシップ・デーとなり,サラブレッドで行われるG1の4レースが施行されています。
そのG1の4レースとは、ドバイワールドカップ、ドバイデューティフリー、ドバイシーマクラシック、ドバイゴールデンシャヒーン、ほかにピュアアラビアンで行われるドバイカハイラクラシックです。
さらにG2の2レースには、ゴドルフィンマイル、UAEダービーがあります。今回は各レースに日本馬が参戦していましたので,さぁ「どないやねん?」各記事から拾ってきました。

《ゴドルフィンマイル》◇国際G2◇ダート1600メートル
ユートピア(牡6、栗東・橋口)が優勝!逃げ切りで,01年にドバイシーマCを制したステイゴールド以来の日本馬で史上2頭目のドバイ重賞勝ち馬となった。
1枠1番から好スタートを決めたユートピアは、600メートルの長い直線を楽々と逃げ切った。武豊騎手(37)はゴールを待たずに手綱を押さえ、右手でガッツポーズを決めた。

heartscry.jpg
《ドバイシーマクラシック》◇国際G1◇芝2400m
ハーツクライ(牡5、栗東・橋口)優勝!
ディープインパクトに土をつけた昨年の有馬記念以上の衝撃で,2400mを逃げ切り,2着コリヤーヒルに5馬身近い差をつけての勝利。世界を驚嘆させた、史上に残る大逃亡劇だった。
 一躍、時の人となった橋口弘次郎師(60)は「今が本格化の時。次はキングジョージに行きますよ」と世界へ向けて力強く宣言。7月29日に英国で行われるキングジョージ6世&ダイヤモンドDS(G1、芝2400m=アスコット)への参戦を表明した。

《ドバイワールドC》◇ダート2000m◇国際G1
カネヒキリ(牡4、栗東・角居)残念!5着
状態は万全だった。前走より数段いいレベルまで仕上げた。ドバイの速い流れに対応するための用意も周到だった。世界の頂点には立てなかったが、カネヒキリの海外挑戦はまだ始まったばかり。今後は芝のG1、6月21日にロイヤルアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズS(英G1、芝約2092m)も視野に入れている。
ちなみにスターキングマン(O・ペリエ騎乗)は8着だった。
《ドバイゴールデンシャヒーン》(G1、ダート1200m)のアグネスジェダイ(牡4、栗東・森)は6着。
《ドバイデューティフリー》(G1、芝1777m)ハットトリック(牡5、栗東・角居)12着、アサクサデンエン(牡7、河野)最下位の15着。
《UAEダービー》(G2、ダート1800m)フラムドパシオン(牡3、栗東・角居)は惜しくも3着。

ハーツクライすごいですねぇ。ディープインパクトを破っただけのことはある,ってこれで認識されることでしょう。今回いちばん期待されていたカネヒキリは残念ですが,これも競馬。あきらめずにまたチャレンジしてほしいです。
ところで,UAEはイスラム教国ということで馬券の販売購入は一切なしだそうです。たまたまドバイに行ってきた(しかもWC前に帰国した)知人のドバイ土産「EMIRATES DATES」を食べております。

ま,ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 11:22| Comment(10) | TrackBack(15) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

2005 MY HM/HR 人気投票


BURRN!4月号HM専門誌「BURRN!」でおなじみの2005年人気投票を自分でもやってみました。ちょうど4月号がその発表でしたね。
とりあえず苦労して作ってはみたものの、日替わりで順位は変わっちゃうんだよね^^;

GROUP : JUDAS PRIEST
VOCALIST : Fred Hendrix/TERRA NOVA
GUITARIST : Gary Holt/EXODUS
BASSIST : Eric Langlois/CRYPTOPSY
DRUMMER :  Flo Mounier/CRYPTOPSY
KEYBOARDS PLAYER : Janne Warman/CHILDREN OF BODOM
LIVE PERFORMANCE IN JAPAN : JUDAS PRIEST
BEST ALBUM : 『Shovel Headed Kill Machine』EXODUS
BEST TUNE : 『Keep Your Heart Broken』 THE RASMUS
BEST SONGWRITER : THE RASMUS
BRIGHTEST HOPE : BULLET FOR MY VALENTINE
BEST ALBUM COVER : 『ESCAPE』 TERRA NOVA
BEST DVD : 『ALIVE 2』 ANTHRAX
SHINING STAR : Jon Bon Jovi
PLEASURE : JUDAS PRIEST復活&来日
BORE : SENTENCED来日なく解散

《グループ》
 メタル・ゴッドです。なんだかんだで彼らの役割は大きすぎます。
《ヴォーカル》
 Rob Halfordのライヴのオーラはすごかったけど歌はねぇ。やはり声や歌い方が好きなこの方!
《ベーシスト》
 ドラマーとともにこの方々を。もはや人間ではありませぬ。
《ドラマー》
 もはや人間業を超え神の域に。いや,神様でもこうはいくまい。
《ジャパンライヴ》
 去年は彼らしか見られなかったので。
《アルバム》
 たっくさんあって一番迷いましたが,なんだかんだで一番のヘヴィローテーションになったこれを。
《チューン》《ソングライター》
 これとアルバム部門は日によって違うと思いますが,アルバムがよかったのと,「そこまで来る!?」というメロディの煽情力で決定。
《ブライテスト・ホープ》
 ROOSTERと迷いましたが,こっちの方が好みなので。
《アルバム・カヴァー》
 たくさんありますが,単純にキレイ!
《DVD》
 実はこれしか買ってません(汗)
《キーボードプレイヤー》《スター》
 彼らしか思いつかん!(笑)

とまぁ、とりあえずこんな感じですが、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

Soweluさんを聴こう!

sowelu平たく言えばR&B系女性シンガーということになるのかも知れませんが、Sowelu(ソエル)さん。もっともっと注目されてもいんじゃないかって思っております。

Soweluさんはアイリッシュ系アメリカ人とのクオーターで東京生まれの23歳。一昔前のR&B女性シンガーって歌は上手いけどルックス的にはちょっと…というケースが多く(って誰のことだ!?)、しかし彼女は小柄ながらキュートなルックスに加えて出るとこは出た?、昔で言う「トランジスターグラマー」な女性。

簡単にアルバムリリースを中心とした略歴をHPからの引用で組み立てますと…
2001年11月1日 Sowelu誕生。Soweluとは…北欧に古くから伝わるルーン文字で太陽を意味する。その名の通り、ポジティブなエネルギーと真っ直ぐな輝きを持った女性シンガーの登場。
2002年1月、コンピレーション・アルバム「SMOOTH」に無名の新人ながらもその才能・実力を高く評価されプレ・デビュー楽曲「across my heart」が収録、話題となる。
2002年5月、CHEMISTRYや韓国のアーティスト達との歴史的なコラボレート作品(日韓共同2002FIFA W杯サッカーの公式テーマソング)「Let's Get Together Now」を「Voices of KOREA/JAPAN」のメンバーとして開・閉幕式やオフィシャルコンサートで披露。
2003年4月17日 デビュー曲「beautiful dreamer」をリリース。タイアップの全くついていない新人アーティストにも関わらずオリコンチャート初登場20位をマークする。
2003年6月25日 1stアルバム「Geofu(ギューフ)」リリース。オリコン・アルバム・チャート初登場第5位を記録、30万枚のロングヒットとなる。
2005年1月7日 2ndアルバム「SWEET BRIDGE」リリース。オリコンチャート最高位5位を記録。20万枚を超えるセールスとなる。
2005年7月20日 さまざまなアーティストとのコラボレーション作品を収録したアルバム「Heads or Tails ?」がオリコン・ウィークリーアルバムチャートで10位を記録しスマッシュヒットとなる。


HPより正直1stアルバムは比較的同じトーンの曲が多く、よく聴いてたものの超お気に入りとはいえませんでした。しかし、2ndアルバムの充実度はどうだ!これはすごい。メリハリのある構成。1曲1曲の完成度の高さ
そして、これはすべての音源にいえることだけど、R&B系と言っても「ごっつい声」とは対極にある声質。「かわいい声」ではあるけど甘ったるくなく、セクシーさもあり、コケティッシュでもあり
そしてときどきのある一定の音(というか声)が「藤田朋子さん声」なんですよ。往年のTOKOさんファンなら納得できるはず。
コラボレーションのアルバムもいい!(でもこのアルバム、なんでこんなに音おっきいの?)個人的には「Get Ready-Nite 2 Remember-」が超いい曲だと思うぞ。
HPには本人からのメッセージがブログ的に載ってますけど、そこからの画像もどうぞ。↑どうだ!このかわいらしさ!

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

Sowelu オフィシャルHP

追記:この記事アップのすぐあと、彼女の曲が月9主題歌に決定!

posted by my_cecil at 23:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

探偵ナイトスクープのDVD


ナイトスクープBOXテレビ好きの人なら,自分の傑作テレビ番組史において欠かすことのできない番組がいくつもあると思います。この番組を挙げる人はかなり多いと思われる,それが「探偵ナイトスクープ」
関西地区では驚異的な視聴率を誇るこの番組ですが,関東ではテレビ朝日の深夜にやったりやらなかったりで結局やらなくなってしまいました。
数々の爆笑&感動エピソードは何度見ても面白く,それゆえ,ときどきやる「爆笑傑作選」も毎回面白く見られるのです。

そしてついに「探偵!ナイトスクープ DVD Vol.1&2 BOX」の発売日が6月2日に決定しました!単品でも「探偵!ナイトスクープ DVD Vol.1」「探偵!ナイトスクープ DVD Vol.2」が同時発売!(Vol.1:2,980円、 Vol.2:2,980円、 BOX:5,960円)

気になる内容は・・・

第1巻 88分
『謎の爆発卵』
『母乳でケーキ作り』
『四十八茶を飲んだ犯人』
『ネコザメよし子』
『栗饅頭を食べたい』
『膳所の恐怖の食堂』
『北野誠の小ネタ』

第2巻 103分
『マネキンと結婚したい!』
『カメムシと文さん』
『噛みつく犬と散歩』
『コーヒー牛乳への旅』
『屋根裏の巨大生物』
『素晴らしき車椅子の旅』
『桂小枝の爆笑小ネタ集』

どうです?ファンなら「あ,あれあれ」と思い出すものばかり。これは買いでしょ。ちなみに Vol.3,4は2006年7月発売予定だそうです。

ま,ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。 

posted by my_cecil at 20:08| Comment(8) | TrackBack(1) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

「ウルトラセブン」を考える(3)〜第42話「ノンマルトの使者」


真市安らかにウルトラセブンには興味深いエピソードが豊富ですが,これはいかがでしょう。「ノンマルトの使者」。いろいろな意味で考えさせられる作品です。

どういうストーリーかといいますと・・・
 海岸で休暇を楽しむアンヌのところに一人の少年がやってきて,「あれをやめさせろ」と海底開発基地センターの船上基地になっているシーホース号を指差していう。「やめさせないと大変なことになる」とも。そしてその後,事情がよくわからないアンヌとダンの目前でシーホース号は爆発炎上,乗組員は全滅してしまう。
 「事件を予告してきた少年」としてウルトラ警備隊は少年を捜す。そんなときマナベ参謀のもとに少年から電話が。「海底はノンマルトのものなんだ」「人間が、海底を侵略したら、ノンマルトは断然闘うよ」といい,切れる電話。
 少年を捜しに近くの海岸近くの学校へ向かうダンの表情は固い。彼の故郷M78星雲では、地球人のことをノンマルトと呼んでいる。それはどういう意味だろうか・・・と考えるダン。
 学校には少年はいなかったが偶然海岸で少年ー真市を発見するアンヌ。彼女に少年は「ずっとずっと大昔にノンマルトは人間より前に地球に住んでいたが,人間から海に追いやられてしまった。人間は今では自分たちが地球人だと思ってるけど,本当は侵略者だ」と言い放つ。そして怪獣が現れるが警備隊が退治。ほっとする警備隊のもとにまたもや少年から電話。「ウルトラ警備隊が退治したのはノンマルトではなく怪獣ガイロスである。ノンマルトはこれから行方不明のイギリスの原子力潜水艦を使って地上攻撃をする」という内容だった。
 真市少年を確保しようと追いかける防衛隊員をノンマルトらしき生物がレーザー光線で倒す。原潜により攻撃が始まる。それを阻止しようとホーク1号も攻撃。しかし逆にやられてしまう。ダンもセブンに変身しようとするが,行く手行く手に真市が立ちふさがり「ノンマルトがやられるから攻撃をやめて」という。
海岸 怪獣ガイロスまでが再度登場し。ダンは「真市君!僕は闘わなければいけないんだ」というと、真市の目の前でウルトラアイを着眼する。ガイロスを倒すセブン。一方原潜を攻撃する警備隊のハイドランジャーは,ノンマルトの海底都市らしきものを発見。隊長キリヤマは「もし宇宙人の侵略基地だとしたら、ほうっておくわけにはいかん…我々人間より先に地球人がいたなんて・・・そんなばかな・・・やっぱり攻撃だ」と考え都市を壊滅させて帰る。キリヤマは叫ぶ「海底も我々人間のものだ」と。

 戦いが終わり帰ろうとするダンとアンヌの前にまたも真市が現れ「ウルトラ警備隊のばか」と怒りに震え叫び,いなくなる。
 海辺で2年前に息子を亡くしたという婦人が墓標で手を合わせている。その墓標には「真市安らかに」と書かれていた。
真市は霊となって、ノンマルトの使者として地上に現われていたのだ。しかしノンマルトが本当に地球の原住民だったのか?すべてが消滅してしまった今,それは永遠の謎となってしまった・・・。

人間は自分たちこそが地球人だと思っています。猿から進化して,今では地球上の生物の頂点にいると思っています。しかし,実は地球には人間よりも前にノンマルトという先住民がいて,かれらを海底に追いやって地球を乗っ取った,そして今度はそのノンマルトを攻撃し壊滅させた・・・という仮説なのです。ダン(セブン)は,もしそれが本当なら,自分はその侵略者(=人間)の手伝いをしていることになる・・・ということで悩むのです。そしてその仮説は,真実とも虚偽だともわからぬまま終幕を迎えるのです。

本土と沖縄の話をモチーフにできたストーリーとのことですが,子供向け作品とは思えない後味の悪さです。ノンマルトを滅ぼしたキリヤマ隊長も,ファンの間では,この作品でさらに「鬼」と扱われることになりました(笑)。
アンヌそれはそうと,アンヌとダンがそろって休暇でバカンスを楽しんだり,いろいろと貴重なシーンも多く,ファンならずとも評価の高い一作です。右は冒頭で砂に埋まっているアンヌ隊員の写真。実にかわいいですね。前回も書きましたが,「セブン」の評価を高めている要因の一つが彼女の存在であることはいうまでもありませんね。
と言ってもここ、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

こちらもどうぞ→ウルトラセブンを考える(1)
「ウルトラセブン」を考える(2)

それ行け!個タク隊!!vol.34

エルグランド前全国のタクシーファンのみなさ〜ん、またまた個タク隊がやって来たわよ〜。
だあれ?個タク隊が来なくて寂しい、なんていってる坊やは。そんな坊やを今日はこの車でなぐさめてアゲル☆
と、我ながらキモクなってきたので(笑)冗談はおいといて。今回は日産エルグランドです!
この車は、国内最大級3列シートワゴンとして人気の2代目。フロントマスクをはじめとして、押しの強いスタイリングで、トヨタアルファードと並ぶ国産のミニバン・キング。座ってみるとわかりますが、運転するより後席でリラックスしてる方が圧倒的に快適な車。
エルグランド後ろまさにタクシーにもってこいなわけですね。大きい車体にちょうちんがカワイイですね〜。これからこういうワゴンタクシー、どんどん増えてくるだろうと思います。
ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
*ついでにこちら↓(個タク隊バックナンバー)もどうぞ*
vol.1光岡ガリューvol.2日産セレナvol.3トヨタUCF31セルシオvol.4トヨタマークXvol.5日産ティーノvol.6日産V35スカイラインvol.7マツダアテンザvol.8トヨタ初代プリウスvol.9ヒュンダイXGvol.10トヨタACV30カムリvol.11トヨタ110系マークU、日産V35、UCF31セルシオvol.12日産Y33シーマvol.13トヨタファンカーゴvol.14マツダGF8Pカペラvol.15光岡ガリュー2vol.16マツダセンティアvol.17BMW745vol.18トヨタ現行プリウスvol.19日産プレサージュvol.20メルセデスベンツCクラスvol.21トヨタJZS160アリストvol.22トヨタ20系セルシオvol.23トヨタJZS170クラウンアスリートvol.24日産F50シーマvol.25ボルボS80vol.26日産フーガvol.27日産ティアナvol.28ZEROクラウンアスリートvol.29先代BMW740番外編・クラウンコンフォートvol.30三菱デボネアvol.31クラウンエステート番外編・日個連と東個協vol.32トヨタアバロンvol.33日産PG-50プレジデント

※ポチッとな→人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 03:23| Comment(10) | TrackBack(0) | タクシーたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

白蛇喝采2〜「SLIDE IT IN」

slideitinUK1984年リリースの、あの全米、いや、世界制覇の足がかりをつくった作品です。
前作「Saints and Sinners」でb.voだったメル・ギャレーがgとして参加。bはニール・マーレイからコリー・ホッジキンソンに、drはイアン・ペイスからコージー・パウエルへチェンジ。いまいち冴えなかった前作をはるかに上回る会心の出来。キャッチ―な02、10などを始め、比較的コンパクトで渋すぎない大人のHRが実現。

01. Gambler
02. Slide It In
03. Standing in the Shadow
04. Give Me More Time
05. Love Ain't No Stranger
06. Slow an' Easy
07. Spit It Out
08. All or Nothing
09. Hungry for Love
10. Guilty of Love


David Coverdale (vocals)
Micky Moody (guitar)
Mel Galley (guitar/vocals)
Colin Hodgkinson (bass)
Cozy Powell (drums)
Jon Lord (keyboards)

本作がアメリカ発売ということになって、まだまだ渋く地味な音像にリミックスが、一部のパートに再録が施されることになりました。
slideitinUSメンバーも、ミッキー・ムーディの代わりにジョン・サイクス、コリーの代わりにニールが戻り、それぞれのパートも部分的に差し替えになりました。そして曲順も大幅に変更。キャッチ―な曲が両面のトップを飾りマイナー調の曲が両面のラストを締める構成に。
さらにギターやキーボードの音が大きく変わり、かなり明るい音になりました。

01. Slide It In
02. Slow an' Easy
03. Love Ain't No Stranger
04. All or Nothing
05. Gambler
06. Guilty of Love
07. Hungry for Love
08. Give Me More Time
09. Spit It Out
10. Standing in the Shadow

David Coverdale (vocals)
Jon Lord (keyboards)
Mel Galley (guitar/vocals)
John Sykes (guitar)
Neil Murray (Bass)
Cozy Powell (drums)

上のメンバーを見てください。オールスターメンバーと言っても過言じゃないです。まあ、彼らはツアーのたびにオールスターになってますけどね。
ちなみにこのUS版は、何曲か集めて日本では発売されています。10曲まるごと聴きたい人はアメリカ盤をゲットすべし。
これを聴くと次作「サーペンス・アルバス」が、「ブルーズ基調のHRバンド」からの突然変異なんかではないことがよくわかります。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

映画「エイプリルの七面鳥」(2003年・米)

エイプリルの七面鳥急遽DVDを借りることになり、友人(女)におすすめ映画を訪ねたところ、彼女が勧めてくれたのがこの映画でした。
結論からいうと「見てよかった!」
です。

監督・脚本:ピーター・ヘッジズ
音楽:ステフィン・メリット
出演:ケイティ・ホームズ 、パトリシア・クラークソン 、オリヴァー・プラット 、デレク・ルーク 、アリソン・ピルほか


エイプリル(ケイティ・ホームズ)はゴスメイクにパンキッシュないでたち。元彼は麻薬の売人で、妹の髪を焼いたり母の乳房にかみつくなど、母・ジョーイ(パトリシア・クラークソン)にとってはいい思い出はあまりない。今は家族と離れNYのアパートにボーイフレンドのボビー(デレク・ルーク)と一緒に暮らしている。
今日は感謝祭。家族をアパートに招待している。というのも仲の悪い母がガンで、これが最後の感謝祭になりそうなのだ。ボビーが外出したため一人で七面鳥を焼こうとするエイプリル。しかしオーブンが壊れていて、アパートの住人にオーブンを借りようと奮闘する。
一方、かわいくはないが優等生の妹をはじめ家族は父親の運転する車でNYへ向かう。。

と、まあ、こんな地味なお話なんだけど、細かいとこまで見ると実に気がきいてる。個人的な細かい感想をいくつか。
まずボビーが実にいい人。気を利かせて調味料入れを買ったが、実はそれは幼かったエイプリルが母に「あなたより高価だ」と言われてたものと同じもの。「いくらだった?」と聞かれ「安くはないよ」とごまかすがエイプリルの気迫に「50セントだった」と答えてしまうところ。エイプリル孤軍奮闘の元になった外出だけど、それはこの日のためのスーツ調達のためだった。帰り道、エイプリルの元彼とその仲間に囲まれ、そういうことかと悟り「Let's go」というところ。かっこい〜!
それからアパートの住人たち。「前途ある白人の若い娘がどんなtroubleを抱えてるのか、聞いてみたいもんだわ」と一笑にふした黒人夫婦が、エイプリルの話を聞いて涙し、協力する。「どうせ言葉が通じなくてダメさ」などと言われてた中国人一家が総動員で協力してくれる。一方、普通っぽく見える白人たちはどいつもこいつもダメ。菜食主義の女性、犬好きの神経質な男、猫だらけの家の男などなど。エイプリルの家族だって、「父に似てるらしい」はずのボビーが黒人で(しかもケガをしている)引いてしまったり。でも最後は人種なんて関係ないことを示してくれるんだけど。
エイプリルの料理っぷりもかわいい。玉ねぎの皮がむけずに果物ナイフで切り落とす。眉間にしわを寄せて力任せに腕を振り落とすマッシュポテト。
呆けの入った祖母もいい。悪い口をきいてしまったジョーイに対して「あなただれ?」「私の知っている娘は優しくて〜」といい、「今はちがうの」と答えるジョーイに「じゃ知らない」とか、「エイプリルは死んだと思ってた」とか呆けだかそうでないんだかわからないセリフを言う。
でもこの映画の一番の核は、仲が悪く会ってなかった母と娘の心の動きだろうなぁ。
朝なかなか起きないエイプリル。きっと前の日眠れなかっただろうし、わかっていてもなかなか体が動かなかったんだろうなぁ。母は母で、7時に目覚ましが鳴って姿が見えない、と思ったらもう準備万端で車の助手席に座っている。7時に準備が出来てるってことはもっと早くから起きていたんだろうし、眠れなかったに違いない。ガン(途中胸の写真が出るシーンがあるので乳ガンだろう)の薬の副作用で、度重なる吐き気や気分のアップダウンが襲う。トイレのシーンで髪もカツラだとわかるし。車を停めさせておいて「みんな考えておいて。エイプリルに気づかれず料理を捨てる方法を」なんていうユーモアはウケルけど。「エイプリルはおっぱいをかんだ。ガンもそのせい」などといい帰ろうとするなど、母もすんなりとはNYに行こうとしない。エイプリルも座席カードに「MOM」と書くけど、すぐ破り捨て「JOY」と母の「名前」にするなど、すぐには「ママ〜」なんて気にはならない。それでも階段に飾り付けをし、ベッドカバーをテーブルクロスにしたりしながら準備を進める。中国人一家に感謝祭の話を何度も話し直しながら「(白人も先住民も)お互いを必要としていた」と言い直す。叩き捨てたあの調味料入れもテーブルに戻し、心を整えていくのです。。
そしてレストランのトイレで、若い母親と娘のやりとりを偶然見た母ジョーイの表情。それは昔のエイプリルと自分のよう。この80分のドラマがこの表情にすべて集約されているかも知れません。
そしてセリフのない写真で語られるラスト。和気藹々とした家族の様子が唐突に思える人もいるかも知れませんが、その前の心の移り変わり、直前のレストランのシーンで妹ベス以外全員釈然としない表情だったこと、そして離れていても「家族」だということ…考えれば納得できるはず。
あの調味料入れを2つ持って微笑む母とそれを見て微笑む娘、そして心から湧き出てるような微笑みの最後の記念写真。

感動して長々書きましたが、いろんな人の感想を聞いてみたい映画の一つです。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

PS・日本でリメイクするなら母親役はYOUさんかしらん?笑
posted by my_cecil at 20:34| Comment(8) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

勝手に「クルマのデザイン」論3〜トヨタのトレンドとLS

さて半年ぶり以上のごぶさたのこのコーナー。
今回はトヨタ車の最近のトレンドをちょっとだけ考えてみました。
カムリでこまずは先日にも予告したように新型カムリのデザイン。室内や全体的なスタイルは文句なしだと思いますが、顔がいかん。インパネ中央といい顔といい、「大きいベルタ」という評判です。ベルタに似てるだけならまだいいのですが、あのマークXで不評だった「デコっぱち」。マークXより急角度で決めて(?)います。これカッコいいですか?誰か意見して〜。

それからCピラーの付け根。リアドアの後方といってもいいんですけど、初代プリウスやアリオンのCピラー下はこんな感じに→
アリオンのCピラーひょいっと後方にせり上がってます。ね〜、これカッコいい?個人的には好きじゃないのよ。

さて、レクサスのフラッグシップとなるべく発表が待たれている「LS」です。このクルマにレクサスの明暗がかかっているという風に見ている評論家もいるような重要なクルマです。
LSだぁどうです?この堂々としたたたずまい。といっても賛否ありますね。「1000万円を超える車としてはちょっと…」という意見が多いようですが、室内なんかすごいよ、これ。
あの岡崎さんも「メルセデスの呪縛から離れた独自デザイン」というようなことを言っておられた。


しか〜し!
LSのCピラー←ほら、Cピラー。こうだ。例の「ひょいとせり上がった」形
さらにフロントを見よ。あらら、ビミョウなデコ!LSの頭
もちろんこれだけじゃなんとも判断できませんし、実車はかっこいいってクルマもたくさんあります。市販車はちょっと変わるかも知れません。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。



勝手に「クルマのデザイン」論2〜トヨタ・マークX前
勝手に「クルマのデザイン」論1〜トヨタ・ハリアー
posted by my_cecil at 01:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」(1989年・米)


デロリアンと2人意外と知られていないことですが,もともと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(以下BTTF)は1作完結の予定でした。最後にデロリアンを飛ばしたのもジョークだったし,ビデオ版BTTFのみに「To be continued・・・」とつけたのもジョークだった。。
でも,その「To be・・・」を見たり,内容を気に入った視聴者たちが「続編を!」と望んだため製作されたのがこのPart2だそうです。しかもアイディアがいろいろ出てきて「ではPart3も」同時に製作しようということになり,映画会社にそういったところ会社側はジョークだと思ったとか。

キャスト,スタッフともに1作目に関わった人の多くが再び結集。しかしマーティの父親役クリスピン・グローバーだけが拒否。そのため父親は死んだという風に急遽脚本を変更。あのようなストーリーになったとか。

大ヒット作の続編というのは基本的に失敗作が多いわけですが,この作品については「1作目より好き」という意見も多いですね。2015年の町並みがまた最高!映画を見ながらゲラゲラ笑うアメリカ人の姿も目に見えるようです。
当時は今のようなデジタル技術やCGが発達していなく,すべて光学レンズで撮影したとのこと。だからマイケル(J・フォックス)が3人登場する食事のシーンなんかはかなり苦労したとか。
ビフの策略で過去が変わってしまい,もとの世界に戻すために再び1955年に戻ってのシーンも,前回のBTTFで撮ったものと新たに撮ったものを巧みに組み合わせ,実にエキサイティングに仕上がっています。

BTTFシリーズは小道具も秀逸です。この2作目で登場し,3作目では「なくてはならない」ものになったホバーボードや,後半の目玉「スポーツ年鑑」,あと各種写真やマッチなんかも入れると膨大な数になるのにとt散らかった印象がないのがすごい。

2015の2人
またBTTFシリーズ全部にいえることですが,この作品も細かい伏線がすべて効果的
空飛ぶ自動車,若返り手術,3Dフォログラム広告,動く壁紙・・・いくつ実用化されるのかは別として夢があります。でもマーティー・ジュニアの見ている多チャンネル分割画面のテレビは,今では珍しくないですが。
また,ビフが大金持ちになっただけであんなに荒廃する街。考えさせられますね〜。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
※ポチッとな→人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 22:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

最期にSENTENCED・・・(その4)


DOWNこのコーナー、3か月以上もご無沙汰でした。

昨年10月1日故郷オウルのClub Teatriaで絶命しましたが、彼らのすばらしい音楽は埋葬されることなく、永遠に生き続けます。


さて、96年発表の4th「DOWN」です。
96年にはミニアルバム「LOVE AND DEATH」(これもいい!)もリリースしています。タネリ・ヤルヴァが脱退し、専任ヴォーカリストとしてヴィレ・レイヒアラが加入。(ベースはとりあえずギタリストのミーカ・テンクラが弾いています)

01 : Intro - The gate
02 : Noose
03 : Shadegrown
04 : Bleed
05 : Keep my grave open
06 : Crumbling down (give up hope)
07 : Sun won't shine
08 : Ode to the end
09 : 0132
10 : Warrior of life (reeper redeemer)
11 : I'll throw the first rock


前作までのタネリも、強烈なデスボイスというわけではなかったですが、ヴィレは押し殺したような声ではあるものの、しっかり歌うタイプのもの。これである意味、完全にデスメタルから脱却した形になります!
今聴くと、近年のヴィレに比べて音域も狭く、まだまだといえるかも知れません。でも、ヘヴィでありながら慟哭のメロディを聞かせるこういった音楽は当時そんなになく、なんだかんだいってこのアルバムが一番聴いたアルバムかも知れません。

イントロの01はSEからリフに移行しますが、ギターサウンドはかつてのデスのころの殺伐なものではなく、むしろ普通のHMです。流麗なgソロが流れ、02が始まり、ここで当時新加入のヴィレのvoが初お目見え。比較的シンプルなリフですが、このリフは好きです。ヴィレは今に比べて若干デスボイスを意識してるのか、ダミ声っぽく、かつ押し殺した声。voラインはギターメロに似た音階なので、まだまだ現在のあの世界には到達できていませんが、十分すばらしい。03はvoメロが低〜いところまであります。メランコリックなリフと曲調がとってもすてき。でもかつての「デス」の彼らを期待してこれを買った人はもうこの辺でギブアップかも。もうデスっぽさすらないですから。
04は刻むリフとノリのいいリズムが印象的な曲。でもvo
メロは低いですね〜。次の05はアコースティックgも混じる悲しげなリフや、語りやエコー付きのvoが実に凝った世界。06はイントロgやサビにフォーク(って日本のあれじゃなくて)の香りが漂うメロディがあります。07は02に似たリフですが、コードワークが実に巧みで、ググッと心を掴まれます。スロウな08はさらに荒涼とした世界。女性voもフューチャーされてます。09はメジャーキーの短いインスト。曇った荒涼世界に一時雲の隙間から太陽が見えたような感じです。すぐ10が始まりますが、この曲のリフもいいですね。「ジャジャ」って入るキーボードも効果的。ラストの11は比較的ノリのいいリフから始まり、そのリフとショットガンの発射音みたいな音で終わります。構成も見事!

でも、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

最期にSENTENCED(その3)
最期にSENTENCED(その2)
最期にSENTENCED(その1)

SENTENCED official homegrave
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ドコモSO902i,今月中に出るの?

SO902i3月10日に発売予定だったFOMAのSO902iが発売延期になっています。
ま,「内蔵ソフトに確認事項が発生したことによるもので,最終調整を行っている」ということで「3月をめどに調整を終わらせ、発売したい」との話。さて,いつ発売になるんでしょうか。

このケータイは「ミニスティックスタイル」と名付けられた“ストレート型”端末で,オートフォーカス機能付きの3.2Mピクセルカメラを搭載しています。preminiシリーズの発展型ともいえる形をしていまして,だんだん大きく重くなっている最近のケータイの中では異色かつ斬新なスタイル。902もSHやFは大きすぎてウンザリしているわたしには,この外見だけで「買い」なんですが。
メモリースティックPRO Duoにも対応しており,カメラがCMOSなのはイマイチですが,いまどき102グラムなんてありがたいじゃないですか。予測変換ではNo.1のPO-boxも搭載ですから。

ま,ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

…という記事を書いた数時間後、
「3月21日発売!」
というアナウンスがあったと知人より連絡ありました。
詳しくはこちらを! ↓
FOMA SO902i ドコモサイト
SO902i ソニーエリクソンサイト

・・・さらに追記(3/22)
機種変をした知人や,今日いただいたTBから判断すると,いいとこばかりではなさそうな今回のSO。SH900iから機種変をするつもりでずっと待ってたんですが・・・もうちょっと様子見ます。
posted by my_cecil at 22:52| Comment(8) | TrackBack(7) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

「やっぱ東武でしょ」の新作発表!2


かしわかな先日書きました新作の片割れの撮影に成功しました!

なんと「やっぱ”かしわ”かなぁ」と、またまた柏をクローズアップ!
このブログで取りあげた「ウサちゃん」と「柏駅と申します」の両方を抱き合わせで新作にしました。

今度は考える人がメイン!? よく言えば渋い仕上がりになってます(笑)

こうなると次作がめっちゃ楽しみですね〜(と、プレッシャーをかけてみる 笑)
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:39| Comment(10) | TrackBack(0) | いとしの東武鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。