2006年08月31日

3分でわかるmihimaru GT


ミヒマルブレイクしつつあるアーティストをけっこう載せてますが、ここで取りあげた後ビッグになっていくのを見るのは妙な親心?がわいて。うれしいもの。

今回の「mihimaru GT」も、もうブレイクしてますが、まだまだこんなものじゃない!という気持ちです。

よくわからんという方のために、軽く紹介しますと、
mihimaru GT(ミヒマルGT)というのは男女2人のユニット。
ヴォーカルと作詞のhiroko(阿久津博子)とMC、作詞・作曲・編曲のmitsuyuki miyake(三宅光幸)の2人組。
ユニット名は、「miyake」「hiroko」「maru(丸、船の号)」「Gran Turismo」の4語を組み合わせてできた造語とのこと。

hirokoさんのルックスに目が行きがちかも知れませんが、音楽的にはヒップホップとJ-POPを合わせた感じの曲が多いです。コンセプト "Hip-Pop" だとか。
こういうユニットだとラップは男性が専任というのが多いのですが、hirokoさんもラップを担当しますし、「ラップって苦手」という人にもメロディのよさが迎えてくれます。阿久津博子

これまでリリースしたシングル
シングル
1.「約束」2003.7.30
2.「帰ろう歌(か)」2004.4.28
3.「願〜negai〜」2004.7.28
4.「H.P.S.J.-mihimaru Ball MIX-/So Merry Christmas」(両A面)2004.11.17
5.「ユルメのレイデ」2005.4.6
6.「Love is...」2005.9.7
7.「恋する気持ち/YES」(両A面)2005.11.23
8.「さよならのうた」2006.3.15
9.「気分上々↑↑」2006.5.3
10.「ツヨクツヨク」2006.7.12
11.「いつまでも響くこのmelody/マジカルスピーカー」(両A面)2006.8.16

大々的にブレイクしたのは9枚目の「気分上々↑↑」でしょうか。ご本人たちも出演したパルティのTVCMでもおなじみ。

みひまるアルバムは
1.「mihimarhythm」2004.9.8
2.「mihimalife」2005.12.21(初回限定盤DVD付き)

そして9月13日、待望の3rdアルバムリリース!
その名も「mihimagic」
これまた初回限定盤はDVD付きだぁ。

さて、なんとなく彼らについてわかったでしょうか。
わからないという人はとりあえず、CDを買って聴いてみましょう!

でも、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

公式サイト
ユニバーサルの公式サイト

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「農家の嫁は弁護士! 神谷純子のふるさと事件簿2」(水曜ミステリー9)

神谷純子前作が去年の7月末でしたので1年ちょっとでようやく続編ですね。
(脚本) 田辺満
(演出) 伊藤寿浩
(キャスト) 浅野ゆう子 山下真司 
高畑淳子 寺泉憲 萩原流行  越智静香
原久美子 鴈 龍太郎 河西健司 春田純一


あらすじです

 山形県寒河江市で農業を営む安川の遺体が自宅の裏山で発見される。安川はヤミ金業者の竹本(春田)から借りた金が高金利で膨れ上がり、返済に困っていた。遺書が見つかるが、調べで他殺の線が浮上する。この町の農家に嫁いだ弁護士・純子(浅野)は、町中の農家が竹本に騙されていたことを知り、事件解明に乗り出す。そんな中、竹本が何者かに殺され、仲間の梅原と杏子も姿を消す。やがて、謎の女が竹本の殺害を自供する遺書を残して死亡するが…。

前作は純子が東京からやってくるところが半分入っていて、いかにも怪しいあの人がそのまま犯人だったわけです。
今回は初めから山形。もちろん東京でのシーンもありますけど。事件もの2ドラの舞台は東京か、そうでなければ旅ものです。農家というのはそれだけで珍しい。そもそも、そんな田舎に殺人事件は起こるものじゃない。だからドラマも作りにくいですよね。

この「水ミス」でおもしろいのが、9時50分頃に「これまでのあらすじ」というのを流してます。他局から流れてくる視聴者確保のためですが、ありそうでなかったです。
ところでこのシリーズはサブタイトルがないですね。サブタイトルって、シリーズものだと、どのタイトルのときどういう物語なのかを知る便利なものなので。

物語は奇を衒ったものではなく王道。序盤に殺人事件が起こり、それ絡みの悪役が死に、序盤から出てくるちょっとあやしい人に容疑がかかり、ここにも書いたように犯人ではなく、さらに1〜2回あやしい動きをする人物も出てきたり。でも上記のキャストを見てあやしいと思ってた人物がやはり犯人で。竹本の殺人以外はけっこう適当な感じもしますけどね〜。まあ、派手さはないけどいい2ドラじゃないでしょうか。
萩原流行さんの髪型なんかヘンな気がしましたが。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*過去記事→「農家の嫁は弁護士! 神谷純子のふるさと事件簿」(水曜ミステリー9)

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

映画「激突!」(1972年・米)

タンク監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作: ジョージ・エクスタイン
原作: リチャード・マシスン
脚本: リチャード・マシスン
撮影: ジャック・A・マータ
音楽: ビリー・ゴールデンバーグ
 
出演: デニス・ウィーヴァー
ジャクリーン・スコット
エディ・ファイアストーン
ルー・フリッゼル
ルシル・ベンソン


平凡なセールスマン、デヴィッド(デニス・ウィ―ヴァ―)がハイウェイで何気なく追い越した一台のタンクローリー。 しかし、そこからデヴィッドは執拗にタンクローリーに追いかけられることになる・・・。

子供の頃にTVで見て、その後何度もTVで見て、いつ見てもおもしろかった映画、DVDになって売ってました。
しかもスピルバーグらの解説つき!この映画のファンならこの特典目当てで買っても損はしません。

個人的にはスピルバーグの最高傑作!

リチャードの短編を知ったスピルバーグが前に書いた「コロンボ」で自らを売り込み、TV映画として監督することに。しかし予算も時間もない中で、いかにして恐怖感、スピード感を出すか、そこが監督としての腕の見せ所。
結果、作品は大成功をおさめ、再編集してヨーロッパでは
劇場映画として上映。スピルバーグは劇場用映画の監督として羽ばたくことになりました。

原題の「duel」は「決闘」。しかし実際に決闘するのはラストだけで、ただただ追われるのみ。サスペンス映画の基本です。パニックに陥った男のいい表情を出せるという理由のデニスの起用も大当たり。この映画の大半はこの男の顔ですから。

デヴィッドの車はプリマス・バリアント。車種よりもとにかく砂漠でも目立つ色を、ということで赤い車に。プリマスはクライスラー初のコンパクトセダン。日本ならカローラあたりに相当する地味なクルマです。当時はアメリカ車が大きかった時期なのであれでもコンパクトなのです。

映画の前半が長いという意見も見ましたが、奥さんとの長いやりとりや、家から町の一般道を走るシーン、そしてありふれたセダン、これらが、デヴィッドが特別な人間ではなく、町に住み、奥さんと喧嘩もし、ラジオを聞いて突っ込む平凡な男というのをイヤでも印象付けるのです。

一方敵役?のタンクローリーですが、トラックのオーディション?で即決だったようで、通常の平面なフロントのものではなく、古いボンネット型のもの。運転席より前にエンジンがあるので、大きなグリルが特徴。これが「顔」となるわけです。運転手ではなくトラック自体が怪物という映画なので、すばらしい選択!
穴という穴からオイルが垂れたような跡をつけたり、とにかく汚く不気味に「メイク」されました。最後は恐竜の雄叫びを上げて落ちていくわけですから、あれ自体が恐竜なわけですが、ガソリンスタンドで運転手の足が見え、ときどき窓から手を出したり、「怪物」を運転しているのはやはり生身の人間なのだという事実が余計恐怖感をあおります。そしてその運転手自体は一切顔を見せない・・・
この見せない恐怖は後に「ジョーズ」などで上手に?引き継がれてます。
スピルバーグってこういうB級映画を撮らせたら天下一品なんでしょうね。しかし、撮れる環境にはいられなくなってしまった。特典映像でも彼自身が、「こういう映画はいまの僕には撮れない。しかし当時の僕に『シンドラーのリスト』などは撮れない」と言ってますから。

とにかくタンクローリーの不気味さ、これにつきます。
いなくなったと思ったら登場する、これがいちいちコワイ。
スクールバスを押そうとする場面でトンネルの向こうから現れるところ。ゆっくり現れて停止、ライトだけ点く。
坂を登りきって前方の道路が見えたらそこにゆっくりと走っている。急停車するセダンの手前に停車している。踏み切り前、気がついたら直後にいる。
現れ方もコワイし、超ローアングルや屋根、タンク部分からのアングルもいい。
スピード感を出すために低い位置から撮ったり、常に土手などの「壁」をバックに走行シーンを撮ったりという工夫もすばらしいです。電話ボックスに突進してくるシーンなどはトラウマになります。また、エンジンの音もコワイ。

「FLAMMABLE」(可燃性)とだけ大きく書かれたタンク。原作ではオイル入りだったのを映画ではカラのタンクにして、最後は炎上しないようにしたとか、監督から「ノイズにして」と言われてそれっぽく作った音楽とか、いろいろなことがわかるとさらに楽しい!

子供の頃、引き返せばいいのにとか思いましたが、大人はそういうこと言ったらダメなんですよね(笑)。
大人の目で見ると「こわがる人の演技が最も重要」とか、いろんなこと考えながら見られて、さらにおもしろい。

それだけこわい目に遭っていても、スクールバスの運転手には「あんたの方がよっぽどおかしい」と言われ、通りがかりの老夫婦には「面倒に巻き込まれるのは嫌」と言われ、ようやく電話した警察は「もう一度あなたのスペルを言ってください」などとダラダラ対応され、見ている側のストレスは増す一方。これも大人の見方?

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 01:00| Comment(5) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

auの秋冬モデル12機種発表!でも・・・

auの秋冬12機種auが秋冬の新機種を発表しました。
今回は12機種。

それと同時に新サービスもスタート。まずはそちらから見ていきましょうか。。

「EZチャンネルプラス」「EZニュースフラッシュ」「デコレーションメール」「EZケータイアレンジ」「絵しゃべりメール」「EZテレビ電話」「au My Page」「アドレス帳預けて安心サービス」などです

まず「EZチャンネル〜」は今までのEZチャンネルより高画質で番組数に関わらず一律料金というもの。
「EZニュース〜」はドコモのiチャネルみたいなもの。
「デコレーションメール」は、HTMLメールの作成/受信を携帯電話で可能にするサービス。
「au My Page」は、個人向けポータルサイトサービス。

まあ、わたしにはどれも不要のものっぽいかなぁ。

では新端末名と特徴です。
W43H・・・FeliCa、ワンセグ、回転2軸、薄型化、microSD
W43CA・・・FeliCa、2.6インチワイド液晶、Wシーン、microSD
W43SA・・・ワンセグ、microSD
W43S・・・FeliCa、光と着せ替え、底面にサブ液晶、メモリースティックDuo/PRO Duo
W43K・・・FeliCa、ドット絵が光る背面液晶、充電台にウーファー、microSD
W41SH・・・メイン/サブ液晶ともモバイルASV液晶、布目調樹脂の外装、Task bar機能、miniSD
W45T・・・簡単ケータイWIN版、ドームキー、Bluetooth、microSD、
W42SA・・・ダイヤルキーが手書き文字入力用センサー、microSD
W47T・・・EV-DO Rev.A、FeliCa、テレビ電話、microSD
W46T・・・EV-DO Rev.A、アールデコ調のデザイナーズ携帯“DRAPE”、テレビ電話、microSD
W44K・・・極薄WIN端末、ハーフミラー仕上げの背面、microSD
A5522SA・・・CDMA 1X端末、厚さ16ミリの薄型ボディ

今回は見事に全機種折りたたみ式(一部回転二軸式あり)。前回の方がそういう意味では華やかだったですね。

ということで個人的に注目のソニエリですが、ソニエリの好機種は隔回というジンクス通り、前回よかったから今回は・・・ということですね。
それとau初のシャープ製ケータイですが、ドコモの902iSと同じコンセプトに見えます。期待ハズレ
12月に開始する高速化技術EV-DO Rev.A対応機は“DRAPE”(ドレープ)「W46T」「W47T」。デザインケータイのDRAPEは待受のローマ数字がいいなぁ。ボタンの形も昔のソニーケータイみたいでいい。でも、とりあえずそれだけ〜。

番号ポータビリティを控えての新サービスですが、使わないサービスを増やすより、基本料金とパケ代・通話料金の値下げの方がよっぽどありがたいし、ユーザーはauに集まると思うんですけど。

今回は(今回も?)1つも欲しいのなし!
ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 01:15| Comment(2) | TrackBack(4) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

芦屋の田原俊彦!

昨日8月27日東京のZEPP TOKYOで「DOUBLE T TOUR2006」の東京公演を大盛況のうちに終わらせたTOSHIちゃんこと田原俊彦さん
ダンスのキレ、脚上げ、歌唱力。
かつてのものと変わらない姿を見せ、デビュー曲の「哀愁でいと」からのヒット曲を連発!

もうTOSHIちゃんも45歳なんですね〜

と思って「田原俊彦」で検索すると、なんとトップに現れるのは、この「田原俊彦」だ!(写真)
田原俊彦

あのTOSHIっていま、こんななの?と思う人はあんまりいないと思いますが(笑)、これは公明党の芦屋市議会議員の田原俊彦さん
もちろん地元では有名人!(だと思う)。
太川陽介じゃないよ〜。

公式サイト?の「田原俊彦 芦屋げんきレポート」はこちら

それに比べてここは、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*過去記事もどうぞ→田原俊彦、行くTOSHI来るTOSHI

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

夜の街?

060827_2226~01.jpgさてクイズです。
この写真の場所はどこでしょう。

ぜんぜん車もないし。(右から一台来てますが)

答えは有楽町。

日曜の夜ともなると、こんなもの。
ちょっと行くと銀座ですが、たいして変わりません。昼のあの、人ごみや車はみんなおうちでしょうか。

いつもこんなならいいのに。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

SLAYERはSLAYER

スレイヤー皇帝SLAYERのニューアルバムがようやく発売になり、好評をもって迎えられてるようです。

わたしはもちろん悪いとは思わないものの、いつものように聞き込まずにラック送りかなって感じです。
スラッシュ好きのわたしがスラッシュの皇帝を・・・なぜなんでしょう。考えてみました。

BURRN!のクロスレビューで前田さんが唯一ちょっとだけ苦言を呈してました。わたしもその意見に賛成なもので。「DIVINE INTERVENTION」以降はリフのフックが弱いというものです。

スラッシュ4天王と日本で呼ばれていた他の3バンドMETALLICA、MEGADETH、ANTHRAXはどうでしょう。まずこの3バンドはヴォーカルが歌う(ヴォーカルメロディがはっきりしている)という特徴があります。それに加えてMETALLICAは曲展開で聞かせ、MEGADETHは変わったリフとさらに複雑な曲展開、テクニカルな演奏で聞かせ、ANTHRAXはいちばんメロディアスなヴォーカルにざくざくリフとハードコア直系のタテノリリズムで聞かせる、というスタイルでした、かつては(笑)。
一方SLAYERはヴォーカルメロがほとんどなく、今も昔も押しまくるスタイルです。スピードだけで曲のバリエーションを広げるには無理があるので、リズムと最近ではチューニングを工夫。でもやはり基本はリフ!

大好きなEXODUSは何がいいのかというと、リフ単体でかっこいいこと。1曲の中にいくつものリフが出てくるんですが、それらがいちいち魅力的なのです。だから「この曲ってこういうリフの曲」というのがはっきりしてる。

しかし最近のSLAYERのリフはどれも同じに聞こえるリフ。トム・アラヤが歌ってなかったら何のバンドだかわかんない。このアルバムでも何曲か印象的な曲はありました。でもリフがかっこいいというものじゃないですね。

最近のSLAYERのアルバムを評価するときによく使われるフレーズ「SLAYERはSLAYER」、これは悪く言うと「どの曲もSLAYER印で、変わったことはやっていない」という意味ではないでしょうか。よくいうと「どの曲もSLAYERらしい威厳に満ちたもの」とでもなるのかな。

しかし、音楽性を変えてしまい、ぜんぜん魅力がなくなった元4天王のいくつかに比べるといちばんファンの味方だし、大いにリスペクトすべきだと思います。
でもアルバムは何度も聴かないだろうなぁ。

関係ないけど、日本盤の初回、ジャケットがシールになってる。この手のシールって時間が経つと裏面から変色してくる。しかもちょっとしなってるのでブックレットが入れにくい!こういうの止めて欲しい。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

「冥王星」消滅!

このニュースを記事にしてる人たくさんいるだろうなぁ。
時事ニュースはあんまり書かないですが、これは書きたくなりました。

太陽系
チェコのプラハで開かれた国際天文学連合(IAU)総会最終日の24日、「太陽系惑星の定義」ついて投票による採択が行われた。採択された新しい定義では、太陽系惑星は水金地火木土天海の8個に限定される。1930年に発見された冥王星が惑星の地位を失ったことで、太陽系の姿は76年ぶりに書き換えられる。
 採択で承認された太陽系惑星の定義は、(1)太陽の周りを回り(2)自己の重力で球形となった天体で(3)軌道上で他の天体(衛星を除く)がないこと−と規定している。
 この条件をすべて満たすのは、太陽に近い方から、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個だけ。(3)を満たしていない冥王星は、小さな惑星を意味する天体として新たに定義された「矮惑星(ドワーフ・プラネット)」の1つとなる。
 冥王星は、細長い軌道の一部が海王星と重なり、他の8惑星の公転面に対して大きく傾いている。このため、多くの研究者が科学的な知見から「惑星とするには無理がある」としていたが、IAUは1999年に「惑星としての地位に変更はない」と発表した。(産経新聞)

「矮惑星」には、冥王星のほかにセレス(火星と木星の間にある天体)、2003 UB313(2003年に発見された天体)が含まれるそうですが、ともかく、天文学においては歴史的な出来事に変わりありませんね。
そもそも冥王星(プルート)は1930年に米国人天文学者、クライド・トンボーが発見した星で、その名はギリシャ神話の冥界の王にちなみます。アメリカ人が発見した「惑星」は冥王星だけで、アメリカでは強い愛着を持たれています。冥王星発見の年に登場したディズニーのキャラクターで、ミッキーマウスの愛犬が「プルート」と名付けられたのもその表れだそうです。言い換えると、冥王星を含めた惑星はある種政治的なもくろみがあって決められていました。冥王星が太陽系惑星から外れるということは、NASAをも抱える大国アメリカの国民が発見した惑星が太陽系には皆無だということを意味するからです。

日本国内でも動揺が広がっています。
例えば教科書。これから訂正は認可も含めると、来春の教科書印刷に間に合うかどうかギリギリのタイミング。
あと、博物館。1つの星の訂正なので大掛かりな工事にはならなさそうですが。
ちなみに占星術はそれほど影響ないらしいです(笑)。

「水金地火木土天海冥」(一時期、〜冥海、でしたが)という太陽系惑星の覚え方?は子供の頃からなじんできたものですが、それも変わるということです。
さらに、冥王星が太陽系のはて、ということで数々の作品を描いてきた漫画家の松本零士さんも動揺を隠せないようす。
そりゃそうです。冥王星の基地とか冥王星よりも向こう側といった描写が、いずれは意味不明のものになるから。
「以前はプルートっていうのが太陽系にはあって・・・」というのがわからないとそのシーンの意味も薄れるんだから。

わたしは天体に関してはど素人だし、ぜんぜんわからないんですが、「不変の真理」であると信じてたものが、ある日そうではなくなった、というのはある意味ショッキングな出来事です

例えば次の項目は、「いまは学校ではそう教えられていない」ものです。ショッキングじゃないですか?
・鎌倉幕府は1192年につくられた。
・日本一大きな古墳は仁徳天皇のお墓

それに、足利尊氏や源頼朝の肖像と教わってきた有名なあの絵、足利尊氏や源頼朝ではないとの話もあります。
う〜ん。。。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 16:36| Comment(8) | TrackBack(20) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

ブルーモーメント

blue東京メトロの駅でもらえる「メトロミニッツ」を見て初めて知ったのですが,「ブルーモーメント」と呼ばれる時間帯があるそうです。ご存知でした?

太陽が沈みかける「黄昏」のすぐあと,夜になる前のわずかな時間。街全体が「青色」に覆われる時間があるそうです。

ちなみに日本ではせいぜい15分。北欧では1時間以上も続くそうです。

専門的に見ると,これは,太陽が地平線のかなたに沈んだ後,太陽の光は地球の大気圏に反射して地表に落ちてくるのですが,そのとき大気圏で拡散反射を起こし,地表に到達する時に太陽光線に含まれる赤,オレンジ,黄,緑など比較的長い波長が空気中の塵や水蒸気に吸収されて青い光の成分だけになる現象,だそうです。
北欧などで長いのは,緯度の高い地方では太陽の対地速度が遅いためだそうです。

海でも山でも,もちろん見られますが,写真で見た限りでは都会のブルーモーメントがいちばんキレイな気がします。
東京という街は,いろいろな形のビルが好き勝手に建てられてますので昼に見ると「雑然」とした空間です。ま,そこがいいんですけどね。
しかし,ブルーモーメントの時間だけは「整然」と見えるから不思議。

天気がよくないと見るのは難しいですが,ぜひいろいろな場所でのブルーモーメント写真を撮りたいと思います。
撮れたらアップします!

でも,ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 18:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

つくばエクスプレス開業1周年

TXつくばエクスプレス(TX)が24日で開業から1年を迎えます
開業のときにはこのブログでも特集しましたし,つくばにも行きました。なんたって,つくば―東京・秋葉原間58・3キロが最速約45分で結ばれたわけですから。
最初のうちは,物珍しさもあって,ほかの路線の利用者もTXを使ってましたが,落ち着いた感があります。ちなみにこれまでの1日平均乗客数は,1年目の目標だった約13万5000人を超す約19万人を達成したとのこと。
24日からは、国内で初めて高速列車内でのインターネット接続サービスを開始するそうです。

TXに乗って風景を見ていると,たかだか数十分しか乗っていないのに同じ首都圏とは思えない風景が流れます。
駅につくと駅前とは言っても,まだ何もない土地。しかし,この鉄道の開業とともにいろんな街ができていくのでしょう。
また,近所で買い物を済ませていた人が例えば筑波西武まで足を運ぶとか,新たな人の流れができています。

1周年イベントも各所で行われるようです。それらに足を運ぶ時間は残念ながらありませんが,最近乗ってないTXに,またぜひ乗りたいと思います。
TXの弱点は料金が若干割高なことだけ。あ,あとは駅が深いところにあるからちょっと歩くことくらい。電車への文句はまったくありません。揺れないし,鉄橋上であっても静か,トンネルだろうがどこだろうが携帯はいつもアンテナ3本。座って極楽,立ってても,揺れないのでふんばる足が疲れないです。最高!

まだ開けてない駅前がだんだん開けていくのをレポートなんかできたらいいな。でも,そんな時間内だろうな〜。
ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 17:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

歴代カローラ展開催


初代カローラお台場のメガウェブで今日22日から10月1日まで、歴代カローラ展が開催されてます。

カローラといえば世界の大衆車。いよいよこの秋、新型が発売になります。1966年11月デビューしてから40年にもなるクルマ。歴史ある車名が次々に姿を消す中、とことん生き延びて欲しいクルマの1つです。
それだけに思い出もたっぷり。9代にも渡るカローラの実車展示とのことですから、カローラファンならずとも見たいものですね。わたしはなぜかカローラにはぜんぜん縁のない生活でした。でも毎日のように見るクルマですから、それなりに思い入れはありますね!


↑の画像は言うまでもなく初代カローラ(KE10D)です。3845×1485×1380とい9代目カローラうサイズ。←の画像は9代目4365×1695×1470 というサイズですからずいぶん大きくなったもの。しかし、次の10代目はもっと大きいらしいです。


シビックのように、車の持つ存在意義や歴代のファンを棄てて、商品としての車として大失敗するようなことがあってはいけません。トヨタさんはしっかりやってくれるものだと思います。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

早実、王者駒大苫小牧を下して優勝!

おめでとう北海道で生まれ東京で暮らしているわたしにとっては、
どちらが勝っても言うことなし!
第88回夏の高校野球


しかし、まさか決勝で1−1の延長15回引き分け→再試合ということになろうとは。

昨日の決勝、最後にアウトをとった早実、斎藤佑樹投手、いつもは表情を変えることなく、ハンドタオルで汗をぬぐう彼が吼えた!震えました。

そして今日。3点差で終わるのかと思いきや、9回に2ランで1点差に迫る駒大苫小牧。甲子園が爆発するんじゃないかという大歓声。
最後のバッターは前日からずっと投げ合っている投手田中将大選手。ねばりにねばりましたが、最後、外角にストレート、空振り三振。
クールな斎藤クンがガッツポーズで吼えた!
敗れた田中クンの、どこかすがすがしい表情が印象的でした。

マイナス的なことを言えば、座っているだけで汗が止まらないような炎天下、何百球と毎日連投させるこのシステムはどうにかならないものでしょうか
せっかくの逸材がプロに入って2年目くらいで肩をこわす大きな原因の1つがこの甲子園です。
若いから「疲れはない」といいますが、人間のからだは機械ではない。からだに感じない疲労は確実に蓄積されてます。
「感動」という文句のために彼らの一生を台無しにしては絶対にいけない!

春のセンバツ辞退という悲しみから復活した駒大苫小牧、選手の総合力は互角でしたが、結局早実のエース斎藤クンを攻略できなかったのが残念。単発ヒットやHRはありましたが、連打が出ない。まるでどこかのプロ野球チームのよう・・・だなんて言ったら駒苫ナインに失礼か。

3年生の野球という暑い夏はこれで幕を閉じ、普通の高校3年生に戻る。残念ながら敗れ、地元に帰った球児たちの次の夏はもう始まっている。。

ステキな試合をありがとう!
そして
お疲れ様でした!

といっても、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

PS。どこぞのプロ野球チームも見習いなさい!

ちなみに昨年の記事はこちら

人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 16:03| Comment(0) | TrackBack(66) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

「はみだし弁護士・巽志郎」を楽しもう〜2ドラ検証隊4

さて、またまた土ワイ(土曜ワイド劇場)です。
8/19に第10話となった「はみだし弁護士・巽志郎」。いよいよ人気シリーズの中堅になってきました。
このコーナーの前回「タクシードライバー」ほどの「お約束」はありません。
あ、そもそも題名が読めない?えっと、「たつみ・しろう」です。

巽志郎10
主役の弁護士は三浦友和さん。
三浦さんはかつてドラマの〇〇××などという不名誉な(ちょっとここには書けませんが)キャッチコピーをつけられていましたが、最近ではまったくそんなこともなく、しかもこの人、ぜんぜん見た目変わらないんですよね〜。

元東京地検の敏腕検事だったのが、罪の意識もないあまりにひどい被疑者を取り調べ中に殴って退職、弁護士に転身した巽志郎。神田駅前の雑居ビルに事務所を構え・・・というと聞こえはいいけど、事務所の家賃は常に滞納、管理費はさらに滞納、ちょっとでもお金があったら競馬につぎこんでしまうという競馬好き
あき竹城さん演ずる事務所の秘書?野村真知子にいつもガミガミ言われながらダラ〜ンと過ごす弁護士なのです。ただダラ〜ンとしてても要所要所はきちんとしてるのと、持ち前の正義感で、事件の真相を暴いていくのです。

6話からバイトとして入った坂下千里子さん(三枝美穂役)。レギュラーを増やすのは冒険だと思いますが、地味になりがちなこのドラマの若返りに大きく貢献してます。

さて10話では、神田駅前のビルの建て直しのため事務所を引越し。エンディング近くでは野村真知子の勧めでいなか(どこかは不明)に事務所を構え、美穂ともお別れというショッキングさ。ただ途中で志郎は「東京に忘れ物」ということで単身東京に戻るんですが。。。う〜ん、次作はどうなるんでしょう。
個人的には設定を変えてほしくないなぁ。

それと、最初と最後が競馬場というお約束があったのに今回のエンディングは、警視庁に栄転になった副署長、風間トオルさん演じる石黒修司に離れたところから意味深な敬礼。今後も風間さんは出てきそうな展開。ということは都内かな?

このシリーズの最大の見所は志郎と真知子のやりとりです。東北弁丸出しの真知子と、まぁまぁ金は競馬でなんとかするから(といつも負けるんですが)という態度の志郎。どちらの気持ちもわかるし、特に笑わせようとしてるシーンじゃないので楽に見られます。
たまには「志郎はひどい」と思えるときもあります。
真知子に給料も払わないし、真知子の時計を質に入れて競馬するとか。それでも、志郎が怪我して帰ってきたときには懸命に看護?しますし、強いキズナで結ばれてるのがわかります。

これまでの放送リストを書きますので、興味ある方は再放送などで見てみてください。
順番・初放送日・サブタイトルの短縮版・主なゲストの順です

(1) 96/2/24 競馬場ギャル殺人事件! (村井国夫)
(2) 97/5/17 別れた妻の不倫相手に殺人容疑! (速水 亮)
(3) 98/5/16 女子高生援助交際殺人! (大和田伸也)
(4) 99/4/10 名門政治家一族(秘)愛人スキャンダル (夏樹陽子)
(5) 00/5/20 資産家一族に秘められた愛 (田中美奈子)
(6) 02/8/17 六本木ー福島・いわきW殺人事件の謎 (小野寺昭)
(7) 03/4/19 運命の再会 (高橋ひとみ)
(8) 04/6/19 久島に消えた「無罪?」の殺人者 (中山 忍)
(9) 05/9/17 元妻セレブは殺人犯? (涼風真世)

1年に1回のペースですね。次作は1年後かぁ。
でも、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よろしければ過去記事もどうぞ↓*
「タクシードライバーの推理日誌」を楽しもう〜2ドラ検証隊3
君は真犯人ではない!〜2ドラ検証隊2
2時間ドラマのクライマックスはなぜ岸壁なのか?〜2ドラ検証隊1

人気blogランキングへ


posted by my_cecil at 00:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

我が愛しのセリカたち(4)


セリカ前さて、続いては4代目セリカ(ST16系)です。1985年デビュー。
このセリカがセリカの転換期と言えるでしょう。そう、FFへの移行です。「セリカがFFだなんて!」という声も多数あがりましたが時代の流れでしょうか。
さらにこれまでクーペとリフトバックの2種類あったボディもリフトバックのみになりました。
85年8月のFMCで「流面体、発見さる。」というキャッチコピーとともに登場した「前期型」。先代の後期型を丸くしたようなデザイン。今見ても古くは感じないです。1600cc・1800cc・2000ccの3つのエンジンバリエーションを用意。
87年8月のマイナーMCで「後期型」が登場。「流面体、極まる。」というコピーのもと、1600ccが廃止。
フロントグリルのスポークが1本から2本に、リアランプがたて基調から横基調に変更。


セリカ後ろFRからFFに移行し、最新鋭のエンジンがレイアウトの問題などをカバー。1985年のFMCでは1998ccの「3S-GELU」、1587ccの「4A-GELU」、1832ccの「1S-iLU」の3種で1986年にターボの「3S-GTE」追加、
1987年のマイナーMCで「4A-GELU」がなくなり、1998ccの「3S-FELU」が追加。さらに1988年のマイナーMCで「1S-iLU」がなくなり、1838ccの「4S-Fi」が追加されました。


ミッションには電子制御式2ウェイ・OD付4速フルオートマチックECT-Sを用意。走りや路面の状況で3つの走行モードが選べる機能も搭載してます。サスには、電子制御サスペンションTEMS。さらに電子制御のブレーキ、4輪ESCなど、さすがにいろいろなシステムが電子制御化されてます。そして、それらをコントロールするのが「マイコン」。
セリカいんぱね

さて室内へ移りましょう。全車ともスポーティーでコンパクトかつ贅沢な仕上がりのインパネ。今回もカラー液晶デジタルメーターがGT-R、ZR、SXに注文装備。オーディオはいよいよCDがオプションになってます。
シートは8ウェイスポーツシート(GT-FOUR、GT-Rの運転席に標準装備)が目玉。GT、ZRはヘッドレストの上下前後機構がない6ウェイです。


セリカしーと
なお、今回はアメリカにてボディをカットしたコンバーチブルも逆輸入の形でラインナップされていました。

ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

我が愛しのセリカたち(1)・TA2
我が愛しのセリカたち(2)・RA45
我が愛しのセリカたち(3)・RA63

※よければ→人気ブログランキング
posted by my_cecil at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

残業とデート、どっちが大事!?

残業や日吉店「R25」を読んでて複雑な気分になった記事。
財団法人社会経済生産性本部による平成18年度新入社員の「働くことの意識」調査での1つ。

「デートの約束があったとき、残業を命じられたらどうしますか?」

さて、この結果ですが。。。

残業する・・・80.1%
デートする・・19.5%

という結果だそうです。
さらに「残業する」は、男性が77.2%で、女性が85%

過去データですが「残業よりデート」は1973年には30%、1991年には37%だったそうです。バブル期にはデート派が最も多かったようですね。
ていうか、それでも4割以下なんですね。みんなマジメに仕事するんだなぁ。しかも、今では女性の方がデートより仕事って、なんだかなぁ。

それにしても、残業派がこれまでで最高を記録した原因はなんでしょう。
「R25」編集部で考えたのは「デートそのものの価値が相対的に下がった」「仕事をする自分=会社に必要な人間という、自身のイメージアップ」の2点。
この2つはあるでしょうね〜。デート自体めんどくさい、なんて人もいるみたいだし。そもそもデートということば自体存在してるのか、という疑問もあるようです。

それ以外には何があるかなぁ。
好きな異性とどこかへ出かけるという、あの甘酸っぱい時間、今はそういう思いをする層が中学生とかに降りてきてますね。だから大学を卒業した人が仕事を蹴ってまで「いまさら」デートはしないのかな。
それか、デートする相手自体いないとか。
デートはいつでもできるけど、タイムリーさが勝負の仕事では、そのときやらないと終わり。「ごめん、仕事入った」ってメールしとけばいいかって感じ?

でもさ〜、それでいいのかなぁ。
欧米では結婚して子供ができても、ベビーシッターに子供を預けて夫婦はデートするし、イタリアをはじめ、ラテンの国では仕事を早々に終えて、男女問わず異性を求めて街に出ます。やっぱ、いくつになってもときめかなきゃ
せめて、「ここぞというデート」はすっぽかさないよう、みなさん頑張りましょう(笑)。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

※写真は全然関係ない「大衆居酒屋 残業や日吉店」。 
*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 02:10| Comment(4) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

携帯の「ソフトバンク」新ロゴ発表

SoftBank10月1日にボーダフォンからソフトバンクに変わるのに伴ってロゴも新しいものに。
あさって発売の新製品からこのロゴマークに変わるそうです。
従来のが赤だったのでずいぶん印象が変わりますね。

10月24日にスタートする携帯番号ポータビリティに備え、ケータイ業界が徐々に動き始めてます。
「3.5世代」年内登場の動きもそうですし、auがAQUOS携帯導入というのもそう。お隣り韓国では、各メーカーの差がアあまりなかったのが、番号ポータビリティーの導入を境にメーカー間の競争が激化したらしいです。
日本でも、いわゆる「囲い込み」作戦が始まってます。いろんな割引をつけたり、「無期限くりこし」などのサービスをつけたり。
でもまずは「操作性のよい」「さくさくつながる」「基本料・通話&パケ代の安い」ケータイ。これにつきるのでは?

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 01:06| Comment(4) | TrackBack(2) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

それ行け!個タク隊!!番外編〜福祉タクシー


VOXY前さて、久しぶりのこのコーナー。といっても番外編。
今回は福祉タクシーです!
一般的には、車椅子で乗車できるような装備がついた車になるので、ミニバンとかワゴンタイプになりますね。ただ地方自治体によって基準は若干違うようでして、「福祉タクシーに限り、軽自動車のタクシーも認める」というところもあるそうです。
都内でも国土交通省関東運輸局認可の軽タクシーが走ってます。もちろん福祉限定ですが。
写真はトヨタのヴォクシーです。ノアとともに非常に売れているミニバン。FFで2リッター。取り回しのよさ、それなりに装備もよくて200万をきる価格。日曜にはサンデードライバーのノアが道路という道路にあふれ、のろのろよたよた走ります。ヴォクシーはノアに比べて、「車」というものにこだわりのあるパパさんが乗っているためかノアほどひどくはないです。

VOXY後ろそれにしても、ノアとヴォクシーという風に同じ中身の車を分けて売って、共食いにならないトヨタって、さすが世界的企業だなって思います。
ま,どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
*ついでにこちら↓(個タク隊バックナンバー)もどうぞ*
vol.1光岡ガリューvol.2日産セレナvol.3トヨタUCF31セルシオvol.4トヨタマークXvol.5日産ティーノvol.6日産V35スカイラインvol.7マツダアテンザvol.8トヨタ初代プリウスvol.9ヒュンダイXGvol.10トヨタACV30カムリvol.11トヨタ110系マークU、日産V35、UCF31セルシオvol.12日産Y33シーマvol.13トヨタファンカーゴvol.14マツダGF8Pカペラvol.15光岡ガリュー2vol.16マツダセンティアvol.17BMW745vol.18トヨタ現行プリウスvol.19日産プレサージュvol.20メルセデスベンツCクラスvol.21トヨタJZS160アリストvol.22トヨタ20系セルシオvol.23トヨタJZS170クラウンアスリートvol.24日産F50シーマvol.25ボルボS80vol.26日産フーガvol.27日産ティアナvol.28ZEROクラウンアスリートvol.29先代BMW740番外編・クラウンコンフォートvol.30三菱デボネアvol.31クラウンエステート番外編・日個連と東個協vol.32トヨタアバロンvol.33日産PG-50プレジデントvol.34日産ME51エルグランドvol.35日産ALE50エルグランド

※ポチッとな→人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 00:39| Comment(5) | TrackBack(2) | タクシーたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

「サスペンス特別企画 黙秘」(月曜ゴールデン・TBS) 

BROTHER▼出演者
渡部篤郎、藤谷美紀、堀内正美、飯田基祐、林美穂、宮内洋、エド山口、宇津宮雅代、不破万作、モト冬樹、寺田農、佐久間良子

▼スタッフ
製作:ニューウェーヴ、TBS
脚本:安井国穂
プロデューサー:小椋正樹、南條記良
演出:長谷川康
主題歌:「約束」森山直太朗


人を愛せないエリート判事矢沢俊一(渡部篤郎)は法廷書記官・美里(藤谷美紀)との関係を続けながら、東京高裁判事の娘・響子(林 美穂)との見合い話が持ち上がっている。しかし、美里が妊娠したのを知り、金を渡して去る。その後ろ姿に美里は金を投げつけ言う「あなたは自分しか、いや自分も愛せないのだ」と。
横浜から新潟に異動になった矢沢は殺人の容疑者・広恵(佐久間良子)の事件を担当することに。広恵は同居していた男を殺害した容疑がかかっていたが、黙秘を続けていた。。

この枠の「特別企画」はいつも丁寧なつくりの「ヒューマンドラマ」。渡部さんがいよいよ2時間サスペンスへ!という報道もありましたが、何のことはない、ヒューマンドラマでした。
「サスペンス」というタイトルで見なかった人も出ると思うので、とってももったいない気がします。サスペンス特有の殺人シーンや謎解き、岸壁も一切出てきません。夜明さんの娘役でおなじみの林美穂さんは出てきますけどね(笑)。

しかし!「女は命がけで愛する人を守る」という母親のことばから矢沢の心の中で何かが変わっていきます。ありもしない殺人の罪をかぶって起訴された母親はどうなるのか、サスペンスなら焦点を当てるのはそこだと思いますが、このドラマではそこは放りっぱなし。何かが変わっていった矢沢に、あくまでも焦点が。
矢沢を恐喝する男を刺して逮捕される美里の前でひざまづき「すまなかった。力になりたい」という矢沢。初めて人を愛せるようになったということでしょうか。母との会話だけで、そこまで大きく人間変われるのかという疑問もあるかと思いますが、心が凍結したのが母との別れからですから、それが解凍されるのも母との再会、と考えると、それもありでしょう。
「これから」というときに終わるエンディング、それをしみじみ盛り上げる森山さんの歌もピッタリマッチ。

ところで写真ですが、このドラマで刑事役のモト冬樹さんが、聞き込みにいった先で店員のエド山口さんと会話するシーン。そう、珍しい兄弟の共演です。
なんでこの記事がこの写真なのか。真剣に見てたため、この写真しか取れなかったのです(笑)。

ま、こんな記事、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*よければ→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 12:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ドラマ「愛なんていらねえよ、夏」(2002.7〜9)

愛なんていらねえよ、夏とっても大好きなドラマでした。DVDになっているということで、これもいつか入手したいと思っています。数字はもうひとつだったようですが、見ていた方はいますか??

■キャスト
白鳥レイジ(渡部篤郎)・鷹園亜子(広末涼子)・芥川奈留(藤原竜也)・五十嵐彰(鈴木一真)・一条晴男(ゴルゴ松本)・真壁恭一(平海一晃)・名波李理子(西山萌子)・伊藤楓(松尾玲央)・永岡ミエ(黒川智花)・永岡明良(野沢“毛ガニ”秀行)・ウエダタクロー(森本レオ)・中田咲子(坂口良子)ほか


■スタッフ
脚本:龍居由佳里
演出:堤幸彦、松原浩、今井夏木
音楽:見岳章、武内享
プロデュース:植田博樹
製作:TBS
主題歌:池田綾子「LIFE」(ユニバーサルポリドール)

▼おはなし
「カネ」と「チカラ」だけを信じている男・白鳥レイジ(渡部篤郎)。彼はホストクラブをいくつも経営し、多くの女を食い物にしながら生きている。愛なんて信じたこともない。彼はある女性の横領に絡み刑務所へ。半年後出て来た彼を待っていたのはレイジのことを慕う奈留、そして返済期限あと2か月の借金総額7億円。
2か月で7億円を返せなければ、回収人ウエダタクロー(森本レオ)と部下の一条晴男(ゴルゴ松本)に消されてしまう。
一方、愛情の欠けた贅沢な暮らしのなかで、いつしか愛を信じなくなった盲目の女・鷹園亜子(広末涼子)。彼女は莫大な遺産を受け継いでいた。亜子にはレイジと同じ名前の兄がいた。その兄は家を出てレイジの下で働いていたが事故死していた。借金返済の為に兄になりすまし亜子に近づくレイジ。。

2か月で7億もの大金を作るため亜子を消して遺産を横取りしようとたくらんでるレイジが、同じように心を開かない盲目の亜子と接しているうちに、2人ともすこしづつ考え方、感じ方が変わっていきます。そのようすがとってもいい!
亜子はレイジを慕い、レイジも亜子を心配するようになっていきます。そして、ところどころにクセのある登場人物がからみ、単なるヒューマンドラマにはしていません。コメディではないので笑うところはまったくないのですが、かといって見ててブルーになるような深刻なドラマでもなく、そのさじ加減が絶妙。
渡部さんが最高なのはいうまでもないですが。あの声で「あ〜こ〜」というのがマイブームでした(?)。
なぜか全10話という尺ですが、引き込まれて一気に見られるはず
ラストもステキ!!

韓国でリメイクもされるようですが、どうなんでしょ。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

*渡部さんの過去記事→ドラマ「幸福の王子」(2003年・日テレ系)

*よければ→人気blogランキング
posted by my_cecil at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

コーヒー飲むべ☆15


BECKSさて続いては首都圏限定ですが、「BECK'S」(ベックス)です。

ここは東京都北区に本部がある、ジェイアール東日本フードビジネス株式会社の系列ということもあって、首都圏のJR駅の駅舎に入ってますし、SUICAが使えるということもあって駅利用者にはとっても便利。
同じ系列にはファーストフードのBecker'sやベーカリーのLITTLE MERMAIDなど、おなじみのお店も多いです。
ここはブレンドコーヒー S¥190/M¥240/L¥290という値段なので標準です。
また、サンドやホットドッグなども豊富。 これまた駅の利用者にはとってもありがたいですね〜。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

BECK'S COFFEE SHOP

*よろしければ過去記事もどうぞ↓*
コーヒー飲むべ☆1(エクセル)コーヒー飲むべ☆2(スタバ)コーヒー飲むべ☆3(快生軒)コーヒー飲むべ☆4(ロッテリ)コーヒー飲むべ☆5(マック)コーヒー飲むべ☆6(タリーズ)コーヒー飲むべ☆7(ベローチェ)コーヒー飲むべ☆8(Cafe Miyama)コーヒー飲むべ☆9(NEW YORKER'S Cafe)コーヒー飲むべ☆番外編(ポッカ・aromax)コーヒー飲むべ☆10(カフェ・ド・クリエ)コーヒー飲むべ☆11(サンマルクカフェ)コーヒー飲むべ☆12(ドトール)コーヒー飲むべ☆13(アートコーヒー)コーヒー飲むべ☆14(珈琲館)

人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 06:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。