2007年08月31日

「イミダス」「知恵蔵」休刊


imidas2007「イミダス」(集英社)と「知恵蔵」(朝日新聞社)が、昨年発売の2007年度版で休刊することになりました。

考えてみたら、職場でも毎年買っていたのが、最近は買ってなかったです。というか買っても見てなかった気がします。
世相を映し出す言葉や最新の専門用語を収録して毎年11月に出版していたので、これらが出版されると「今年ももう終わりか〜」なんて思ってましたが、それも今は昔。

1986年創刊の「イミダス」、創刊号は113万8000部を売り上げたが、その後は減少を続け、今年度版は14万5000部。約1割ですね。
1989年創刊の「知恵蔵」は、当初は95万部を売り上げていましたが、今年度版は13万部。

言うまでもなくITやネットの普及で、いろいろな情報が無料で入手できる時代になったのが休刊の理由。気が付くとわたしも、なんか知らないことがあったら、本を見るのではなく、ネットで検索するようになってます。もともとあんまり本を読まないわたしはさらに本を読まなくなってますね〜。
ただし雑誌や、興味ある新書は読んでますので、これから休刊するもの、残るものはますますだんだん絞られていくような気がします。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 17:10| Comment(6) | TrackBack(2) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

小学校の授業増加


靴箱ようやくです。

なんとなく減る一方という印象の小学校の授業が増えるそうです。

ゆとり教育という名の手抜き教育で、日本人は学力やモラルをどんどん減らしていってます。いつ歯止めがかかるのかと思ったらようやくです。
主要4科と体育を約1割増やすそうで、高学年には週1で英語追加

これで年間、低学年で70時間、中高学年で35時間ほどの授業増
科学の進歩で、学ぶべきことが増えておかしくないはずが、減っていた授業。増えるのはなんと30年ぶりなんだって!
おかしいですよね〜(`ヘ´)

この授業増が何をもたらすのか分かりません。何も変わらないような気もするけど、やらないよりまし。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

追記:中学でも授業増が決まったようです・・・

posted by my_cecil at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

マックカフェ、オープン


マックカフェマクドナルドの、コーヒーメニューやパンなどのデリを中心とした新型店「マックカフェ」が恵比寿ガーデンプレイスなど15カ所にオープンしました。

マックカフェってなんだろという人も多いと思いますが、米国やオーストラリアなど世界33カ国で展開する業態。
ちなみに日本では1998年にマックカフェの展開が始められていますが「戦略、位置付けともに別のもの」とのことです。
今回の「新生マックカフェ」は、小型店のリニューアルや既存店への併設で「既存事業の成長につなげる」のがおもな目的。
ウリなのは、「スピード」「おいしさ」「値頃感のある価格帯」。
通常のマックにはないナチュラルスープやデリ、ベーカリーなどのフードメニューには「厳選野菜」を使用。独自のコーヒーを提供し、デザートも充実させるなど客層、時間帯を問わないメニュー。メニューはドリンクを含め「日本オリジナル」で価格帯は、マックと同様、地域・立地によって3段階に分かれるとのこと。

15店舗は以下の通り。

東京都
●恵比寿ガーデンプレイス店 ●大鳥居駅前店●新宿歌舞伎町店●新宿ハイジア店 ●立川駅南口店●東京海上ビルディング店●新馬場店

神奈川県
●相模原トイザらス店

千葉県
●しいの木台リブレ京成店●四街道長崎屋店

埼玉県
●戸田ライフ店●南古谷ベルク店●毛呂山ライフ店

茨城県
●常陸太田フェスタ店

兵庫県
●三宮センター街店

近くにお店があって、興味もある方は行かれてはいかが?
いまは混んでると思いますが。

ま、ここはどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:50| Comment(4) | TrackBack(6) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

LUNA SEA 一夜限りの再結成


one night dejavuついにLUNA SEAが7年ぶりに再結成!

といっても一夜限りのコンサートということですが。
12月24日、クリスマスイヴの夜に、ラストコンサートをした東京ドームで。
ちなみに正式発表は皆既月食の今日だそうです。

2000年12月26、27日にファイナルライヴをした東京ドーム。今回のライブのタイトルは
「GOD BLESS YOU〜One Night Dejavu〜」
文字通りの「いつか、どこかで見たような光景」ですが、あの初期の名曲「Dejavu」にも引っ掛けた洒落たタイトル。
さらに、バンドロゴも「終幕」直前のものではなく、ずっと使われてきたものです。

今年はメンバー全員がソロデビュー10周年だし、LUNA SEAもメジャーデビュー15周年という節目の年。
今年6月に、メンバー全員が「終幕」以来初めて集まって今回のクリスマスイブへの話し合いを持ったそうです。

その模様はDVDになったりするんでしょうか。
なったら是非見たいです。
彼らが残したサウンドのスタイル、アレンジの手法、曲展開、ヴィジュアルなど、その後の音楽シーンに残したものがとっても多い彼らだけに、今回のライブも大注目!

しかし、ここはどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

LUNA SEA関連の記事はこちらのINDEXからどうぞ。
posted by my_cecil at 14:07| Comment(2) | TrackBack(6) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

渋谷パルコ・パート2が営業休止


パルコパート2渋谷のパルコパート2が営業休止というショッキングなニュースが。

渋谷パルコは1973年から営業を始めています。
パート2は、1975年12月に竣工した仁愛ビルを地下1階から6階を賃借して営業しています。
もう30年以上にもなります。わたしも渋谷のパルコというと3つあるのが当たり前だと思ってました。ちなみにパート3は1981年から営業を始めています。実のところ、パート2は、3つのうちでいちばん行く回数が少ないパルコでした。でもなんか寂しいですね。今年リニューアルして、かなり雰囲気が変わったので今度ゆっくり見てみようと思ってました。

今回の営業休止というのは、このビルの耐震問題だそう。
建築基準法改正以前に建築されたビルなので、耐震補強工事などで「安全性を確保できた段階」で営業の再開を検討するとのことです。
今入っている12テナントは今後順次、渋谷パルコの別施設などに移転する予定だそうです。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

「シティーハンター」にチョン・ウソン


チョン・ウソン日本の人気漫画、北条司さんの「シティーハンター」が実写ドラマ・映画版が作られます。
なんと韓日合作プロジェクトで、日本で放映されるドラマシリーズの主人公には韓国の映画俳優チョン・ウソンが選ばれたそうです。

チョン・ウソンは「デイジー」(2006)、「レストレス〜中天〜」(2006)、「Sad Movie <サッド・ムービー>」(2005)、
「私の頭の中の消しゴム」(2004)などで日本でもおなじみですね。

ウソン以外は日本の俳優で固められているということで、ウソンも日本語の特訓に入ったとのこと。
日本のドラマでウソンが見られるというのはすごいことです。
でも、漫画のファンの方にとって、この配役はどうなんでしょう。
漫画の実写化って、特にファンの人にはとても微妙(とても微妙ってどんな日本語だ)だと思います。
自分の中に、登場人物のイメージや声、振舞い方などが勝手に出来上がってますから、それと違うときにはがっかりするもの。
その意味でアニメ化も難しい。声が違うとか、顔が違うとかいろいろ出てきちゃいます。

ファンの方の意見を聞きたいものですが、実際にドラマ見ないとなんとも言えませんね。
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:30| Comment(4) | TrackBack(2) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

三菱車の車名を考える


aspire昨日、ギャラン・フォルティスについて書きながら、
「そういえば三菱車の車名って微妙なのが多いな〜」
と思いましたので、せっかくだから考えてみましょ。

まず、「かっこいい名前」だと思うもの。
・「グランディス」ってなかなかです。
 →フランス語の『雄犬』を意味する「GRANDIOSE」を「GRANDIS」に変えた造語
・「レグナム」もかっこいい響きです。
 →"LEGNUM"は、ラテン語で「王位、王権、王国」を意味する「REGNUM」が語源。「L」と「R」を替えるのって「GLAY」みたいです。
・「スタリオン」はどうでしょ。やや微妙?
 →スター(星)とリオン(ギリシャ神話のヘラクレスの愛馬の名前)を組み合わせたもの

続いては、かっこいい悪いは意見分かれますが、有名なクルマ
・「ギャラン」、まずこれでしょ。
 →フランス語の『勇ましい』『華麗な』という意味
・「コルト」。いいクルマですが。
 →英語の『子馬』の意味
・「パジェロ」は有名かな。
 →英語で『アルゼンチンに生息する野生の猫の名前』
・「ランサー」。また消えそうですが。
 →英語で『槍を持って馬に乗った兵士(槍騎兵)』を意味
・「ミラージュ」はどうでしょ。飛行機にもありますが。
 →英語で『蜃気楼』という意味
・「ディアマンテ」。かなり微妙ですが。
 →スペイン語の『ダイアモンド』で、三菱の社章であるスリーダイヤから命名された
そんなクルマを消してしまうなんて、大したものです。

ちなみにスリーダイヤというのは、
創業時の九十九商会が使用したマーク。土佐山内家の家紋「三ツ柏」と三菱の創始者、岩崎家の家紋「三階菱」を組合せたものだそうです。

さて、やや微妙なもの、いきましょう
・「デボネア」。日本語の響きとしてはちょっと・・・。
 →"DEBONAIR"は『上品で快活な、愛想のよい』という意味の賞賛表現に用いられる英語に由来
・「プラウディア」は、その後継ですが。
 →"PROUD(堂々とした、誇り高い)"と"DIAMOND(ダイヤモンド)"を組み合わせた造語。
というよりは「資生堂」の化粧品としての方が有名だね。
・「ディオン」っていうのもありました。
 →ギリシャ神話に「喜びを与える神」として登場する『ディオニソス』に由来。
というより、「ここ」です(笑)
・「FTO」は?
 →英語"Fresh Touring Origination"の頭文字をつなぎ合わせたもので『若々しいツーリングカーの創造』という意味
・「GTO」
 →イタリア語"Gran Turisumo Omorogata"の頭文字
・「リベロ」はかっこ悪くはないけど、有名なことば。
 →イタリア語で『自由』の意味

ダジャレ?シリーズ
・「ミニカ」は文字通りに小型自動車(ミニカー)の意味
・「デリカ」は「デリバリーカー」から

マジで?というものは・・・解説もいらんでしょ。
・「チャレンジャー」・・・この車名をつけた三菱の方がチャレンジャー。
・「カリスマ」・・・無免許だったりして。
・「ファイター」は有名ですが「ピスタチオ」なんていうのもあったらしい。すごい!

車名も当たりハズレあるけど、デザインもですよね。
めっちゃかっこいいものも、「マジで〜?」というものもあり。
この調子で、
がんばれ!三菱。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

PS.クイズ:写真のクルマの車名は何でしょ?
(答えは画像の名前です)
posted by my_cecil at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

三菱ギャラン フォルティス発表


フォルティス新車販売の不振な自動車業界は、この秋、各社とも新車攻勢をかけるようですが、三菱からは、実に7年ぶりの新型セダンとして「ギャラン・フォルティス」が発表になりました。

次期ランエボとして、このルックスは雑誌やショーでおなじみですね。
「セダンが売れない」情勢のようですが、セダンの人気がないというよりも、今は「買いたくなるセダンがない」のです。
だから売れない。
作ったとしても、HBの後ろにトランクをくっつけただけ、あるいはワゴンのDピラーをCピラーにずらしただけのような中途半端なセダンが大半です。そんなクルマだれが買うというのか。

では、この「フォルティス」はどうでしょう。
ベースとなる「エクシード」、ラグジャリーな「スーパーエクシード」そしてスポーティな「スポーツ」の3タイプが基本だそうですが、「スポーツ」にしてもかつてのVR-4(↓)のようなものとはぜんぜん違うようです。
VR
いや、それでも近年のセダンの中ではかっこいいものだと思います。確かに、いろんなクルマに似ているという意見も多いですが、逆スラントの細目ライトはギャランとかレグナムでもおなじみのものだから、しっかりギャランに見えますね。

時代が時代だから「ハイパワー」「アグレッシヴ」なクルマは出せないのでしょう。VR-4も燃費が悪かったし。
フォルティス内三菱のセダンって当たりハズレが大きいです
初代ディアマンテのように売れたクルマもありましたが、ランサー・セディアは、個人的には「史上最もブサイクなセダン」ランキング上位に入るクルマでした。シグマとかよく分かんないクルマもあったし、プラウディアなんか売る気ゼロ。
長年頑張ったデボネアもかっこいいとはいえませんでした。
でも、古くはギャラン・シグマ、ギャラン・ラムダとかランサーEXのようなかっこいいセダンがたくさんありましたし。

このクルマも悪くはないと思うのでがんばって欲しいですね。
よく分からないのが、新しいランエボのベースがこのクルマということです。ランサーがなくなってこれになるというのは分かるけど(ほんとは分からない)けど、そうなるとランサーエボリューションじゃないですよね〜。何を考えているのか。。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

新型エクストレイル発表


エクストレイル新型の写真はこれまでいろんなとこで出てましたから、この発表でビックリすることはないのかも知れませんが、正式発表です。

今回のFMCで2代目となります。
基本コンセプトは先代と同じです。
先代が2000年登場だったから7年も初代ががんばったことになります。例のTHE CLASHのCMソングもパッと思い出すほど。

この手のクルマはそれほど興味はないんですが、例の、ウォッシャブルなインテリアも含め、アウトドアでがんがんという人たちにはとっても使いやすいんだろうなぁって思えたクルマです。
写真は上が新型、下が先代になっています。
エンジンは直4DOHCの2リッターと新設定の2.5リッター。
2リッターモデルは4WDと2WD、エクストロニックCVTと6MTが選べ、2.5リッターモデルは4WD+6速マニュアルモード付エクストロニックCVTのみの設定となるそうです。
エクストレイル横後ろ

防水のインテリアも健在。
質感もアップし、さらにラゲッジスペースも拡大。
いわゆる正常進化というやつでしょうか。
横とか後ろから見て大きく変わったのは、フェンダーの膨らみ方。それからDピラーの形状でしょうか。
横から見たら窓全体が末広がりの台形だったのが、変形の5角形になっています。ちなみにわたしは先代の方が好きです。

肝心の顔であるフロントですが、比較的スッとしていた先代に比べ、ごつくなりました。ライトとグリルの形状が大きく変わり、それに合わせてバンパーもずいぶん変わっています。これに関しては意見の分かれるところ。
「こういうクルマはやはりごつい方がいい」という方には歓迎でしょうし、そうでない方は前の方が良かったということになるんでしょう。
わたしは新型はかっこ悪いと思っているので、ますますどうでもいいクルマになってしまいました
日産のエクストレイルHPでチェックしようとも思いましたが、まったくページが開かないので、ますます印象悪です。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

1級河川の水質ランキング


黒部川国土交通省が、全国166の1級河川について、2006年の水質状況ランキングを発表しました。

「水質」というのは、具体的にどういう調査によるものなのかといいますと「BOD値」というのがあるそうです。
「微生物が消費する酸素量を示す値」(生物化学的酸素要求量)らしいのですが、素人にはわかりません(笑)。

ベスト1は、全部で9河川。
北海道の尻別川、後志利別川、鵡川、沙流川
北陸の黒部川
中部の安倍川、宮川
中国の高津川
九州の川辺川

尻別川、沙流川は3年連続。黒部川、安倍川は8年ぶり、高津川は初の1位。
よく分からなくても、きれいな川ってことですね!

逆にワースト1位は、前年に続き近畿の大和川。
2位は関東の綾瀬川、
3位は神奈川の鶴見川、4位は関東の中川、5位は近畿の猪名川
ということだそう。
やはり東京、大阪という大都市に集中しちゃいますが、ここ10年の水質推移を見てみると、ワースト部門?の川もずいぶん水質がよくなっているようです。
下水道の整備や水質浄化への取り組みだそうで、これは明るいニュースですね。

これらは1級河川のものですが、例えば近所の小さな川からきれいにしていきたいものです。
メインは生活廃水の浄化ということでしょうけど、川に直に何かを入れるとか、そういう常識のないことはやめないと、ですね〜。
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 10:39| Comment(4) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ソニーの新音楽プレーヤー「Rolly」

ROLLYのサイトiPodではなくWalkmanを使っている人も多いと思いますが、そうした人に期待をもたせるような新製品が出そうです。
「出そう」というのもおかしな話ですが、ソニーが8月20日、音楽プレーヤーの新製品「Rolly」(ローリー)というのを今秋発売することを明らかにしました。
正式発表は9月だそうですが、それに先駆け、プロモーションサイトとブログを開設しています。

詳細は一切明らかになってません。だからWalkmanの新製品なのか、別ものなのか、Sonic Stageは使えるのか、ATRAC 3なのかなどなど、まったく分かりません。

そもそもブログによると、

「1.出会いは『おーっ!!』 
2.触れて『ほーっ!!』 
3.眺めて『えーっ!!』」


というのが、担当者がRollyを見た時の「個人的な感想」で、「今までにはない感じ。それが確実にあります」ということです。
「音楽の『新しいリスニング・スタイル』を提案する」「サウンドエンターテインメントプレーヤー」。「ソニーがこれまで培ってきたさまざまな技術の粋を集めて創られた新しいオーディオ商品」であり、「クリアなサウンドを楽しむだけでなく、さまざまな生活シーンにおいて、多彩な音楽の楽しみ方を実現する」ということです。

さ〜っぱり分かりませんが、要するに新しいプレイヤーだということ。って当たり前か。

次々にWalkmanも新しいのが出て、わたしが使っているものはとっくにカタログからなくなっていますが、これもあっという間に消えませんように。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 01:31| Comment(0) | TrackBack(2) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

マジクール!


MAGICOOL前に「涼しいヘルメット」を紹介しましたが、それ以外にも涼しさをもたらす商品がたくさん出ています。

熱さのあまり毎日頭痛でクスリが手放せないわたしにはありがたいものばかりです。

例えばこれ、
「マジクール」

「MAGICOOL」と書くそうです。
「超冷感持続クールダウンスカーフ」だそうで、
「水を含ますだけで20時間以上冷感が持続する冷却スカーフ。」「ただ水を含ませるだけなので、いつどこでも冷感を復活させることができて、何度も繰り返し使用できるのでとても経済的。」(HPより)

布の中にある特殊高分子ポリマー(吸水樹脂)が水分を吸収して、水分を外に逃がさず保水。その水分が気化する際の吸熱作用により、皮膚の温度上昇を抑え、長時間冷感が維持されるそう。
税込みで987円ということなので、比較的気軽に試せますね。

これを販売しているのは大作商事株式会社
HPにはほかにもおもしろそうなものがいっぱい。
ちょっと見てみてください。

ま、ここは、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

大作商事HPはこちら
posted by my_cecil at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

「痛車」ブーム?


痛車イタ車ならぬ「痛車(いたしゃ)」ブームが拡大中だそうです。

「痛車」というのはアニメやゲームのキャラクターのシールやイラストを貼り付けたりした車のことだそうで、自動車だけじゃなく、バイクや自転車にまで、それは広がっているとのこと。

「痛車ろーど」という雑誌もあるし、mixiでは「痛車オフ」というコミュニティもあるそうです。
ま、それはともかく、いちばん興味深いのは「痛い」ということばを使っているところでしょうか。
「つまんない」「失敗した」「はずした」などと同じ系列で「痛い」ということばが使われています。だから、アニメとかに興味ない人がこういうクルマを見て「痛いクルマだ」などというのはまだ分かるのです。
でも、自分で「痛車」だというのですからね〜。
似たような表現に「腐女子」というのがありますね。あれも自分で「わたしは腐女子」だというのですから。

アニメ好きな人を、違う世界の人というような人も少なくないですが、お互いに線を引いているかのようですね〜。
別にそれがいいとか悪いとかではないんですが。。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 20:22| Comment(0) | TrackBack(9) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

馬インフルエンザの猛威

馬インフルが猛威をふるっています。
「へぇ、そんな病気もあるんだ」
くらいに軽く考えていましたが、けっこう大変なことになっています。

さむそん・・・
まず、JRAが18、19の両日に3競馬場で予定していた全レースを中止。
さらに地方競馬の大井、金沢競馬も中止。荒尾競馬でも1レースを中止に。
大井競馬は通常ならば18日だけで8億円の収入だそうなので大損害です。
JRAになるともっとすさまじいことになるでしょう。

それだけではなく、日本人の夢を乗せてフランスで走るはずだったメイショウサムソンが馬インフルにかかり、凱旋門賞出走を断念しました。

も〜!何なの!?
という人のために調べてみました。
何でも馬インフルエンザは人間のインフルエンザと同じような症状のウイルス性のもの。感染馬は1〜3日の潜伏期間で40〜41℃の高熱を出し、激しい乾性の咳とともに多量の水様性の鼻汁が出ます。それで二次感染がなければ2〜3週間で回復するそうです。でも、気管支炎などを併発することもあるし、人間のインフルエンザと同じように少数ですが死亡例もあります。
あっという間に伝染していくらしいので、飼育されている馬群がほとんど感染したように見えるらしいです。
なお、これが人間に感染することはないそう。

季節とか馬の年齢には関係なく感染するそうですが、早く沈静化することを希望します。。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:27| Comment(2) | TrackBack(11) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

平成のABC@〜軽自動車推奨委員会

AZ-1いまどきの軽自動車は室内も広い。
維持費も普通自動車に比べたら圧倒的に安い。

でも、軽自動車に乗り換える気にならない、という方の理由の1つに「デザイン」があるのだと思います。

確かに、人が乗るスペースはもう削れないので、そこから決められた寸法まで出っ張らせる部分というのは限界があるし、その限られたスペースで普通の自動車のようにデザインを広げるというのはムリがあるのかも知れません。
でも、三菱i(アイ)やスバルR1のようなクルマもあるし、かつてはこんなクルマも存在していたということは、これから魅力的なデザインの軽自動車が出てくる可能性を秘めていることを示しています。

平成の初期、軽スポーツカーが3台発売されました。マツダAZ-1、ホンダ・ビート (BEAT) 、スズキ・カプチーノ (Cappuccino) 、この三車種は同時期に発売された二人乗りの軽自動車。しかも、それぞれが独自の路線を走っていた魅力あるクルマでした。頭文字を合わせて平成ABCトリオと呼ばれて、いまも中古車で人気となっています。

その第一弾。
「マツダ・オートザムAZ-1」

当時のマツダは「ユーノス」を始め、複数の販売チャンネルという(今考えれば無茶な)販売スタイルを持っていました。町の小さい自動車販売所から派生したような「オートザム」から販売されたAZ-1ですが、軽でスーパーカーを作りました的なコンセプトが最高なクルマです。

外見の最大の特徴はガルウイング。カウンタックのように上→前に開くのではなく、横→上に開くタイプです。
外装を取り外せる強固なスチール製スケルトンモノコックを採用しています。ガルウイングにすることでその剛性も上げています。
スズキアルトワークスのインタークーラー付きのターボエンジンをリアミッドシップに搭載し、5MTと組み合わせています。

AZ-1の室内
最高出力(ps/rpm)・・・64/6500
最大トルク(kg-m/rpm)・・・8.7/4000


足回りもアルトワークスからの流用となり4輪ストラットサスに4輪ディスクブレーキ、タイヤは155/65R13を装着。
ロックトゥロックが2.2(ふつうは3くらい)というクイックなハンドリングも魅力。
車重はわずか720kgで最高速度は187km/hと言われています。

ここまでなら言うことないクルマですが、3年弱で4392台を売っただけで生産中止になっています。やはり欠点があったわけです。
まずは圧倒的な室内の狭さ
乗り込むのも一苦労。シートに座った後、つり革をもってドアを降ろします。そしてシートを毎回ずらさなければなりません。そのシートも初めからリクライニングしないバケット。
AZ-1のインパネ
そしてインパネの写真を見てください。
ふつうアクセルがある場所にタイヤハウスがあります。だから3つのペダルが思いっきり中央に寄ってます
エアコンのスイッチもタテですね。
その割を食って、助手席の足元はもっと狭い。左右からスペースを削られてるのでまっすぐにしか座れません。
窓も最小限しか開きませんから、相当な圧迫感です。
その割にエアコンの効きも悪いらしいです。

全長/全幅/全高(mm)・・・3295/1395/1150
室内=長/幅/高(mm)・・・910/1150/965


さらにアルトワークスそのままの足回りはやや物足りなく、横転事故も多かったようです。
もちろん収納スペースは皆無に等しい。助手席の後ろにちょっとしたスペースがあるだけです。それもCDチェンジャーなんか置いたらもうなくなってしまう。

AZ-1後ろ
全高はビートより2センチ低いだけですが室内高はビートより5センチ近く低い。前の車のバンパーが目の高さに来るくらいなので猛烈な低さです。
価格は149.8万円
いまの軽は高いので違和感がありませんが、当時の軽としては高いです。
スズキにもOEM供給されて、1993年より「CARA(キャラ)」と言う車名で発売されていました。AZ-1とちがってフォグランプがついていました。

いま中古で程度のいいものは新車より高かったりします。
街で見かけたら、それ自体レアなことなのです。
大切にしましょう!笑

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
*K-Car過去記事・・・
軽自動車推奨委員会発足!
三菱i(アイ)見てきました!@東京オートサロン
三菱i(アイ)試乗してきました!
軽自動車、男性取り込みのコツとは
軽自動車の室内は狭い?〜軽自動車推奨委員会
スズキ・セルボ復活!
ダイハツ・ミラ、フルモデルチェンジ!
ワゴンR STINGRAY(スティングレー)登場

*よければクリック→人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

桑田選手の、次は?

どうする?桑田先日の炎上を受けて、パイレーツから戦力外通知を受けた桑田選手。

ここまで19試合を投げて0勝1敗、防御率9.43と、少なくとも数字上では結果を出せませんでした。
でも、会見での桑田選手には暗さはなく、むしろ笑顔も飛び出すほど。
「もう十分です。何も悔いなしです」
そう言った桑田選手、家族も来ているし、今週中に今後のことは決めるそうです。

当初は防御率も2点台。かつての直球の勢いがない代わりに、熟練の投球術でしのぎ、決め球のカーブは「レインボール」と呼ばれました。しかし、ここ数試合は機械のようなコントロールが定まらなく、カーブもスタンドまで運ばれるようになりました。

大洋(現横浜)でプレーしたトレーシー監督、オリックスで投手コーチを務めたコルボーン投手コーチなど、パイレーツ首脳陣は日本の野球界にいたことがある人たち。それだけに今回の決断は苦渋の決断だったようです。でも前に書いたように、みんな桑田のことが好き。
それだけにコーチやスカウトとして球団に残って欲しがっているようです。

戦力外通知を受けた選手は、まずトレード。決まらない場合はマイナー契約か自由契約になります。
またマイナーから再スタートでもよし、ユニフォームを脱ぐもよし。
じっくり考えて決めてほしいです。
39歳で巨人を離れ、大リーグに挑戦、というのは誰からしても無謀なことでした。メジャー昇格を目前にしてケガ。そして念願のメジャーデビュー。強打者を次々に切って取ったあのシーン。これだけでも十分すぎるほど夢と希望を与えてくれました。
さて、次の夢は??

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 00:17| Comment(4) | TrackBack(6) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

三洋の携帯→シャープor京セラ


W52W53SA「三洋電機が携帯電話事業を売却」というニュースが流れていますが、シャープと京セラに打診をしているそうです。

三洋のケータイファンのわたしとしては、何か書かずにはいられません。

赤字といっても、売上高の約15%を占める主力事業。他社ケータイのような競争力のある商品を開発できずに赤字事業になってしまったとのこと。
海外の販売網は充実しているので、他社にとっても魅力だとのことですが。

競争力のあるケータイってなんでしょう。
いま使ってるW51SAもその前のW31SAも、デザインも使い勝手も抜群の名器です。
どちらもスライドですが、その後継が回転2軸というのが訳わかんない。
W51SAの後継?の52SAは回転2軸式ですが、かっこいいと思います。(写真上)
シルバーとブルーの端末先端部は、薄い金属の膜を何重にも重ねる「多層蒸着塗装」が施されていて鏡のようにキラキラ光ります。赤外線ポートを隠す役割も果たしているというこの部分は「ナトリウムの固まりを切ると、切り口がキラキラと鏡のように輝く。そんな金属感を表現した」というこだわり。

一方マトラッセ風の外見の53SA(写真下)は防水。
普通の折り畳みでワンセグなので見にくくないかなっていう気がしないでもないし、画面が小さく見えるなどありますが、細かいところまで気を配られたデザインは、どことは言いませんが、他社のものよりもよっぽどいい。

問題なのは、優れた端末を開発していながら、そのよさが市場にまったく伝わっていないことでしょうね。
前にも書きましたが、勝負となった名器W51SAが早々に市場から消えたのも痛い。
auだけでなくドコモなどにも三洋端末はありますし、デザインもいいんですが、NやPなど他社が無条件で売れるドコモだと厳しいかなぁ。

ただ、わたしは「三洋だから買う」という人ではないので、いい端末のDNAを受け継いでもらえれば別にどこのメーカーでもいいのですが

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

VAN HALENツアー正式発表〜VH砲3


VH再始動もうファンの間ではとっくに知れた話ではありますが。

VAN HALENのツアーについて昨日13日、正式発表がありました。
事前情報の通り、ヴォーカルはデイヴ・リー・ロス。ベースはエディの息子ウォルフガング
デイヴは1985年にバンドを脱退していたので、20年ぶり以上のVHでのライブということになりますね。
それにしてもデイヴってもう52歳なんですね〜。

ツアーは9月27日のノースカロライナ州シャーロットがスタート。シカゴやニューヨークなど主要都市を回り、12月11日のカナダ・カルガリーまで全25公演を予定しているとのこと。
写真を見ると、1stアルバムのときのロゴを使ってますね。気になるのはサミーの頃の曲をちゃんと再現できるのだろうかということ。
デイヴとサミーではキーも違いますし。サミーの頃のライブでは、そうとうキーを上げた「Jump」を演奏してましたから。デイヴ在籍時の曲が多くなるのは仕方ありませんが、VHが商業的に成功したのはデイヴが脱退してからですから、そうした曲を無視は出来ないでしょう。
公式HPはデイヴ時代のCD一色になってますが。

デイヴの歌う「Dreams」「Love Walks In」「The Dream Is Over」「Right Now」「Top Of The World」「Can't Stop Lovin' You」などを聞いてみたいものですが。
ベーシストがマイケル・アンソニーの代わりに、エディー・ヴァン・ヘイレン(ギタリスト)の息子ウォルフガング(16)になったので、これでメンバー3人Van Halenという名前になってしまいましたね(笑)。

写真は左からアレックス・ヴァン・ヘイレン、デヴィッド・リー・ロス、エディー・ヴァン・ヘイレン、エディーの息子ウォルフガング(ロイター/Fred Prouser)

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

VAN HALENの「5150」(1986)〜VH砲2
VH砲1〜VH解散!

posted by my_cecil at 14:15| Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽…HR/HM〜へヴィメタル館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ヤクルト古田さん退団へ?

古田さんう〜ん、なんとも寂しいニュースです。

ヤクルトが今期低迷している責任をとって、ということなんですが。
今期の低迷の原因の1つは岩村選手のデビルレイズへの移籍。西武などは、大選手が抜けた後、その穴埋めだけでなく「○○がいなくなってチームがだめになった」と言われないように、戦力を衰えさせないんですが、ヤクルトの場合は岩村の穴が埋められてません。
さらに期待の若手がいまいち伸び悩んでいるし、古田「捕手」の後継者も育っていないのです。

古田さんは、右肩痛を抱えているため、6月10日に自身の出場選手登録を抹消して、同時に捕手として今季限りでの現役引退を心に決めたそうです。その後7月24日に再登録したものの、兼任監督に限界を感じていたとか。
先日、本社会談にて現役引退の勧告を受け、同時に専任監督として続投要請されたものの、態度を保留している、とのこと。

それにしても、監督が代わってもチームが変わらないと強くはなれません。
新監督になって、体制を変えて、チームが変わる例はたくさんありますが、今回は、球団側から懇願されて兼任監督を引き受けたのに、引退勧告に際して事前に何の話し合いもなかったということらしいし、そういう体質が変わらないと・・・という気がします。

それにしてもこんな頃もあった古田さんだけに、ヤクルトを離れるのは、とっても寂しいですよね〜。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 15:01| Comment(0) | TrackBack(3) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

宇宙ホテル?


「Xプライズ」で世界初の民間機による高度約100kmの宇宙飛行を達成したスペースシップワンそんな文字を見て、何のことかわかりませんでした。
でも、文字通りの意味だったんですね〜。

宇宙にほんとうにホテルを作る計画があるんだそうです。

ラスベガスなどを拠点にしているホテルチェーン「バジェット・スィート・オブ・アメリカ」のオーナー、ロバート・ビゲロー氏が設立した「ビゲロー・エアロスペース」という会社が計画しているそうで、開業予定は2012年。
もちろん宇宙空間のホテルは初めてのこと。

宇宙って?という疑問が湧きますが、ロケットの中につくるんだそうです。寝室を3つ備えたブティックホテルで、3日間のうちに日の出が15回見られるそうです。
ホテルでは特殊な服を着て過ごすそうです。

気になる滞在費は3日間で400万ドル(約4億7000万円)とのこと。
すごいですね〜。

我々?庶民には無関係の話ではありますが、夢がありますよね〜。
ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。