2009年06月30日

今時の「小学六年生」(小学館)


小六7月号もちろんわたしは小学六年生ではありませんが、書店の入り口付近に小学館の小学生以下向けの雑誌があって、いつもは気にも留めませんが、ふと見てみると、「あら〜、今時のはこうなってるの?」という発見がたくさんあってびっくり。

ちなみに今店頭に並んでいる「小学六年生」はこうです。
まずタイトルが「小六」。表紙はKAT-TUN。
綴じ込み付録は
@「厳選!! 8大人気企業キャラ プロフ付き★ミニレター」
MR.CONTACやく〜、ドコモダケなどのキャラのプロフ用紙です
A「動物園はベビーラッシュ! 
激カワ ♥ 動物の赤ちゃん大集合!」
B「KAT−TUN」

中身を見ると、もちろんKAT-TUN、そして櫻井翔といったジャニ系のページ。
そして、うわさのCMの舞台裏、iPod、ファッション、ポケモンなどのゲーム記事などに加えて「若田宇宙飛行士」のインタビューというなんとなくこういう雑誌にふさわしいと勝手に思ってる特集があったり。

連載ものを見てみると、「手作りスイーツ教室」「読者投稿ページ(株)Show-Rock」「思春期クリニック」などなど、かなり大人な内容と子供な内容がミックスされていて(当たり前ですが)大人はついていけません(?)。

さらに驚いたのが価格。
この7月号は600円。高くないですか?
と思ったら「小学一年生」でも560円するんですね。2〜4歳向けの「めばえ」は500円。
そう考えると、そんなものかなって思えてきます。このあたりだと子供と一緒に読む感じなので、実にかわいい内容でほほえましいですが。

機会があったら見てみて欲しいですね。
といっても、ここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレ東)


モヤさまこの番組のファンは実はけっこういるんじゃないかと思いますが、わたしはこの番組大好きなんですよ。

「モヤモヤさまぁ〜ず2」
テレビ東京のみのローカルだったのが、今では系列の局で全国的?に放送されているゆるい番組です。

内容は、さまぁ〜ずの2人と、テレ東アナの大江麻理子さんを加えた3人が、東京のマイナーな街をぶらぶら歩くだけというものです。

もともと「街もの」が大好きなわたし、かつての深夜の人気番組「DAISUKI!」でも街を歩く企画が大好きでしたし「ちい散歩」などももちろん好きです。
でもこの番組、雰囲気や3人のキャラがすばらしいんです。
街の「マイナーな」というのは、例えばどの番組でも取り上げられるような「原宿」「渋谷」といったところではなく「用賀」とか「北新宿」とかといったところ。番組のロケが入るようなところではないだけに、並ぶお店も普通の電気屋さんとか喫茶店、あるいはちょっと変わった骨董屋とか。
そんなお店ですから、芸人の方も一般の人に思いっきり毒づいたつっこみを入れることは可能なんですが、さまぁ〜ずの2人は、当たり障りのないセリフをいうわけではないし、さりとてキツイつっこみを入れるわけでもなく、そのバランスが心地いいんです。
暴走するわけでも、単にレポーター役になるわけでもなく。さらには、これはいい意味でなんですが、大爆笑するわけでもないのです。でももちろんおもしろい。

さらに大きな役割を果たしているのは大江アナでしょう。アシスタントとしてであっても女性が1人ですから、思いっきりはしゃいだり時には悲鳴をあげたり、さまぁ〜ずの2人に突っ込みを入れたり、気取ったりぶりっ子したりしてもおかしくはない。局アナであってもです。
しかし!大江さんはそうはしない。
あくまで一歩引いた状態。番組中でも常に敬語。
さまぁ〜ずを差し置いて自分が前に出ることはしません。それだけなら全然面白くはないんですが、「きちんとはじける」というか、正統派美人女子アナにあるまじき行為もちゃんとやってくれるんですよ。
歌を歌ったり、わき汗披露(?)とか。わき汗は番組史上1、2を誇る最高視聴率をマークしているというのが面白い。そのはじけ方のバランスもちょうどいいんですね。

この3人じゃないとこの番組のカラーは変わってしまうでしょう。例えばさまぁ〜ずの片方が欠けてももちろんダメだし、大江アナが、例えば大橋アナに変わっても雰囲気は大きく変わっちゃうでしょうね。

そんな番組なのにちゃんとDVDが出てるのもすごい。
今時のDVDにはあるまじき、CMもないし、パッケージ開けて左側も空っぽという代物。余計なものがないのが潔い。
なんとか長寿番組であって欲しいです、お願い。

でも、ここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

第50回宝塚記念


50th宝塚記念JRA上半期の総決算、グランプリレースとなる「宝塚記念」です。
これをもって上半期のGTは終了。勝ったのは2番人気ドリームジャーニー(牡5=池江寿厩舎)。池添謙一騎乗です。

2006年12月の朝日杯フューチュリティステークスを制して以来のGIタイトルですから実に2年半ぶり。
騎乗した池添騎手は05年スイープトウショウに続く宝塚記念2勝目で、同馬を管理する池江泰寿調教師は同レース初勝利となりました。おめでとうございます。

今回単勝1.6倍と断然1番人気のディープスカイ、3番人気サクラメガワンダーは外からまとめて豪快に差し切られた形になります。

勝ったドリームジャーニーは5歳牡馬、父ステイゴールド、母オリエンタルアート。北海道白老町の社台コーポレーション白老ファーム生産、馬主はサンデーレーシング。戦績は21戦8勝、G1・2勝目で重賞6勝目。獲得賞金は5億5975万9000円。
父ステイゴールドは何度も宝塚記念に挑戦しましたが、ついに勝てませんでした(98年2着、99年3着、00年4着、01年4着)のでそのリベンジも果たし、次は天皇賞・秋、そして、01年GI香港ヴァーズでステイゴールドが勝った12月の香港国際競走。
父のあとを追い、追い抜いていく。競馬ってだからおもしろい。
夏競馬はレース記事を、基本的にはお休みしますが、競馬ブログの方々、またよろしくお願いします。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 20:07| Comment(0) | TrackBack(8) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

DVD「人志松本のすべらない話:ザ・ゴールデン2」


すべらないG2「ザ・ゴールデン」の「5」が本日放送された「人志松本のすべらない話』ですが、いかがでしたでしょうか。
とってもおもしろかったですが、やはり人数が多すぎる気がします。
初めて出る人が話1つなんですよね。これもDVD化を待つことにします。

さて「2」のDVDが発売になりました。
その前の非ゴールデンの五がボリュームも内容もたっぷりだったので、この量でこの値段はちょっと高い感じがしています。

問題はそれよりも、初回限定のこのパッケージ。
「サンダル」付きというのは聞いていましたが、まさかこんな特大パッケージだとは。

サンダルを使うこともないし、このパッケージどうしたらいいんでしょう。
お店においてあるのは大体本体の見本なので、レジに持っていった人はたぶんみんなびっくりしたのでは?

中身についてのレビューは今度書きます。
といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンタウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

マイケル・ジャクソンさん死去


マイケルファラ・フォーセットさんの悲報に続いてショッキングなニュースが飛び込んできました。

なんと歌手のマイケル・ジャクソンさんが亡くなったのです。

来月から復活コンサートを行うはずで、チケットも数分で売り切れ。誰もがその復活を期待していた矢先にこんな知らせが飛び込み、いろんなニュースを見ていると、世界中が騒然となっています。

ジャクソンさんは1958年8月29日にインディアナ州生まれ。9人兄弟の7人目として誕生。6歳のとき、兄弟5人で結成したジャクソン5が初めてオーディションに出演。今もあちこちでその曲がかかっているほど音楽界を席巻しました。日本でも「フィンガー5」が結成され、そのヒット曲も今も誰もが知っているほど。
1972年に初のソロアルバムを発表し、ソロアーティストとしての階段を上り始めました。
そして1982年リリースの「スリラー」は7曲のトップ10入りヒットを生んで、米国だけで2100万枚を売り上げたモンスターアルバムになりました。
翌年、NBCテレビの特番で「ビリー・ジーン」を歌い、初めて「ムーンウォーク」を初めて披露しました。
そのダンスや曲、歌唱法などは世界中に大きな影響を与えています。
中でもミュージック・ビデオのあり方を変えたことは音楽のジャンルを超えての影響と言えます。「スリラー」のプロモーションビデオ(PV)は、特殊メイクによるマイケルの狼男やゾンビとの群舞、演技やダンスが社会現象と言えるほどの話題になりました。それまでの演奏シーン中心のPVを、ドラマや映画仕立ての、それ自体が作品といえるものにまで昇華させた役割は大きいと言えましょう。

しかし、それと同時に、私生活のスキャンダラスなイメージは、その彼の音楽性にふたをしてしまっていたのも否定できません。ネバーランドの建設や遊園地の丸ごと貸し切りなどはまあいいとして、チンパンジーとの友情、子供への性的虐待容疑、度重なる整形手術、結婚と離婚など、トラブル続きの私生活も彼のまた一面だったのです。
ジャクソンさんには3人の子どもがいますが、3人目の子どもをホテルのバルコニーから外側に突き出して見せ、非難を浴びたこともありました。

ただ、それはそれ。
彼の功績はやはり大きいです。
わたしは特にファンでもなんでもないですが、すごい人なのはよく分かります。
アメリカだけでなく日本でもTV特番が組まれたり、CDショップではもう今日から彼の特設コーナーが出来ているところもあります。また、店内では彼の曲がかかっていたりもします。
ご冥福をお祈りいたします。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:36| Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽…その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ファラ・フォーセットさんが

ファラ・フォーセット - John Shearer / WireImage / Getty Images末期がんで闘病中の米女優ファラ・フォーセットさん(62)が、米俳優ライアン・オニールさん(68)の求婚を受け入れ、2人は結婚することになった、
そんな記事を書いて、それが非公開になっている間にそれは悲報に変わってしまいました。

ということで、記事を書き直して公開することにしました。

求婚を受け入れたばかりのファラさんが亡くなってしまいました。26日朝のことです。

テキサス州生まれのファラさん、1976年に主役の1人として出演したドラマシリーズ「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」が大ヒット。
華やかなブロンドの髪と小麦色に焼けたスレンダーな体型が、絵に描いたような「アメリカのいい女」であって、当時日本でも多くのファンがいました。
その後も幅広い役柄をこなして、米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞などの候補にたびたび上がるなどして活躍。
しかし、2006年に直腸がんと診断され、手術を受けるも07年に再発。今年に入り肝臓への転移が判明し、過酷な闘病生活を追ったドキュメンタリー番組が全米で話題を呼んでいたそうです。その番組「ファラズ・ストーリー」は米NBCテレビで2時間にわたり放送されて、約900万人の視聴者が釘付けになったそうです。病室で嘔吐するフォーセットさんは「これが、がんというものよ」と、あえてカメラにも語りかけるなど、ドキュメンタリーは壮絶なものだったらしい。

映画「ある愛の詩」などでおなじみライアン・オニールさんとは30年近く交際して、1子をもうけています。
今回最期を見とることになってしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

アグネスタキオンの早すぎる死

種牡馬アグネスタキオンが22日夕方、急性心不全で亡くなりました。
まだ11歳。

競走馬としては、故障のため4戦のみで全勝。
種牡馬としてもすでに多くの重賞勝ち馬を輩出しています。父親サンデーサイレンスの優秀な後継馬として、大きな期待を背負っていました。
ものすごく残念でなりません。

競走馬としての彼の成績(すべて1着)
2000/12/02 5阪神1 3歳新馬
2000/12/23 5阪神7 ラジオたんぱ杯3歳S(G3)
2001/03/04 2中山4 報知杯弥生賞(G2)
2001/04/15 3中山8 皐月賞(G1)

そして種牡馬としての成績
2005年 出走65頭-勝ち25頭 出走回156-勝利回27(うち重賞1)
2006年 出走182頭-勝ち69頭 出走回747-勝利回91(うち重賞1)
2007年 出走241頭-勝ち100頭 出走回1091-勝利回134(うち重賞8)
2008年 出走276頭-勝ち91頭 出走回1226-勝利回129(うち重賞14)
2009年 出走202頭-勝ち34頭 出走回603-勝利回43(うち重賞1)

2008年度にはリーディングサイヤーに輝いています。
産駒を獲得賞金別に見ると、
ダイワスカーレット、ディープスカイ、アドマイヤオーラ、キャプテントゥーレ、ロジック、アグネスアーク、リトルアマポーラ、ニシノマナムスメ、ジェルミナル・・・と重賞勝ち馬がずらり。GT馬もたくさんいます。

タキオン自体、兄も父母もみんなGT馬という血統なので強いはずです。
こうなったら、彼の子供、そしてそのまた子供に活躍してもらいましょう。
といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ。。。(∪∪)

posted by my_cecil at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

松田聖子「青い珊瑚礁」〜SEIKO2


青い珊瑚礁全く反響がありませんが、いつものことなので気にせずいきましょう。

1980年7月1日リリースされたこの曲、これの大ヒットによって松田聖子さんは超人気アイドルになりました。TBS「ザ・ベストテン」では3週連続1位を獲得。オリコンでは2位が最高位。
長渕剛『順子/涙のセレナーデ』と田原俊彦『ハッとして!Good』に阻まれて1位獲得はなりませんでしたが、1980年の年間第15位に輝いています。
また「第22回日本レコード大賞」新人賞、「第11回日本歌謡大賞」放送音楽新人賞などを受賞しました。

「ザ・ベストテン」で、芸能界入りを強く反対したつ父親と本人の間に立ってくれた母からのメッセージに感激し「おかあさ〜ん」と言って泣いた、その姿が世間に強烈な印象を与えました。
これにより、「ぶりっ子」という「称号」が一部から与えられることになってしまいました。

いろんな意味で彼女の代表曲とも言えますが、個人的にはそれほど好きな曲ではありません。

出だしがサビから始まるタイプの曲です。イントロはそのままアウトロになる感じ。
誰でも知ってるサビの「あ〜、私の恋は〜」。このサビを聴くと、前作での声の青さ、固さはかなり消えている印象です。そして彼女独特の声のつやがもう登場しています。
おかしな話に聞こえますが、わたしはこの曲でいちばん好きなのが、AメロとBメロです。
Aメロは比較的シンプルに音程が上がったり下がったりして平和に、Bメロはちょっとエモーショナル。
サビ直前に「あなたが好き」と入るのがすばらしいですね。

CBSソニー 品番:06SH 802(レコード)
A:青い珊瑚礁(3分38秒)
作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗
B:TRUE LOVE〜そっとくちづけて(3分01秒)
作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗



といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

価格半分のLED電球


東芝ライテックが新発売するLED電球(毎日新聞)前にも書いたLED(発光ダイオード)ですが、寿命が長くて電気代も安くいいことづくめ・・・に見えますが、価格が高いのが最大で唯一の弱点でした。

今回、東芝ライテックから発表されたLED電球、価格を従来の半分の引き下げたもの。
なんと寿命は白熱電球の約40倍となる4万時間。

6.9ワットと4.1ワットがあって、希望小売価格は5460円、5250円。白熱電球で言うそれぞれ60ワット、40ワットと同等の明るさがあって白熱電球のソケットにそのまま取り付けることができるもの。

1960年代以降に現代のような技術が確立し、赤色と緑色が最初に開発されて、70年代に黄色が開発。
そして90年代には日本のメーカーによって青色が開発されまして、これで光の三原色(RGB)がそろうことになったというわけです。
これで1996年には白色が開発されました。これによって表示用が中心だったLEDは、一般照明用として開発が進むことになりました。

白熱電球に比べるとまだまだ猛烈に高い印象ですが、これまでに比べると格段に安く、今後、ますます普及することが期待されます。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

「こち亀」ドラマとTBS


両さんがかわいそうなんとあの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が実写ドラマ化される!
それだけならもっとうれしいニュースだったでしょうけど、両さん役は香取慎吾!
古くから「こち亀」を愛する人ならば、イスから転げ落ちたことでしょう。

それ以外のキャストも大体決まったようですのでご紹介。

両津勘吉…香取慎吾
秋本カトリーヌ麗子…香里奈
中川圭一…速水もこみち
両津よね…柴田理恵
両津銀次…ラサール石井
大原部長…伊武雅刀

どうです?いまいちですね〜。
実際に見てみないとなんとも言えませんが、そもそもこの枠が、あの「MR.BRAIN」の枠というのが気になるところ。キャスティングと宣伝にはお金をかけるけど、中身は適当でいいという枠ですから、ファンが求めるキャスティングになっていないのは納得。
もこみち、香里奈は悪くはないかな。
ただ衣装が安いコスプレになっていますし、油断なりません。

TBSより
マンガの実写版は、そのキャスティングで文句が出ないことはありません。それは仕方ない。でも「NANA」の中島美嘉さんのように多くの人が納得できるんならいいと思うんですが。
両さんは割と小柄(152cm)だけどすさまじい体力とゲームやメカなどには絶大な能力をもっている・・・そんなイメージです。しかし香取さんは身長も高く下町のイメージもなければお金にだらしなくて不潔なイメージもない。何もかも正反対です。
原作の秋本治さんは「両さんそのもの」と大絶賛ですが、ファンは納得しませんよ。

前にも書きましたが、昔、TBSは「ドラマのTBS」だったのです。「岸辺のアルバム」「赤いシリーズ」をはじめ「Gメン'75」や野島ドラマなど、根強いファンをもち、社会現象にもなるドラマがオンパレード。
しかし、今はダメダメ。他局の企画の2番煎じで失敗ですケースばかり。社会現象を起こしているように見えて、それは単に番宣にお金をかけているだけ。
相当叩かれて懲りていてもおかしくない「亀田問題」などに象徴されるように、要は視聴者のことを全く考えていないわけです。
「キャストさえそろえておけば、バカな視聴者は食いつくだろう。脚本、ストーリー、設定なんてどうでもいいんだよ」とでもいわんばかりのおそまつさが実に腹立たしいです。これでは視聴者は離れるばっかりですよ。他局のいいところを見習って欲しいんですが、そうなるとまたパクって終わりだし・・・

文字通り
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

そして
 ↓
「こち亀」ドラマ、ついに放送開始
posted by my_cecil at 22:22| Comment(2) | TrackBack(2) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

新プリウス受注台数18万台


新プリウスなんだかんだで今日本の乗用車界を席巻しているのはハイブリッド。特にインサイトとこのクルマです。その新型「プリウス」の発売から約1か月に当たる6月17日時点の受注台数が約18万台になったと発表されました。
1か月で18万台っていうのはどういう数字か。
自販連が毎月出している月間販売台数で1位となるのは1万台代です。新車が出て最初にががっと数字が伸びるものですが、2005年の3月にヴィッツが2万2千台を超えたのが強烈でした。その後はカローラもフィットもその数字は越えていないという記憶があります。違ってたらすみません。
この新型プリウスの国内月販計画は1万台。何年か前なら1万台だとベスト10ちょっとでしたが、この2009年だと1万台にのるクルマは1位と2位くらい(3月はフィット、ヴィッツ、カローラ、パッソが1万越え)。
つまり今の時期だけ考えると1万というのは国内販売1位の数字ですから、そのぐらい売れるというのを見越した数字なのです。しかし、その強気(?)の月間販売台数のなんと18倍に当たる数字を出してしまいましした。
対目標という点だけ見ると、2002年5月に発売した「イスト」が目標7千台に対して約4万2000台だったというのが大きな記録でしたが、それをはるかに越える凄さ。

国内2工場−堤工場(愛知県豊田市)やトヨタ車体富士松工場(同県刈谷市)−でフル生産しているそうですが、今注文しても来年1月中旬以降の納車になるそうで、おそろしいですね。
先日街で新プリウスを見ました。といっても、後ろからだと先代だと思って見過ごすところでした。角が立っていて、ラインやシルエットは違うものの、あまりに印象が先代と似すぎだと思いました。
とはいえ、今の時代、この燃費はあまりに魅力だし、売れるのはわかります。プリウス以外は苦戦しているのは、まあしょうがない。
予想通り、目が離せませんね。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 02:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

「神父・草場一平の推理」〜ザ・水谷豊4


草場一平1土曜ワイド劇場の水谷豊さんシリーズでこんなのもありました。再放送でやっていたのでこのタイミングでご紹介。どんな設定かと言うと・・・

子供のころを少年院で過ごした草場一平(水谷豊)は、そこで世話になった鏡神父(三谷昇)の影響で長じて神父になった。だが、それだけでは食べていかれないため、少年院時代の友人・横川好次(酒井敏也)の経営する葬儀店で葬儀司会のアルバイトをしている。

神父さんで、元刑事でも探偵でもないというのは彼のドラマではやや異色っぽくはありますが、結局事件を解明していくので、まあ一緒です(笑)。
ただ、神父さんのかっこうのまま霊柩車に乗っているのはすごい。草場は水谷さんらしくひょうひょうとしたところもありますが、セリフが説教っぽかったり、目下の人には敬語ではないなど、他のドラマとの違いを出しています。
今のところ2話だけ放送されています。(いずれも監督・猪崎宣昭 脚本・東多江子)

●神父・草場一平の推理(1) 殺意の祈り〜100億の相続人ヨット水中殺人・遺体なき通夜!死者が戻ってきた!? <2004/06/05>
草場は、大社コンツェルンのオーナー・りゅうの孫・純の船上散骨式の司会を努めることになるが、式の終了後、りゅうが遺書らしきものを残し船上から姿を消してしまう。さらに後日、りゅうの遺言を発表するといっていた竹中弁護士が殺されて…。
●神父・草場一平の推理II(神父・草場一平の推理2、神父草場一平の推理II) 告別式の客と香典泥棒ダブル殺人 教会に捨てられた赤ちゃんが解く大逆転の真犯人! <2005/08/27>
草場が司会をした葬儀で香典が盗まれ、赤ん坊が捨てられていた。数日後、草場の教会に、葬儀で見かけていた怪しい男、塩ノ谷が現れる。しかし後日、塩ノ谷が殺される。

再放送されてたのは2の方です。
「夜」と「曇り」のシーンばかりでとっても暗いイメージがあります。さらに、タイトルとは真逆で真犯人に意外性がなく、展開もテンポもなんかイマイチ。
水谷さんのシリーズは大歓迎ですが、これは続編が4年近くたっても放送されないところを見るとイマイチなんでしょうか。

何とか探偵事務所、復活させてほしいなぁ。
局違うけど立花陽介でもいいですから。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

水谷豊記事〜
「事件記者 三上雄太(2)」(火サス)
「赤い激流」(1977年・TBS系)
「法律事務所」(土曜ワイド・テレ朝)
歌手・水谷豊 復活!?〜ザ・水谷豊1
映画「相棒 -劇場版-」(2008年・日)
「刑事貴族2」〜ザ・水谷豊2
「探偵事務所」(テレ朝・1994〜1999)〜ザ・水谷豊3

「相棒Season7-第7話『最後の砦』」
「相棒Season7-第9話『レベル4〜後篇・薫最後の事件』」
「相棒Season7-第15話『密愛』」
「相棒Season7-第17話『天才たちの最期』」
「相棒Season7-第19話『特命』」
posted by my_cecil at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

「THEフライト 翼の時間」(テレビ東京)


the フライトテレビ東京の深夜で「バラエティ7」という枠があって、そこで曜日ごとに複数の番組をやってますが、水曜深夜0:43からの番組がこれ。

自動車の番組は、今では少なくなりましたがあるし、鉄道の番組も前はありました。
この番組は航空機の番組。
3つのセクションに分かれていて、まずは
@「機体の美学」
毎回1機種の航空機を綿密にじっくりと細部まで紹介。
コクピットからエンジンや主翼、ランディングギアなど普段間近に見る事の出来ない部分を紹介。そのままDVDに出来るような感じ。エンジニアの人のコメントやナレーションがすばらしいです。そして
A「空港☆HANEDA」
羽田空港を徹底解剖。最後に
B「航空職人」
パイロット、整備士、管制官など様々な職種の専門的な仕事に就く人に密着し紹介。

航空機ファンは見ないとダメだし、あまり興味がなくても、「これがスロットル、クルマでいうアクセルです」みたいに素人にも分かるような親切な説明があるもんんだから、おもしろいです。

公式ページを見るとあと1回分のタイトルしかないけど、終わっちゃうのかな?
6月24日の放送予定は@JAL エンブラエル170 A羽田空港の未来 Bエアポートコンシェルジェ
必見です!

でも、ここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

サーブも売却先決定


サーブ 9-3 カブリオレ破産したGMですが、これで新しいGMの方向が固まりました。
「シボレー」「ビュイック」「GMC」「キャデラック」の4ブランドを残して、一旦国営化し再生を目指します。
では、その他のブランドはどうなったかというと、

「ポンティアック」⇒廃止
「ハマー」⇒売却(中国:四川騰中重工機械)
「オペル」⇒売却(カナダ:マグナ・インターナショナル)
「サターン」⇒売却(アメリカ:ペンスキーオートモーティブグループ)
「サーブ」⇒売却(スウェーデン:ケーニグセグ)

このように総てのブランドの行き先が決定しました。
といっても、この4ブランドの行き先、わたしはぜんぜん知らないものばかり。
ということで調べてみました。

まず、「四川騰中重工機械」は中国で道路工事用の特別車両を手がけるメーカー。
それから「マグナ」。カナダの大手自動車部品で、今回の買収はロシア国営銀行ズベルバンクと共同。ロシア自動車大手のGAZも生産面などで支援するとのこと。
「ベンスキー」は米国で2番目に大きいディーラーネットワーク。その取り扱いブランドは16もあって、全米約300拠点に販売網を構築。「スマート」のクルマを米国に上陸させたり、インディ500で最多勝記録をもつペンスキーレーシングチームも持っているどうです。
ケーニグセグCCXR
「ケーニグセグ社」は、スウェーデンのスーパーカーメーカー。1996年に『CC』、2006年には『CCX』をリリース。ちなみにその性能たるや、4.7リットルV8ツインスーパーチャージャーエンジンで806ps、0-100km/h加速3.2秒、最高速395km/hという世界最高峰の性能。さらにE85バイオエタノール燃料対応の『CCXR』というのは(↑)、最大出力は1018psという絶句もの。

時代は移り変わっていきますね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

新感覚仏壇〜八木研


フツーレのある風景今回のご紹介は「仏壇」です。

仏壇って、あるとおろそかにできないし、それ自体ものすごい存在感があるので、一気に部屋のカラーがそれで決まってしまうようなことがあります。でも、いまどきの洋室には明らかに不釣合い・・・

そんな方に、現代仏壇・仏具の「八木研」の商品をおすすめします。
価格は安くはないんですが、これがびっくりするほどかっこいい。

「新感覚仏壇 Mind Space」というシリーズには、ユニット仏壇や壁埋め込み式、壁掛け式などがあって、個人的に最初に目を引かれたのが写真上の「フツーレ」です。なんか仏壇にしておくのはもったいないほどかっこいい。

future
「ゆるやかにカーブをつけたステンレスの扉にナチュラルなブラウンの扉。扉は上下に動かして開閉します。絶対的な存在感がありながらスマートな印象です。 」(HPより)

気になる材質ですが、もともとこのシリーズは、これまでの仏壇には使われなかった素材を使うものなので、ステンレスと本革、MDF、タペストリーガラスを使用。
価格は堂々の¥756,000(税込)!

これ以外にもかっこいい仏壇がたっくさん。
そんな八木研のサイトはこちらです。仏壇には興味がない(って普通はそうか)方も、デザインに興味のある方なら見てみるとおもしろいです。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

マックでDS


マックでDS今月19日から「マックでDS」が導入開始になるそうです。

といっても、何のことだかさっぱり分からないので調べてみました。

任天堂DSをマクドナルドに持っていくと、DSの無線通信機能「ニンテンドーゾーン」を使って、無料コンテンツを配信してもらえるということだそうです。

問題はそのコンテンツの中身ですが、『ポケットモンスター』などのキャラクターダウンロード、デジタルスタンプラリー、クーポン券や、DSソフトの体験版などが提供されるそうです。
キャラクターダウンロードの第1弾は、“幻のポケモン”といわれる「ジラーチ」。
そして、来店するごとにDSにキャラクターがたまっていくスタンプラリーの第1弾も、Wiiウェアの新作ソフト『乱戦! ポケモンスクランブル』とのコラボレーションとなっています。スタンプラリーでは集めたキャラクターの数によって無料クーポンのプレゼントがあったり「ハッピーセット」との連動も予定されているそう。

体験版ゲームについてはまだ発表できる感じではなさそうですが、子供向けソフトから大人も楽しめる学習ソフトなどが提供されるとか、「著名な漫画家や出版社ともタイアップし、“あの漫画がマクドナルドで読める”と思っていただけるようにしていきたい(原田泳幸マクドナルドCEO)」とのことです。

DSを持っている人はマックに行くならDSを持っていかなきゃってなるかも知れませんし、DSを持ってるからマックに行こうという人も出るかも知れません。あるいはDS持ってないけどこの機会に買ってみようなんていう人も出るかも。そうしたことを考えてのコラボなんでしょう。
おもしろいことを考えたものです。気軽に通信できてかさばらず、通信自体は無料というDSの機能があってこその企画ですし、考えてみたら電車内でもある程度の年齢までは男女問わずDSやってますし。
気になるのはDSを持ってマックに来た人が、マックに長時間たまらないのかなってことです。店舗にもよりますが、マックって大体混んでます。混んでて座れないからテイクアウトにするんですが、買うにも長い時間並んだりします。それがもっとえらいことにならなければいいな。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


2009年06月14日

三沢光晴さん死す

RIPあまりのショックに眠れませんでした!

13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、救急搬送されたが、死亡した。(毎日新聞)

昨日の夜、「試合中に倒れる」という見出しを見てクリックした先は、もう更新されていて、死亡が確認されたあとでした。

三沢さんは広島シリーズの「GHCタッグマッチ」に潮崎豪選手とタッグを組んで出場。後藤彰俊&バイソン・スミス組に挑戦しました。
25分過ぎ、後藤選手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなりました。
ダウンしたレフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたところ、三沢さんは「動けない」と答え、意識を失ったそうです。試合はそこでレフェリーストップ。専属トレーナーが心臓マッサージを繰り返すもダメ。リングアナの呼びかけでマットに上がった観客の医師が自動体外式除細動器(AED)で蘇生を試みました。心肺停止状態で広島大学病院に運ばれましたが23時10分死亡が確認されました。

 三沢選手は栃木・足利工大付高でレスリング部に所属し、81年に全日本プロレスへ入門。84年にマスクマンのタイガーマスク(2代目)となり、人気を博した。90年からはマスクを脱ぎ、本名でファイト。ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田両選手(ともに故人)に次ぐエースとして活躍した。06年に全日本を退団してプロレスリング・ノアを設立し、社長を兼務。受け身のうまさには定評のあるレスラーだった。(毎日新聞)

死因は現時点で不明。
ただ、同じように試合中の負傷で亡くなったレスラーたち、97年のプラム麻里子(JWP)、99年の門恵美子(アルシオン)、2000年の福田雅一
(新日本)の3人はいずれも「硬膜下出血」が死因。
いかに急角度のバックドロップだったとはいえ、そんな技、いや、もっと危険な技もこれまで何度も経験していたでしょう。この日は精細を欠いていたという話もあり、もともと調子が悪かったとしか思えません。それがバックドロップが1つの引き金になったような。
トップレスラーとして、社長として、これまでの激務が蓄積されていたのでしょうね。
試合中、ダウンした相手を起こすときに絶対に髪を掴まない、そんなところに見える優しさが結果的にあだとなったのか!?

これからのノアはどうなる?そしてプロレス界は・・・?

ただ言えることは、
「お疲れ様でした。ゆっくり休んでください」
そして、
「ありがとう」

でも、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


こうしたお悔やみ記事に、無関係TBを送ってきたクズのIP
・222.148.205.89
・59.139.29.100
・122.30.8.88

posted by my_cecil at 18:33| Comment(2) | TrackBack(1) | ぷろれす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

「Hondaが、レースを始めます。」


個人燃費ランキングHondaが、
レースを
始めます。


そんなコピーのついた新聞の一面広告、ご覧になりましたか?

「競うのは、スピードではなく燃費です。
場所は、サーキットではなくふつうの道です。
開催日は、一日ではなく毎日です。」

ということで、インサイトのオーナーがホンダのサイトにて燃費を競える「エコグランプリ」というのを始めたそうです。

個人燃費ランキングに加えて、県別燃費ランキングをが見られるようになっています。
それから、インサイト開発者がエコ運転のコツやエコアシストの機能を紹介する動画「エコドラの風」や、血液型別の燃費表示機能なども順次追加していく予定で、インサイトオーナーがさまざまなエコ運転データを楽しめるサービスとなるようです。

インサイトのオーナー以外でも「エコグランプリ」ホームページ上の「インサイト・シミュレーター」でエコ運転を疑似体験できる「バーチャルチャレンジ」機能もあります。まずエントリーして、それから参加、という順番。

ホンダとトヨタのハイブリッド販売合戦については一般紙などでもとりあげられています。そして、日産やマツダなど他社も、ハイブリッドを意識したTV-CMを流し始めています。
さらにEVもいよいよ街を走り始めるこの時期、ホンダも本当はスピードを競うレースをやりたい社員の方もいらっしゃるだろうし、この広告コピーには複雑な心境かも知れません。
でも、そういう時代です。しょうがない。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

デルタブルース引退→乗馬へ


菊花賞優勝時のデルタブルース04年菊花賞(GI)を制したデルタブルース(牡8、栗東・角居勝彦厩舎)が、引退しました。
今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて乗馬となるそうです。
クラシックと海外GTを勝った馬が種牡馬ではなく乗馬というのが「?」でしたので、この馬の戦歴を振り返って見ましょう。

デルタブルースは、父ダンスインザダーク、母ディクシースプラッシュ(その父Dixieland Band)という血統。

デビューから6戦目04年「3歳未勝利」で初勝利。その後「3歳500万下」「九十九里特別(1000万下)」を勝ち(連勝ではない)、次に8番人気で出走した04年菊花賞を制すと、続くジャパンC(GI)でも3着。
翌年05年は3走のみですがステイヤーズS(GU)で重賞2勝目。
さらに翌年06年はコーフィールドC(豪G1)で3着。続くメルボルンC(豪G1)で、同厩舎のポップロック(2着)とともに日本馬ワンツーフィニッシュの快挙を達成しました。しかし結果的にそれが最後の勝利となり、07年は未勝利、08年は未出走。今年は3走目の、5月31日の目黒記念(GU)が最後のレースとなりました(16着)。

通算成績は32戦6勝(うち海外2戦1勝、地方1戦0勝、重賞3勝)。

デビュー戦の「2歳新馬」が1600mですが、それ以外は2000〜3600mのステイヤー。1回だけ大井のダートを走りましたが、あとは芝。
クラシックと海外GTは勝ったものの、あとはステイヤーズだけで、やはり実績がないということでしょう。
サンデーサイレンスの孫ということで、たくさん似たような系統の馬はいるし、種牡馬入りできないのは仕方ないと思います。
とはいえ、試してみたい人もいるかもしれないし、ちょっと見てみたい気はしますが。

何はともあれ、お疲れ様でした。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

メイショウバトラーが快挙


マリーンC04年小倉大賞典(GV)で重賞を初制覇したメイショウバトラー。
今年はもう9歳ですが、なんと重賞を制覇しました!

船橋競馬場で行われた第13回マリーンC(3歳上牝、交流G3・ダート1600m)でのこと。
福永祐一騎手騎乗で4番人気でしたが、2着で3番人気のストーリーテリングに2.1/2馬身差をつけて優勝しました。
さらに1馬身差の3着に1番人気のヤマトマリオンが入りました。ちなみに2番人気ユキチャンは6着。

もちろん9歳牝馬の交流重賞勝ちは史上初の快挙。
牡馬では、オースミダイナーが12歳時に00年の北海道スプリントC(交流G3)を勝っているそうですが、牝馬というのはこの年になるとだいたいもうお母さんになっているものなので、本当にレアでしょう。

メイショウバトラーは、父メイショウホムラ、母はJRA3勝のメイショウハゴロモ(その父ダイナガリバー)という血統。
04年小倉大賞典(GV)で重賞初制覇したあとは06年にはプロキオンS(GV)、サマーチャンピオン(交流G3)、シリウスS(GV)とダート重賞を3連勝。07年もかきつばた記念(交流G3)、さきたま杯(交流G3)、スパーキングレディーC(交流G3)、クラスターC(交流G3)と交流重賞4連勝を飾りました。その後は08年マリーンC(交流G3)を勝った後は勝利には恵まれていませんでしたので今回の勝利は1年ぶりということになります。

ダビスタなどでも超晩成馬がなしとげる感じの勝利。今年はこのまま元気に走ってくれることでしょう。
いや〜、なんかうれしいですね。
通算成績50戦14勝(うち地方23戦7勝、重賞10勝)。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。