2011年05月31日

5月も終わり〜今月のショック

早いもので5月も終わりです。
明日からは今年の上半期の「最後の月」となります。
来月が終わると、なんと今年も後半戦となるわけなので、なんと時の過ぎるのは早いことか。

それにからんで今月いちばんショッキングだったこと。

子供の頃住んでいた町があって、中学に入る頃に引っ越してしまったので、それ以来ほとんど行っていなのですが、まるまる小学校の大事な時期をすごしたところなので、おそらくわたしの人格形成には大きな影響を与えたはずなんですよ。札幌の一地域ですが。

夢の中に出てくる町。
子供の頃の町そのまんまではないですが、そのようすが部分部分で再現されてるんじゃないかなとか、思うところも多く、この年になってからもう一度行ってみたい町になっています。

考えてみたら高校かなんかのときにちょこっとだけ行ったことがあり、高いと思っていた段差があまりに低く、子供目線での記憶と、成長してからの目線のずれに新鮮なショックを受けたなんてこともありました。

ふとしたことで、通っていた小学校の検索をし、地図からストリートビューを見てみると・・・
まったく見知らぬ町。
通っていた小学校自体も、わたしが通っていたものとはまったく違う外観になっていましたが、当時から古かったからそれは仕方ありませんが。
わたしが住んでいた地域にどんどんストリートビューで進んでいきました。

知っている建物がないのは仕方なのですが、高い建物がないんですよ。
子供の頃に「高い」と思っていただけで実際にはそうじゃなかったのかな〜などとも思いましたが、どうやらそうじゃないみたいで。
いよいよ十字路というか交差点。
ここには市営バスのターミナルがあり、その隣には今で言うオードバックスのようなお店のビルが、道路を渡ると市場的なスーパー、その隣にはデパートともいえる5〜6階建てのビル、そして生協。
向かいには病院や、書店などが入ったビルが立ち並ぶにぎわった商店街・・・そんな町だったのですが、

なんにもないです。

1〜2階建ての建物はそれなりには並んでおり、もともと生協があったところには広い駐車場に「コープ」がありました。
それ以外にはほとんど何もないのです。
わたしが住んでいた団地のようなマンションは色が変わったものの奇跡的に残っていました。
その周り、当時市長さんも来ていた5階建ての寿司屋も、毎日にぎわっていた西友も、見事になんにもなくなっていました。

仕事がら最近は統計を見ることが多くなり、「人口の増えている都市」として「札幌」がベスト5に入っています。わたしが住んでいた地域も、どれほどにぎわっているのだろうと思いましたが・・・

都内でもあっという間にお店が消え、次のお店が入り、建物が建て替えられ、そんなようすを日々見ていますが、建物がなくなってしまうことはなく、常に高い建物に囲まれています。そんなことになれてしまったのでしょうか。

たまたま昔、同じ町に住んでいた人のブログに出会いまして、なつかしいお店の話題になっていた記事にコメントをしました。コメントが返ってきて、やはり当時のようなにぎわいはないとのこと。
「さびしい」というのもあるけど、それだけじゃない、なんとも複雑な気持ちになりました。
平たくいうと「ショック」なんですけどね。
今月いちばん印象に残ったことの1つです。

それでも、あの町にはまた行って、空気を感じてみたいと思っています。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

シボレー キャプティバ 日本発表

responseよりシボレーブランドの新型SUV、「キャプティバ」が7月末より日本でも発売されることになりました。キャプティバは、北米、ヨーロッパ、韓国などGMが世界各地に持つ開発拠点の共同作業で開発した新世代モデル。
日本に入ってくるのは、2列目と3列目シートは、簡単なワンタッチ操作で折り畳むことができる7人乗り仕様。全長4.7m、全幅1.8mで、パワートレインは、新開発2.4リッター4気筒DOHC可変バルブタイミング付きエンジンに、ドライバーシフトコントロール(DSC)付き6速オートマチックを組み合わせています。いまどきのクルマらしくエコドライブ・モードも装備しています。

さて、パッと見、どこのクルマかわからない外観に見えます。
「顔」ですが、上半分が三菱車っぽくも見え、ボウタイ部分のバーの下、大型グリルがシボレーっぽいです。でも目の形と角度、バンパーの感じなど、これまでのシボレーSUV以上に「無国籍」カーに見えます。いい意味で。
横の窓は、初代ホンダ・ストリームでもおなじみの、上の線がだんだん下がっていくパターンにも似て、後ろはコンパクトにまとまっています。ヒュンダイTBやマツダ・ベリーサなどでも共通の印象がある、こうしたリアは大好きです。
価格は354万円。

個人的になかなかいいなと思えるこのSUV、日本ではそこそこ売れるんじゃないかななどと思ってしまいます。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

第78回東京優駿(日本ダービー)

今年のダービー、台風接近という悪天候の中で行われることとなりました。

勝ったのは皐月賞を制して単勝1番人気のオルフェーヴル。春2冠達成は2006年のメイショウサムソン以来、史上22頭目。
池添謙一騎手、池江泰寿調教師ともダービー初制覇。

まずオルフェーブル。デビュー時には気性が激しく周りも手を焼いたということですが、折り合いがつけば抜群の勝負根性につながり、今回のレースでもそれが見事に発揮されて圧勝です。
そして東京競馬場で行われた皐月賞を勝ち、ダービーも制して2冠に輝いたのは63年メイズイ、64年シンザン。オルフェーヴルは47年ぶり3頭目。

池添騎手、デュランダル、スイープトウショウ、ドリームジャーニーなどの名馬とのコンビで勝負強さを見せてきましたが、7度目の挑戦でついに現役8人目のダービージョッキーとなりました。

池江師は42歳4カ月17日で栄冠をつかみ、グレード制導入後の84年以降では、角居勝彦調教師の43歳1カ月30日(07年ウオッカ)を更新して、最年少ダービー・トレーナーとなりました。さらに父・泰郎元調教師が05年ディープインパクトでダービーを制しており、親子でのダービー制覇を達成した。これは松山吉三郎(62年フエアーウイン、86年ダイナガリバー)=松山康久(83年ミスターシービー、89年ウィナーズサークル)以来2組目の快挙。

2着は、追い込んだ10番人気のウインバリアシオン。1馬身3/4差
3着はさらに7馬身差で、8番人気のベルシャザールが入りました。単勝2番人気のサダムパテックは7着、世界的名手デットーリ騎手(イタリア)が乗ったデボネアは12着

勝ったオルフェーヴルは、父ステイゴールド、母オリエンタルアート。北海道白老町の社台コーポレーション白老ファーム生産、馬主はサンデーレーシング。戦績は8戦4勝(重賞3勝)。

3冠に向けて頑張って欲しいですね。
来週は春のGT連戦最後となる安田記念です。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 19:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

「温泉若おかみの殺人推理 花巻温泉郷」(土ワイ)

「温泉若おかみの殺人推理 花巻温泉郷〜殺人は下校チャイムで始まった!!白骨死体と駆け落ちした女」
テレビ朝日より
中川美奈:東 ちづる
中川新太郎:羽場裕一
中川政子:岡田茉莉子
殿山警部:若林 豪
小百合:山村紅葉
伊藤直子:中山 忍
榎本好江:藤 真利子
門倉あゆみ:宮本真希
森田圭子:丘みつ子 ほか

<物語のはじまり>
中川美奈(東ちづる)は、宮沢賢治の故郷として有名な花巻温泉郷の老舗ホテルの若おかみだ。姑である大おかみ・政子(岡田茉莉子)の厳しいシゴキにも耐え、地元署の刑事である夫の新太郎(羽場裕一)を支える、よき妻としての顔も持っている。
政子が昔からかわいがってきた、『イーハトーブ館』職員・伊藤直子(中山忍)の結婚が、1カ月後に決まった。相手は盛岡の老舗南部鉄器店の長男、鈴木隆(萬雅之)。

ある日、童話作家・門倉あゆみ(宮本真希)が、出版社社長の夫・葉山陽一(遠山俊也)と美奈のホテルにやって来た。出身校の花巻星北学園から講演を依頼されたための来訪だ。あゆみは直子と小学校の同級生だったという。
あゆみは講演会で、小学生の頃、あゆみが直子と川で遊んで川に転落し当時中学生だった直子の兄・隼人(石田愛希)が助けてくれたが隼人が命を落としてしまったことを話す。自分の命は隼人に与えられたと話すあゆみだが、その話を聞く直子の表情はあくまでも硬かった。
 
講演後、美奈と直子は、星北学園の森田圭子校長(丘みつ子)に誘われ、校長室に向かった。あゆみが直子と会いたいと言っているという。直子がお茶を入れに給湯室に立った間に、4時のチャイムが鳴り、講演を終えたあゆみが入って来た。あゆみが夫の葉山の姿が見えないと心配するので、美奈が葉山を探しに行くと、図書室の扉が開いており中には、頭を殴られた葉山の死体が横たわっていた!! 

葉山の携帯電話に、事件当日の午後、榎本好江(藤真利子)という女性から着信があったことがわかる。好江は25年前、隼人の死から立ち直れず、直子と夫を置いて花巻を去った母親だった。葉山の出版社は経営状態が思わしくなく、好江は、葉山とは会社の再建の相談を受けて知り合い、事件当日に葉山から「直子が会いたがっている」と聞かされ、学園の図書室まで呼び出されて行ったことは認めたものの、すでに彼は殺されたあとだったと話す。
そんなとき、あゆみが、花巻時代の自分が女性が車から男性の死体を引きずり下ろす場面を目撃する、という恐ろしい夢を見ていると葉山に話したことを思い出す。ひょっとしたらそれは夢ではなく、現実に起きた事件だったのではないか…。あゆみの記憶をたどって新太郎らが捜索したところ、25年前、好江が駆け落ちの約束を交わしていた警察官・宮下芳雄(坪内守)の白骨死体が見つかった…! 
宮下を殺したのは、やはり好江なのか…!?
そして、25年前の彼女の犯行に気がついた葉山が好江を強請り、逆に殺されたのではないか…!?
疑惑は一気に好江に集中するが…!?
はたして25年前の事件と今回の葉山殺害事件との関連は…!?


「温泉若おかみ」シリーズも22回目となります。このシリーズ、シリーズものであるものの各作品ごとに世界観が独立して連続性もないので、毎回温泉地が変わっています。今回は花巻。
さらに若旦那もずいぶん変わっています。11作から前作までの中村梅雀さんから、羽場裕一さんに交代。さらに役名も中川有作から中川新太郎に変わりました。

これまでの「若旦那」…山口良一(1)・金田明夫(2,3)・渡辺いっけい(4〜6)・梨本謙次郎(7)・松村雄基(8)・船越英一郎(9)・布施博(10)・中村梅雀(11〜21)

まだ慣れていないのでかなり違和感がありました。
さらに、今回は「旅館内での」美奈の失態?などがなく、少々乱暴に言えば、「温泉若おかみ」である必然性があんまり感じられなかった気がしました。
校長として岡みつ子さんが出てきた段階で、犯人かそれに近い人であることは、2ドラファンには明白だし、もの足りなかったです。好江(藤真利子)というのも、非常に大事な存在であるはずなのに、その存在感が薄い気がしました。
チャイムがトリックというのもしょぼいし、後半一気にネタを放出するというのもちょっとなぁ。

次回に期待!
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

「てをつなごう だいさくせん」

てをつなごう震災後、再結成してライブを行うというバンドが増えていることをアップしたばかりですが、人気のキャラクターたちが企業の枠を超えて手をつなぐということも実現しています。
その画像が掲載されているウェブサイトが「てをつなごう だいさくせん」です。

NHKの「どーもくん」のキャラクターデザインなどを手掛けるアニメーション作家の合田経郎さんが発案し、リラックマのデザインなどを手掛けるイラストレーターのコンドウアキさんが賛同。そして合田さんの制作会社ドワーフのスタッフが各企業に賛同を呼びかけ、3月23日にスタートした際には18体のみだったキャラクターたちに、ピカチュウやトロ、しまじろう、きかんしゃトーマスにパワーパフガールズなど、次々に「おともだち」が増えて現在では40体にも及ぶキャラクターたちが手をつないでいます。

サイトに掲載された合田さんによれば、大好きなキャラクターたちが手をつなぎ、ほほ笑みかける姿を見ることで、被災地の人々、中でも子どもたちを少しでも笑顔にして、安心を届けたいという考えから企画を思い立ったといいます。また、「どうか子どもたちが見える場所へ。さまざまなツールを使って皆さんのチカラで運んでいただけるとうれしいです。たのむ。おねがいします」というメッセージのとおり、このサイトからは、プリント用やモバイル用、バナー用、ブログ用など、さまざまな形で手をつなぐキャラクターたちの画像をダウンロードすることが可能。
さらに日本赤十字社の募金受付ページをはじめとする募金情報へのリンクも掲載されています。

こういうのは権利問題があるので、なかなか実現は難しく、こういうときだからだと思いますが、子供たちが笑顔になってくれたらいいと思います。
みなさんのブログにも張ってみてはいかがでしょう。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

 
posted by my_cecil at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

2010年度CM好感度企業ランキング

2010年度の「CM好感度企業ランキング」が発表になりました。2010年度にCMを放送した全1928社中のものですが、関東キー局のものでモニター3000人も関東の人なので、このランキングも関東のものということになります。CM総合研究所によるものですが、ランキングはこちらで()内が前年度のもの。

1(1)ソフトバンクモバイル
2(2)サントリー食品
3(23)エヌ・ティ・ティ・ドコモ
4(12)任天堂
5(4)ロッテ
6(13)ダイハツ
7(10)花王
8(59)ACジャパン
9(5)キリンビール
10(19)サントリー酒類

1位のソフトバンクはすっかりおなじみのもので、個人的にはおもしろくはないもののがんばってる感はあるのでまぁいいかと。
2位のサントリー食品インターナショナルというのは何だろうと思ったら、缶コーヒー『ボス』の『宇宙人ジョーンズ』、『ニチレイアセロラ』CMや、『ペプシコーラ』CMなどの全20銘柄を展開したところ。ここもがんばってますね。
3位はエヌ・ティ・ティ・ドコモ。渡辺謙さんらが携帯電話を演じるCMなどが話題でしたが、前年度の23位だったのが意外。
4位は任天堂。『ニンテンドー3DS』CMの嵐が効いてますし、5位の『ロッテ』は『Fit’s』CMが好評だったようです。

最も興味深いのが8位のACジャパン。調査は2011年3月までのCMということですが、3.11以降大量CMが放映され、抗議まで来たというACのCMがわずか2週間ほどではあっても「好感度」という点で上位ランクインしたということです。前年度59位だったといいますから良くも悪くもメジャー化したということですね。

こうしてみると、やはり何かと話題になったものが好感度上位に来ています。
大半が有名タレントの出演によるもので、シリーズ化やストーリーのあるものを支える形になっています。
月間のものを見ると、最新のランキングでは「エステー/消臭力」「興和/ウナコーワ」などが上位にきており、必ずしも「有名人が出ているから」ということではありません。個人的にはこうしたCMが上位に来て欲しいと思っています。今後も動向を見続けていきたいと思います。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ロッテ・クイッククエンチガム

復刻ガム
今年の2月、ロッテのガム3つが限定復刻になりました。
昨年ネットで行われた「懐かしのチューインガム総選挙」(1954年〜2006年に発売されたロッテガムの人気投票)によるものだそうです。
ちなみにその結果は、1位は「コーヒーガム」、2位は「クイッククエンチガム」、3位「スウィーティガム」、4位「ジューシー&フレッシュガム」、5位「スペアミントガム」、6位「マスカットガム」、7位「アセロラガム」、8位「マンゴスチンガム」、9位「ラ・フランスガム」、10位「ピンクミントガム」。

復刻されたのは上位3位まで。「コーヒーガム」は1963年から1990年まで発売していた商品で、「スウィーティガム」は1995年から2006年まで発売。
そしていちばん好きな「クイッククエンチガム」まで復刻になりました。1978年から1992年まで発売していたガムで、レモン風味のすっぱい系ガムです。

白いパッケージで左側に黄色の帯。そこに野球のバッターとテニス選手の絵がついており、となりにレモンの絵があります。パッケージに「FOR SPORT AND HEALTHY」などとよくわからないことが書かれていますが、すっぱいものが疲れた体によさそう。
「quench」は抑制するとか、渇きをいやすというような意味なので、スポーツでののどの渇きをいやすというようなものなのでしょうか。すっぱいので唾液が出ると思いますが、のどのかわきや癒されるかどうかはわかりません。でもおいしいのは確かです。この手のロッテのガムではいちばん好きです。
限定といわず、復活でいかがでしょうと言いたい。スペアミントも食べたいなぁ。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

「ビバ!旧車」No.6

@トヨタ2000GT、Aマツダコスモスポーツ、Bマツダキャロル、Cトヨタ・クラウン(4代目・S60)、D日産チェリーX-1

そんな流れで来まして、すっかり放置のこのコーナー。
B210
今回は
「日産サニー・エクセレント」
です。

歴代サニーでトップクラスの印象に残り度のクルマ。1973年デビューのB210。
ライバル関係が出来つつあったサニーとカローラで、2代目の対決ではB110サニーとTE27レビンがヒットし、そのあとの3代目。サニーの上級グレード「エクセレント」では北米を意識したちょっと大柄でアクの強いデザインを打ち出してきました。もちろんレビンへの対抗心もあったと思います。
30のレビンはセダンのクーペ版という感じだったので、「対決」があったとしたら、こちらのサニーの方が圧倒的にかっこいいと思います。

この頃はやりの「逆スラント」ノーズの顔がまずすごい。逆スラントというのは、あご側が出ている(坂状態)ではなくておでこ側が出ていることですが、ほかの逆スラントの車以上にアクの強い顔です。ボリュームもあるグリルやライト周りの処理によるものだと思いますが、当時のメーカーで出す写真は顔が極端に大きくなるような写真の撮り方だったので、余計にすごいのです。

サニーエクセレント後ろプリンとした横もいいです。ハッチバックタイプで大きくリアゲートが開くクーペですが、後ろの方まで横の窓が続き、極めつけはリア。丸型の3連ランプで、ロケットの噴射口に見えるのもいいです。
今回写真はありませんが、インパネも当時にしては個性的。絶壁で逆スラントのインパネが多かった中、運転席前の部分がちょうど球の内側のように丸くえぐられています。

旧車の中古情報などにもあんまり出てこないので、今では珍しいクルマの1つかも知れません。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

ダイドー「冷し抹茶」

冷し先日アップした「冷しぜんさい」がほんとうに見かけることがなくなってしまいました。
求む「冷しぜんざい」!

さて、それと同じく春夏の新商品だった「冷し抹茶」、こちらはまだ自販機の多くで見られますので、興味のある方はどうぞ。

容量が280gと、ちょっと背の低い缶飲料というところ。
飲んでみると、確かに抹茶です。
宇治抹茶を100%使ったというもので、抹茶をそのまま冷やすと一層苦いだけの飲み物になってしまいます。だから甘くはしてありますが、不思議な甘さになっています。
というのは、妙にすっきりした後味なのです。
甘いものがダメという人にはおすすめできないながらも、それほど甘さを感じない、いい感じの甘さになっています。
もちろん抹茶ならではの苦味もあります。個人的にはもうちょっと苦味があってもいいかなと思いますが、十分満足。
さすがダイドーさんです。


原材料名:砂糖、抹茶、マルチトール、シナモン、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK)、着色料(黄4、青1)
栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー:19kcal(53kcal) ※()内は1本当たりを表示
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:4.7g
ナトリウム:8mgその他表示成分:マルチトール0.3g
リン:2mg
カリウム:10mg
カフェイン:11mg


などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 11:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

第72回優駿牝馬(オークス)

第72回オークスです。

今日はかなり気温が高く、馬もつらいのではと思いましたが、3時ごろから急に強風、そして大雨という悪天候。その影響は少なからずあるだろうと思っていましたが、それが関係あるのかないのか、多少の波乱になりました。

勝ったのは後藤浩輝騎乗の7番人気エリンコート(栗東・笹田和秀厩舎)。後藤騎手はクラシック初制覇だそうです。
2着はクビ差で、逃げねばったピュアブリーゼ(美浦・古賀慎明厩舎)、
3着がハナ差で、2番人気のホエールキャプチャ(美浦・田中清隆厩舎)でした。

さらに、1番人気の桜花賞馬マルセリーナ(栗東・松田博資厩舎)は4着。
そしてもう1つの話題、祖母ダイナカール、母エアグルーヴに続く史上初の母娘3代によるオークス制覇を狙ったグルヴェイグは14着に終わってしまいました。

勝ったエリンコートは父があのデュランダルですよ。母エリンバード、母父Bluebirdという血統。
通算成績は7戦4勝で重賞はこれが初勝利。管理する笹田師はGI初制覇。おめでとうございます。

さて来週はいよいよダービー。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

コカ・コーラ 自販機輪番停止

先日、自販機を減らしてもいいのではと書きましたが、それを受けて(嘘)日本コカ・コーラが、東北電力管内にある飲料自動販売機の冷却運転を輪番停止するようにするそうです。
地域の消費電力が最大になる昼間を中心に、約8万台の自販機の冷却を一定時間止めることで、電力を削減する方針。
そのやり方は、首都圏の輪番停電と同じで、自販機を複数のグループに分けて、時間をずらしながら1日数時間ずつ停止するという方法。
これで缶ジュースなどの温度はわずかしか上がらないらしいです。

今回だけでなく日本コカ・コーラは例年、夏場の午後1〜4時に自販機の冷却運転を止めての節電をやってきたそうです。
ここ東京電力管内でも輪番停止を6月上旬から実施するとのことで、管内約25万台の自販機を午前9時〜午後8時の間、輪番で5〜6時間冷却運転を停止し、昼間の最大使用電力を33%削減するとのこと。

売り切れのまま補充がない自販機がたくさんありますが、それについては、完全に電源を落としてもかまわないと思いますし、売れた数をチェックして、売れ行きの悪い自販機は多少長く停電させてもいいのではないでしょうか。
ただコカコーラの自販機は、比較的売り切れのまま放置ということが少ない気がしているので、どちらかというと他社に考えてもらいたいことですが。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ZONE、期間限定で再結成

限定であっても再結成するバンドやユニットが続々と出てうれしい限りですが、今度はZONEです。

ZONEは2001年から3年連続で紅白出場も果たしているガールズバンド。
2005年春に解散していましたが、8月に6年ぶりに1カ月限定で再結成するとのことです。
うれしいことに新曲も発売した上で、復活ライブを行います。

最近の再結成のように、そのきっかけは東日本大震災。
引退したドラムのMIZUHO以外のメンバー3人(長瀬実夕、MAIKO、西村朝香)の3人が再会、札幌で支援ライブを行いました。
ちなみにZONE解散後のメンバーですが、MIYU(長瀬実夕、vo,g)は一時期Miyu名義で活動後本名の長瀬実夕で、TOMOKA(西村朝香、vo,g,key)は西村朝香としてソロ活動を行い、TAKAYO(大越貴代、vo,g)は一時期Takayo名義で活動していたが元の芸名に戻して活動し、MAIKO(栄舞子、vo,b)は舞衣子の名前でMARIA(2010年4月17日に解散)を結成し活動、解散から7か月後に5人組バンドFRASH BACKのヴォーカルで活動しています。
今回の再結成、解散当時メンバーであったMIZUHOや途中脱退したTAKAYOは芸能活動をしていないため、参加しません。

最初のシングル2枚では楽器は持っていても弾いておらず、なんだこりゃという微妙なアイドルバンド?でしたが、猛特訓の末に自分達で楽器も演奏するようになりました。
その曲が、2001年8月8日に発売し、当時子役だった井上真央さん主演のドラマ「キッズ・ウォー3」の主題歌にもなり、オリコンチャート最高2位を獲得した「secret base 〜君がくれたもの〜」。
結果90万枚の大ヒットとなったこの曲の歌詞に登場する「10年後の8月」の言葉通りの復活となります。
この曲のカバーがフジテレビ系アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(木曜深夜1・15)のエンディング曲に起用されたことからブームが再燃し、再結成を望む声が高まっていたそうです。

この再結成にあたって、10年後のメンバーの思いを歌った「secret〜」のアンサーソングを書き下ろし、8月14、15日に東京・赤坂BLITZで復活ライブを開催。そのアンサーソングは、同世代の女性アーティストたちがZONEの楽曲をカバーしたアルバム「ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜」(同10日発売)に収録されるとのことで楽しみですね。

個人的には、「secret〜」もいいのですが、10枚目のシングル「H・A・N・A・B・I 〜君がいた夏〜」、この曲が、当時のことを思い出して今でも涙します。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽…日本のPOP・ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

IC乗車券、相互利用へ

これはうれしいニュースです。
というか、まだまだ地域が限定されたものだったんだなぁと思った感じです。

JR四国を除くJR旅客5社と、首都圏や関西、名古屋、九州の主な私鉄が、各社が発行する合計10種類のICカード乗車券を、2013年春の相互利用開始するように決めたそうです。
これらのカードのうちの1枚で、北海道から九州までの主要な鉄道・バスの運賃を払えるようになります。
JR東日本の「Suica」(スイカ)やJR西日本の「ICOCA」(イコカ)、JR東海の「TOICA」(トイカ)、JR北海道)の「Kitaca」(キタカ)など、使っている人も多いでしょうし、関東なら「PASMO」(パスモ)など、なかったら生活できない…とまでは言わないにしても、自販や売店でも利用している人も多いでしょうし、コンビニなどでも対応のお店が増えてきました。
わたしもパスモを毎日使っていますが、例えば、現在は首都圏の私鉄・バスなどとJR東日本以外では使えないパスモが、北海道、東海、西日本、九州のJR各社や関西の私鉄などでも利用できるようになるので旅行の時には圧倒的に便利です。
ただ、JR四国はICカード乗車券を導入していなくて、四国で検討会に参加予定の鉄道会社などはないようなので、四国にいくときだけ注意ですね。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

韓国車が日本車を追い抜く日(3)

第3弾は
ヒュンダイのGenesisです。

ジェネシス・プラダエンジンはV6で3.3、3.8、そしてV8で4.6というサルーン。
ボディサイズも4975×1865×1480mmと立派。トヨタでいうとクラウンのマジェスタあたりにあたるのでしょうか。マジェスタが4995×1810×1480mm(ちなみにレクサスLSが5060×1875×1465mm)ですから、ほぼ同じ。
ホイールベースはGenesisの方が2935でマジェスタより1cm長いです。

それはそうと、今回はプラダとのコラボヴァージョン、Genesis PRADAを紹介します。
通常のGenesisと違うのは、外観がアルミホイールが19インチの専用デザイン。グリルやエンブレムなどがダーククローム仕上げになっている、ボディカラーが3層仕上げの深い専用色など。

インテリアは、プラダならではの世界観を表現してプラダの皮革製品と同じ「saffiano」と呼ばれるホワイトレザーが使用され、シートだけでなくダッシュボードもこのレザーで覆われるという豪華さ。

韓国で1200台が限定発売されているとのこと。

さてデザインですが、後ろのドアの窓がスカイライン風だとか、細かく難癖をつけようと思えばできますが、あれももともとジャガーなどでおなじみのものですし、パクリの類でも何でもない。
もはや、かつての、物まねでなおかつ野暮ったい、という世界はここにはない、ということが分かるでしょう。
インパネインパネも美しい。これはたまたまプラダ仕様なのでこういう色ですが、茶色と濃いグレーの組み合わせはいかにも美しく、どっかのクルマの「木目ギトギト」とは大違いの世界になっています。

いかがでしょう。
マジェスタとこれなら、わたしはデザインでは迷わずこちらを選びます。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第6話A

バブル期に放送され、DVD化された今も賞賛の(笑賛?)の声が上がり止まぬ傑作ジェットコースタードラマ「もう誰も愛さない」。
全あらすじをじっくり振り返ってみていますが、震災のため停止していました。ただたいへん迷惑な匿名コメントがようやく減ってきましたし、続行したいと思います。後半に向かって、場面転換がさらに激しくなってきていますので、誰がどうしたのか、きちんと把握してってください。では続きを見てみましょう!

<第6話A>

亜紀のアパートにて保釈された卓也(吉田栄作)を出迎えたのは意外にも亜紀(荒井乃梨子)。自分から卓也を取り上げた父に反発して家を出てアパートを借りているのでした。
同時に小百合(田中美奈子)と米倉(辰巳琢朗)も保釈になっていましたが、共通の敵(=美幸)を持った今、米倉は小百合に手を組まないかともちかけるのです。

ガソリンスタンドで働き始めた卓也。そこに町田(伊藤かずえ)が現れ、父親の再審請求には金がいるし、まだ見つからない美幸の調査にも金が要るというのです(注:もちろんウソ。第6話@で町田は美幸と結託しています)。ガソリンスタンド
帰宅した卓也は、亜紀から、町田が大学生の頃から戸川(仲谷昇)に面倒を見てもらっていたことを聞きます。町田は戸川とつながっていた…すぐに卓也は、町田のマンションへ向かいます。
その頃町田の家には美幸が来ていました。どうやら町田は、美幸から保釈金を受け取ったのに、それを払わずに裏ルートで保釈させたらしいのです。そのことを美幸が詰問すると町田は手数料代わりだというのです。
そこに卓也が現れ、即美幸は別室に隠れます。卓也は町田に、自分を失墜させたのはお前かと詰め寄り首を絞めます。苦しむ町田は、だまっていたことがある、と白状。なんと、卓也と小百合が実は兄弟ではないと言うのです。別室でこれを聞いていた美幸。
これを聞いた卓也は、刑務所の父(佐川満男)に確認に行きますが、やはり小百合は自分の子ではないというのです。卓也が来なくてさびしいので嘘をついたと。
美幸の正体帰途に着く卓也の前に男達が現れ、卓也を連行します。卓也にとっては見知らぬ男達ですが、彼らは美幸の部下。美幸の事務所に卓也を連れて行くのです。
事務所に連れてこられた卓也は、そこで初めて真の美幸の姿を見るのです。
「戸川亜紀を襲ったのもスキャンダルを流したのも逮捕させて保釈させたのもみんな私」
と美幸。
美幸は純で可愛そうな女だと思っていたためにショックを受ける卓也ですが、美幸が卓也の前に札束を差し出すと卓也は叩きつけて帰ります。美幸は「このままで終わらせるもんですか」と一人言うのでした。雨に濡れて
さて、小百合と米倉は同じキャバレーで働いていました。そこに雨に濡れた卓也が現れ、小百合に自分たちが兄弟ではないと告げ、2人は抱擁するのです。


・・・どうですか?おもしろいでしょう。

ついに新美幸の正体を知ってしまった卓也。兄弟だということで別れていた卓也と小百合は、再び兄弟ではないと知ります。
美幸の次なる復讐は・・・? そして、卓也や小百合はそれにどう反応するのか。

続きが読みたい人はコメントください。上にも書いてあるようにあとをたたない迷惑な匿名コメントは「削除+書き込み不可」となるので注意してください。
ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

ドラマ「もう誰も愛さない」(1991年フジ)
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第1話@
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第1話A
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第2話@
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第2話A
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第3話@
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第3話A
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第4話@
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第4話A
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第4話B
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第5話@
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第5話A
「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第6話@

「もう誰も愛さない」を振り返ろう〜第7話@
posted by my_cecil at 21:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

エポック社「スコアフォー」

スコアフォー前に書いた「沈没ゲーム」「魚雷戦ゲーム」のようになつかしものの記事はまだか。
そう思っている人がいるのかどうかわかりませんが、思い出して書いていきましょう。

今回はエポック社の「スコアフォー」です。

ようは立体四目並べといった感じのボードゲーム。
4×4で16本のピンを立てまして、そこに交互に白か黒の球を入れていきます。
横・たて・斜めのどれかが4こそろった方が勝ち。
1本のピンには4こしか球を入れられないので、相手のじゃまばかりしているとあっという間に自分が勝つチャンスを失ってしまいます。
3つまでそろっているのが2つ以上あり、相手が1つしかじゃまをできないので、勝利、そういう将棋的な勝ち方が望ましいですが、これで勝ったことがありません。
オセロもですが、こういうのはなんでしょう。センスなんでしょうか。

子供の頃、必ず負けるのでやりたくなかったゲームですが、なつかしいものです。
これの類はありそうでありませんが、なんでだろう。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

2011年05月15日

第6回ヴィクトリアマイル

東京競馬場で行われた春の最強牝馬決定戦「第6回ヴィクトリアマイル」。
オッズ上では完全に「2強」でした。

1着2着はその通り2強で決まりましたが、勝ったのは昨年の3冠牝馬アパパネ(2番人気・蛯名正義騎乗)。
牝馬としては史上最速でGT・5勝目をマーク。
そして断然の1番人気に推された昨年の年度代表馬ブエナビスタ(岩田康誠騎乗)はクビ差の2着。1年後輩のアパパネにGT勝利数で並ばれた形になりました。

蛯名騎手、国枝栄調教師ともにこのレース初勝利。そしてともにアパパネといっしょの秋華賞以来のGT勝利でした。

ブエナのファンとして見ると、ゴール前100メートルくらいでアパパネと離れてたのを、よくぞクビ差まで追いついたな〜とは思います。やはりメンバー最速の上がり(34.0)だったそうですが。
騎手の話だと、坂を上がってからも伸びたものの勝負どころで一瞬おいていかれたとのこと。休み明けの影響なのか、あるいは今の彼女にマイルは短すぎなのか。
いずれにしても強い馬であることに変わりはありません。
いや、アパパネは強かったのは間違いありません。
三冠牝馬は古馬では活躍できないというのを打ち破ってくれたのもいいです。
そして3着は3番人気レディアルバローザ。この馬も、一瞬この馬で決まりかなと思ったほどですし、今後が楽しみです。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ポルシェ918スパイダー予約開始

ポルシェ918スパイダーポルシェジャパンが「ポルシェ918スパイダー」の予約受注を開始しました。
前にも書きましたがハイブリッドスーパースポーツカーで、918台限定。

ハイブリッド(以下HV)はガソリンを通常のエンジンほどは使わなくて済むためエコカーですが、エコカーというイメージからは大きく離れたスタイリングで、大いに感動しました。
2010年のジュネーブモーターショーで公開されて以降、現在も開発が進行しているモデルで、デリバリーは2013年11月から開始される予定。
ユーロ建ての価格は68万4800ユーロ(約8200万円、7速PDK、左ハンドル)。もちろん庶民にはまったく縁のないクルマですが、やはりそういうクルマがないとね。

このポルシェ918スパイダーには、プラグインHVシステムが搭載されており、水冷式リチウムイオンバッテリーに家庭用コンセントから充電できるのです。この外観からは想像もつかないですが。
電気モーターのみによる走行距離は25キロ以上、電気モーターのみで走行する場合の最高速度は150km/hだそうです。
排気量4リットル以上、最高出力368kW(500PS)以上の高回転型V型8気筒エンジンを搭載し、合わせて160kW(218PS)以上を発生する2つの電気モーターがアシストします。最高速度は時速320キロ以上を誇るといいますから、HVとか関係なくすごいクルマです。

カレラGT、ポルシェ917スポーツカーおよびRSスパイダーから受け継いでいる、カーボンファイバー強化プラスチック製のモノコックボディを持つ2シーターのボディ構造。
乗ってみたいのはもちろんですが、とりあえず見てみたい。

どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

トヨタ プリウスα 発表

レスポンスより震災で延期になっていた「プリウスα」の販売が開始されました。

最近のクルマと同様、発表前にネットや雑誌などにその姿が多数登場しているので、実車写真を初めて見たということはなく、発表と同時に新鮮味はないのですが、これはやはり売れるでしょう。

5名乗車の2列シート車と7名乗車の3列シート車の2タイプの設定があり、3列シート車には、トヨタのハイブリッド量産車として初めてリチウムイオン電池を採用しています。

CD値0.29と空力性能に優れたフォルムや軽量化との相乗効果により、クラストップの10・15モード走行燃費31.0km/リットル・JC08モード走行燃費26.2km/リットルを実現。なお、搭載電池の違いによる燃費性能の差はないそうです。国内での販売計画は3000台で、このうち5人乗りの2列シート車が2000台、7人乗りの3列シート車が1000台の内訳。

ところが4月末までに25000台の予約受注を受けており、いま注文しても今年中の納車は難しいとか。
ホンダのフィットシャトルも発売を延期していますが、うかうかしてるとまたインサイトの二の舞になります。

トヨタでは、夏後半には北米でプリウスαの2列シート車をベースとした『Prius v(ヴイ)』を、2012年年央には欧州でプリウスαの3列シート車をベースとした『Prius +(プラス)』を発売し、HV車の拡充を目指しています
日本の自動車生産が相当数落ちているので、復権を目指すわけですが、頑張ってほしいです。
それには、いつも書いているようにデザインです!

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

震災後の東京@

3.11から2ヶ月が経過。
今も東北では、震災後、一向に進展のない避難地も少なくありません。

ここ東京では、建物の倒壊は多くはなかったものの、翌日より電力不足という、思いもよらなかった方向へ。
街からネオンや明るい電灯が消え、電車の本数が減り、エスカレーターやエアコンなどが止まっています。
直後にはパンやおにぎり、電池やマスクなどが売り切れとなり、今もヨーグルトや炭酸飲料などの供給の一部は止まっています。

テレビ番組はほぼ平常に戻ったものの、駅という駅には現在の電力使用が何%なのかを示す表示が出て、電車内も真っ暗で暑いという状態。まだまだ震災前の平常にはほど遠い様子。

もちろん、「東北に比べたら、そんなのは・・・」という人もいると思いますが、東京の今はどうなのかを知りたいという人もいると思うので、街のささいな様子を紹介していきましょう。

ちょっと前に、某知事が「自動販売機などいらない」的な発言をして物議をかもし出しました。
正しいかどうかは別として、自販機関連の仕事をしている人たちのことをまったく考えていない相変わらずの無神経さだなと思いました。
が、これはもう止めてしまった方がいのでは?と思えるような自販機も少なくないのも事実。

例えば写真の自販機。
某自販機
都内某駅の自販機ですが、ほとんどの商品が品切れ。
まったく補充が入らないので、もう何日もこんな状態です。
よくわからないのですが、残ったいくつかの商品のために、全部の商品分の電気代がかかってたりするのでしょうか。もしそうなら、この自販機自体、電源落としちゃった方がいい気がします。

近所の自販は、3段あるとしたら一番下は商品見本を置かずに、震災向けのコメントを書いた紙を張ってあります。
だいたい商品自体、飲みたいものは「売り切れ」。
最近では「大人のキリンレモン」が姿をほぼ消してしまいましたし、自販機自体使う回数は明らかに減りました。全部止めるというのはやり過ぎですが、数は減らしてもいいのでは、などと思ってしまいました。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | さぁみんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。