2011年07月31日

上原、レンジャーズへ

元巨人やオリオールズの上原浩治投手(36)がトレードでレンジャーズに移籍が決まりました。
交換トレードで、レンジャーズからは2選手が移籍するというから、大いに期待されてのトレード。
しかもレンジャーズというと優勝争いの筆頭チームですから、これまで以上に活躍することを期待しています。

巨人からFAでオリオールズに入団したのが2009年。
海外での投手となると、どうしても松坂投手の話題が一番になりますが、上原投手は今季でメジャーリーグ3年目です。
ちなみに今季は43試合に登板して1勝1敗、防御率1.72。打者との対戦打率は1割5分2厘と、中継ぎとして安定した成績を残しています。

現在ア・リーグ西地区首位のレンジャーズでは、もちろんそんな上原投手を抑え投手につなぐ「セットアッパー」として期待しているようですから、がんばってもらいましょう!

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 12:11| Comment(1) | TrackBack(0) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

映画「ラストサマー3」(2006年・米)

ラストサマー3DVD原題「I'LL ALWAYS KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER」

監督 シルヴァン・ホワイト
製作総指揮 ジェファーソン・リチャード
原作 ロイス・ダンカン
脚本 マイケル・D・ウェイス
出演
 ブルック・ネヴィン
 デヴィッド・パートコー
 トーレイ・デヴィート

遊園地で遊んでいた若者たちにあのフィッシャーマンが襲い掛かる。遊園地内がパニックに陥るが実は若者達が仕組んだ狂言だった。だが、仲間の一人が誤って死んでしまい、皆は発覚するのを恐れ封印しようと決める。が、1年後にあの脅迫状が皆に届き一人、また一人殺されていく…。


<ネタばれです>
テレビでやっていたので見ました。
けっこう面白かったです、5分の4くらいまで。
日本では劇場公開はされずビデオのみだったという作品ですが、確かに公開しなくてよかったです。
フィッシャーマンは都市伝説になっていて、もう前作までとはキャストも背景も一新されています。
フィッシャーマンのまねをしてみんなを脅かそうという悪ふざけをした若者達、ところがその1人が転落死してしまいます。残りのメンバーは狂言だったということを墓場までの秘密として、過ごすことに決めますが、そこから1人1人、関係のない人々も含め殺されていきます。
これまでよりエグイ殺され方ですが、あやしい人も何人か出てきて、さて犯人は誰だろうということになりました。
事件が起こるまで長いとか、テンポの問題をいう方もいますが、アメリカの田舎を見るのはそんなにキライじゃないので、気になりませんでしたし、ヒロインに脅迫メールを打ったのは、そして殺していくのはだれなんだろうということで、最初は片手間に見ていましたが、途中からメインになりました。

ところが、フィッシャーマンのフードがとれて顔が見えたら

「え”〜」

がっかり。
ライフルで撃っても多少バランスを一瞬崩すくらいの、不死身の怪物なんです。
サスペンスホラーだった映画が一瞬にしてB級モンスター映画に早変わり。
話の流れとかも大筋では「1」と同じ。よくわからんエンディングもダメダメさ満載。
実にもったいないと思いますが、このシリーズはこんなものらしいです。
あとは登場人物にどれだけ肩入れできるか、というくらいですが、この映画ではキャスト一新してるので、それも難しい。この人いいなっていう人物もあんまりいないしね。
バンドのヴォーカルの女の子、歌はかっこよかった。

前にも書きましたが、犯人は誰だ?という場合には、身近な人で意外な人であるほど驚くし、その動機と感情がこわいわけです。
不死身の怪物だとそういう怖さは1かけらもないし、「ジョーズ」などと同じパニック映画です。
それならそうと初めから見せて欲しいわけですが、そのあたりも中途半端。「ジョーズ」だと、サメってわかってるのにあれだけこわいわけですしね。

とはいえ「4」が作られたら、見るんだろうな〜。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

スバル インプレッサXV、新型市販モデルがスクープ

レスポンスよりスバルが2011年4月、上海モーターショーに出品した『XVコンセプト』。これの市販モデルが中国メディアにスクープされたのが発表になりました。
市販も出るということはおそらく新型『インプレッサXV』ということになりましょう。

そのメディアは『auto.sohu.com』。

この写真によると、XVコンセプトとほとんど変わらぬスタイリング。
グリルやヘッドライトは市販用に多少変わっている程度。

それにしても新しいインプレッサはどうでしょう。
格が一段上になったレガシィの、元の客層を取り込むため、先代のレガシィを思わせる顔にし、旧インプの客層も手放さないために寸法はそのまま。
なんかちがうような気がしています。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

ガキ使の「おばちゃん3号」死去

この夏は亡くなる有名人が多すぎますね。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で「おばちゃん3号」を演じていたタレントの三城晃子(みしろ・あきこ)さんが亡くなったそうです。
まだ65歳。

「ガキ使」では三城さんは「おばちゃん3号」として2002年から出演。大きな顔と分厚い唇、眼鏡が特徴で、「2頭身」「顔デカおばちゃん」などと呼ばれ、パンチパーマの「おばちゃん1号」(浅見千代子)とコンビを組み、番組出演をきっかけにブレイク。
最後の仕事は4月1日放送のテレビ東京系ドラマ「URAKARA」。

キャラがそろう場面では現れずどうしたのかなと思っていましたが、2週間前に入院して、詳しくは退院してからといい、ひっそりと返らぬ人となったらしいです。
日頃から「私は“ガキの使い”に育てられた」と感謝し、出演を楽しみにしていたそうです。

ご冥福をお祈りいたします。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ダウンタウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

ポルシェ929が出るか?

レスポンスよりいつものことですが(?)イギリスの「AUTOCAR」がポルシェ929の開発の可能性について報じています。
それによれば,次期『パナメーラ』の車台をベースにしたフロントエンジン,2ドアのGTクーペを計画していて,名前が「929」となるとのこと。

929はもちろん928の後継です。
スーパーカーブームの後期,1977年にデビューした928は,924がリトラクタブルだったのに対し,ファニーともいえるポップアップライトで登場。こんなかわいい顔をしてますが,4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジン(最大出力230ps、最大トルク35kgm)をフロントミッドシップに搭載して後輪を駆動するFR。最高速は235km/hで,最高速度がメインのものさしだった当時の子供たちにはアピール力はちょっと弱かったかも。
その後1992年に登場した『928GTS』では排気量を5.4リットルへ拡大し,最大出力350psの最高速は294km/hというスーパーカーに進化しました。1997年に生産を終了しています。

928が出た当時,ここ日本ではスーパーカーブームでいろんなグッズが発売されていました。
徳間から出ていた「スーパーカーサウンドシリーズ」をはじめとするスーパーカーのレコードもその1つです。
この928もレコード化されていました。リリース元は徳間ではないどこか忘れましたが,あんまり見ないところからのもの。○○音というような何かの音がいろいろ入っているというよえりは,ドイツの工場内を社員(かな)の解説付きで走り,その室内の音が入ってるという感じのものだったと思います。
走行するのが工場内で,テストコースでもなんでもない場所だということもあって,エンジンをあまり回しておらず,爆音のものすごいカウンタックあたりと比べるまでもなく,良くも悪くもふつうの乗用車っぽい音でした。

929が出るとすれば2015年以降らしいのですが,どんなサウンドのどんなルックスのクルマになるのか楽しみですね。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

「世界のKitchenから ソルティ・ライチ」

ソルティライチキリン・ビバレッジのおいしいジュースのシリーズ。
とろとろ桃のフルーニュをはじめ,名作がいくつもあるシリーズです。
前に「ソルティライム」というのがあってたいそうお気に入りだったんですが,
期間限定にしているのがこのシリーズの残念なところ。

今年の夏はこれにはまってます。
タイのお母さんがつくる「ローイゲーオ」をヒントにしたというものです。
ライチに,沖縄岩塩を加え,純水でわってハーブを加えたというジュースで,基本的にはライムジュースなんですが,ほんのりしょっぱさもあるという飲み口。
一時は近所のコンビニやスーパーから消えたほどプチ話題になっているようでした。
特に今年は,脱水症状になったこともあって,よくこれを飲んでいます。

夏のような暑いときの飲み物という感じなので,これもまた秋になったら販売を打ち切るのかなと寂しい気持ちで飲んでおりますが,飲み過ぎてさすがに飽きてきました(笑)。
でも,がんばって飲みます。
なくなる日まで。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

カロッツェリアのサイバーナビ

cyber-naviこう見えても(?)クルマを運転しない人間なもので,カーナビについてはほとんど知らないんですが,前に最近のナビはすごいみたいなことをアップしました。
それでたまたま目にしたカーナビがさらにすごいので,知らないものながらもアップしてみましょう。

カロッツェリアの「サイバーナビ」というものですが,
12セグのテレビとかは当たり前としても,なんと実際の景色に情報を追加してナビしてくれるというもの。ここまで来たんですね。
俯瞰(ふかん)で上から見るのはふつうですが、建物や道路を3Dで表現するのも珍しくはありません。
それでも見ていておもしろいですが、これは実際の走行シーンが画面に出て、空中に走行ルートが浮かびあがります。
スタバとかガストなどがあれば、その実際の風景に3Dでロゴが浮かびます。

いろんなモードがあり、高速道路のものでは、前方を走る車をロックオン(?)。その車までの距離を割り出して表示。
レーンをまたいでしまったらレーンが点滅して音が鳴る。などなど、もともと道案内であるナビが、安全装備になっているというのが素人ながらよくわかります。

おもしろいなと思ったのは、地図上にない新しい道について。
データの更新というのはいろんな方式で行われていて、これについても月1回だったかSDカードを介して更新できるようなんですが、それ以外にも、実際にその道を走行するだけで、次からはその道が地図に載るというもの。ある意味自分で道を書けるんですね。

いろいろ見てると、ここまで来たのかというのがいろいろあっておもしろいカーナビ。
これからも、買うことはありませんが、ときどき見ていこうと思います。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

さらばテレビ

テレビ終了の日本日7月24日の正午、テレビ放送が終了しました。

性格には「アナログ放送終了」です。
一応、放送終了の瞬間を見るため、出かけていましたが、正午近くに帰宅して見ていました。
12時前から正午をまたぐ番組だとカウントダウン的なこともやるかも知れないと思い、見たのが「アッコにおまかせ」。
案の定、カウントダウンが開始。
「3,2,1」
とその瞬間、ブルーの画面になり、今日の正午に終了しましたという文字が。

画面の下にはコールセンターへの電話番号なども載っていました。
そしてこの画面も24日を終えると砂嵐になってしまうようです。

あちこちで書いてきましたが、地デジを導入しないウチとしては、今日がテレビの最終日。
まさか「テレビが終わる日」というのが来るとは思っていませんでした。

この日以降のためというわけではないですが、テレビを見ない生活には慣れていました。
今後もどうしても見たい番組は、いまのところ「仮面ライダー」と「ビフォーアフター」のみ。
テレ朝系のドラマ(「相棒」や「科捜研」など)と2ドラは見たいですが、それだけならばワンセグで見ればいい。
「仮面ライダー」も「オーズ」はもうすぐ終わるし、今度の新しいライダーには全く魅力を感じないので、余計見るべき番組がほとんどありませんね。

などといってますが、要因の1つはお金がないということかも知れません(笑)。
アンテナ工事、テレビ導入、いずれもけっこうなお金がかかりますが、それを完了してる家庭が大半らしいので、なんだかんだいっても日本人はみんな裕福なんですよね。
でも驚いたのが、いまになってコールセンターに電話してる人がものすごく多いということ。
これにはあきれました。
なんなんでしょうか。

今後は「新しい」テレビ番組関係の記事が激減しますが、こういう事情ですのでご了承ください。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

「西村京太郎トラベルミステリー 生死を分ける転車台」(土ワイ)

原 作:西村京太郎
脚 本:森宮 栄
監 督:村川 透
プロデューサー:
高橋浩太郎(テレビ朝日)
河瀬 光(東映)
制 作:
テレビ朝日
東映
テレビ朝日より
出演:
高橋英樹
愛川欽也
佐藤藍子・三浦理恵子
森本レオ・宇梶剛士・山村紅葉
六平直政・松尾敏伸・合田雅吏・滝藤賢一
          ほか


土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」ネタバレレビューです。

<あらすじ>
カリスマ鉄道模型ジオラマ作家の小島英輔(滝藤賢一)の刺殺体が多摩川の土手で見つかった。小島はジオラマ界では天才と崇められる有名人で、遺体のそばには燃えたジオラマの残骸があった。ジオラマは、ちょうどその日から始まるコンテストに出品予定の小島の最新作だった。
コンテストを主催する“ジオラマランド社”の社員・望月江里子(佐藤藍子)と小島の妹・あかね(阪田瑞穂)が前日朝に小島のマンションを訪ねたとき、本人はおらず、そのジオラマは部屋にあった。しかしその夜、作品を会場に運び込もうとして、ジオラマランド社長の小笠原伸行(六平直政)と江里子が小島の留守宅を訪ねたところ、ジオラマは消えていた。犯人はなぜジオラマまで運び出して燃やしたのだろうか…!? 
小島は浜松市出身で、彼が出品する予定だったジオラマは、“天竜浜名湖鉄道”の“天竜二俣駅”にある現役の転車台をモデルにしてらしい。十津川は手がかりを求めて、西本刑事(森本レオ)と共に、天竜二俣駅を訪ねた。
すると、小島が2月14日に天竜二俣駅を訪れていたことが判明。さらに、小島が高校時代に片思いしていた白井美咲(三浦理恵子)が同じ2月14日に天竜二俣駅近くで心臓発作で亡くなっていたことがわかった。 
美咲は東京で生活していたが、アルバイト先で嫌なことがあったという理由で、半年前、故郷の浜松に戻ってきていたという。母・敬子(大原真理子)の話では死亡当日は手作りのチョコレートを持ち青いコートを着て出かけたというが、遺留品からはチョコレートは消えていた。
小島や美咲の知人への聞き込みを終えて浜松駅に降り立った十津川たちはそこで江里子の姿を見かけて不審に思うが…!?

帰京した十津川たちは、マンション内に隠してあった小島の最新作の設計図に、転車台のそばの倒れている青いコートの女性のフィギュアの図を発見。この女性のフィギュアは、美咲の遺体を表しているのではないか。小島は美咲を殺した犯人を告発するために、このジオラマを制作したのではないか…!?
そう考えた十津川は、犯人をおびき寄せるためにその設計図をオークションにかける。
その頃、美咲の元バイト先もたらされ、その車の持ち主が小島の友人で美咲の元恋人の中西であることがわかった。
さらに、望月江里子と美咲がコンビニで言い争っていたという証言も出てきた。
そんな中、小島の設計図を欲しがっていたオークションの参加者、沢木篤が死体で発見される。何者かの依頼で設計図を手に入れようとしており、依頼者を脅迫して逆に殺されたようだ。

沢木の告別式で十津川たちは、中西が自分たちを見て逃げ出すところを捕まえる。しかし中西は小島の殺害犯と関係があるかもしれないと思って来たというしアリバイも成立するのだった。そんな中オークションがらみで、浅野圭一という人物が捜査線上に浮上。
圭一はかつてジオラマ作りの天才と言われたこともあったが、親の自殺により天涯孤独となっていた。その圭一の写真を見ると、なんと美咲のバイト先に居たコンビニ店員だった。さらにコンビニを辞めて行方不明になっていた。

怪しい行動や嘘の言動の多い江里子に事情を聞くと、江里子は小島を愛していたが小島は美咲を忘れておらず江里子は美咲を敵視していた、しかし美咲殺害とは関係ないし、殺された小島の遺志を果たすべく犯人を捜しているというのだ。
浅野が美咲に言い寄り拒絶されていたことが分かり、自分を拒絶した美咲にジオラマ界の巨匠の小島が恋をしているということを知った浅野が、怒って美咲と小島を殺害したのではな十津川は辞表を用意した上で浅野をおびきよせる作戦を決行。浅野が死亡したと公表し、ジオラマランド社の名で「天竜二俣駅の転車台」がテーマのジオラマコンテストを公募。
浅野は必ず転車台を観察しに現れると考えていた。
思った通り、浅野が転車台に現れると,そこに青いコートの女(実は江里子)が現れる。
怯えた浅野を張り込んでいた十津川たちが確保。
浅野は、3人の殺害を語り始めるのだった。

<コメント>
江里子,中西らの怪しい人物を登場させたり,テンポも悪くなく進んでいったり,実にいい仕上がり。
キャスティングもいいし、2ドラの教科書的な展開。
十津川の「〜ではないか?」という推理も実にさえており,西村京太郎さすがなり!などと10時20分あたりまで見ていました。

が!

そのあとが実にいけません。

浅野というのがあの怪しいコンビニ店員だった,というのもやや残念ですが,今時真犯人が10時半には判明してしまうというしょぼさ。
犯人確保のあと、十津川の「まずは小島からだ」と、1つ1つの殺しに至る過程を川辺にて話させます。
その内容も、なんと十津川の推理をほぼそのままなぞるだけ。
犯人の告白の中に「ええっ?そうなの?」という意外性はゼロ。というか、その告白自体なんやねんという感じ。しかも15分にも渡るんです。全部言い終わった後、十津川が「連れて行け」といわんばかりにあごをくいっとやるんですが、そんなの取調室でやってよという感じです。
10時半だともう1展開ありそうですが、それもなく、とってもがっかりしました。
前半がよかっただけに残念な出来。
いや、昔の2ドラはこんなものかも知れませんし、そういう意味でも「教科書的」なのかも知れません。
次に期待!

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のTVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

『間違いだらけのクルマ選び』が復活

responseより徳大寺有恒さんの『間違いだらけのクルマ選び』が5年ぶりに復活しました。

この『2011年版間違いだらけのクルマ選び』は,徳大寺さん単独によるものではなく,モータージャーナリスト島下泰久さんとの共著ということになっています。

「共著」ということで,どういう配分になっているのかなと思って見たら,なんとほとんど書いているのは島下さん。徳大寺さんは冒頭の文章の半分と,章の間のコラムのみ。
その文章の中でも,自分の欲しいクルマについての文では「最後の車選び」などとおっしゃってる。
しんどいのかな〜,やっぱり,などと思いながら読みました。
クルマごとの評論はすべて島下さんによるものですが,とりあげる輸入車の数が激減したのが1つ,徳大寺さんではなくなったあかしみたいに思えます。
中身について,後期にはカラー写真になった「間違いだらけ〜」ですが,今回はモノクロ。でもこれで十分という感じです。
この方はおそらく徳大寺さんが「間違いだらけ〜」を始めた頃の年齢と同世代なんだろうと思いますが,当時の徳大寺さんに比べると,やさしいというか,言うべきことはびしっと言っていますが,まだまだ辛口でもいいのではないかという気がしました。
SUVはムラーノ以外ほめているのもちょっとなぁとも思いましたが。

思えば「間違いだらけのクルマ選び」は1976年に刊行した当時,急激にモータリゼーションが発達していた時代背景がありました。次から次に国産車が登場するものの,その質はまだまだ。そこに徳大寺さんによる批判的な内容が入るものだから話題となってベストセラーの上位にランクインすることにもなったわけです。30年目となる2006年に最終版が発行され一旦終刊となっていました。

今回触れられていますが,なぜこのタイミングで復活したのかについては,今の状況を考えてみると興味深いものがあります。
ハイブリッドカーの隆盛,電気自動車の登場,大震災の影響,中国や韓国などのアジアメーカーと国産メーカーの闘い,次々に登場する魅力ある欧州コンパクトカー,ネタはつきません。
今後12月には2012年版を発売して,以降毎年1回12月に発行していく予定だそうです。
なお,復活記念に草思社のウェブサイトでは1976年と1977年刊の「間違いだらけのクルマ選び」を無料公開しているらしいです。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

最後のスペースシャトル帰還

ケネディ宇宙センターに帰還したスペースシャトル・アトランティス=APスペースシャトルが30年の歴史に幕を下ろしました。
米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル、アトランティスが米東部時間21日午前5時57分(日本時間同日午後6時57分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還しました。

シャトル計画は1981年が初飛行でした。これまで合計135回の打ち上げで、日本人の宇宙飛行士7人を含む計16カ国の355人を宇宙に運びました。
その一方で、86年のチャレンジャー爆発事故と2003年のコロンビア空中分解で計14人が犠牲となってもいます。

スペースシャトルは、月に人類を送ったアポロ計画の後を受け、NASAが地球の周囲を回る軌道に人と貨物を同時に運べる宇宙船として開発されました。ハッブル宇宙望遠鏡をはじめとして多くの衛星を打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)を完成させました。

これで3機のシャトルがすべて退役となり、それらは博物館で展示されるとか。

なんでこれで最後かというと費用がかなりかかるからというのが大きいようです。
ブッシュ前政権がISS完成と同時に退役させることを決め、オバマ政権もその方針を引き継いでいました。

宇宙をより身近に感じさせるのにも大きな役割を果たしたシャトルですが、お疲れ様でした。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

原田芳雄さん、逝く

去年も一昨年も思いましたが、今年も、実に多くの有名人が亡くなっています。
止まらないですね。

俳優の原田芳雄さんが亡くなりました。
享年71歳。

映画「大鹿村騒動記」のプレミア試写会に、入院先の都内の病院から車椅子で現れたようすをテレビで見たのが先週。

もともとこの方、俳優としてはあんまり見たことがありませんでした。
出演された作品リストを見ると、なんとほとんど見たことがありません。
それなのにやたらと「いいとも」のゲストに指名されるし、この人はなんなんだろうと子供の頃思ってたくらいです。

印象が変わったのは「タモリ倶楽部」。
鉄道の企画のとき現れ、タモリさんと同じくマイカメラ持参で楽しそうに鉄道の見学(?)をしてました。タモリ電車クラブゴールド会員(会員No.002)になったのもうなづけるくらい。

そんな原田さんが別人のような姿で、いや、あれは別人でした。
髪もなく、やせ細り、歩くこともしゃべることもできない。
これはあかん、と思いましたが、それから1週間もたたないうちに亡くなってしまいました。
実にたくさんの映画に出られており、有名作も多数あるので、これからじっくり見ていこうと思ってます。
そんなに古い映画じゃないはずなのに、出演されているけっこうな方がもういないという状態。また1人いなくなってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ソニー「MDウォークマン」今秋生産終了

ソニーの携帯音楽プレーヤー「MDウォークマン」の生産が、今年秋をめどに世界で終了するそうです。カセットのウォークマン」も昨春、国内向け生産が終わっていますので,時代の流れを感じますね。

9月をめどに国内向け、10月にアジア向けの生産を終える予定ですが,据え置き型MDプレーヤー、MDの生産は続けるそうですので,MDから撤退というわけではないようです。

音楽の持ち運びという点でみると,「MD」はカセットの後継でした。
カセットよりも小さいし,薄いし,音もいい。
そのほかに,カセットに比べてこんなメリットがありました(今では当たり前のものばかりですが)

・早送り,巻き戻しがいらない・・・A面の5曲目を聞いたら早送りしてA面を終わらせ,B面の頭にいくのです
・ひっくり返さなくていい・・・オートリバースが一般的になってからは,物理的にカセットを取り出してひっくり返さなくてもよくなりました。でもオートリバースの「ウイイ〜ン・ガチャガチャ」という音と震動は,機械への負担を十分感じさせるものでした
・好きな曲のみ聞ける・・・track7を聞きたい場合,1〜6をとばせます。7だけ何度もリピートもできます
・曲単位で追加・削除・移動が可能・・・これはすごいことでした。「マイベスト」みたいなのを作るとき,曲単位で録音・再生,まぁこれはいいですね。ところが,曲の順番を入れ替えられるし,「この曲はやっぱりいらない」と思ったらその曲だけ消して,詰めちゃうことができるのです。

メモリ型になった今ではどれも当たり前のことですが,,そうやって作った「ベスト」を友人に「ものとして」プレゼントすることができたのです。
今だとデータをあげるとしたらCD−R,USBメモリとかメディアを選んで,データを移さなきゃならない。
MDだとCDと同じか,もっと手軽ですからそのまま聞けます。

MDウォークマンは1992年に発売されてから,今年3月までの販売数は世界で約2200万台。カセットからメモリ(データ)への過渡期に,その役割を大いに果たしたと思います。
ウォークマン記事も止まったまま。はやくカセット版を終わらせないと(笑)
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

なでしこジャパン、女子サッカーW杯優勝

サッカーにはまったく興味がなく、選手の1人も知らない女子サッカーですが、これはものすごいことだというのは分かります。

よくやりました!

ベスト4という段階でもすごいと思いましたが、決勝進出。
しかも最後の相手はこれまで勝てたことのないアメリカというのがまたすごいです。

0−0で前半を終え、後半ゴールを決められるも追いつき、延長へ。
そこでも決められ、後半追いつき、すごいねばり。
PKへ。そして3−1で世界一!

びっくりするのが、プロ選手というのがほとんどおらず、みんな年収が300万と、わたしと変わらないくらい。何億ももらってる選手がごろごろしてる男子の全日本と比べると、移動の飛行機もみんなエコノミーだという現状。
誰かが言ってましたが、この女子チームとご飯を食べるのは楽しいそうです。一方男子の方は特に会話もなく暗く、一緒に食事をしたくない感じのチームだとか。
この明るさ、楽しさが原動力の1つなんでしょうね。

とにかくよくやったという感じです。
おめでとう。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

TAIJI、死去

元X、LOUDNESSのベーシスト、TAIJIこと沢田泰司さんが、死去したそうです。
45歳。

ひさびさに名前を聞いたのはこんなニュースで、でした。
・7月11日に日本からサイパン島に向かうデルタ航空298便に搭乗中、機体の窓を叩いたり女性フライトアテンダントを蹴るなどの行為を行ったため、機内で拘束され、サイパン島到着後に現地警察により逮捕された。その後拘留中の7月14日にシーツで首を吊り、現地病院の集中治療室(ICU)に搬送されていた。

なにやってるんだ!?なんて思いましたが、残念ながら還らぬ人となりました。
沢田さんは1986年にXに正式加入し、1992年に脱退。
その後LOUDNESS、D.T.R.、TAIJI with HEAVEN'Sなどのバンドで活動を続けました。
2010年8月14日・15日に行われたX JAPANの日産スタジアム2DAYSにゲストとして参加したのも話題になりました。

Xを聞かないわたしにとっては、やはりLOUDNESS時代が印象に残っています。
タッカン以外はすべて別メンバーになる直前の、「LOUDNESS」アルバムは、PANTERAへの日本からの回答みたいにも言われ、ジャケットも含め、わたしとしてはかなり気に入ってるアルバムです。
マイク・ヴェセーラから山田雅樹さん、そして山下さんから交代で加入した沢田さん。
LOUDNESSで残したアルバムは1枚だけですが、大きな1枚です。

ご冥福をお祈りいたします。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

経口補水液OS-1

OS-1食塩とブドウ糖を混合したものを水に溶かしたものが「経口補水液」です。

飲用すると、小腸で水分とナトリウムイオン、ブドウ糖の吸収が行われ、水単体よりも効率的。さらに点滴よりも手軽なので、主に下痢、嘔吐、発熱等での脱水症状の治療に用いられるもの。

今年は「大塚」さんの「OS-1」が比較的あちこちのドラッグストアに置かれているのをよく目にします。
水1リットルに対して砂糖大さじ4と1/2、塩小さじ1/2を加えると、とりあえずこの経口補水液はできるらしいです。
この「OS-1」、ふつうの一般人(?)が飲むことを想定して作られてはいないので注意が必要ですが、先日これを飲む機会がありました。

水分はとっているつもりでしたが、これまで感じたことのないめまいがしてグルングルン回ります。
もしやと思って薬局でこれを買い、飲みました。
30分もしないうちに治りました。もしかすると脱水症状だったのかも知れません。こわいですね。
ちなみにこれ、ポカリスエットを薄めたような味でしたよ。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

キリン 大人のキリンレモン、復活したが

大人のキリンレモン昨年の夏にずいぶん飲み、今年は震災後姿を消していた「大人のキリンレモン」が復活しました。

早摘みレモン(※1)のみずみずしいレモン感とすっきりした甘さで、あらゆるリフレッシュシーンにぴったりな味わいの「大人のヘルシースパークリング」。糖類ゼロ(※2)に加え、回復系アミノ酸オルニチン(※3)・クエン酸・ビタミンB6の健康成分も配合。
(※1)果汁1%使用
(※2)栄養表示基準に基づき、糖類0.5g
(100ml当たり)未満を糖類0としています。
(※3)オルニチンは、体内で使われても自らがオルニチンに戻るので回復系アミノ酸と呼びます。
(キリンHPより)

昨年よりどこの自販機にも入ってた人気の飲料でしたが、震災後はふつうの「キリンレモン」すら自販機にはないという場所が多くなり、大人の〜については自販機のみならずスーパーなどでもまったく見ることができなくなりました。
あるとき、某駅の自販機にて発見。即買いました。が次の日には売り切れになっていて、その次に見たときには紅茶に変わっていました。
そしてキリンのHPを見たらふつうにページもあり、おかしいなと思っていたら、なんとデザインや内容を変えて新発売というか復活ということで、上記のようになっています。
なんでもレモン感がアップしたというのと大きいサイズが新発売になったということです。

さて、復活はしましたが、自販機には相変わらずほとんど入っていません。
スーパーなどでもあるところとないところがはっきりしています。だんだん置くようにはなってる感じですが。
なんとなくキリンは自販機は二の次としているような気がします。というのは、前にアップしましたが「売切れ」マークだらけの自販機というとだいたいキリンですし、自販機の横にある缶・ビン入れから缶などがあふれていて、地面に大量に缶などが置かれて、人が死んだあろの場所のようになっているのもほとんどがキリンの自販機のところです。自販機に係の人が行っていない証拠です。

でもキリンにはおいしい飲料が多数あるのでなんとかふんばってほしいところです。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

宮尾すすむさん、死去

この方も亡くなりました。

「はいっ!」という掛け声とポーズでおなじみだった宮尾さんがなくなりました。
77歳。

「スターどっきり(秘)報告」や「クイズ・ヒントでピント」、「日本の社長」など数々のテレビ番組に出演しておりました。肺炎のためとのことですが、末期がんだったそうです。

このところ亡くなる方は、わたしが子供の頃にテレビで活躍されていた方が多いですが、この方はわたしが大人になってからもレポーターとして活躍していました。

最近は見かけないなと思いましたが、数年前に入院し退院したときの映像を見ると、かなりやせており、今になって心配するくらい。
ご長男と「はいっ」とやってましたが、ご長男がタレント?というのは初めて知りました。

ご冥福をお祈りいたします。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

快適グッズ〜熱中ガードアイスノンひんやりシャツミスト

第3弾も「白元」の「アイスノン」系商品。
シャツミスト
昨年も他社の同様の商品を紹介しました。

白元さんのこの商品、予想以上にかなり効きます。

HPより特長を引用すると

●衣類にスプレーするだけ。衣類をまるごと速攻冷却!
●衣類についたクール成分からさわやかな冷涼感が得られます。
●夏のおでかけや通勤・通学前に。
●消臭機能つき。
●クール成分(メントール)配合。さわやかなミントの香り。

ということです。
つまり、服を着る前に服にスプレー。特に直接肌に触れるところが効果的のようです。
そして服を着る。
するとスースーします。
首部分が直接当たるところですが、スースーというよりむしろジンジンする感じ。
あきらかに効果があり、逆に「これは大丈夫なのか」と思えるほど。

瓶もなかなかいい感じのデザインだし、おためしください。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

快適グッズ〜しろくまのきもち

しろくまのきもち第2弾は大ヒット商品の

「しろくまのきもち」

水を含んだスカーフを首に巻き、水が蒸発するときに周りの熱をうばうという「気化熱」を利用した商品です。
同様の商品はいろんな会社から出ており、わたしも他社製品を使ってきました。
でもこれがおそらくいちばんメジャーでしょう。

HPから特徴を引用しますと、

@使いやすいシート状の高分子吸水ポリマー
Aもしもの時もパっと外せる「安心リング」付き
B涼感を追求した綿100%のスカーフ生地
C着け心地にこだわった独自のセンター縫製

かたよって膨らむのではなく均等に膨らむ独自開発のポリマー、子供にも安心のリング、効果的に水を蒸発させる綿100%の生地、ふくらみ部分の真ん中を縫うことで首あたりをよくした縫製、
そんなところでしょうか。

わたしが以前使っていた他社製品、やはり使っているうちに汗を吸うし、臭くなるんです。こまめに洗って陰干ししますがもはや限界。
これはいまのところ大丈夫ですが、洗剤を使えないということもあって、ネット上に「臭い」のキーワードも見え始めています。
果たしてどうでしょうか。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。