2011年09月30日

M-1グランプリ回顧(3.3)〜2003

笑い飯2003さて、いよいよ最終決戦。

まずは笑い飯。
「かわいそうなゾウ」「避難訓練」「火災の通報」というネタ。
最初の「奈良県立〜」も、このネタも小学校的な雰囲気を出していて、個人的にはとても愛くるしい(?)感じがしました。短時間に2.3この作品をぎゅっと詰め込んだ感じがあるので、単独ライブかなにかでもっとじっくり見たい、そんな気にさせられました。
アンタ2003
つづいてアンタッチャブル。
「親友」というネタ。
一緒に大学の合格発表に行き、自信のなかった山崎が合格、柴田が不合格になるという設定。親友が不合格になって山崎はどうリアクションをするかという流れ。
ザキヤマらしいボケと柴田らしいつっこみが絶好調で、またまたすばらしい出来。動きもあるため、漫才というよりコントに近い気もしました。

フット2003最後はフットボールアワー。
「SMタクシー」というネタ。岩尾が女王様的なしゃべりかたをする運転手。後藤がつっこむ客。
松本人志さんが「ひとりごっつ」でSMの女王様の長いボケをやっていたことがありますが、それとかぶるところがあり、なんとなく新鮮味に欠けた感がありました。
もちろんおもしろかったですが、この3組の中で抜きんでいたかというと、う〜ん。

ということでフットの優勝となりました。
ではあっても、最後にアンタッチャブルがほめられており、翌年への布石となっているのが興味深いところ。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

イチロー、11年連続200安打ならず

大リーグのレギュラーシーズン(162試合)最終戦が行われました。

マリナーズのイチローは、さすがに11年連続200安打はなりませんでした。

残り6試合で21本と言われており、絶望的でしたが。この日はアスレチックス戦に1番右翼で先発出場し、第1打席は中飛、第2打席は四球、第3打席は左飛、第4打席は空振り三振に終わり、今季は通算184安打。
これでもたいしたものだと思います。

イチロー選手は、「連続200安打」という記録に追われることがなくなった、という感じでむしろさっぱりしたように見えました。

ほかの日本人選手ですが、インディアンスの福留はタイガース戦に1番右翼で出場し、3打数無安打。
アスレチックスの松井は6回から指名打者で出場。
レンジャーズの上原はエンゼルス戦で1回を無失点。エンゼルスの高橋も1回を無失点に抑えています。ブルワーズの斎藤もパイレーツ戦で1回を三者凡退に抑えました。メッツの五十嵐は出番がなく、ツインズの西岡は故障者リスト入りしたまま1年目を終えました。

どの選手もまた来年に期待したいと思います。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

スーパージューク?

レスポンスより日産自動車の売り上げ好調な小型クロスオーバー『ジューク』。
なんとこのクルマに『GT-R』のエンジンを載せた『スーパージューク』(仮称)の開発計画が、スクープされました。

自動車メディアの『JALOPNIK』が、「欧州日産の極秘プロジェクトとして、ジュークにGT-Rのエンジンを移植したスーパージュークの開発が進行中」と報じました。
この記事によれば、このスーパージューク、一部内装材などを省いて軽量化したうえで、GT-R用の3.8リットルV型6気筒ツインターボ(最大出力は改良前の480ps)を搭載。0-96km/h加速は、4秒以下の性能が与えられるという話です。

まぁ、日本ではリリースされないと思いますが、小さいボディにごついエンジンを載せたらどうなるか、なんていうのは「メカドック」でなくても思うことだと思います。
実際に市販になるというよりは、限定物という感じがしますが、またまた売れるでしょうね。
かつてあったボーイズレーサー的なクルマを連想させますし、リリースが楽しみです。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

アヴェンタドール日本発売

レスポンスよりランボルギーニの新しいフラッグシップモデル『アヴェンタドールLP700-4』の販売が日本でも始まったそうです。
価格は4100万2500円。日本国内のデリバリー開始は11月の予定です。

先代のムルシエラゴと方向性は同じですが、よりソリッドで迫力がある感じです。
このアヴェンタドールLP 700-4は、新開発の12気筒エンジンを搭載。
6.5リットルの排気量で700psの最高出力を発生。
ボディはカーボンファイバー製のモノコックを採用しており、乾燥重量は1575kgと、このカテゴリーのクルマとしては軽量。パワーウエイトレシオは2.25kg/ps。
0-100km/h加速は2.9秒で、CO2排出量は先代モデルから20%削減しながらパワーは逆に8%向上しているようです。レスポンスより

このカテゴリーの雄はフェラーリかも知れませんが、やはりランボルギーニというのは特別なところがあり、このとんがったインパネをはじめ、独特のかっこよさがあります。フェラーリは「セクシー」と言われることが多いですが、ランボルの場合はそういうかっこよさではありません。わかる人にはわかるでしょう。
街で早く見かけたいと思います。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

トヨタ初の軽自動車ピクシス・スペース販売開始

レスポンスよりトヨタ自動車から、ついに軽自動車がリリースされました。

初めて取り扱う軽乗用車『ピクシス・スペース』を全国のトヨタカローラ店、ネッツ店と、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった一部のトヨタ店、トヨペット店を含む販売店211社で発売開始です。

2010年9月にトヨタ自動車とダイハツ工業とで軽自動車OEM供給について合意があり、その第1弾となります。
ダイハツはトヨタに3車種をOEM供給することになっていて、今後さらにリリースされるでしょう。

ピクシス・スペースは、見ての通りダイハツの『ムーヴ・コンテ』がベースのクルマ。
シンプルなフォルムの「L」・「X」と、存在感のある「カスタムX」・「カスタムG」・「カスタムRS」を設定する。全8色のボディカラーとあわせて多彩な車種バリエーションを用意し、価格は112万〜161万1000円。

ただし、なんとひっそり売ることになっているようです。
子会社であるダイハツへの配慮のようで、CMもやらないし、キャンペーンをはることもない。
かなり異例の新型車リリースになっています。

これでどのくらい売れるのか、いまから楽しみでもあります。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

仮面ライダーフォーゼ感想@

見もせずに批判するのはおかしいので、一応さらっと見ている「フォーゼ」。

ネット上では、「動いているのを見たらフォーゼかっこいい」「ヒロインが元気でかわいい」など、評判は上々。

わたしとしては、やはり最も入り込めないライダーだなというところ。

まず、わたしは「戦隊」ものが苦手です。なぜかといえば、男女の会話ががちゃがちゃしていて、学芸会というかサークルのノリの雰囲気になり、それがどうにも肌に合わない。
ライダーには多数の女子はいらないという感じです。
舞台が高校ということになると、それがいっそう増幅されることになるでしょう。

それから、昭和ライダーや一部の平成ライダーには「悪の組織」というのがあって、人類を滅亡させるとか、地球を我が物にするとか、そういう目標がありました。
最近のライダーは、個人の欲望や希望につけこんで事件を起こすという、パーソナルなネタが多いです。「電王」もそうだし「ダブル」「オーズ」ともそうでした。
それが、高校が舞台ということになれば、高校生の社会的活動範囲なんて知れてますから、いっそうパーソナルさが増すでしょう。例えば「あいつむかつく」ということに怪人が取り付くというような、しょぼいネタでの戦いということになるのでは。

そんな懸念がありました。
そして実際見て、それらは現実のものとなっていました。

学校でクイーンになるために怪人と契約(?)するとか、校舎内で繰り広げられるドラマ部分の安っぽさとか、「仮面ライダー部」などとても見ていられません。とはいえ、子供にはわかりやすいかも知れません。「クウガ」「アギト」などとはもはや別物のドラマといえましょう。

気になるのはほかにもあって、変身後に「宇宙キター」と叫んだ後「タイマンはらせてもらうぜ」というのがキメ台詞になっています。
もともと「タイマン」なんてヤンキー語。
いまではふつうに使われているかもしれませんが、ヒーローのセリフを真似して言語の一部を構築していく幼児に、それはどうかなぁと思います。
かつて「V3」で、風見志郎が「変身!ブイスリャ〜」と、V3をブイスリーといわずにかなり砕いて発した際、おやっさん役の小林さんが「子供が真似するから、ちゃんとセリフはいわないとだめだ」と言ったそうです。
もう、そういうことを言う人すらスタッフにはいないということですね。

とはいえ、さすがにいい部分もたくさんあります。
まず怪人の動き。人間が演じる怪人ですから、動き自体は人間が出来る範囲に限られるのが普通です。でも、カポエラを思わせるアクロバティックな動きは、シリーズ中トップクラスかも知れません。

あと、なんかあったかな〜。
思いつかない。
ま、ここ、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

2011年09月24日

BMW 1シリーズ 日本発表

レスポンスよりBMWの1シリーズ、第2世代モデルが日本でもリリースされました。

先代よりもかなりアグレッシヴになったフロントデザインは、まずキドニー・グリルが前傾したものを採用。
ライトは先代よりも切れ長な感じになり、ボディ部分が多くなりましたが、キドニー・グリルの周囲が立体的な面構成になっています。

エンジンフード、ロングホイールベース、後方に寄せられたキャビン、FRらしいスタイルは先代からそのまま。
インパネはずいぶんよくなった印象です。そして、ホイールベースを30mm延長したことで、室内空間は拡大されていて、特にリアシートは、足元スペースが従来モデルよりも約20mm広くなって、後席の居住性が改善されています。

パワーユニットは、1.6リットル直列4気筒の新世代BMWツインパワーターボエンジンを搭載。「116i」は最大出力136ps、「120i」は170psとなっています。
セグメント初の8速AT。そして、エンジン・オート・スタート/ストップ機能、ブレーキ・エネルギー回生システム、電動パワー・ステアリングなどを採用することで、優れたパフォーマンスと高い環境性能を実現。全モデル、エコカー減税75%対象となっています。価格は116iが308万円。

とはいえ、BMWの中で、なぜか最も興味の薄いシリーズなのは今回も変わらず・・・

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

杉浦直樹さん死去

杉浦直樹さん俳優の杉浦直樹さんが亡くなりました。
享年79歳。

先日亡くなった竹脇無我さんが出ていたドラマ「岸辺のアルバム」にも出ており、その印象が子供心に強く残っています。

57年の「俺は待ってるぜ」で映画に初出演し、「あ・うん」や「岸辺のアルバム」「合言葉は勇気」「手紙」など実にたくさんの映画、ドラマに出演しました。

06年に脳梗塞で倒れてからはリハビリ休養されており、テレビなどで見ることはなくなっていました。でも、映画やテレビドラマのビデオやDVDなどは、そんなことを感じさせることもなく、多くの家庭で彼らを活躍させるのです。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。




posted by my_cecil at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

auからもiPhone

ケータイ業界には激震ではないでしょうか。

なんとKDDI(au)が、米アップル「iPhone(アイフォーン)」の販売を年内に始めることになったそうです。
日本ではこれまでソフトバンクモバイル1社が販売してきたiPhoneですが、2社での販売となります。

ちょうどアメリカでも1社独占だったのが、2社になったところだそうで、これからが楽しみですね。

iPhoneに業績を大きく依存しているソフトバンク(SB)への影響は大きいと思います。
知り合いで、SBを使いたくないという人に聞くと、みんなSBは電波が悪いとのこと。auはそのあたりは多少大丈夫だと思うので、「SBはいやだけどiPhone」が欲しいという人はこちらに流れるでしょう。
KDDIからの発売は、今秋発売予定の次期モデルからとなるようですが、一部関係者に事前に発売情報が流れたことで、世界的に情報管理を徹底するアップル側と今後の交渉が難航する可能性もあるそうです。

ドコモも、出遅れたKDIも、すっかりスマートフォン一色となっています。
そしていまだにiPhoneを追い抜くことはできません。
悪くはないのだけれど、元々入っているソフトではろくにサクサク動かすこともできないものを平気で売ってるようでは、ぜんぜんダメです。本気でIPhoneに勝とうというメーカーはないものでしょうか。

ま、どうでもいいですが。
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

台風上陸

台風15号が関東に上陸しました。

昼間に台風が上陸するのは実に久しぶりのような気がします。

昔はそれこそ木の板を窓に打ち付けるなんていうことがあったのかも知れません。そしてすぐに停電が起こるため、懐中電灯やろうそくが必需品でした。

最近では、台風が上陸するという話があっても、多少風が強くなるくらいで、ほとんど影響を受けることはありません。
それが、昼を過ぎたあたりで、天気予報で言っていた通りに雨と風がかなり強くなり、今日はオフだったわたしも早々に帰宅しました。
すると、どんどん風が強くなり、何かが倒れたのか、何かがずれたのか、ゴンゴンギーギーといった音がし始めました。
夜になるとすーっと雨がやみ、風も弱くなりました。

ニュースを見ると、広範囲に停電があったようですし、首都圏の電車はほぼすべてマヒしていたようです。

うちの門も壊れていました。でももっと大きな被害に遭われた方も多いと思います。お見舞い申し上げます。

地震もまだまだ続いているし、今年はひどい年ですね。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ダイハツ ミライース発表

ダイハツ工業の新型軽自動車「ミライース」と伊奈功一社長ダイハツ工業の新しい低燃費車がついに発表になりました。
「イース」という名前でしたが、「ミライース(e:S)」と、「ミラ」の派生車種となったようです。

このクルマが発売前からなぜ注目されていたか。ハイブリッド(HV)や電気自動車(EV)ではなく、ガソリンエンジンの改良で低燃費を打ち出したということ、そして驚異的な低価格と、この2点が主なところです。
このミライース、ガソリン1リットルあたり30キロ走るというガソリン車でトップとなる低燃費を実現、最低価格がなんと79万5千円。

エンジンのみでの低燃費、最近ではマツダの「スカイアクティヴ」がその筆頭で、海外ではフィアットの2気筒エンジンなどもおなじみ。このクルマの燃費性能は、低燃費技術「e:Sテクノロジー」によるエンジン・トランスミッション・ボディ構造などの既存技術を見直しや、エネルギー効率を最大化して、約40%の燃費向上を実現。エンジンの詳しいりくつはよくわからないのですが、これまでの技術を徹底的に見直したというところ。
車両では、シェルボディの骨格合理化などによって約60kgの軽量化を実現し、空気抵抗や転がり抵抗などの走行抵抗を低減や、エンジンルーム内の熱マネジメントに配慮。
価格面でも設計や部品調達から見直し、中国や韓国のメーカーからも海外部品を採用して原価の低減を図っり、価格は79万5千円〜122万円。

これで当面の販売目標は月1万台で、年内に5万台の販売を目指すとのこと。ちなみに8月22日に開始した事前予約の受注台数は17日現在で約1万2千台だそうです。

後ろもぺったんこで、さすがにデザイン的にはイマイチではあるものの、まさに道具としてのクルマの真骨頂という感じです。ガソリンエンジンの可能性を追求する姿勢はとてもすばらしいと思います。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

渋谷センター街「バスケ通り」に改名

東京・渋谷の「センター街」の商店街が、通りを「バスケットボールストリート」(通称・バスケ通り)と名付けることになったそうです。
「怖い街」というイメージを改めたい,というのがねらい。

「センター街」というのは渋谷駅を西側に出て(ハチ公のあるところ),スクランブル交差点を渡り,109に向かう道の右にある通り。住所的には渋谷区宇田川町ということになり,ここには百貨店やアパレル店,飲食店などがぎっしりあります。この付近の通りには「井の頭通り」「文化村通り」「夢二通り」「宇田川通り」というような名前があります。でも,スクランブル交差点付近からの約170メートルの道には正式な名前がなく,このあたりをなんとなく「センター街」などと呼んでいる傾向があります。

1980年代以降の「チーマー」,そして「ガングロ」などのメッカであり,路上看板や通行を妨げるチラシ配り,キャッチなども多数いて,なんとなく物騒なイメージがあります。渋谷センター商店街振興組合(約200店)は2003年にパトロール隊を結成して「安心な街」を目指して巡回を続けています。

若者が集まる快活な街,というイメージを込めるために最初からスポーツの競技名を付ける予定だったそうで,近くの国立代々木競技場第二体育館でプロバスケ「bjリーグ」の試合が行われてきたことから,バスケットボールストリート(通称・バスケ通り)とまったそうです。渋谷にはかつてよく行ってましたが,バスケというのはどうにもピンと来ません。

さて,この名前,根付いてくれるのでしょうか。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

私的☆迷車:列伝12〜三菱・ディンゴ

ディンゴ初期一応コーナーのテーマとして,「売れなかった」でも「印象に残っている」,そんなクルマの紹介ということになってきてますので,それで行きます。

久々のこのコーナー,今回は

「三菱・ミラージュディンゴ」

です。

1998年12月にデビューしたコンパクトカー。
その名の通り,ミラージュとほぼ同サイズで,ルーフを高くしたハッチバック。
インパネシフトや足踏み式パーキングブレーキの採用で前後左右ウォークスルーが可能な,広い室内。
フロントがストラット、リアがマルチリンクのサスペンション。
新開発の1.5Lの直4GDIエンジンとINVECS-II 4ATを搭載し,全車にABSと前席エアバッグが標準装備されるという気合いの入ったものです。
使い勝手については,文句をいうユーザーが圧倒的に少ないような気がします。その点では支持者も多いクルマです。

そして,もっとも目を引くのが個性的なルックス。
この顔を見て下さい。
タテ目に近い二灯式のフロントヘッドランプ。最初わたしは顔だけ見て「これはあかんわ〜」と思ったものです。でも,全体を見ると,まるで,アニメに出てくる小動物のようで,実にかわいらしい。ちなみにリアのランプもタテ目になってます。

このクルマ最大の欠点は,燃費の悪さだそうです。
リッター20を越えないと「低燃費」とはいえないような今の基準ではなく,この当時の基準でも燃費がよくないクルマだといえます。
ディンゴ後期
そして,なんと2001年にビッグマイナーチェンジがあり,この個性的な顔を普通の顔にしてしまいました。例のリコール事件などのからみもあって,その翌年生産終了。

これでもってミラージュは24年半の歴史に幕を下ろしたかたちになりました。
後継のコルトはいいクルマですが,このディンゴのようなアクはないなぁ,よくも悪くも。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

学研まんが ひみつシリーズ懐古@

からだのひみつ「なつかしもの」がジャンルの1つである当ブログですが,最近はさっぱりさつかしいものが出てこないぞ!とおっしゃるあなたに(そんな人いないか)。

子供の頃大好きだったシリーズです。

学習研究社(現・学研ホールディングス)から出されていた学習漫画のシリーズで,1972年から刊行されていました。タイトルに「○○のひみつ」がついています。
テーマはそのままで,表紙が変わったり中身が変わったりしながら,長いことリリースされていましたが,2003年以後は〈新ひみつシリーズ〉というのが後継作品として学研教育出版からリリースされているようです。
表紙が白基調で,いまどきの子供向け参考書みたいになる前の,やはり初期の頃がいいでしょう。
1992年に大幅な改訂があったとかで,その前のものということになります。

まんがを描いている人が統一されておらず,テーマと画風と,いろんな点で合う合わないというのがあったのもいいところ。

また,「なんでこのテーマ?」というのがたくさんあったのもいいですね。

「魚のひみつ」「鳥のひみつ」とか「海のひみつ」とか,そういうのはわかるじゃないですか。

1972年11月が第一号ですが,そのときの4冊が「宇宙のひみつ」「恐竜のひみつ」「からだのひみつ」「コロ助の科学質問箱」!
いきなり「コロ助」って。
とはいえ,故内山安二さんの親しみやすい画風と,「質問箱」と,テーマを広く取ったのが幸いして,とてもお気に入りの1冊になりました。
宇宙と恐竜は,テーマ的にあんまり興味のないものでしたが,友人たちにも評判だったのが「からだのひみつ」です。

ふじきてるみ(藤木輝美)さんの絵もよかったのですが,物語的におもしろく,わたしはこれで,「白血球」「赤血球」のイメージをつくられたようなものです。

これからも,またシリーズについてぶつぶつ書いていこうと思います。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。



posted by my_cecil at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

M-1グランプリ回顧(3.2)〜2003

さて、前回の続きいきます。

続いては、2丁拳銃。
今年がラストチャンスということで、彼らならではの漫才を見せてくれました。
ハンバーガーを買うときに「ピクルスをぬいてください」というタイミングがわからない、というのを中心にしたネタですが、安心して見ていられるおもしろい漫才でした。my_cecil得点は90点。

次はアメリカザリガニ。
ニュースキャスターのネタ。彼ららしい漫才ではありましたし、おもしろかったものの、レベルが上がっているこの回にあってはやや物足りない感がぬぐえません。my_cecil得点は82点。

そしてフットボールアワー。
結婚記者会見というネタ。まだこのとき、岩尾くんはやせている方で、表情を変えずに何を考えているかわかなず不気味な感じがあります。それでこそ、「何をいってるんだ」というようなボケが引き立っています。さらに「自分達こそがいちばんおもしろい」という自信がみなぎっています。気合も満点だしいいのではないでしょうか。my_cecil得点は93点。りあるキッズ2003

つづいてりあるキッズ。
子供の頃から漫才をやっているので、高校生であってもそれなりにキャリアがあります。
若いのにいとしこいし風味の漫才、というかボケをしていて、特に前半はとてもおもしろかったです。
紳助、松本両氏もいっていましたが後半しぼんだ感があり残念。
前半の、今後の進路についてというあたりと家庭をもつという流れはよかったんですが、後半の「大原大原」あたりは完全にすべっており、あああという感じ。my_cecil得点は85点。前半だけなら90。

最後は敗者復活からのアンタッチャブル。
ファーストフードのネタということで、2丁拳銃とかぶっていましたが、会場への移動があって2ちょけんのネタは見ていなかったということが後に判明しています。
当時は大胆な奴らなど思われたそうですが。
アンタッチャブル2003ラサールさんが「ツッコミの彼が普通じゃなく、もう1本見たい」と絶賛していたように柴田さんのキレツッコミは絶品。注文の品が出てくるまでジャケットを着て待っているという場面で、店員(ザキヤマ)じゃなく、仮想のほかの客に対して「何見てんだ」とキレるくだりをはじめ、すばらしいパフォーマンス。
紳助さんも、敗者復活からの流れで体もあったまっていて声も出ていて、というあたりをほめてましたが、ハイテンションなパフォーマンスはすばらしい。my_cecil得点は94点。

次はいよいよ最終決戦。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。








posted by my_cecil at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

震災後の東京A

電車内3.11から半年が経過。
今も東北では、震災後、一向に進展のない避難地も少なくありません。

関東も節電ムードの街。駅という駅には現在の電力使用が何%なのかを示す表示が出て、電車内も真っ暗で暑いという状態。
もちろん、「東北に比べたら、そんなのは・・・」という人もいると思いますが、東京の今はどうなのかを知りたいという人もいると思うので、街のささいな様子を紹介していく第2弾。

現在の仕様電力がどうの、という表示ですが、東京メトロの止まっていたエスカレーターやエレベーターがいっせいに動き出そうが、電車の本数を減らそうが、ほとんど変わらないどころか、むしろパーセンテージが下がる始末。
やはりあの表示はうそだったのかというところです。
でも節電、ということでエアコンをつけずに熱中症で倒れる人も続出。まさにまじめな人がバカを見る世の中になってます。

さてその電車。
昼には車内の照明を消しているものが大半で、晴れた日の、駅と駅の間なら問題ありません。
でも駅に入ってくると、駅の照明も消えていることもあって、車内は真っ暗。
本はもちろん読めないし、携帯のバックライト以外のものが見えないというありさま。
その状態ではさすがに写真すら撮れなかったです。

バカなのは東京メトロの丸の内線。
路線自体が古いのと、ワンマン化で車掌がいないため、車内が猛烈な暑さです。
猛烈というのはいい過ぎかも知れませんが、乗り込んだばかりの人はもちろん、ずっと車内にいる人ですらうちわなどであおいで、タオルで汗をぬぐう始末。
全車両が弱弱冷房車というときも少なくありません。

そろそろ電力が足りないというウソはやめるべきではないでしょうか。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

2011年09月14日

ソニーPSP後継はプレイステーションVita(ヴィータ)

「プレイステーションVita」ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)から12月17日、次世代携帯ゲーム機「プレイステーションVita(ヴィータ)」が発売されると発表がありました。
見てわかるように「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の後継機。
もちろん同時に「みんなのGOLF6」などの26種類の対応ゲームソフトも発売になるようです。

この新ゲーム機は、PSPとどう違うのか。
携帯電話回線を利用して外出時にもインターネット接続できる機能を初めて加えているところです。
ソフトのディスクを入れるのではなく、データとして取り込むというPSPもありますが、まだまだ主流はディスクを入れ替えるもののように思えます。このVitaは両方できるというところでしょうか。
無線LANのみでネット接続する機種が2万4980円。ネット接続に携帯電話回線も使える機種は2万9980円、と2つのタイプがあるようです。
なお、携帯電話回線を使う場合は、NTTドコモのデータ通信を利用するためのプリペイドカードが必要だそうで、20時間通信できるカードが980円、103時間のカードが4980円。
よくわかりませんが、めんどくさそうですね。
まぁ買うことはないでしょう。

そんなことよりも、ボタンを押したときのカチカチ音はちゃんと解消されているのでしょうか。
DSシリーズはさすがに使う人、その周りの人のこともちゃんと考えているので、電車内でボタン連打しようと音はしません。が!PSPはほんとに電車内で連打するキ○ガイが多く、それだけならまだしもカチカチ音がものすごくうるさいので、Vitaかなんだか知りませんが、ちゃんと対策をしていることだけを期待します。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

2011年09月13日

新ウォークマンはアンドロイド搭載

ソニーが発売するアンドロイド搭載のウォークマンソニーからの新型ウォークマンは「アンドロイド」を搭載だそうです。

12月発売の「ウォークマン Zシリーズ」。
iPhoneとiPod touchの関係に似てるのかな〜と思いましたが,まさに「電話機能がないスマートフォン」の位置づけ。インターネット経由でアンドロイド端末向けのアプリ,音楽やゲームのソフト(アプリ)を取り込むことができ,動画サイトを見たりメールをやり取りしたりすることが可能だそうです。
店頭想定価格はメモリーが16GBは2万8千円、32GBは3万3千円、64GBは4万3千円前後。
スマホでは別に電話なんかしないという人もいると思うので,これはわりと需要があるかもしれませんね。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | mono/goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

スズキ、VWとの提携解消

スズキが,フォルクスワーゲン(VW)との資本・業務提携を解消することを決めた,と発表しました。でも,VW側はまだ提携解消を決めておらず,株式を売却する予定はないとのことです。

両社は2009年12月に提携したものの,筆頭株主としてスズキを傘下と見なすVWと,独立性を主張するスズキの認識の溝が埋まることなく今に至っています。
スズキは1981年に米ゼネラル・モーターズ(GM)と提携しましたが,GMの経営悪化で08年に解消。その後VWとの提携に切り替えるなど,巨大メーカーから技術・資本面で協力を得て独立路線を維持してきました。「独自でコツコツやって現在の規模になった。他社に依存しないのが哲学で、それを曲げることはできない」と鈴木修会長兼社長。
 VWはスズキ株約19.9%を持ち,スズキもVW株約1.5%を持っており,スズキは自社株を自己資金で買い取る方針だということです。

VWは世界販売3位。1位のトヨタ自動車,2位のGMを追い上げていて勢いに乗っています。スズキをグループ企業の一つとしてVWの世界戦略に組み込もうとする意向が強いのは無理もありません。小型車開発のノウハウが豊富で,インドなど新興国に強いスズキの存在は世界をとらえた場合にとても大きな足がかりになると考えているのでしょう。
スズキは独立路線を維持しながら,ハイブリッド車などの開発を進めるていくものの,巨額の開発投資を賄うために新たな提携先を見つける日もくるのかもしれません。

どちらにも頑張って欲しいので,この際スパッと別れた方がいいですね。
提携や共通化はいいのですが,それによって個性や味がなくなるのはいただけないので。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

「花畑牧場 ティーオレ」

「花畑牧場 ティーオレ」前回のミルクセーキに続いて,ダイドー×花畑牧場のコラボ,今度はティーオレです。

ミルクセーキはちょっと大きい缶ですが,これは通常の190ml缶。
ミルクセーキが赤いラインで,こちらは青いラインと,見た目もちょっと変えています。
ではダイドーさんのHPより引用↓

「花畑牧場 ティーオレ」は、茶葉の深いコクとまろやかなミルクのおいしさが楽しめる、花畑牧場と共同開発した濃厚なミルクティーです。
 素材には、手摘みされた上質なセイロン紅茶を当社比で通常の3倍量使用し、たっぷりのミルクと北海道産の生クリームで贅沢に仕上げました。紅茶葉の深いコクと気品ある香味が、まろやかで濃厚なミルクと融合しワンランク上の美味しさを実現。また容器には「アップタイトスリム缶」を採用しており、広口の口部から、上質な紅茶の香りがふわりと広がる工夫を凝らしています。
 パッケージは、ミルクの白を基調に、花畑牧場のロゴを中央に大きく配したデザインで、ブランドによる安心感を訴求しています。また下部には、ミルクポットとティーカップ、紅茶葉のイラストをあしらい、紅茶の品質や素材感を表現しました。

言ってみればミルクティーなのですが,いわゆる缶飲料のミルクティーとはぜんぜん違います。缶にも書いてありますが,紅茶の味が濃いのです。
午後の紅茶の「エスプレッソ」に通じるところがありますね。あちらはあちらで別の種類の濃い味のミルクティーをだしていますが,またそれはアップします。
少なくとも紅茶が濃い味のミルクティーが好きだという人には超おすすめだし,そうじゃない人も1回飲んでみてほしいミルクティーです。
これホットだとどんな味になるのか楽しみです。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べるもの・飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。