2006年09月05日

LSIゲームの「パックマン」


パックマンいわゆる「ファミコン」が普及する前、「電子ゲーム(LSIゲーム)」というのが世間を席巻しました。いろんなLSIゲームがありましたが、1980年に登場して爆発的大ヒットとなった「パックマン」(ナムコ)は、当時のTVゲーム機・パソコン・電子ゲーム機に同タイプのゲームがたくさん登場しました。
「パクパクモンスター」「パックモンスター」など、音楽やキャラが微妙に違いますが、ゲーム内容はほとんど一緒。
「パックマン」という名前がついたゲームはほんとに少なかったわけですが、その1つが、このバンダイのパックマンです。

もともとパックマンは縦長画面のゲームですが、このゲームは横長画面。電子ゲームはドット絵ではないので、キャラなどがアニメのように形を変えることはできません。このゲームでは、パックマンは左を向いているので後ろ向き、つまり右に移動してエサを食べることができないのです。
さらに十字キーはボタンで、さらに瞬時にレスポンスよく移動できません。

でも、このゲームの最大の魅力は、このデザインでしょう。今もそういうお店にて高価で売られているという話もあります。
「パックマン」という英語?表記も現在とはスペルが違うところも興味深いですね〜。

ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


この記事へのコメント
この当時ってゲームの著作権がちゃんとしてなくて、パクリゲームって多かったんです。
アイデアを拝借しただけなら可愛いもので、全く同じものでタイトルを変えただけってのがたくさんありました。
同じくナムコの代表作「XEVIOUS(ゼビウス)」のパクリゲーム「XEVIOS(ゼビオス)」なんてのもありました。

そのナムコも、タイトーの「スペースインベーダー」そっくりの「ギャラクシアン」でヒットしたメーカーではありますが……。
Posted by ねこぽく at 2006年09月05日 11:52
*ねこぽくさん*
パクリゲーム、今じゃ考えられないですが、
でもそれはそれで一般人としてはおもしろかったような(笑)。
Posted by my_cecil at 2006年09月06日 22:25
私は持っていましたが・・・

これってトミー制で
さらにナムコから正式な許可を
得たライセンス品なのでは?

箱に書いてた記憶があります
Posted by アダプター別売り at 2016年06月22日 05:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。