2012年12月21日

「MZA有明」〜バブル懐古I

MZA有明「バブル」ファンのみなさま、お待たせしました!

ひさびさの「バブル懐古シリーズ」、前回の「はちレモ」はその後見事復活しましたね。
シリーズ第10弾は「MZA(エムザ)有明」です。

プロレスリング・ノアでおなじみの「ディファ有明」が改装してオープンする前の同一の建物ですが、「MZA有明」はライブハウス、ディスコ、レストラン、カフェなどの複合スペースでした。

まだ倉庫街だった有明地区。
有明テニスの森やコロシアムなんかはあったと思いますが、倉庫街といっても、倉庫がずらっと並んでいる街ではなかったと思います。意外にアップダウンのある舗装された道、そのよこの土地はけっこう空き地で、ところどころに倉庫がある感じでした。
地下鉄の「豊洲駅」前は、そんなに開けておらず、1階建てのお店がぱらぱらある感じ。
ゆりかもめは1995年開業ですから、まだ交通手段はバスとタクシーかマイカーだけでした。
わたしは豊洲駅から歩いたことがありますが、寂しい道中でしたよ。

バブル期は都心の地価や家賃が高騰したため、有明や芝浦など湾岸の倉庫や工場跡を借りて、内部を改装してディスコやライブハウスとしてオープンするというウォーターフロントブームの先駆けとなった建物です。

当時のエグゼクティヴともいえる職業「空間プロデューサー」である山本コテツと角章がデザインを手がけて倉庫を改装して、1988年7月21日にオープンしました。

ライブハウス・イベントホールの「サウンドコロシアム・エムザ」、ディスコの「クラブ・ガティル」のほか、レストラン「レストラン・サラサ」、カフェ「カフェ・ヒドラ」、貸しスタジオ「スタジオ・エムザ」が合わさったもの。
倉庫と言うこともあって広大な空間が圧倒的でした。高い天井、そこから降り注ぐレーザー光線、宇宙神殿がコンセプトということで、エントランスやホール内に神殿ぽい柱やガーゴイルの像。ディスコのホールはなんと2000人もの人を収容できたそうです。

ライブハウスもふつうに大きなコンサートホールで、M.C.ハマーやクール&ザギャングなど、多くのアーティストがライブを行いました。
1990年3月には24年ぶりに来日したポール・マッカートニーも来たそうです。

わたしはメタル系ライブや小川範子コンサートなどで訪れました。
そして1991年、バブル崩壊で親会社が経営不振となり、スレイヤーによるライブを最後にMZAは閉店しました。

その後はウィキによれば、・・・月島倉庫がサウンドコロシアム棟を1999年まで借り受け、建物の中身をくり抜いて物流拠点としていた。月島倉庫が契約満了で退いた後、そのままになっていた建物を改装し、格闘技アリーナとして新装オープンしたのがディファ有明・・・、とのことです。
いまはゆりかもめも臨海線もありますから、豊洲から歩くなんて人はあなんまりいないと思いますが、あの寂しい道、MZAの建物と同じくらいなつかしく思い出すことがあります。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


<バブル懐古シリーズ>
「鉄骨飲料」〜バブル懐古@はこちら
「泉アツノ」〜バブル懐古Aはこちら
「携帯電話」〜バブル懐古Bはこちら
「シーマ現象」〜バブル懐古Cはこちら
「山口美江・しば漬け」〜バブル懐古Dはこちら
「森永LOVE」〜バブル懐古Eはこちら
「スキーブームとザウス」〜バブル懐古Fはこちら
「DCブランド・ブーム」〜バブル懐古Gはこちら
「サントリー・はちみつレモン」〜バブル懐古Hはこちら

posted by my_cecil at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 街・町・待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^∇^)/
私はハイヤー運転手で、有明コロシアムに用事のあるお客さまを乗せてきて、いまディファのあたりで待機中です。
ここって昔のMZA有明だよなぁ〜、とググってみたらコチラがヒットしました。
バブル懐かしいですね(^.^)
Posted by ca-ni at 2013年11月07日 11:28
このライブハウスでのライブチケット、二回買いましたが、どちらも来日中止で中には入れませんでした。それにしても懐かしい。
Posted by バブル万歳 at 2015年09月27日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。