2013年01月15日

大島渚さん死去

映画監督の大島渚さんが死去したそうです。
享年80歳。

「愛のコリーダ」「日本の夜と霧」「戦場のメリークリスマス」など日本映画史に残る問題作の数々を撮り、国際的に高い評価を得ていました。

とはいうものの、大きく印象に残っているのはバラエティ番組や『朝まで生テレビ』などのテレビ番組です。
「ばかやろう」という有名な発言は、彼自身のものというよりも、松尾貴史さんによる物まねで多く聞いたかもしれませんが、激情家であったのはまちがいないようです。
今でも忘れられないのが、多くのワイドショー番組でも放送されましたが、結婚30周年パーティーを開いた際、祝辞を述べる予定だった作家の野坂昭如の名前を読み上げるのを忘れ、酩酊していた野坂氏に壇上で殴ら、とっさに持っていたマイクで殴り返したシーンです。
殴り返した際のマイクのゴンという音などは、笑いのネタにもなったほど。

1996年に渡航先のロンドンで脳出血を起こして以降は、なったにテレビで見かけることもなくなってしまったため、今回の訃報もある種驚きはなかったです。

映画が作品として意味をなさないほどの大幅な修正を受けることになった、国際的に高く評価されている「愛のコリーダ」が、いまだに日本ではオリジナルを見られないように、彼の存命中に彼が異端で「問題作を多く撮った人」という扱いが変わることはなかったように思います。そこが残念でもあります。
といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | TV・ラジオ・芸能界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画監督の大島渚氏が死去
Excerpt: 「愛のコリーダ」「日本の夜と霧」「戦場のメリークリスマス」をはじめ、日本映画史に残る問題作の数々を撮り、国際的に高い評価を得た映画監督の大島渚(おおしま・なぎさ)さん ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2013-01-17 18:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。