2013年03月18日

WBC、日本が準決勝で敗退

第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、
決勝トーナメントの準決勝が米・サンフランシスコのAT&Tパークでおこなわれましたが、
日本はプエルトリコに1―3で敗れ、大会3連覇を逃しました。

どうなんでしょうか。
結局1試合もテレビなどで観戦することはできませんでしたが、今回のWBCは大会前からなんとなくごたついていました。
監督がなかなか決まらず、イチロー、ダルら大リーガー組には拒否されたものの、上原には声をかけず。
山本浩二監督率いる日本チームは、福岡であったリーグ戦方式の1次ラウンドを2勝1敗で2位通過。東京であった敗者復活のあるトーナメントで行われた2次Rは無敗で勝ち上がりました。
ただ、これらは慣れた日本のスタジアムでのもの。

寒く、天然芝で左右非対称というクセのあるAT&Tパークというアウェイなスタジアムでのプレイには不安ももたれていました。
日本は王貞治氏が監督を務めた2006年の第1回大会、原辰徳氏が率いた第2回大会で2連覇を達成していました。
しかし、3連覇は。みなさん予想していたでしょうか。
自分がそうなので、というだけかも知れませんが、何とも盛り上がりに欠けた気がしています。
あとはこのプレーが、日本でのレギュラーシーズンのプレイなどに影響しないことだけを祈って。

といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:33| Comment(0) | TrackBack(1) | すぽると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本1−3プエルトリコ〜痛恨、だが〜
Excerpt: どんなチームでも、勝ち続けることなどできない。 とはいえ、それを期待させるところまではもってきた。WBCでは未知の相手である、中米・プエルトリコ。 先発は満を持して前 ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2013-03-23 21:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。