2013年04月13日

淡路で震度6弱

関東在住のわたしにとっては、あくまでもニュースで知るだけなのですが、午前5時33分ごろ、兵庫県の淡路島付近を震源とする地震があったそうです。

朝の大地震というと、1995年1月の阪神・淡路大震災が思い出されますよね。
おそらく住民の方々もそうだったようです。
あの大震災以降、近畿で最大の震度と規模だそうで、兵庫県の淡路市で震度6弱、南あわじ市で震度5強を観測したそう。

いまのところ、兵庫、大阪、徳島、岡山、福井の5府県で23人が重軽傷を負ったそうです。また、
建物の損壊は計1216棟(13日午後10時時点)。
気象庁によると、震源の深さは15キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・3。
阪神大震災を引き起こした野島断層南端の周辺で発生したとみられ「広い意味で大震災の余震の可能性がある」との指摘もありますし、この地震の余震も多数起きているようです。

Twitter上では兵庫県の人たちが「学校休みになった」といってました。
電車が止まったのが原因のようです。
報道で見る限り、道路が割れたり、液状化現象なども起こったようで、まだまだ油断はできない様子。

地震は、いつどこで起こるかわからないから本当にこわい。
ウチのほうでも、この地震とは関係ないながらも、やはり3・11以降数え切れないほど地震が起きてます。やだなぁ。
といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394209109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。