2013年05月17日

新型レクサスISリリース

レスポンスよりレクサスの『IS350』『IS250』がフルモデルチェンジになり、新たにハイブリッドモデル『IS300h』が追加され、販売開始されました。

今回の全面改良で、2012年1月に始まった「新世代レクサス」へのモデル刷新が完了したことになります。
新型ISのデザインは、「真の“走る楽しさ”の体現」が開発のキーワードとなったそうです。
具体的には、GSから採用が始まった「スピンドルグリル」のほか、サイドシルからリアに向かって跳ね上がるキャラクターラインなど、新しいデザイン要素がちりばめられており、見方によってはやりすぎ感もあります。
個人的に気になるのは、特徴的なヘッドランプユニット。
一見ふつうのライトですが、よく見るとL字型のクリアランスランプが独立して前にあります。
ボディをはさんでライトが分割するのは好きではないのですが、これは慣れるのか。

ハイブリッドモデルIS300hは、走行燃費23.2km/リットル(JC08モード)、CO2排出量100g/kmと、クラストップレベルの環境性能を達成。

今回の新型ISはもちろんデザインだけでなく、新生産技術を採用してボディ剛性を向上させたほか、新型リヤサスペンションや8速スポーツダイレクトシフトを採用、優れた操縦性・走行安定性を実現したそう。
レスポンスより
さらにスポーティバージョン「F SPORT」では、新工法を用いた専用スポーツシートや、『LFA』の意匠・機構を受け継ぐ可動式メーターなどを採用。
IS350「F SPORT」では、GSにも採用されたレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステムを搭載。

価格はIS350が520万円から595万円、IS300hが480万円から538万円、IS250が420万円から550万円。

これはどうなのか。
いろんなレビューを待ちたいと思います。
といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 車くるまクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394209145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。