2013年05月28日

ボーイング747、徐々に引退

あ、これ知らなかったです。

「ジャンボ」の愛称で知られるボーイング747型機が、旅客機としては国内から来年3月までに順次引退だそうです。

日本の航空会社では現在、全日本空輸(ANA)が5機を飛ばしているのですが、来月以降に順次引退していくとのこと。
理由はもちろん古くなっていること。最新鋭の飛行機より燃費が悪く、機材も古くなっています。

全日空のジャンボ機は現在、羽田―新千歳(札幌)と羽田―沖縄の2路線で運航しているそうです。
ジャンボと言えば、2階席がある部分が盛り上がっているデザインでおなじみの巨大な機体、これが最大500人を運べる大きなもの。
大量輸送ができるため航空運賃の団体割引もしやすくなるなど、ジャンボの登場で海外旅行がより身近なものにもなりました。 国内では1970年に日本航空が飛ばし始めたものなので、空を飛ぶという乗り物としては十分長寿だったといえるでしょう。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

ランボルギーニ エゴイスタ

レスポンスよりイタリアのスーパーカーメーカーといえばフェラーリでしょうけど、ランボルギーニのほうが好き、という人のほうがいいなぁ。

そんなランボルギーニが、ワンオフのコンセプトカーを発表しました。
その名も『エゴイスタ』(EGOISTA)。
エゴイズムを意味するエゴイスタの車名ですが、その名の通り1名乗りのシングルシーター。他人を乗せない、自分ひとりのためだけに存在するスーパーカーというコンセプトだそうです。

このエゴイスタ、ランボルギーニの創業50周年記念車の最後を飾るモデルとして、披露されたワンオフモデル。ランボルギーニが属するフォルクスワーゲングループで、デザインを主導するワルター・デ・シルバ氏が、ランボルギーニの創業50周年に敬意を表してデザインした1台。

ご覧の通りそのフォルムは、米軍などに採用されているヘリコプター、『アパッチ』をモチーフとした、とてもアグレッシブなデザイン。
もちろんランボルギーニが推進する最先端のカーボンファイバー技術も導入し、非常に軽量に仕上げられています。キャビンを覆うキャノピーは、脱着式。

インパネもすごいですね。
もはや航空機。そしてめちゃめちゃかっこいい。
エンジンはミッドシップに『ガヤルド』用をベースとした5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は600psと、『ガヤルドLP560-4』に対して40ps引き上げられてます。

残念ながらエゴイスタの量産計画はないそうですが、いくら高くても市販版を作って欲しい。
世界にはお金持ちもたくさんいますから。

といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

交通系ICカード、来年3月相互利用スタート

かなり前に同様の記事をアップしたことがありますが、ようやくという感じです。

全国で鉄道やバスを運行する計142事業者、それぞれが発行する交通系ICカードを相互利用できるサービスが、来年3月23日に開始されるそうです。
鉄道やバスはこの日の始発から、コンビニや駅売店などでは早朝までに相互利用が可能になるそう。

今回対象となるのは、JR東日本の「Suica(スイカ)」、JR東海の「TOICA(トイカ)」、JR西日本の「ICOCA(イコカ)」、JR九州の「SUGOCA(スゴカ)」、首都圏私鉄の「PASMO(パスモ)」など、全国の主要都市を走る鉄道やバスのICカード計10種で、発行枚数は計約8千万枚。
これらのいずれかを持っていれば、全国の半数にあたる4275駅で利用できるそうです。

つまり、来年3月23日からは、たとえば首都圏の「パスモ」で関西の私鉄やバスに乗車できるようになるそうで、利便性が大幅に向上することになります。

交通系ICカードは複数枚入れたパスケースを改札機にかざすとエラーになって通れなくなりますから、これまでは各事業者ごとにパスケースから取り出して、「え〜っと、ここではTOICAじゃなくて〜ICOCAかぁ」などと判断して使い分けなければならず、ものすごく不便でした。

使えたり使えなかったりする段階でプリペイドカードは一種の「欠陥品」「不良品」ですから、これでようやくまともなカードということになりますね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 11:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

都営地下鉄、年内に携帯「圏内」

東京の都営地下鉄のほぼ全区間で、年内に携帯電話と高速無線通信「ワイマックス」が使えるようになるそうです。

携帯電話は今年3月から新宿線の一部区間で使えるようになっています。が、都によると、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス4社の携帯電話が浅草線、三田線、新宿線の全区間で利用でき、ワイマックスは4路線で利用可能となるそうです。
ただしなぜか大江戸線の都庁前駅―光が丘駅間を除く区間でとのこと。

都営線は特に使うことはありませんが、ときどき利用しますので、そうしたときに使えるのはありがたいです。
メトロでもそのあたりは進めているそうですが、圏内のはずがまったくつながらない駅もけっこうあります。停車中ずっと圏外で、電車が走り出して駅を出る瞬間に圏内になる、次の瞬間まだ圏外、ということが多々あり、そういうのは「駅でケータイが使える」とは言ってはいけない気がします。
なんとかがんばって欲しいと思います。
あとは、つながるようになったときに中高年男性が通話をしないでいられるかというところでしょうか。連中にはマナーということばのかけらも無い人が多すぎますので。
ケータイだから遠くの人と話すということで声を大きくしないと聞こえないと思っているのでしょう、声もでかく、この世から消えてほしいと思いますね。

といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

 
posted by my_cecil at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

銀座線1000系デビュー

1000系東京メトロ銀座線に新型車両「1000系」というのがデビューしました。

前にもアップしましたが,昔の地下鉄を思わせるデザインが最大の特徴のようです。
銀座線の新型車両はなんと28年ぶりだそうです。
いま走っているあの銀のやつはそんなに古かったんですね。

銀座線といえば,1927年(昭和2年)に浅草〜上野間で営業を開始した日本で最初の地下鉄です。だからというわけではありませんが,とても小さく,向かいに座っている人との距離が近いです。
さらに,この銀座線と丸の内線は屋根のパンタグラフから電気をとっているわけではなく,足下から電気をとっているので,いまの車両の前に走っていたやつだと,途中で電気が消えて柱の非常灯がついていたものです。

今度のは,80年前の銀座線を思わせるデザインとのことですが,黄色い車体にチョコレート色の屋根をかぶせた,配色が「レトロ」仕様なだけで,最新型の電車という感じがします。明かり関連はLEDだし,身長の低い人にも配慮して棚を10センチ低くし,1人あたりの座席幅を2センチ広げたりなど,使いやすさにも配慮。
急カーブや急勾配が多いため,騒音や振動を減らす台車も導入されたそうです。丸の内線にもその台車入れて欲しいです。

浅草駅(東京都台東区)であった出発式には,今年の東京メトロのキャラクターである,女優の武井咲さんも登場。
2016年度までに全38編成が1000系に置き換わるそうです。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

ついに空飛ぶ自動車が?

米テラフュージア社クルマが空を飛ぶ・・・

昔から未来の世界の想像図に登場し,映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でも大活躍した乗り物です。でも実際に欲しいかというと,あんな危ない乗り物はないのではないかと思えるのでいらないし,実用化はされないんじゃないかと思っていました。
なんとニューヨークで4月6日開幕する自動車ショーでそれが登場するそうです。
空飛ぶ自動車というより「道路も走れる飛行機」という感じですが。

発表するのは,米ベンチャー企業のテラフュージア社(本社・マサチューセッツ州)。
乗用車の形の本体部分に折りたたみ式の両翼がついていて,路上を走るときは両翼をたたんでおき,飛ぶときに開くようです。
車の免許があれば道路で運転できる乗り物ですが,空を飛ぶとなるとやはり小型の飛行機免許がいるそう。定員は2人だそうです。

驚くべきことにもう今年末にも発売する予定だそうですが,すでに100以上の注文が入っているというからすごい。価格は約28万ドル(約2300万円)程度になりそうとのこと。
地上は道路のように走るところがだいたい決まっていますが,空中には線がないし,航空旅客機のようにだれがいつどこを飛ぶというふうに決まっていなければ,いつぶつかってもおかしくありません。走るところが決まっている地上でだってこんなにたくさん事故が起こっているくらいですからね。

まぁ,夢のある話にやぼなことをぶつけちゃいけませんね。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ホンダ スーパーカブ110,FMC

レスポンスよりホンダのバイク「カブ」と聞いて,何を連想します?
郵便配達とか,おそば屋さんなんかをイメージする人も多いでしょう。でも,わたしには「水曜どうでしょう」しか出てきません。
東日本,西日本などの企画でおなじみのカブです。

東南アジアではこういうバイク全般を「カブ」というそうで,輸送用機器の一シリーズとしては世界最多量産・販売台数を記録しているというのもよくわかる話。

そんなカブの『スーパーカブ110』がフルモデルチェンジするそうです。
写真はブラック塗装のものですが,こう見るとスタイリッシュになった感じがしますね。
この新型モデルは中国生産になるようで,価格を従来モデルに比べ2万1000円引き下げ,22万8900円に設定したとのこと。販売目標は年間9000台。
「丸みのある四角」がテーマでデザインされたといいますので,これならかつてのカブユーザーにもまったく抵抗なく受け入れられそうです。

わたしはバイクについてはまったく知らないのですが,どうでしょう内でも紹介された,カブ独特のロータリー式変速。かかとで踏んで1速→2速・・・と変速するアレですが,これは本田宗一郎さんの「蕎麦屋の出前持ちが片手で運転できるようにせよ」という条件を満たしたものだそうです。
つまり,左手のクラッチレバーをなくし,つま先操作に不向きなぞうりなどの履き物でも大丈夫なようにシフトペダルにかかと用の踏み返しが付けられたということだそうです。
ウインカースイッチもふつうのバイクとちがって,右手側に上下動作式のスイッチが装備されているとのこと。
1960年までは原付に免許が不要だったことから,誰もが乗る可能性を想定しての設計だったようで,いまでは考えられないものの,こういう思想は大事だなぁと思いました。

といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

全国の地下鉄で圏内へ

東京や大阪,名古屋など全国の地下鉄で,駅のホーム以外でも携帯電話の電波が届くようにする対応が進んでいるそうです。
どうやら今年中に多くの路線で,地上の電車と同様にメールやインターネットが使えるようになる予定だそう。

福岡が先行していましたが,3月には東京や名古屋,大阪の地下鉄の一部区間で携帯が通じるようになる見込みのようです。
地下鉄の駅と駅の間は最大の「圏外」エリアの一つですが,地下鉄事業者はこれまで車内での通話を自粛するよう乗客に呼びかけてきた手前,駅間で携帯電話を使えるようにすることに積極的ではありませんでした。

しかし,以前もアップしたように路線工事・保守の人の安全のためには必要なことですし,社内の通話はもちろん常識外の行動ですが,メールやネットは安全上も必要になっている昨今です。ちょっとおそかったねという気もしなくもないですが,まぁ,期待しましょう。

といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

路面電車がヤフオクに

インターネットの「ヤフーオークション」に路面電車が出品されたそうです。
熊本市交通局が出品したもので,現役を引退した1957年製の車両で最低価格は20万円。

もう動かないらしいこの車両は,二つの車体が中央の台車で接続された長さ約18メートルの二軸ボギー連接電動客車5015というもので,製造時の価格は約1500万円。
福岡の西日本鉄道から譲り受けて以来,熊本市内を約30年間走り続けてきて,交通局が保有した中でも特に定員数が多い車両だそう。
老朽化で,2009年5月に運行を取りやめており,残念がる市民の声もあったようですが,修繕費が約1億円かかるということで再び走らせるのは断念。ヤフーの「官公庁オークション」にかけたそうです。ヤフーによれば実物の電車が出品されるのは今回が初めてだそうで,ちょっと意外。

モバゲーのときにも書きましたが,ネット関係の会社がいまは栄えていることが多いです。その「ネット」も,何十年も前から生活に入り込んできたものでもなんでもないですが,いまではすっかりなくてはならないものになってきました。
「ネットオークション」なんて言葉,過去に飛んでバブルの頃の日本人に聞いてもなんだかわからないだろう言葉です。
いつだったか忘れましたが,「カードがお金としても定期券としても使えるようになるんだって」なんて話を聞いて「なんじゃそりゃ」「そんなのはなくてもいい」みたいに思ったことがありました。今でいう「Suica」「Pasmo」の類ですが,考えもしないことが当たり前になる時代。次はどんなものが「当たり前」になるんでしょうか。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

津波被災のレールを販売

三陸鉄道が販売する「復興祈願レール」実際に使われていたレールを販売したそうです。木製の台座にのったその姿はかなりかっこいい。
ただ,これは東日本大震災で大きな被害を受けた三陸鉄道(岩手県宮古市)が,津波で被災したレールを「復興祈願レール」として販売を始めたもの。

特に被害の大きかった北リアス線島越―田野畑間から取り外したレールを切り分けて販売だそうですが,島越駅は壊滅してしまったそうです。
長さ10センチと5センチの2種類があって,値段はそれぞれ5万円と3万円。どちらも100個の限定販売となっています。

三陸鉄道は南北リアス線計約108キロのうち計約71キロが今も不通で,2014年春の全線再開を目指しているとのこと。注文は三鉄オンラインショップ(http://sanrikutetsudou.shop-pro.jp/)で受け付け、9月1日以降に発送。宮古駅でも販売予定。早く復興して欲しいですね。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

全日空、エアーニッポン吸収合併へ

全日本空輸(全日空・ANA)は小型機事業の完全子会社のエアーニッポン(ANK)を来年4月に吸収合併する方針を固めました。

両社は2002年から同一ブランドの運航を始め、企画や広報、営業部門を集約してきました。
そもそも青いラインの模様も同じなので、ANKもANAもほとんど同系列だという風には認識されていると思います。
今後は人事、経理、総務などの管理部門や航空機の整備、運航を一本化して経営を効率化し、需要の見込める国際線を強化する方針。
この合併でANKは消滅することになります。
ANA社員は現在の1万3千人からANK社員数(2300人)を加えた数だけ増え、200人分ほどの業務が浮いてしまいますが、すでに子会社化していて連結業績への影響はなく、人員整理もないとのこと。

小型の路線もANAになるということで、利用者としてはわかりやすいと思います。
ANA化することで、これまでの路線も見直しし、値上げしたり廃止路線が増えるということにならなければ、大いに歓迎です。
とはいえ、「昔こんな航空会社があったよね」というのは割とさびしいもので、昔のドラマなどの映像を見ると「JAS」やその前の「TDA」なんかが出てくることがあります。
「ANK」もそうなるのかな。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

最後のスペースシャトル帰還

ケネディ宇宙センターに帰還したスペースシャトル・アトランティス=APスペースシャトルが30年の歴史に幕を下ろしました。
米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル、アトランティスが米東部時間21日午前5時57分(日本時間同日午後6時57分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還しました。

シャトル計画は1981年が初飛行でした。これまで合計135回の打ち上げで、日本人の宇宙飛行士7人を含む計16カ国の355人を宇宙に運びました。
その一方で、86年のチャレンジャー爆発事故と2003年のコロンビア空中分解で計14人が犠牲となってもいます。

スペースシャトルは、月に人類を送ったアポロ計画の後を受け、NASAが地球の周囲を回る軌道に人と貨物を同時に運べる宇宙船として開発されました。ハッブル宇宙望遠鏡をはじめとして多くの衛星を打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)を完成させました。

これで3機のシャトルがすべて退役となり、それらは博物館で展示されるとか。

なんでこれで最後かというと費用がかなりかかるからというのが大きいようです。
ブッシュ前政権がISS完成と同時に退役させることを決め、オバマ政権もその方針を引き継いでいました。

宇宙をより身近に感じさせるのにも大きな役割を果たしたシャトルですが、お疲れ様でした。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

電車の迷惑防止新座席


毎日新聞より電車というのは、実にさまざまな人種(いろんな意味でね)が、たまたま同じ空間にいるという、考えてみればすごい空間。

そんな空間なので、モラルの欠如した、あるいは足りない人間も多いし、最近は頭のおかしい人が多くなってきた気がします。

キチガイPSP男、シャカシャカ音漏れバカ、2席独占ノータリンなど挙げればキリがなく、面倒なのでやめますが、そんな中の1つ、大開脚ジャンキーや、浅座りハクチらを防止する画期的ないすが作られ、山手線で実験的に導入するそうです。

新しいシートは、これまでのものと比べて座面が凹状に深くえぐられ、左右に高さ4センチの突起部があります。これらによって膝を開いたり浅座りすることができないようになり、さらに体も隣席にもたれかからないというすごさ。
まぁ、こういうのがあってもキチガイはいなくならないんですが、どれくらいの効果があるのかとっても楽しみです。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

銀座線に新型車両

特に東京で地下鉄をよく利用する人にしか関係ない話かも知れませんが、銀座線に新しい車両が入るそうです。

これはなかなか大きなニュースなのです。

他の地下鉄の路線はたいてい他の私鉄と乗り入れをしているので、例えば千代田線には小田急やJRが乗り入れてるし、半蔵門線には東武伊勢崎線や東急田園都市線が乗り入れしています。
だからいろんな電車が走っているので、新型車両が入りますといっても何十とあるうちの1つなので、特になんとも思えなかったりします。
でも銀座線と丸の内線は古く、相互乗り入れをしていないので、その線専用の電車しか走っていません。
そこに新しい電車が入るとなると、一気に快適になることもあるのです。

温度の新しいものは12年に1編成導入し、13年春から順次量産、16年春にはすべて新型車両に入れ替わる予定ということで、それはそれで寂しい気もしますが、どんなものか見てみたいです。
最初の銀座線を思わせるデザインになっているそうで、色も黄色。
銀座線は歴史が古いこともあって、工事も昔にされたもの。それゆえ幅が狭く、電車もほかの路線に比べてずいぶん狭いです。
これはさすがにどうにもならないでしょうね。

大江戸線のように壁が丸く曲がっている車両を入れても同じかな。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

東京−新青森間に新幹線「はやぶさ」

東北新幹線の八戸−新青森間が12月4日に開業、2011年3月に東京−新青森間に導入する新型車両(E5系)の愛称が「はやぶさ」に決まったそうです。

この愛称はインターネットやはがきなどで募集し、社内で選考したもので、かつて寝台特急ブルートレインの名称に使われたものだそうなので、ファンの人には「新幹線で復活」という気持ちがある人もいるでしょう。
クルマの世界でも、コンセプトの違う新車が昔の車の名前で復活!ということがよくあるので、こういうのもいいのではないかと思うんです。

ちなみに2位は、車体の色がボーカロイドの初音ミクに似ているので「はつね」にしようというネット上の動きを受けたのか、ほんとに「はつね」だったそうです。これもちょっと面白いですね。

さて、新「はやぶさ」は東京−新青森間を1日2往復、東京−仙台間を同じく1往復。最高速度は時速300キロ。現行の「はやて」が275キロで東京−新青森間を約3時間20分で結んでいるので、かなり速くなり、最短3時間10分程度で結ぶのですが、13年春には最高速度320キロで運転し、約3時間5分で結ぶ予定になっているそうです。
青森まで3時間というのは、やはり相当速いですね。
といっても、乗る機会はたぶんほとんどないと思います。
ま、ここ
どうせ誰も見てませんからっ。。。(U_U)

posted by my_cecil at 23:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

新聞輸送列車


レスポンスよりここのところ、ラストランとなる電車が続々出てきているので、ホームはいわゆる「撮り鉄」たちで大混雑しているようです。

一見地味なこの回送電車にも多数の鉄道ファンが殺到。

これはなんだろうと思ったら、最後の「新聞輸送列車」なんだそうです。
両国〜千葉間を走っていた「新聞輸送列車」が今日最後の運行ということで、両国駅では、観光向け臨時列車や、この新聞輸送列車などの客扱い・荷物扱い用に使用されている3番ホームを写真撮影用に開放。

列車が到着すると、スタッフがいつもと同じように夕刊紙の束を次々と電車に積み込んでいきました。テレビで見ると、普通の回送列車に新聞をどんどん積んでいくおもしろい光景でした。その他JR社員による弦楽器の生演奏や、関係者による花束贈呈式などのセレモニーが行なわれたようです。

廃止されて、今後はトラックによる輸送に変わるとか。
アクアラインが安く通れるようになったのが大きいようです。
こういう列車があるのは初めて知りましたが、まだまだこういうのはあるような気がします。奥が深いですね〜。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

山手線のホームドア導入について


丸の内線のホームドア電車の可動式ホーム柵、いわゆるホームドア。
いうまでもなくホームから線路への転落防止のためのものですが、山手線にもつくことになっています。
まずは恵比寿駅と目黒駅。使用開始日がそれぞれ6月26日と8月28日に決定したそうです。

例えば東京メトロだといくつかの駅についていまして例えば丸の内線には全駅ついています。
南北線は全駅作ったときからついており、完全に天井までガラスで覆われています。
それ以外は全駅というわけではありませんが、いずれは増えていくのでしょう。

ただ、問題も多く、気軽に設置できるものではありません。
いくつもの車両が乗り入れる駅だと、車両によってドア数が違うので難しい。全駅設置というのはそこを走る車両の形がほぼ固定されている路線だけ。
そしてもちろん巨額のお金がかかります。
山手線全29駅へのホームドア設置費用の概算は約550億円といわれています。
あと、ずれて止まるわけには行かないので、止め方がこれまで以上に慎重になりますから、止まるときに時間がかかります。

丸の内線については、ワンマンになったこともあって日々利用するわたしにとっては、首をかしげるシーンが多いです。
駅によってはホームに何人かガードマン的な人が立っています。これの人件費は車掌のそれよりかなり安く済んでいるのでしょうか。そうでないと車掌を廃した意味がありませんね。
というのは、ドアを閉めるタイミングがおかしいときがあるのです。
まだ人が乗り込んでいる最中にドアが閉まりだすというシーンを何度も見ていますし、締め出されたこともあります。こんな電車見たことありませんよ。
単純に危険なので、何のためのホームドア、ワンマンかなのか、わからない次第です。

とはいえ、線路転落だとか人身事故は絶対に避けたいのでホームドアは出来ればあったほうがいい。
そのためには乗り降りの際にけが人が出ようが、線路転落よりはまし、そういうことなのでしょうかね〜。

いやみはこのくらいにして、山手線もですが中央線の駅こそホームドアが必要なのでは?と思ってしまうのはわたしだけでしょうか。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

中央線「201系車両」が30周年


「201系の日 記念入場券」知り合いの鉄ちゃんが、三鷹駅に朝から1時間半並んで結局買えなかった…と言っていました。
そういえばその日は2月1日。22年2月1日ですね。
22年2月2日だと2が並んでそんな切符とかあるのかなと思ったんですが、1日ってなんだと思ったら、JR東日本八王子支社が2月1日から、「中央線201系・愛されて30周年キャンペーン」を始めたそうなんです。

「201系」というのは1979(昭和54)年に開発されて、1981年(昭和56)年から現在まで使用されている通勤形電車。東京あたりでは中央線のほかに、青梅線、五日市線などでも使用されていましたが、2008年3月に新型車両が導入されるまで第一線で活躍していたおなじみのもの。
導入から今年でちょうど30周年を迎えるということで立ち上がったキャンペーン。初日の2月1日が「201」に合わせて『201系の日』としたとのこと。
ということで写真のセットが、1日7時から八王子駅のほか、立川駅、国分寺駅、三鷹駅のそれぞれで発売された「記念入場券」。
この記念入場券は201系車両が走っていた中央線・高尾駅〜吉祥寺駅間の14駅分、青梅線・青梅駅分、五日市線・武蔵五日市駅分の計16駅分をセットにしたもので、価格は2010円。八王子駅では510セット、ほかの駅では500セットを用意して、合わせて合計もこだわりの「2010」セット。

201系というのも、なくなっていくものなので、こうしたセットもファンにはたまらないものなんでしょうね。
といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

山手線ガイドブック


山手線ガイドブックJR山手線を使っている方の中にはもうご存知の方もいらっしゃると思いますが、こんなパンフレット(でいのかな)が駅に置いてあります。
その名も
「山手線ガイドブック」。

100年前の1909年10月12日に「山手線」と命名されたので、ちょうど「山手線命名100周年記念」となるわけです。
表紙と裏表紙を入れて8ページの冊子ですが、これがかなりおもしろい。

まずは「山手線ヒストリー」という年表。そして「車両今昔アルバム」。
そしてハイライトが「山手線29駅ストーリー」。全駅の解説が載っています。駅名の由来や昔の駅の写真、これがいいんですね。

最後は記念商品や「タッチラリー」の紹介。
10月12日にはベックスや立ち食いそばが100円だったんですね。
今月いっぱいやっているものもあるのでよかったらどうぞ。

そもそもそんな冊子は近くにない、という方はここから見られますよ。

といってもこっちは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

「THEフライト 翼の時間」(テレビ東京)


the フライトテレビ東京の深夜で「バラエティ7」という枠があって、そこで曜日ごとに複数の番組をやってますが、水曜深夜0:43からの番組がこれ。

自動車の番組は、今では少なくなりましたがあるし、鉄道の番組も前はありました。
この番組は航空機の番組。
3つのセクションに分かれていて、まずは
@「機体の美学」
毎回1機種の航空機を綿密にじっくりと細部まで紹介。
コクピットからエンジンや主翼、ランディングギアなど普段間近に見る事の出来ない部分を紹介。そのままDVDに出来るような感じ。エンジニアの人のコメントやナレーションがすばらしいです。そして
A「空港☆HANEDA」
羽田空港を徹底解剖。最後に
B「航空職人」
パイロット、整備士、管制官など様々な職種の専門的な仕事に就く人に密着し紹介。

航空機ファンは見ないとダメだし、あまり興味がなくても、「これがスロットル、クルマでいうアクセルです」みたいに素人にも分かるような親切な説明があるもんんだから、おもしろいです。

公式ページを見るとあと1回分のタイトルしかないけど、終わっちゃうのかな?
6月24日の放送予定は@JAL エンブラエル170 A羽田空港の未来 Bエアポートコンシェルジェ
必見です!

でも、ここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物(自動車以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。