2013年07月09日

大阪に「韓流テーマパーク」

これ、完成したら行ってみたい場所になるでしょうけど、そこまでこぎつけるの大変じゃないかなぁという気がします。

2004年に経営破綻した遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地に、日本初の「韓流テーマパーク」が建設されるというのです。
土地を所有するパチンコ店経営最大手「マルハン」が発表しました。

敷地は約1万4千平方メートルで、そこに4階建ての施設(約1千台収容の駐車場を含む)を建設。
総工費は約100億円で今秋着工して、来年秋の開業を予定するというのですからけっこう早い。
韓国人歌手のコンサートや韓国グルメが楽しめる一大拠点を目指すということです。
1階が韓国製品を扱うスーパーマーケット、2階は韓国料理店街、
そして3階に韓国人歌手やアイドルグループがコンサートやイベントを開く多目的ホール(約1千人収容)がつくられるといいます。
それで年間目標は来場者300万人、売り上げ50億円。

もちろんこんな建物は日本初。
現在はまだまだK-POPや韓流ドラマが盛り上がっています。
もちろん同じくらい、反韓の人々も多くいます。東京の新大久保なんかでも反韓デモが行われたりしています。そう考えるとこのテーマパーク、完成まではなかなか大変だと思いますが、なんとか無事に完成してほしいと思います。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ダムト 甘かぼちゃ茶

0872.jpgさて久しぶりに韓国茶の紹介いってみましょー!

今回は「ダムト」の「タンホバク・麻茶」です。

「タンホバク(단호박)」は日本でいうカボチャの小ぶりなもの。
甘いかぼちゃ、甘かぼちゃと訳されます。ダムト関連のHPには「栗かぼちゃ」と載っています。
若干、長芋も入っているようですが、ほとんど気になりません。

「かぼちゃの中でも澱粉やミネラル、ビタミンなどの含量が多く、美味しいので健康食として食べられることが多い栗かぼちゃと、体に良いサポニンなどの栄養成分を含有している麻を主原料とした製品です。」と先のHPにはありますが、基本はかぼちゃ茶だと思えばいい。

といっても、ほかの「茶」とはそうとう違いまして、ちょっとしたスープだと思えばいいです。
お湯を入れてかきまぜる式の粉末ですが、よくかきまぜないとえらいことになります。

わたしはティーバッグ式のものでも、サーモスに入れて2こ分を作ってゆっくり飲むことが多いんですが、このお茶をそれでやって大失敗。
2この粉末をサーモスに入れて、お湯を入れ、振ります。
飲んでかなり後半、と言うか終盤になって気づいたのですが、2〜3センチ粘土のように底に溶けずに固まっていまして。
それがお箸とかを入れて力ずくで取らないと全然びくともしない強度。
これは、スープらしく、きちんとカップに入れて飲みましょう。

味はいいです。
ちょっと薄いかぼちゃスープだと思えば違和感もなし。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

「テレビでハングル講座」2013スタート

09193042013-200284.jpgNHKテレビの「テレビでハングル講座」。
昨年度のものが1年間頑張って見続けてきて、お別れが非常に寂しかったんですが、今年度の第1回めを見て、なかなかいいじゃないかと思いました。

藤原倫己さん(トモくん)も引き続き出演。
うれしいです!
あとは彼にはTwitterを頑張って続けてほしいだけ(笑)。

今年度も2PMコーナーがあります。
「2PMのワンポイントハングル〜season2〜」としてさらにパワーアップ!
寸劇中心だった昨年版とは違い、2PMのメンバーがさまざまなゲームに挑戦して一緒に参加することで、単語力を身につけるというもの。
昨年よりも「素顔の2PM」っぽさが出ている気がします。あれだけで30分でもいいです。

本編ですが、トモくんと、今年度の先生である木内明先生らが、ハングルを教える下宿(?)を営むことになる、みたいな全体がちょっとした劇風味になっています。
韓国語を発音する係として、ファン・ドゥファンさん(男)、さらにジヒョンさん(女)の2人という豪華な出演者。
ジヒョンさんは美人でかわいい上に、日本語がめちゃめちゃうまい。日本人かと思いました。

そして今年度の生徒役は、はるな愛さん。
韓国好きで知られる彼女ですが、韓国語について、素人っぽさが出ていてとてもいいです。

今後も楽しみになりました。
しばらくはわたしの方がかなりリードしていますが、気を抜けませんね。
予習も復習もしっかりやります。

といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 15:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

エンドルフィンF&B ヌルンジ茶

韓国好きの方はおそらく韓国伝統茶も好きで飲んでいる方も多いのではないかと思います。

実際に韓国に行って飲むのがいちばんおいしいのでしょうけど、わたしのように、せいぜい新大久保で楽しむというレベルの人だと、家で入れるのがいいでしょう。
煮出して飲むのもいいんですが、もっと気軽に楽しみたいわたしなんかは、ティーバッグもので毎回楽しんでいます。

日本でいう十六茶やそば茶、玄米茶などに近いものも多く、飲みやすくて体にやさしい感じがして、西洋のハーブティーとは違う意味で癒されます。
もちろん体にもいいですよ。172676509_1.jpg

さて、今回紹介するのは

「エンドルピンF&B(연돌핀F&B)」の「누룽지차(ヌルンジ茶)」

です。

「ヌルンジ」というのはお米のオコゲのこと。
なべでご飯を炊いて、ご飯をとったあとになべに残ったオコゲに水やお湯を入れて飲むのが、韓国ではふつうにあることのようです。
そのティーバッグというのはあんまり想像つかないかも知れませんが、このヌルンジ茶は、オコゲのほかに玄米やトウモロコシなどが入っているため、ほんのり玄米茶風味もあり、ほどよく香ばしい。
オコゲ茶と検索して出てくるかも。

[原材料] オコゲ43%(韓国産)、玄米34%(韓国産)   
トウモロコシ10%(韓国産)、あまどころ

そばの実とヌルンジを合わせてオコゲ茶にしているものの方が多いかもしれません。
そばアレルギーの方、そば茶より玄米茶のほうが好き、という方は、こちらがおススメ。

といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ウンジン食品の「自然はアロエ」

自然はアロエ.jpg韓国の飲み物、お茶は実によく飲みます。

常時10数種類のお茶のティーバッグがうちには並んでいますし、人にもいつもすすめています。
あめちゃんをあげる大阪のおばちゃんみたいなものか。

ただ、それ以外のものになると、個人的な好みに対してあたりはずれがあります。

穀物のドリンクなどがありますが、一口めはいいなと思えても、そのあとがしんどくなったり。

サイダーやコーラなど、世界のどこにでもあるものは普通においしいですが、韓国ならではのものがほしいところです。

そんな中、これはふつうにおいしかったです。

자연은 알로에
(自然はアロエ)

わたしは新大久保にて購入。500mlのペットボトルで150円くらいだったかな。
ほかの缶飲料がかなり安いため、これでも若干高く感じますね。

アロエの果肉入りのシンプルなジュースで、生臭さも苦味もありません。実に飲みやすくおいしいです。
アロエジュースって日本にありませんでしたっけ?


暑い時期だと、こればっかり飲みそうな気がします。
といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。



posted by my_cecil at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

韓国のお箸

お店にもよりますが、韓国料理のお店で金属製のお箸を置いてあるところが多いですね。

昔「パペポTV」で鶴瓶さんが、金属が歯に当たるのが苦手、というような話をしていたのをよく思い出します。

朝鮮半島は昔から戦場になることが多く、落としても壊れない食器や箸などが使われるようになったのが、そもそもの起源だそうですが、重いものも多く、そういうのを数分使うと、かなり手が疲れます。

でも「真空」の、中身が空のものだと軽いです。
もちろん日本で使われているような木のものほど軽くはありませんが。

わたしは金属で、平べったい形のものを使っていましたが、食事によっては、手の親指と人差し指の間の甲の部分が痛くなってくるんですよね。
それで真空のものに変えました。
一般的には真空のものの方が価格もやや高いようです。

わたしがよく行くお店では1組160円でした。
たいしたことはないですか?

といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

「テレビでハングル講座3月号」テキストを見て

3月号毎月18日に発売になるNHK「テレビでハングル」のテキスト。
3月号、ご覧になりましたか?

これから書くことは、実にしょうもないことですが、正直なところです。

3月号ということは、年度の最後、つまり1年間の放送がこれで終わるということです。
この3月号を見ていて、ものすごくさみしく、悲しい気分になってしまいました。

「母娘ドキドキ韓国」が終わった段階でもちょっとさびしかったんですが、今度はほんとに終わってしまう。
次年度は別の先生で生徒役も別の人になってしまう・・・つまり、チャン・ウニョン先生とコウ ケンテツさん、
藤原倫己くん、ジソンさんのあの組み合わせはこれで最後となってしまうのです。

いや、これまでだってリアルタイムではなく、のちの勉強のために録画して別の時間に見ていたから、これからもそれを見ればいいじゃんなどという人がいるかもしれませんが、そうじゃないんだなぁ。

お母さんのようなウニョン先生はさすがに次年度はないだろうと思っていましたし、毎年生徒役は代わっていましたのでケンテツさんも来年はないだろうなぁ・・・と考えていると予想はできたことではありますが、実際に次年度の発表がなされると、こんなにさびしいとは思いませんでした。

途中から授業(講座)に置いていかれてたので、次年度はもっと気合いを入れてがんばるかな。
ちなみに生徒役ははるな愛さんだそうです。
愛さんは好きなタレントさんなので楽しみではあるし、なんと2PMが続投してくれるといううれしいニュースもあったので、がまん(?)するとしますか。

ただ、テキストの後半のお便りのコーナーにもありましたが、トモ(藤原倫己)君の明るさ、韓国語のうまさなどがあってここまでやってこられたというのも正直あります。
最後はテキスト記載がない、ケンテツさんがついにソウルで勉強の成果を試すという回だそうで、そういうのも「終わり」を示す悲しさの回と感じてしまう情けなさ(笑)。

同じようなさびしさを感じている人はいますか??

といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

「2PMのワンポイントハングル」DVD化決定

2PM.jpgNHK「テレビでハングル講座」の、 2PMが担当するコーナー『2PMのワンポイントハングル』。

ニックンも無事に今年から復帰し、元気のいい6人が戻ってきました。
ファンじゃなくても(?)うれしい限りだと思いますが、DVD化も決定したようです。

たぶんファンの方々は毎回録画したりして楽しんでいると思いますが、DVDではオンエアの内容だけでなく、オンエアでは見ることのできなかったNG集等も収録予定だそうです!

知らない人のために書きますと、『2PMのワンポイントハングル』は、韓国の旅で使える言葉を寸劇なども交えながら視聴者に紹介するコーナー。その寸劇が最高なのです。
ファンじゃなくても「純」で礼儀正しくまじめな彼らの素顔が見えるようで、ときに笑い、ときに微笑ましい、そんな中身の濃いコーナーなのです。

2012年4月〜2013年3月までの1年間の放送分をVol.1とVol.2にわけ、3月27日(水)に同時発売となります。また、NHK出版からムック本も同時発売とのこと。DVDは各4,980円、ムックは各1,470円とのことです。

などといっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

A Pinkを語るH〜音源紹介@


いつのまにか日によっては1つの記事に100人ほど来ていただくようなコーナーになってしまいました「A Pinkを語る」を語るですが、メンバー紹介がとりあえず終わりましたので、次は楽曲の紹介にうつりたいと思います。

その前にこちらのことをいっておきますと、韓国に行ったこともなければ韓国に友人がいるわけでもない、ごく普通の日本人です。CDはほとんど韓国盤だけを購入していますが、近所の新星堂などで買うこともあれば、アマゾンなどのネットショップやオークションを利用して購入しています。別に特別なルートがあるわけではありません。
それゆえ、新しい情報があるわけではなく、普通に生活してて見聞きしたことについて「思ったこと」をメインで書いています。
ただ、意外に「K-POP」については、細かい感想などをアップしているブログは少ないと思うので、何かの参考になればと思います。

「APink」よりも前、「少女時代」はデビュー時より応援していますが、日本盤は買ったこともなければ特に聞きたいとも思いません。もっているのはすべて韓国盤です。今後「APink」が日本でCDをリリースすることになっても、おそらく同じスタンスでいくでしょう。

そんなわたしは、メンバーそれぞれのパーソナリティと同じくらい楽曲を重視しています。音楽グループですから当たり前。「A Pinkを語る@」にも書きましたが彼女たちは楽曲も充実しています。
まずはふつうに「買って聞ける」音源を紹介したいと思います。その点彼女たちは今のところシンプルでいいです。

「Seven Springs of A Pink」(ミニアルバム:2011年4月19日リリース)
Seven_Springs_of_APink














「Snow Pink」(ミニアルバム:2011年11月22日リリース)
snow_pink














「Une Année」(フルアルバム:2012年5月9日リリース)une_annee













以下はトラック番号、曲名(" "つきの英題は欧米の人向けの勝手な?タイトル。なんで「勝手」かというと、少女時代などのようにCDなどに正式なクレジットがあるわけではなく、ネットなどでよく言われているタイトルに過ぎないから)

「Seven Springs of A Pink」
1. Seven Springs of A Pink
2. 몰라요 "I Don't Know"
3. It Girl
4. Wishlist
5. Boo

「Snow Pink」
1. He's My Baby
2. My My
3. Yeah
4. 꿈결처럼 "Like a Dream"
5. Prince

「Une Année」
1. Une Année
2. Hush
3. 고양이 "Cat"
4. 4월 19일 "April 19th"
5. Bubibu
6. Step
7. Boy
8. I Got You
9. 하늘높이 (Feat.Joker) "Up to the Sky" (feat. Joker)

そのほか、CD化されている楽曲として、テレビのコメディ「보스를 지켜라(ボスを守れ)」のサントラに1曲提供しています。
・우리 그냥 사랑하게 해주세요 "Please let us love"
また、ウンジさんが出演したドラマ「응답하라 1997」のサントラにウンジさんのソロ曲2曲が収録されています。
・All For You
・Just the Way We Love

(※今後各曲の記事を書くことがあればリンクをはっていきます)

CDとして買えるのはいまのところ以上です。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら
そのCチョン・ウンジ→こちら
そのDソン・ナウン→こちら
そのEホン・ユギョン→こちら
そのFキム・ナムジュ→こちら
そのGオ・ハヨン→こちら
posted by my_cecil at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

A Pinkを語るG〜メンバー紹介7

ハヨン2「a pink メンバー」「プロフィール」などと検索して、ここに飛んでこられる方も多いようで、毎日一定のアクセスのあるコーナーとなりました。

詳細なプロフやすてきな画像などはほかのちゃんとしたサイトをご覧いただくとして、ここではプロフィールよりも、いままで見たり聞いたりしたものを受けての「わたしの」印象を紹介しています。さてメンバー紹介もついにラストとなりました。

ラスト、第7人目のメンバーは

「オ・ハヨン(오하영)」さん。
1996年7月19日生・166cm

ハヨン6メンバー中、人気度はあまり高くありません。
わたしが考えるに理由は2つ。
1つは「美形すぎる」こと。
ご覧のように、古代の彫刻を思わせるような超美形です。おそらく人種・国籍を問わず「美形」と判断されるお顔だと思います。
ただそういう美形は、まわりの勝手な「近寄りがたさ」から1番人気にはならないものです。パリコレなどのモデルは、雑誌モデルの子に比べて圧倒的に「一般の」人気はないものですから。
そういう意味では、将来的にソロでみなさん活躍されると思いますが、例えばウンジさんがソロ歌手・女優ということなら、彼女ハヨンさんはもう、モデルでしょう。
しかもパリなどで、エキゾチックなモデルとして活躍してほしいと思います。

もう1つの理由は年齢です。ハ4
なんと彼女、この春「中学」を卒業したばかりの高校1年生。
生年月日でもわかると思います。また、卒業式にはAPinkメンバーも来て、みんなで祝福しているようすがアップされました。
これを見ると、とても中学の教室とは思えません。高校か専門学校です。
卒業アルバムの写真も公開されてます(↓)が、これ、クラスの男子(女子も)、いろんな意味で大変だったのではないでしょうか(謎)。先生も大変だ。
高校は黄色い制服でおなじみの、芸能人がいっぱいいるところなので、そういう心配もないと思いますが。ハヨン5

ということで、まだまだこれからどういう風な道をたどるのか分からないし、そもそも「中3の子が好き」などとなかなか言えないと思います(笑)。
だから人気がないのではなく、特に男性は「好きといえない」というパターンではないかと勝手に考えています。


現在、急速に大人度がアップしてまして、びっくりするような写真が増えました。ただK-POP全般に言えますが、舞台などの濃いメイクは、彼女たちの魅力をうまく引き出しているとは言えず、むしろ老けさせている印象があります。
特に彼女のようなお顔だと、必要以上に老けて見えたり、ハヨン1ニューハーフ的だったりして、好きな写真が豊富だとはいえません。
こういう(→)すっぴんに近いものの方が魅力あるのではないかと思うのですが。


さて、プロフィールなどを見ると、刺繍など手芸が趣味となっています。ということはナウンさんのようなインドア系なのか?と思いきや、運動神経がいいアクティブな子です。
まだ幼いながらも切れのあるダンスを披露しますし、いつも例に出すデビュー曲ともいえる超名曲「몰라요」では、2番のファーストパートを歌っています。
そこの振り付けはくねくねしてあんまり好きではないのですが、クセのないきれいな歌声はとても魅力的です。歌い方についてはこれから、よくも悪くもいろんなクセがついていくのだと思いますが、いまはまさにピュアな歌声と言えます。ハヨン3


K-POPアーティストは、テレビ局やライブ会場の「出」「入り」や空港などでのショットがよくアップされていますが、彼女はそういう普段着も大人っぽいです。これ(←)なんかはとても中学を卒業したばかりの人とは思えませんよね。

また、自撮りショットもブログやツイッターなどを通じてアップされることが、日本でも多いですが、そこでの大人度も急激に増しており、だんだんいい意味でゴージャスになっている気がします(→)。ハヨン7

K-POPグループではマンネ(末っ子)が、どういう人なのかというのはとても重要ですが、そういう意味でも彼女はこのグループの1つのキーとなるでしょう。


ところで、前にも書きましたが、「APINK NEWS」において、レッスン中にリーダーのチョロンさんが、ハヨンさんのダンス中の表情についてダメ出しをし、その結果ハヨンさんが泣いてしまうというシーンが放送されました。
まだ中3ですから無理もないということもできますが、「プロ」である以上はそれではだめなわけで、チョロンさんの指摘「自分のパート以外、表情がない」というのはとても大事なものです。そんなので泣く?と思う人もいるかも知れませんが、14の子にとって20歳の女性というのは、垂直に近いくらいの上下関係があります。40と43歳ってあんまり変わりませんが、小4と小6ってぜんぜん違いましたよね。まして1歳でも上下がつく年齢社会の韓国ですから。チョロン&ハヨンでも、逆にこんなシーン(←)も放送されています。この写真ではチョロンさんがかわいくなってますが。

そして2回前に紹介したユギョンさん、彼女はやさしい性格ですから、レッスンが一旦終了して泣きが復活したハヨンさんを真っ先になぐさめていました。
マンネということで、メンバーみんなにかわいがられている彼女ですが、ユギョンさんは特に気をつかっており、この2人の2ショットはけっこう見かけます。ハヨン&ユギョン
きりっとしたハヨンさんと、牛乳のようなほんわかユギョンさんとの対比がおもしろい写真でもありますね(→)。

以上7人のメンバーについて語ってみました。いかがでしょうか。
彼女たちには日本なんかでデビューせず、ピュアなまままっすぐ伸びて行ってほしいと願っています。歴史問題や偏見などで汚される彼女たちは見たくない。

次回からは楽曲レビューに入ってみたいと思います。
個々の楽曲について細かく感想を述べているブログは少ないので。

といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら
そのCチョン・ウンジ→こちら
そのDソン・ナウン→こちら
そのEホン・ユギョン→こちら
そのFキム・ナムジュ→こちら

そのH音源紹介@→こちら
posted by my_cecil at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

A Pinkを語るF〜メンバー紹介6


毎日しっかりアクセスがあるコーナーになっていて、「a pink メンバー」と検索してみたら、1ページ目に出るようになってるではありませんか!
これは過去記事もちゃんとしたものにしなくては、と思ったので、過去記事にも手を入れようと思ってます。さて、
김남주5
第6人目のメンバーは

「キム・ナムジュ(김남주)」さん。
1995年4月15日生・165cm

2番目に若いメンバーで、もちろん現役高校生。
この子はメンバー中、もっとも個性的なお顔なので、いちばん覚えやすいと思います。
AKB峯岸ばり?の大きな目。韓国人としても珍しいのではないかと思います。
他のメンバーもですが、やはりすっぴんが一番。しかし彼女はメイク顔もすてきです。
「UNE ANNEE」に伴うカムバックで、彼女はオレンジに近い色のボブにしてきました。
これはこれでいいのですが、ふつうのブラウンで肩くらいの長さがいちばん合っていると思います。この↓ナチュラル画見てください。ベリーキュート。
김남주4
おそらく子どもの頃からこういう容貌だったのではないかと思いますが、人形のような見た目だったということで7歳のときにLG電子のCMに出演。
それゆえ、いちばん芸能歴が長いメンバーといえるかも知れません。

ボミさんとは違う意味で、かなりにぎやかな子。
ボミさんのような変顔はしませんが、目を見開いたり、大口を開けるような場面が「A PINK NEWS」でもよく見られます。いたずら好きで、よく笑い、まぁ子どもっぽいとも言えるのですが、典型的な明るい女子高生という感じです。

いつも例に出すデビュー曲ともいえる超名曲「몰라요」では、2番のセカンドパートを歌っています。その後半、
「하는 수 없지 뭐(はぬん す おっち むぉ)김남주1
내가 고백해(ねが こべけ〜〜〜〜)」
の「こべけ〜え!」と伸びやかな高音がめっちゃすてきです。
1番の同パートを歌うユギョンさんが「こべけぇ」と少し恥ずかしげ混じりで歌う語尾とは、性格の違いまでもが反映されてる気がして、とても興味深い部分です。

ドラマ撮影でウンジさんが不在のとき、ウンジパートはナムジュさんが歌う(一部ボミさん)ことになっているので分かるように、グループ2,3番目の歌唱力です。
歌の声質には他のメンバーほどクセなどはなく、これからが楽しみといったところ。
「A PINK NEWS」で彼女の高校を訪問するという企画があり、「彼女のような生徒がたくさんいるのだろうか?」と思って見ていましたが、見た目も歌も、彼女だけが突然変異という感じでした(笑)。

また、彼女は見た目からは想像もつかない大食いとしても知られています。
ピザをサンドイッチのように何枚も重ねて食べるシーンも放送されており、恐ろしい限り。
少女時代のメンバーにも大食いは何人かいますが、彼女たちはおそらくすさまじいカロリー消費を日々しているし、若いから脂肪として残らないのでしょう。김남주2
年をとってから某ガガのようにならないよう気をつければなりません。年をとってからというと、彼女のようなお顔の方には、疲れが顔に出やすいタイプが多く、TBSの長峰アナのように日によって老けて見えることが出るかも知れません。疲れていてすっぴんのとき、他メンバー以上に疲れて見える映像もあり、そこだけちょっと心配ではあります。

さて、特技を調べると必ず「ジャズピアノ」とあります。
が、まだわたしは弾いているところを確認していないので何とも言えません。
そのほか、「英語、中国語」とあるプロフィールもあります。中国語はナウンさんも勉強しているようで、少し話せるレベルにあるようですが、ナムジュさんも英、中どちらもけっこうな程度いけるようです。
さらに、日本語を話すシーンがテレビなどで放送されていますが、彼女は日本語までかなりいけます。日本語の勉強はここ1〜2年だと思うので、すごい能力(努力?)です。
少女時代でいうスヨンのように日本語担当となるのでしょうか。
こんな動画もありますので、参考にしてください(何の?)。


さて、これはどうでもいい話かも知れませんが、カレンダーや手帳などのセット「SEASON'S GREETINGS」の手帳内にあるナムジュさんのソロ写真にとてもきれいなものがあり、斜め横からのショットなのですが、ノースリーブの首から肩・胸にかけてのラインが抜群にきれいなのです。これの撮影は昨年で、いまとはまたちょっと違うのですが、機会があったらご覧ください。検索では出てこなかったんですが、わたしがアップするのはめんどくさいので。
김남주3

といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら
そのCチョン・ウンジ→こちら
そのDソン・ナウン→こちら
そのEホン・ユギョン→こちら

そのGオ・ハヨン→こちら
そのH音源紹介@→こちら
posted by my_cecil at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

「テレビでハングル講座」10月

テレビでハングル講座10月号無事に「ワンポイントハングル」のコーナーも、5人ではあるけど再開し、しばらくたちました。

10月は復習月間ということで、スキットドラマや新しい表現などはお休み。
なんとケンテツさんとトモくんが新大久保で店員さんらの力を借り、復習していくというもの。「街もの」が大好きなわたしには、予想以上にこれがおもしろいです。

さて、わたしと同じく「ハングル講座」を見ている人たち、勉強のほうはいかがなんでしょうか。
わたしは、これが、ぜんぜん進んでいません。
表現の方法などは問題なかったんですが、陰母音・陽母音を見極めて語幹のあとに部品をくっつけていくといったあたりで、こちらの理解度(というよりは覚え度)が番組進行に追いついていかなくなりました。
次の授業まで1週間もあるので、予習と復習をしっかりやれば問題はそんなにないのだと思いますが、なかなかそうもいきません。
あと、単語力がぜんぜんないので、一層理解が及びにくいのかも。
問題はそれよりも、いまだハングルの文字を読むのが遅いということです。
読めても、連音はいいとして、濃音化などの読み方の変化はけっこう適当に思えているため、読んでみて間違うことも多々あります。

そういう点でも、復習月間はとても助かっています。

「母娘ふたり旅 ドキドキ♡韓国」は9月で終わってしまいましたが、終わってみて、かなり寂しいことに気付きました。
森美佳(母)役のイ・セランさん、森彩香(娘)役のイ・ヘジンさんらを見られないのはさびしいなぁ。イ・ヘジンさんは韓国人としては珍しいタイプの美人さんですが、検索してもぜんぜん出てきません。

ケンテツさんはほんとうに韓国語を話せないのだろうか・・・
という当初の疑問はいまも少し残っています。が、うっかり助詞や読み方を間違えてしまう間違え方なんかはとても芝居とは思えないし、おそらく韓国語初心者のわたしたちとほぼ同じスピードで勉強をスタートし、進んでいるという点で、いいペースメーカーになっているのだと思います。そして感じがいいですね。料理のときとはけっこう感じが違っていて、すっかりお気に入りになってしまいました。
「かんばりましょうね」などでおなじみのJisongさんもいいです。
美声といわれる歌声、わたしはあんまり好みの声質ではなかったんですが、もうニコニコがあふれんばかりのソウル旅行に役立つ情報のMCなんかは真骨頂。

チャン・ウニョン先生もいいです。
わかりやすさに定評がある・・・などの説明のされ方がよくされますが、おそらくこれ以上はわかりやすく出来ないだろうというようなわかりやすさ。
そう、わかりやすいけど、こちらが覚えられないだけなのです(笑)。

来月からはいよいよ新しいドラマが始まります。
母娘〜とはまったくちがった内容に、テキストを見てややとまどっていますが、それよりも復習ですね。
といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

A Pinkを語るE〜メンバー紹介5

ホン・ユギョン1「韓流」記事を書くだけでろくでもないコメントがつきがちだった1か月前、あえてソン・ナウンをぶつけてみましたら、かわいい子はさすがに強く、アクセスも多くて荒らしもゼロ。ということで、やめずに続けましょう。

第5人目のメンバーは

「ホン・ユギョン(홍유경)」さん。
1994年9月22日生・167cm

ホン・ユギョン2のっけからテンションの下がる話をすると、ユギョンさんはもっとも人気度の低いメンバーです。何をもってそんなことを言うのかというと、ツィッターのフォロー数、サイトの人気投票なんかもそうですが、トレカのオークションでの価格、画像サイトの閲覧数などがこれまでの4人に比べてやはり低いからです。

わたしが思うに、写真写りが抜群に悪い気がしています。
正直、「UNE AN​​NEE」アルバム関連の写真は、わざとじゃないの?というようなひどさ。
ポスターなんかも、みんなメイクきつめですが、ユギョンさんはなんというか似あってないし表情までいまいち。

でもいい子です。
まず、APINKの「英語担当」です。
歌のイントロで英語の語りが入っているところは大体彼女がしゃべっていますし、英語圏でのライブ映像では、彼女がMCをとっていました。
子どもの頃からLAで育ったという帰国子女なんですが、それについていうと、これを言わざるを得ないからいいます。ホン・ユギョン4
ユギョンさんのお父さんは2010年には売上額1474億ウォンを超える鉄鋼メーカーDSR製鋼のホン・ハジョン氏。この会社は、船舶や自動車などに使われるワイヤーロープおよび硬鋼線の製造会社で、HPでも日本語ヴァージョンをしっかり作っているなどちゃんとした会社。
そこのお嬢様というわけです。
チェロもたしなみ、正直アイドルにならなくても遊んで暮らせると思うのですが、きびしい世界に入っています。

実はそのことがおおやけになる前、例の「APINK NEWS」で実家の紹介というようなものが放送されました。
韓国は一軒家よりも日本で言うマンションが好まれる傾向にありますが、それでもこの部屋の数、スイートのような部屋や高級なインテリアなど、「ただもんじゃない!」と騒ぎになりまして、話題を集めていました。
しっかりした家で厳格に育てられてきたこともあって、写真でも変顔はほとんどせず、おしとやかです。
ホン・ユギョン3
子どもの頃童謡を歌っていてCDに歌手として参加したこともあったようで、いろいろやらせようという教育方針だったのかも知れません。
そんなお父様、お母様は、「APINK NEWS」で家族が来る場面でもちゃんと登場。意外と?若いお二人で、身なりもちゃんとしていて「成金」感はゼロ。お金持ち特有のゆとりのあるやさしさをかもし出していました。

ユギョンさんの歌声は特徴的で、ツヤがあってメンバーの中でもわかりやすい声だと思います。
あと「牛乳」のような肌の持ち主。
「UNE AN​​NEE」アルバムのリリース前の間にメンバーはイメージチェンジをはかりましたが、彼女も茶髪ボブに変身。個人的には髪色はやや茶くらいが似合うと思うなぁ。

といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら
そのCチョン・ウンジ→こちら
そのDソン・ナウン→こちら

そのFキム・ナムジュ→こちら
そのGオ・ハヨン→こちら
そのH音源紹介@→こちら
posted by my_cecil at 20:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

「2PMのワンポイントハングル」復活・・・

ワンポイントハングル0903.jpg
ついに先週から「2PMのワンポイントハングル」が復活しましたね!
この日をどんなに待ちわびたことか。

今月号のテキストを見ると、2PMの紹介ページがメンバー5人になっており、かなりえげつないねぇというつくりになっていてちょっと心配。

また、番組冒頭の「よろぶん!〜」もないまま。
ほんとに今日から復活するのかしらって思った先週。

始まると、初のウヨン金髪ヴァージョン。
ウヨンの金髪は、この番組では初めて。
でも表情はご覧の通り、いつものまま。

スキットも前説?もな〜んか元気がなく見えたのは気のせい?
ともあれ、またまたハングル、かんぱります!
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

A Pinkを語るD〜メンバー紹介4

손나은1当ブログの「韓流」コーナーは特に誰も見てないのですが、A Pink記事には毎日20〜40PVほど、ささやかですがアクセスが増えてきましたので、やめずに続けましょう。

第4人目のメンバーは

「ソン・ナウン(손나은)」さん。
1994年2月10日生・167cm

前回のウンジさんと同じくらいか、それ以上の人気のメンバーです。
早生まれなので、現在高校3年生。

立ち位置もセンターのことが多く、見て分かるとおり圧倒的なかわいさを誇ります。
どのメンバーも、というよりK-POPほとんど全員ですが、濃いメイクにより、もともとのかわいさが薄まってしまうことが多々あります。손나은2
ナウンさんは、メイク顔ではかわいいというより美人に変わるという感じ。

それもあってか「BEAST」の「Breath」、「Beautiful」、「I Like You the Best」、
ホガクの「나를 사랑했던 사람아(僕を愛した人よ)」などのMVに出演するなど、ひっぱりだこです。

また、10月から放送される、SBSの新時代劇「大風水」(脚本:ナム・ソンニョン、イ・スヨン、演出:イ・ヨンソク)にキャスティングされ、初のドラマが時代劇という大きなチャレンジの舞台にも立つことになりました。
覆面ではないですが、髪を布で覆って顔面だけが出るような衣装に身を包んでいる姿が報道されていますが、顔面だけで「美人だとばれてしまう」ということで、「ドラマは好きだけど音楽は分からない」層にナウンさんの存在がばれることを、コアなファンは寂しいようなうれしいような気持ちで見守っているようです。

身長が167とも168とも言われる長身で、このスタイル、ルックスですが、どんな子なのかというと、画家になりたくて10年以上も絵を学んできました。손나은動画
実際、繊細で温かい絵を描いたりしているのが「APINK NEWS」などでも見られます。
センターという華々しい位置にいるわりには、とても控えめでおとなしい性格。
メンバー全員に対してのインタビューだと、まぁしゃべりません(笑)。
変顔で茶目っ気たっぷりのボミさんらとは正反対で、変顔などほとんど見たことがなく、なんというか清楚な、このグループ立ち上げのコンセプトそのままという感じです。
MYMY
個人的には、ボミさんの紹介の回に貼った動画でのすっぴん舞台裏というようなナウンさんが「神」で、なかなかそれに匹敵するお気に入り画像はなかったりするのですが(その代わりどれもハイレベル)、きりっとした写真も素敵なので紹介しておきます(↓)。

「MY MY」の間奏(↑)では腰を振るダンスも行われ「こんなことしなくていいのに」などとも思いましたが、これはこれでかわいいからいいでしょう。손나은4

歌声についてですが、デビュー曲ともいえる超名曲「몰라요」で、いちばん最初の出だし部分「이러지 마요(いろじまよ〜) baby그대는 몰라요(くでんぬん、もるらよ〜)」と歌っているのが彼女です。
かわいい声ではありますが、それほど特徴があるわけではありません。
でも高身長だと声も低いケースが多いですが、彼女は150台の子のような声ですので、そのあたりも魅力といえば魅力です(?)。

손나은3
初期の頃の「몰라요」を歌うステージでは、大観衆だし歌の出だしだし、ということもあるのか、「내 맘을 아직도 그대는 몰라요(ね まむる あじっと くでぬん もらよ)」の最後の「もらよ〜」が下がりきっていないことが多々あり、まぁ音程が外れているわけですが、それがまたかわいかったりするから不思議。


といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら
そのCチョン・ウンジ→こちら

そのEホン・ユギョン→こちら
そのFキム・ナムジュ→こちら
そのGオ・ハヨン→こちら
そのH音源紹介@→こちら
posted by my_cecil at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

2PMのワンポイントハングル、ニックン抜きで9月再開

EテレNHKの「テレビでハングル講座」のいちばんの楽しみ、『2PMのワンポイントハングル』が、ここ数回放送休止になっています。

理由はもちろん、去る24日未明にメンバーのニックンが起こした飲酒運転事故。
それを受けて暫定的に放送休止となっており、番組出だしの「ヨロブン〜」のかけ声からカット。
「問題に挑戦」のあと、おなじみ「10/10」にのせて2PMのコーナーが始まるのが常ですが、チャン先生のハングル部屋のコーナーに。そしてそのあとのコーナーが前に詰められ、それが終わると、別コーナーの再放送という構成。

まるで火の消えた提灯のように、さびしいです。
スキットドラマも、今月は美佳ママの「スウォンッシ〜」的なものではなく、タクシーで古墳なんかを見るというものになっていて、地味というか。
母娘で韓国旅行を〜というテーマを考えれば、実はこちらの方が本来のテーマに近いんだと思うのですが、でもねぇ。

NHKのHPを見ると
※8月は、都合により内容を一部変更して放送します。

となっていましたが、
「9月6日(木)から5人のメンバーで放送を再開する予定です」と告知されました。
5人ということはニックン抜きということになるのでしょうけど、ニックンはいつ復帰なのか、完全に未定のようです。
いちおう事故に関してJYP側の「ニックンが自身の過失を認め被害者と会い円満に合意に達した。」という発表はありました。

会食でビール2杯を飲んで帰り、右から来たオートバイとの接触事故を起こし、被害者が腰の痛みを訴え入院しているという事故。基本的にこのグループのメンバーは真面目なんですが、でもだめなものはだめです。
新曲「マスカレード 〜Masquerade〜」も発売延期になりましたが、仕方ない。

またあの笑顔に会える日まで、しばしおわかれ。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

A Pinkを語るC〜メンバー紹介3


当ブログの「韓流」コーナーは特に誰も見てないのですが、A Pink記事には毎日10PVほど、ささやかですがアクセスが来るようになりましたので、やめずに続けましょう。

정은지第3人目のメンバーは

チョン・ウンジ(정은지)」さん。
1993年8月18日生・163cm

彼女はグループでトップクラスの人気を誇ります。
その理由はいくつかあります。
まず彼女は釜山出身です。
かなり北の方に位置するソウルに比べると釜山はド南の港町。
もともと「情」ということに熱い韓国でも、特に情に厚くおおらかな人の多い土地柄。
そんな場所で生まれ育ったウンジさんですから、ニコニコして、おおらかで、愛嬌があります。ことばには釜山なまりがあるため、同じく釜山なまりでおなじみのアフタースクールのLizzyさんと比べられたりもします。元モー娘の高橋愛さん的なイメージでしょうか。「方言萌え」ではないですが、なんとなく親しみやすかったりかわいらしく思えるのでしょう。
「A PINK NEWS」にはご家族が出られることもありますが、ウンジさんのお母さんはすごくやさしそうな「お母さん」という感じの方です。

前髪パッツンの髪形もわかりやすく、誰が見てもウンジだ!とわかります。
ボミさんと同じく高校をこの春卒業し、その頃は前髪をナチュラルに流していました、が、
「UNE ANNEE」リリースとともにまた前髪を切りました。

そんな彼女の最大の魅力とは、「圧倒的な歌唱力」にあります。

K-POPは男も女も歌がうまく、その中でもグループには必ず特に歌のうまいメンバーがいるものです。SNSDならテヨン、ジェシカ、2PMならジュンス、のように。
ウンジさんはこのグループでその役割を担っています。
楽曲のサビや、特に歌唱力が必要とされるパートはだいたいウンジさんです。

音域や声量に関してすぐれている人はたくさんいますが、ウンジさんはそれに加えて、R&Bテイストのある「ちょっとハスキーな」声の持ち主です。
アイドルではこういうのなかなかいません。日本だとAIさんのようなどっぷりではなく、宇多田ヒカルさんのようにブラックテイストもあるという感じ。それをもうちょっと軽くした感じといえばいいでしょうか。

A PINKの曲だとそのすごさがもう一つわからない人もいると思うので

ジェニファー・ハドソンの 「Love You I Do」をスタジオで歌った動画をご覧ください。

この曲をレコーディングスタジオで歌っている動画もあるので、レコーディングしたのかも知れませんが、ナムジュ、ハヨンら他のメンバーもいる中でのリラックスした感じ、笑顔いっぱいで楽しそうに歌っている様がとってもいいので、こちらの動画をおすすめします。
APINKはウンジさんが飛びぬけているほかはみんな標準的にうまいと思いますが、それでもこちら(↓)の動画を見ると「別格」というのがよくわかります。K-POPではときどきありますが、ラジオのスタジオでスタジオライブというのがあり、レコーディングなどではなくスタジオで歌うのですが、バックの演奏もほとんどなければエコーなんかもないので、生歌がよりよくわかるのです。せきこんでるメンバーもいれば、冒頭でボミさんが歌詞をとばしてしまうというリラックス?した光景。しかし右列のいちばん奥、ウンジさんは、それでも声の音量をひかえめにしながら別格のヴォーカルを聞かせます。
おそらくガールズグループの中でもトップクラスの実力だと思いますし、将来的にソロでも充分やっていけるんだろうと思います。ボミ(左)とウンジ
そんな歌唱力をもっていながら(?)、ほっぺを(下のほうに)ふくらませた顔の写真も多く、たとえば、すっぴんでボミさんと一緒に写ったこれなんかはお気に入りの写真です。


この春高校を卒業し、その模様も報道されましたが、ソウルの高校を卒業したため多くの報道陣やスタッフが駆けつけたボミさんと違い、釜山の高校を卒業したウンジさん、ごく少数のスタッフらが来ただけの卒業式だったわけですが、それでも卒業式でピースをする写真、卒業証書を抱えて撮る写真は、なんかいじらしくて泣けてきますね。ウンジ卒業


さらに!
先日、ウンジさん初のドラマ出演というのがありました。
ケーブルチャンネルtvNで「応答せよ1997」(演出:シン・ウォンホ、脚本:イ・ウジョン)という、釜山が舞台のドラマが作られ、ウンジさんは段ボールで野宿をする高校生の役。ところが演技が初めてにもかかわず、あまりに自然な方言演技だったそうで、段ボールから這い出る画像とともに話題にもなっています。演技力もすごかった、というわけです。

高校卒業の前後、ミニアルバム2集の「SNOW PINK」リリース後、フルアルバムリリースまで若干間があきまして、その間ヨソプ、ウンジウンジさんは事務所の先輩であるBEASTのヨソプさんとデュエット曲「Love Day」をレコーディング。そのMVはたくさん動画としてアップされているので見てください。2人ともうまくてかわいい、とてもいいMVです。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら
そのBユン・ボミ→こちら

そのDソン・ナウン→こちら
そのEホン・ユギョン→こちら
そのFキム・ナムジュ→こちら
そのGオ・ハヨン→こちら
そのH音源紹介@→こちら
posted by my_cecil at 22:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

清浄園 とうもろこしのひげ茶

チャンジュンウォン徐々にメジャーになってきた「とうもろこしひげ茶」ですが、KARAのCMやパッケージでおなじみ品薄紅酢(ホンチョ) ソーダの「清浄園(チャンジュンウォン)」からもリリースされました。

といっても以前から売られていたようですが、KARAの写真が入った「KARAボトル」に入って、近所のスーパーでも売られるようになりました。

でもこれはお店によって値段がまちまち。
スーパーでは130数円というところが多くて、500mlペットとしてはやや高め。
アイリスのも98円ということろもあれば、170円なんていうところもあるので、安定しているほうかも知れません。

さて気になるお味ですが、個人的にはアイリスの方が好き。
500とたっぷり飲めるのはうれしいですが、それだけ薄い感じの味です。
あっさりしてて飲みやすいという考えもあります。
でもアイリスのよりは簡単に買えますし、さらにKARAファンにはうれしい飲み物なんじゃないかと思います。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

ヘテ すりおろし梨ジュース

nasi-kan400.jpg日本ではまだなじみの薄い韓国の「ヘテ(해태)」で、なじみの薄いまま経営破たんし、ブランドはそのままで飲料や製菓など、売却されましたが、いいものは確かにあり、日本でも買えるものが多いです。

その1つがこの「배」と書かれたジュース。
「배」というのは「梨」のことで、その名の通り梨のジュース。

実は梨が好きだという人は多いと思うのですが、りんごやオレンジほどメジャーではありません。それゆえ、ジュースとなるとかなり少ない品揃えです。
このジュースは梨をすりおろしたもので、いかにも「すりおろした」感が強く出ています。

ぬるいと、果物特有の生臭さも若干感じますが、いかにも梨という甘さとわずかなすっぱさを感じることもできます。
わたしには縁がありませんが、マッコリや焼酎でわるのもいいそうです。
238mlという量で、70円くらいでネット上では通販で買えるようで、これは好きな人には高コストパフォーマンスな飲み物です!

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

A Pinkを語るB〜メンバー紹介2


好評につき(嘘)第2弾です。ボミ1

続いては、
「ユン・ボミ(윤보미)」さん。

1993年8月13日生・164cm

おそらく日本デビューしたらいちばん人気が出るメンバーの一人ではないかと思います。
どのグループもそうだと思いますが、このグループはみんな明るく、笑顔が絶えない感じがあります。

ボミ卒業このボミさん、この春に高校を卒業したばかり(写真左)で、そんなグループの中でもとにかく明るい子。

ネット上には無数に画像がある時代ですが、彼女の画像は、笑顔か変顔が大半といっていいでしょう。
チョロンさんと同じく「変顔」といってもよけいにかわいさが増すだけの顔ですがw。
表情が豊かなので動く画像を今回は載せてみています。


ほとんど髪形を変えないチョロンさんとちがい、ボミさんは写真ごとに髪形がちがいます。11771509.gif
頭の上でおだんごを作ったり、ツインテール、下ろしてもウエイビーだったり、ストレートだったり。最近ではショートのボブ、黒髪という写真までありました。
もちろんどれをやっても似合う小顔です。

ボミ卒アル卒業アルバムの写真もアップされていますが(写真左)、ちょいギャル入った女子高生という感じなのがおもしろい。

さて、幼い頃からダンスのレッスンを受けつつ、実はこう見えて、テコンドーの有段者なのです。
「APINK NEWS」でちょっとだけ、後ろ回し蹴りのシーンが流れたことがあります。
「3段」ということで、調べてみたら、3段の課題に「ティミョ360°」「トラヨプチャチルギ」「ティミョパンデトルリョチャギ」の3つがありました。よくはわかりませんが、空中で回転しながら回し蹴りをやる、あの驚異的な技です。見えないスロープがあるかのように空中をバックで駆け上がりながら回し蹴りを決めるわけですから、相当な運動神経が必要とされるはず。11056049.gif

その一方で、デビュー曲ともいえる超名曲「몰라요」では、エンディングでの転調してキーを上げた部分の担当を任されるなど、歌唱力も十分。
同曲では、Bメロに入って後半、
「한발다가가면 두발 멀어지지만(はんばる・たががみょん・とばるもろぢぢまん) 조금 더 가까이 옆에(ちょぐむと・かっかいよぺ〜)
꼭 붙어 서서 안아 줄래 오늘은 내 맘 모두 보여줄래〜」
というパートを、張りのあるたんぽぽの綿毛のような(?)声で歌っています。
(「よっぺ〜」のところがかわいい)
ボミさんを頂点とする三角形のフォーメーションがかっこいいパートです。
ボミ&チョロン

写真右は評判のいい動画よりの変顔。
この動画はかなりお気に入りです。
メンバーのほぼすっぴんの顔や表情などが自然な姿で残されています。

興味のある方はどぞ。
(この動画でのソン・ナウンさんは圧巻のかわいさ!)
(というか、この記事画像多すぎだな〜)
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

→APinkを語る
その@グループ概論→こちら
そのAパク・チョロン→こちら

そのCチョン・ウンジ→こちら
そのDソン・ナウン→こちら
そのEホン・ユギョン→こちら
そのFキム・ナムジュ→こちら
そのGオ・ハヨン→こちら
そのH音源紹介@→こちら



posted by my_cecil at 22:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 韓流〜ちょんまる・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。