2012年09月27日

トヨタ自動車の企業CM「ReBORN」

レスポンスより全日本シーエム放送連盟(ACC)が「第52回ACC CMフェスティバル」の各賞を発表しまして、最高賞の総務大臣賞ACCグランプリには、テレビ部門がトヨタ自動車の企業広告シリーズ「リボーン篇/出発篇/宇都宮・餃子篇/ヒッチハイク篇/ハワイアンズ篇/猪苗代湖篇/工場篇/石巻篇」とホンダの企業広告「負けるもんか」、ラジオ部門がパナソニックのコンパクトソーラーライト「一度きりのラジオCM」、マーケティング・エフェクティブネス部門はファーストリテイリングの「ウルトラライトダウン+ヒートテック」キャンペーンがそれぞれ選ばれました。

トヨタの企業CMはいくつもありますが、やはり「ReBORN」シリーズが目を引きます。
原作から20年後を実写で再現?した「ドラえもん」もいいのですが、戦国時代の人物が生まれ変わったという設定の「信長と秀吉」シリーズが好きです。
おもなキャストは以下の通り。

織田信長:木村拓哉
豊臣秀吉:ビートたけし
お市の方:マツコ・デラックス
伊達政宗:加藤清史郎
お茶々:吉高由里子
お初:トリンドル玲奈
お江:前田敦子
千利休:笑福亭鶴瓶

お市の方の娘である3姉妹は2つのロンドン編に登場。
「ドラえもん」に比べると、わかりにくいという声も多いようですが、わたしは単純に生まれ変わってこうなったらどんなだろうなぁなどと、まったく深く考えずに楽しんでいます。
ふつうなら「この俳優、いまいろいろ大変だろうなぁ」とか「テレビに出まくってるけどどこがいいのかしら」とか、いろんな邪念?が渦巻くものですが、企業CMのせいかなぁ。
気楽に楽しんでますね。

といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

キリンビール「麒麟淡麗」ビーチ編

ケツメイシやっと夏が終わってきたな〜というこのごろ。
この夏には、佐藤浩市さんでおなじみキリンビール「麒麟淡麗」のCMにケツメイシのメンバーが出演する「ビーチ編」が流れました。
もうやっていないと思いますが、こちらのキリンビールの広告コーナーで見ることができます。

10年ぶりのCM出演となったケツメイシ、「麒麟淡麗」CMソングとしておなじみの「ボラーレ 〜Nel Blu, Dipinto Di Blu」を、ケツメイシがイタリア語の原曲歌詞バージョンでカバーしたということでも話題になりました。

さて、動いているCMではそんなこと思わなかったのに、電車内のメンバーの広告を見ると
「似てるな〜」
という感想でした。

左から
「ケンコバ」
「板尾さん」
そして
「清原」!激似!!

あとは〜大吉さんかな(ちょっと無理あり)
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

SMBCプロミス「もっとサービス向上委員会」のCM

「それいい〜」今年の4月に三井住友フィナンシャル・グループ (SMFG) の完全子会社となり、7月に「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」へ社名変更した「プロミス」。

「お客さまのことを最優先に考え、真摯に向き合う」を基本コンセプトとした新CMが7月から放送されています。この“もっと!サービス向上委員会”というのは、HPによれば、

明るく前向きに、社員の自然体での発想や思いやりの心で、お客さまへのサービスに対する意見が生まれる企業として、より良い取組みを考えていく企業姿勢を表現しています。

とのことです。
豪華6人もの新メンバー。( )内は役名。 

相武紗季さん (紗季)
鈴木あきえさん (あきえ)
中川美樹さん (春香)
外岡えりかさん (夏樹)
原裕美子さん (冬美)
吹越 満さん (課長)

ブランチやてれびくんでおなじみの鈴木さん、「ミスヤンマガ」の中川さん、アイドリングの外岡さんにファッションモデルの原さん。
いいメンバーを集めたものです。

そして中心になるのは相武紗季さん。
かつてはミスド、OCN、花王、洋服の青山、JRAなどなど、いろんなCMに出て、CMの新女王の異名もとった彼女。
お母さんもお姉さんも宝塚というサラブレッドですし、人見知りということもあって、なんとなくわたしの中のイメージはいいほうです。

などと当たり障りなく紹介していますが、個人的には喜べるCMではありません。

三井住友フィナンシャル・グループだといっても消費者金融には変わりなく、中川翔子、AAAなど積極的にCMに起用していることもあって、他社ほどイメージは悪くないものの、やはりサラ金には違いないのです。

これからどんな新しいサービスをやっていくかという意見の出し合いの中で

『もっとお客様の立場になって考えるとかね』
『それいい〜!』

というくだりがあって、多くの方は失笑していると思いますが、ここがこのCMの肝なんだろうと思います。
「お客様の立場になって考える」というのは、サービス業では当たり前のことですが、最近ではほんとに細かいところまで気を配るお店が増えてきました。
ユニクロやCDショップなどの袋の持ち手の穴をテープで留めますが、家に帰ってから開けやすいように、テープの端を折ってくれるというお店も増えてきました。

貸金業はいうまでもなく、お金を貸して、その利息でもうけを出しています。
ほかのサービス業と比べると、お店や企業の「もうけ」が露骨に見える業種です。
客の立場ということなら、利息を下げることがいちばんのサービスとなるのでしょうけど、そうもいかないのでしょう。
ただ、サラ金らしく、ティッシュやあめ、テレカなどのプレゼントなんていうのが客の立場で考えたサービスではないのは間違いありません。

CMでは

『でも、どうやったら・・・?』

と続くわけで、果たしてどんなサービスが登場するのか。
「サービス向上」というのはあくまでも企業イメージの1フレーズであって、ほんとにサービスを向上させるわけではない、などとは考えていないはずなので、いやみでもなんでもなく、期待することにしましょう。
利用はしませんけど。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

サントリー「エスプレッソーダ」CM

サントリーエスプレッソのようなコク・苦味と炭酸の刺激を両立しました。コーヒー由来のクセになるおいしさと爽快な後口が特長です。

というサントリーのコーヒー炭酸飲料。

この、味などについてはまたの機会にしますが、(マズくはありませんよ)
CMがなかなか気になります。

黒いスーツに帽子、サングラス姿の3人が遊園地で遊ぶCMで、大人の男の渋さと無邪気にはしゃぐ姿のギャップが見どころ。「コーヒーカップ編」と「射的編」があり、WEBのみ「ロックンロール編」というのもあります。
これ、電車内でよく見るんですよね。
初めて見たのも電車内のディスプレイ。あれは音がありませんから、映像のみ見ていくわけです。
ブルースブラザーズのような3人の男、遠めで帽子をかぶっていると誰だかわかりませんが、寄ると、すぐに六角精児さんがわかります。
射的では帽子をとっているので、遠藤憲一さんがすぐわかります。

残る一人、髪形だと吹越さんなんですが顔が細すぎる。
加瀬亮さんだとわかったのは検索してからでした。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

ミユキ ミユキ みーゆき  ミユキ 服地はミユキ

御幸CMミユキ ミユキ みーゆき  ミユキ 服地はミユキ
ミユキ ミユキ みーゆき  ミユキ 服地はミユキ

紳士だったら知っている  服地はミユキと知っている
ミユキ ミユキテックス ミユキ ファンシィテックス

ミユキ ミユキ 服地はミユキ

と聞いて、なんだかわからない人は、この先読んでもおもしろくないと思います。

昔、日曜の朝にやっていた「ミユキ野球教室」。
なんと1957年にスタートというすごい歴史。

スポンサーのミユキのオープニングキャッチでこれが流れるのです。
そしてその後、オープニングのテーマ曲(日テレのスポーツのあれ)をバックにアナウンサーによる「御幸毛織提供、ミユキ野球教室」のタイトルコールと、放送回数のテロップが表示されます。

1986年1月、番組は日曜11時台へ移動して複数提供の「野球教室」となり、1988年には15分に縮小し、再びミユキの一社提供へと戻ったものの、このオープニングはなし。
そして1990年に番組に幕がおりたそうです。

御幸毛織(現・御幸ホールディングス)はこのオープニングで日本中に知られるメーカーとなりました。わたしもこの歌はよく聞いたものです。

いまはここで見ることができます。
映像は記憶にありませんが、歌はなつかしいの極み!

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

アートネイチャー「マープソニック」CM

MRP_Sonic CM.jpg最近ずっと気になっていたCMです。

アートネイチャーの「マープソニック」のCM。

「植毛でもない」「かつらでもない!」と「ガンダム」のアムロ・レイみたいな声で叫んでます。アムロを意識してわざとやってるのか,たまたまなのか。まさか本人ということはないよねぇと思って調べて見たら本物でした!
いや,それだけじゃなく「アムロとシャア」だというのです。

確かに聞いてみると,ファーストガンダムのアムロとシャアの声優,池田秀一さんと古谷徹さん。

アムロ「気になるつむじのボリュームが!」
シャア「よみがえる」

こんな感じです。
ファーストガンダムに熱狂した世代が,いまはメインターゲットだということでしょうか。
それにしても豪華なキャスティング。
池田さんのはシャアよりやや渋い感じで気づきにくかったですが,
古谷さんなんて「カーグラ」仕様ではなく「アムロ」仕様ですから。
しかもCMではガンダムをイメージさせるものを一切出していないのがすごい。
といっても,ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

トヨタ企業CM「ドラえもん」

30歳になったのび太を中心にミニドラマが展開されるCM。のびどら
なんだそりゃ!と言いながらもみなさん気になっているのでは。

第1弾に登場したのび太役の妻夫木聡さん,ジャイアン役の小川直也さんに加え,スネ夫役に山下智久さん,しずか役で水川あさみさん,そしてドラえもん役でジャン・レノが出演と,一般ニュースでも報道される注目度の高いものになっています。
それはちょっと違うでしょ,と各人がキャスティングに思いをはせるのはいいと思いますし,それによって,改めてドラえもんを読んでみるという人もいるかと思います。

わたしがこのCMを見て思ったのは,藤子不二雄Aさんの異色短編集などで読むことが出来る「劇画・オバQ」という漫画です。
サラリーマンとして日々働く正ちゃんの元に10年以上ぶりにQちゃんがやってきます。結婚して奥さんと2人で暮らす正ちゃんですが,たぶん高度経済成長期なのでしょう,けっこうお疲れのサラリーマン。ハカセからは一緒に組んで仕事をしないかと誘われています。
しかし猛烈にご飯を食べるQちゃんに,正ちゃんの奥さんはちょっと迷惑そう。正ちゃんも「何日かのがまんだから辛抱してくれ」と奥さんをなだめます。
ある日Qちゃんを囲んで,ゴジラやキザくんら昔の仲間が集まって飲み会を開きます。酔っぱらったみんなは,会社を辞めて昔夢見たように自分たちの国をつくろう,みたいに盛り上がります。といっても酔っぱらった上での冗談。
二日酔いで次の日を迎えた正ちゃん。なんと奥さんから妊娠の知らせを聞き,飛び上がって喜んでそのまま会社に向かいます。
それを聞いたQちゃんは,正ちゃんに子どもができる,ということはもう正ちゃんは子どもじゃないんだ,と独り言を言って帰っていく・・・と,実に寂しい物語でした。

これのすごいところは,同人誌などで「○○の最終回を描いてみました」的なよくある漫画ではなく,オバQを描いた本人によってその後が描かれているところです。
ところで,CMのドラえもん藤子Fさんの奥さんの許可などを得てCMを制作しているのでしょうか。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

プリントパックのCM

「アメトーーク」などを見ていると流れるのが「プリントパック」のCM。

「ネットでいんさ〜つ、プリントパック」

ってあれです。

知らない方はこちらをどうぞ。

かわいらしい歌声と、深夜ということもあって、なんとも寂しい気持ちになってきます。
寂しいというのはちょっと違うかも知れません。
日曜の4時くらいの気持ちっているのにも似てますが、それもちょっと違うかな。

いずれにしてもかなり耳に残る歌です。

歌っているのは女性フォークデュオの
「PoPoyans(ポポヤンズ)」

2010年の映画「告白」で挿入歌を担当したので知っている人もいると思います。
興味のある方はこちらのオフィシャルサイトをどうぞ。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

AC feat.VERBAL(m-flo)

バーバルさんという感じのタイトルはそれっぽくないですか?笑

さて、「日本の力を信じてる」というACのCM。
SMAP5人のあとの締めくくりにトータスさんが出ているヴァージョンは、あれはあれでいいんだけど、なんでトータスさんがSMAPのトリ?という奇妙な感じ。

もう1つの方、レコーディング・スタジオみたいなところでEXILEのHIROさんがVシネマ俳優風に登場。
もう1人の方、「だれ??」
という声がネットにあふれたそうです。

あれはm-floのVERBAL(バーバル)さん。

などといってますが、わたしも最初は気づかなかった。
いつもはサングラスかけてるし、ああいうスーツではないし。
ライブで実際に見たこともありますが、声が似てるくらいにしか思わず、
韓国のベンチャー企業の社長かなんかかと思いました。

m-floはLISAさん在籍時はよく聞いてました。
彼女の脱退後も、多くの女性シンガーたちとのコラボなどで聞く機会も多いし、何より日本の音楽シーンに対する貢献は大きい。
でも一般的な知名度はどうかな〜。音楽好きは誰でも知ってるかもしれませんが、例えばテレビは好きでよく見てます、というようなおばちゃんが彼のことをどれだけ知ってるか。
そういう意味ではちょっと不思議な人選だなぁと思いました。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

サントリーの71人登場CM

suntoryCM.jpg故・坂本九さんの『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』を、総勢71名もの有名人がバトンリレーで歌うサントリーのCMに衝撃です。

サントリーのHPでいくつものヴァージョンを公開しています。
それがこちら

いわゆる大御所から、ふだんはめったに歌声を披露しない俳優人まで、いろんな人が出ています。

例えば「見上げてごらん夜の星をA」だと、榮倉奈々・壇れい・堀北真希・竹内結子・小雪
という女優5連続だし、
松田聖子・矢沢永吉・水前寺清子といったあたりはさすが。
仲本工事・佐藤健・ベッキー・堺正章というようにやはりいい声してるなぁという人もいるし、
意外に○タだなぁという人もいます。もちろんそれもほほえましい。

石原さとみさん・堀北さん・佐々木希さんは激かわでしょう。

「上を向いて〜A」30秒が、三浦友和・高島彩・小林克也・堀北・近藤真彦というメンバーで、ほほえましさ、かわいさなど個人的にバランスがとれてていいなぁと思ったりして。

いちおう企業CMではありますが、曲名以外のキャッチはないし、すごいCMだと思います。
全員ノーギャラでの出演ということですが、これはお金払っても出たいでしょう。

サントリーのCMはいいものが多く、これも傑作だと思います。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

「こだまでしょうか」

ごめんねっていう.jpg前にACのCMについて書きましたが、その後だんだん通常CMが増えていき、ACのCMも減ってきました。
また震災用に新たに作られたCMが増えてきています。

いろいろな思いはあると思いますが、わたしが印象的だったCMの5本はほとんど消えてしまいました。
「ちょっとだけバイバイ」や「あしながおじさん」あたりは電車の中吊り広告で見ることがあります。

その代わり、いくつか残っているCMも。
電車内で席を譲るもの、「こんにちは〜」のアニメのもの、そして、これ。

「遊ぼう」っていうと「遊ぼう」っていう。
「馬鹿」っていうと「馬鹿」っていう。
「もう遊ばない」っていうと「遊ばない」っていう。
そうして、あとでさみしくなって、
「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていう。
こだまでしょうか、いいえ、誰でも。

金子みすゞさんの詩「こだまでしょうか」の朗読。

没後80年これについては、やはりこのCMがいやだという人も多いようですが、
同じく、この詩に心引かれて、金子さんの詩集を求める人も多くなったようです。

金子さんは大正から昭和にかけて活躍した詩人で、26歳の若さで亡くなっています。
昔の方なのにかわいいお顔が印象的。

さて、このCM、朗読をつとめているのは歌手のUAさん。
なるほど、そんな感じですね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

「ACのCM多い」

震災で、ほとんどのスポンサーがCMを自粛しています。
それでCMの大半がACのものになっており、「AC」と検索すると「AC CM 多い」という候補が出てくるほど。

ACというのはなんでしょう。
もともと「公共広告機構」という名前の社団法人。広告を取り扱う企業を会員として、それら会員から集めた資金で運営されていますが、2009年に「ACジャパン」と改称されています。
キャンペーンなどでACのCMが流れるのとは別に、何らかの事情である企業のCMが放送でできなくなったときに、そこの穴を埋めるのがACジャパンのCMというのが通例になっています。

それでラジオも含め、いまCMは大半がACのものになっており、同じCMが何度も流れる形になっています。

ACのCMについては、以前にもアップしたことがあります。怖いものも多いのですが、いま流れているのは比較的おだやかなものが多いと思います(そうじゃなきゃ批判の嵐になるか〜)。

2010年度の支援団体は以下の通り。
日本脳卒中協会 国境なき医師団日本 3R推進団体連絡会 日本心臓財団 日本アイバンク協会 文字・活字文化推進機構 日本対がん協会 国連UNHCR協会 あしなが育英会


わたしが特に印象的なのは、
AC
「こどもにあなたの手当てを」
幼稚園児が「今日、幼稚園でお花つくったんだよ」といったり、幼児が「きゃきゃきゃ」と無邪気にはしゃぐシーンが、めっちゃかわいいです。
結婚はしたくないけど子供は欲しい、というのがよくわかります。

「大切なあなたへ」(日本対がん協会の支援CM)
仁科亜季子・仁美の親子が、子宮たいがん・乳がんの定期健診をすすめるCM。
がんを患って大変な思いをしたはずですが、美人母子が明るく「定期的に検診を」というギャップがなんかいいです。

「ちょっとだけバイバイ」(3R推進団体連絡会)
ペットボトルがいろんなものに生まれ変わるという園児からの紹介。子役の小林星蘭ちゃんは、前にカルピスCMで紹介しましたが、なんか大きくなってすっかり女の子になりました。
でもかわいい子ですね。

「知層」(文字・活字文化推進機構の支援CM)
いまいち入り込めないCMではありますが、出だしの音楽と出演の市川知宏さんがかっこいいCMではあります。
この「ちそう」が地層を連想させて不謹慎ではないかなどという声がネットにありましたが、不謹慎なのはお前の方だといいたいですね。


「ありがとう あしながさん」(あしなが育英会の支援CM)
支援によって無事に高校生になれた女の子。この女の子は相川結さん。ナレーションは中嶋朋子さんが担当ですが、相川さんの「ううん、なんでもない」という声が実にいいです。

あと、オシム氏のCMとか「見える気持ち」とか、アニメの「こんにちは〜」とか、「ううん、誰でも」とかがヘヴィーローテーションですが、上の5つが特に印象的ですね。
みなさんはいかがですか。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

<追記>
上の5つが印象的ですね、という記事でしたが、ACのCM批判というようなコメントが、しかも当ブログでやめてもらっている「リンク無しコメント」も含め多数寄せられています。
さらに、その効果(?)か、当ブログの順位まで上がっている始末(3/19現在10位)。
この記事のコメントに関してはコメント返しをせずに見守っていきたいと思います。
posted by my_cecil at 21:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

クルマのCM考察D

さて相変わらずまったく反響のないシリーズですが、引き続きめげずに国産メーカー全部いきますよ。

次はダイハツです。

トヨタ系ということもあってか、有名人が多数登場。
いま放送されているものだけでも、ムーヴの岡田准一、遠藤憲一、ミラココアのウエンツ瑛士、西山茉希、タント・エグゼの香取慎吾、タントのユースケ・サンタマリア、小池栄子、タント・カスタムの豊川悦司・・・と、マニアックな起用でもなんでもなく、人気者勢ぞろいという感じ。

ただトヨタのものと違うのは、その多くがシリーズ化されていて、連続した物語になっているわけではないものの、1回1回がちょっとしたミニドラマになっているというところ。

技術的なものの解説だとか支払い方法だとかといったことにはほとんど触れず、でも車のアピールにはCMは大きく貢献しているはず。
いまやっているタントのCM、新たに生まれた妹をかわいがる両親に反抗してタントの車内に家出する男の子の話や、ミラココアのウエンツと西山さんのからみなど、見ててかわいいというかおもしろいので、軽自動車ということを考えても、これはこれで上手なんだなぁと思う次第。

そういう意味では国産の自動車CMでいちばん好きなのがダイハツCMです。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

地デジ「砂嵐」CM


砂嵐ひまさえあったらやっている「地デジ」関係のCMですが、最も評判の悪いものの1つが「砂嵐」もの。

見ているテレビがアナログなら「砂嵐」画面になるというもので、関東地方では9月から毎月放送されているものですが、12月から中京、近畿地方も加わっています。
来年7月24日以降の放送画面を体感してもらうため、アナログ放送の視聴者に、停波時に流れる“砂嵐”のイメージ映像を流す、とのことですが、きわめて悪質です。
高齢者には戸惑いもあるようですし、ネット上では「脅迫」「いやがらせ」という評判が多数。

夜中など立て続けにやっているし、あなたのテレビはこうなりますなんて、海外のタバコのパッケージと同じ。タバコを吸い続けるとこうなりますとかって肺の写真を載せているやつとか。明らかに方向性を間違っていますね。

ここまで悪質なものじゃなくても、7月に近くなると工事が殺到するのでお早めに、などといっています。

そうじゃなくて、「なぜ地デジ化が必要なのか」「地デジ化するためにはどうしたらいいか」「いくらかかるのか」などのCMが必要でしょう。
短い時間では無理だというのなら、いまさら7月に地デジ化なんていうのは誰でも知ってるでしょうから、そういう部分を削除してCMを作ればいいのです。

そもそも低所得者だろうと関係なくいま使っているものではだめになるというシステム自体に問題があります。
全家庭に無料でグッズを配付するくらいのことをやってうれないと。
そもそもそんな思いして、テレビって必要なのかとも思いますね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

ソニー損保自動車保険CM


コウイチがんばれソニー損保の自動車保険のCM。
CMで使われている奥田民生さんの「And I Love Car」とともに流れる物語がときには楽しく、ときには切ない、好きなCMシリーズです。

最近オンエアしはじめているのが「クルマと人と『帰り道』篇」。


スポーツショップ勤務のコウイチ、大学院生のタケシ、銀行員のエミはみな24歳で中学からの同級生。
タケシもコウイチもずっとエミに想いを寄せている。
社会人になってからはなかなかタイミングが合わず、
久しぶりに3人一緒の休日、コウイチの提案で筑波山へ。

電車の中、タケシとエミは2人で楽しそう。コウイチは1人後ろでそれを見ている。
帰り道、コウイチの運転する車でもタケシとエミは楽しそうにしている。でも一瞬ルームミラーでコウイチの顔を伺うエミ。
「また3人で」といってタケシは車を降り、エミの家の前で、「楽しかったね〜、また行こうね〜」というエミに、コウイチは「今度はタケシと2人で行けよ、あいつお前のことしか見てないから」という。


そんなドラマなんですが、
エミが降りて1人車を運転するコウイチ。
自分もエミが好き。タケシも仲良し。タケシとエミは常に楽しそうにしてて、2人が幸せならそれでいいと思いつつも、嫉妬心もあって2人を見ているのはつらい。それで「2人でいけ」というが、そんな自分もイヤという気持ちもあり・・・
というようなことを表しているコウイチ(田中康寛)の表情がとてもよくて、わずか30秒ながら泣けて仕方ありません。

その前の女3人の「クルマと人と『新しい道』篇」も、違う意味で泣けました。

いずれもここで見ることができますので、興味があったらどうそ。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 15:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

バーミヤンのCMって


バーミヤンCMすかいらーくグループの中華レストラン「バーミヤン」。
そのCMが評判悪いです。

夏に「バーミヤンの唄」編というCMが流れました。
バーミヤンにきた家族。その子供が「でもなんで桃のマークなの?」というと
3人の店員が「気にすんな」といって、バーミヤンのマークの前に「気にすんな」というテロップが映し出されるのです。

そして今回放送されているのは「メガネな家族」編。
前回と同じく家族がバーミヤンにて食事。全員がメガネをかけていて湯気で曇っためがねをかけたまま子供が「でもなんでバーミヤンっていうの?」と質問。
そしたら店員が「聞いちゃイヤン」。
父親が同じ質問をしかけるとまたテロップで「聞いちゃイヤン!」と出ます。

「気にすんな」「聞いちゃイヤン」というセリフもかなりイラッとさせますが、このCMの唄がイライラの元のような気がします。
あえてヘタな素人風にしているのか知りませんが、声や歌いまわしがイラッとさせます。

ちなみに「なんでバーミヤンっていうのか」については、東洋と西洋を合わせたレストランを目指すとのことで、かつてシルクロードの中継点だったアフガニスタンの年「バーミヤン」にちなんだとのことです。

「なんで桃のマークなのか」については、店内に「桃李不言下自成蹊」という言葉あり、桃やスモモには、何も言わなくても木の下にはたくさんの人が集まってくるというような意味で、バーミヤンにもたくさんの人が集まるように、ということだそうです。

え?どうでもいいですか?笑
だって、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

資生堂シュペリエルCM曲


土岐麻子HPより資生堂のCM曲というのは、昔からハッとするものがありますね。

壇れいさん出演でおなじみの「ベネフィーク」。
クラムボンの原田さんが歌う「あなたの声、きかせてください〜」という曲、じっとりこころに染みますが、それに次いで、気になるCM曲が。

「エリクシール シュペリエル」のCM曲です。

「あなた〜って、不思議だわ。あなた〜っていくつなの〜」

というあれです。
篠原涼子さんからいまは永作博美さんがチャーミングなママ役で出てられますが、この曲、最初は画面クレジットなし。
いまでは「土岐麻子」さんだと画面表示されます。

土岐さんはCymbalsのリードシンガーとしてデビューし
2004年の解散後はソロで活躍中。
多数のアーティストのレコーディングへの参加や、50社以上に亘るCM音楽の歌唱やナレーションなどでも活躍中で、この曲『Gift 〜あなたはマドンナ〜』
でまた注目を浴びることでしょう。

なお、どことなく80年代的なつかしさも感じる人には感じるメロディライン。
と思ったら、この曲の作曲はなんと「EPO」さん。
かつてご自身が担当された資生堂のCM曲「うふふふ」の現代版という感じで作ったそうですよ。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:43| Comment(10) | TrackBack(1) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

かっぱ寿司CM


新宇宙人編回転寿司の大手、かっぱ寿司。

そのCMがどうにも気になります。

宇宙人が出てくるCMのシリーズ。
なかなか食べられず、今回の「新宇宙人編」では3人の宇宙人が、マジックで頭に髪を書き、3人おんぶ状態で変装?して入店。
席に着くも手が届かず、ようやくタッチパネルに届いた指が指した先は「会計」。

そんな内容です。

ザ・ギースの尾関さんが出演していることでもプチ話題になっており、ネットで見る限り、あえてつっこまれることを想定して作ったゆるいCMだと概ね好評のようです。

ただ個人的には、不快でもないし普通に見ていられるものの、意味がわからん、という感じでしょうか。

なんで宇宙人?というのはいいとして、
なんであえて背を高くして入ってくるのか(笑)。
結局食べられないというのは、なんなんだろうとか、このCMで、訴えたいものというのはなんなのかとか、いろいろ考えてしまいます。
そういう意味ではおもしろいCMなのかな。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

カップヌードルCM「BON JOVI編」

2010年度の日清カップヌードルのプロモーション、
『この味は、世界にひとつ。』シリーズはすごいと思ってます。
MISIA、ジャミロクワイ、GLAYときました。
当時のPVに乗せて、替え歌と、PVの口元がその替え歌を歌うというすごいもの。
その第四弾CMがいよいよオンエアされました。

日清なんと今回はBON JOVI。
しかもライブ。

なお、今回の映像は、1995年にロンドンのウェンブリー・スタジアムで3夜連続ライブを開催した際の映像。計21万枚のチケットは発売と同時に完売したということです。

このシリーズ、口元はCGで加工。
おそらく歌も、企業秘密らしいですが、そんな加工をして本人が歌っているようにしてるのでしょう。
それだけにすさまじいお金がかかってるCMだそうです。
もちろんアーティストご本人の承諾が大前提ですが。

日清のHPによると、

「You Give Love A Bad Name(禁じられた愛)」は
1986年発表の3rdアルバム「Slippery When Wet(ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)」に収録されており、
アルバムは8週連続で全米1位、全世界で1800万枚以上を売り上げるなど、
ボン・ジョヴィが世界的人気を得るきっかけとなるアルバムとなりました。
2010年11月3日には16年振りのベスト盤アルバム『グレイテスト・ヒッツ −アルティメット・コレクション』を発売し、11月30日・12月1日には東京ドームで2夜限りのコンサートを行うなど、その勢いは留まることを知りません。
そんなビッグアーティストであるボン・ジョヴィさんに、今回の企画に賛同いただいたことを、スタッフ一同本当にうれしく思っています。

まさにベストなタイミングでのBON JOVI起用ですね。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

モーニングレスキューのCM


モーニングレスキュー前にも書きましたが、ハウス食品からペットボトル入りウコン「モーニングレスキュー」が発売されています。
これはアルコールを飲む前に飲む「ウコンの力」とはちがい、飲んだ後の翌日の朝用のドリンクということで、この名前がついているんだと思いますが、それより何より、

このCMの曲が頭から離れない!

そんな人は多いのではないでしょうか(笑)。

「モーニングレスキュー!」と「リンダリンダ」のようなメロディに乗せて歌うだけなんですが、なぜだか頭の中でヘヴィローテーション。
ただでさえ、ハウスやコーワのCMは回数が多く、何度も商品名を歌うものだから、一旦頭の中で復唱なんかしたあかつきには、もう数時間こればっかり頭の中で流れています。

正直、CM内のそれ以外の中身はほとんど覚えていないのですが(笑)、商品名を定着させるという点で、このCMは大成功なのでは。
ちなみに、この曲はCM用につくられたオリジナル曲で、歌っている人も非公表となっています。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。