2013年03月31日

DVD「試験に出るどうでしょう 石川県・富山県/四国八十八ヵ所II」

dvd19.jpgDVD全集第19弾。
受験生必見!水曜どうでしょう「試験に出るシリーズ」第2弾ついに登場!「がっさーん!立てジョー!遊びでねぇんだ」「富士山見るなら バルコニーで」「散村を 歌うの誰や チューリップ と波平や」。こんなもの、読んだところで何のことだか分からないあなたも、このDVDを見ればもう分かる。これこそが受験生必読!大泉校長の名作!受験必勝の語呂だ!生徒役に抜擢された安田顕も頑張った!満点を取ったことのなかった男は「勉強は、すれば分かるんだ」ということを知り意欲に燃えた。しかし大泉校長の懸命の指導と生徒安田の頑張りにも関わらず最終試験で安田は満点をとれずショック状態に落ち入り茫然自失。この瞬間大泉さんは、「安田に満点を取らせてやることが出来なかった全責任は校長である自分にある」と悟り、安田顕の奮闘にエールを贈りつつ、「案ずるな受験生!」の激励を一声残すと、一人、巡礼姿に身をやつし今年も四国八十八ヵ所合格祈願の旅に出るのだった。涙なしでは見ることの出来ない感動のドキュメントだが、最後に妖怪大戦争に巻き込まれて騒動になる。見ましょう!(HTB HPより)

さてようやくリリースされたDVD。

シークレット以外、ようやく見終わりました。
最近はもうシークレット見てもいません。

今回は、副音声が特によかったなぁ。
笑いあり、涙あり、裏話あり、バトルあり、恐怖あり。
過去最高レベルの副音声だった気がします。

もちろん本編もいいです。
「試験に出る」シリーズは好きなんですよね〜。
副音声でも言ってましたが、最後、安田さんが「ふっ」と微笑む、あの顔!!
彼のベスト表情なのかもしれません。
あれは、いいよぉお。

副音声の「涙」というのは、安田さん敗北のあと、大泉校長が長く演説をします。
これがなかなか感動的で、副音声で見ていた安田さんがじーんと来てしまいました。

そして「恐怖」というのは今回「四国2」ならではかも知れません。
そう、ドラマ「四国R-14」のもとになった、あの事件。
あの事件、実際はどうだったのか、語ってくれます。
そして副音声の収録をしながら、その真相を聞いた大泉さん。
「こええって!」

さらにです!
みんな心配していたと思いますが、「原付西日本」、こちらのリリースについても
語ってくれています。
すごい充実感。
後半酔っ払ってるから、藤村Dが繰り返し「雪かき」の話をするんですが、
「ディスクが変わっても雪かきの話かい?」
という嬉野Dの声、笑いました〜。

いや、今回は副音声ばかり何度も再生してます。
といってもここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

DVD「ゴールデンスペシャル サイコロ6/onちゃんカレンダー/30時間テレビの裏側全部見せます!」

dvd18.jpgDVD全集も第18弾となりました。
今回は「芳醇の年1999年」の最後を締めくくる3作が収録されています。

どこか、行ったことのない土地に行っての珍道中というわけではないので基本的にはHTB内で撮影されるという異色の作品。
それは問題ないのですが、今回は副音声があまりおもしろくありません。
画面を見てああだこうだ言って笑うというのが個人的な理想ですが、「領収書」の話や「ETみてぇだな」の話など、関係ない話で盛り上がるのも楽しみです。
でも今回は本編にほとんど触れることなく、「安田君というのはどういう人か」など、それぞれの人間性について語る場面が半分以上。
興味深い話ばかりで、これはこれでいいんですが、別の機会に聞きたかった。
笑えるのがよかったなぁ。
こういう話はどうでしょう、あえてカセットテープに収録して販売するというのは。
なかなかいいアイディアだと思うのですが。

以下HPより――――
DVD全集第18弾。
1999年12月。今こそゴールデンタイムに進出すれば、今以上の視聴率が出るに違いないと軽やかにソロバンを弾いたどうでしょう班は「サイコロ6」をゴールデンタイムにぶち当て放送することにした。
24時間前から生CMをカウントダウン的に打ち、世間を大いに盛り上げ、さらなる視聴率の上積みを図ろうと欲を出すどうでしょう班。
鈴井さん大泉さんは前日の夜7時からHTBに泊まり込み、CM生出演をこなすことになったが、CMのタイミングが時には数分というランダムな間隔でわりに頻繁に訪れるため、不眠不休の体制を強いられる。

結局ゴールデンタイムも普段通りの視聴率しか出せず、笑って済ませるしかない幕引きとなった苦い思い出の「30時間テレビ」と「サイコロ6」。
それに「onちゃんカレンダー」という妙に笑えるラインナップでお楽しみください。



ただ、その代わりといっては何ですが、特典映像には「生CM」だけを納めたものが入っており、しかも北海道ローカルCMもいくつか入るため、北海道で番組を見ている雰囲気がちょっと味わえます。
「よつば乳業」「ホクレン」「ベル・成吉思汁のたれ」など老舗から「千歳アウトレットモール・レラ」「愛犬美容看護専門学校」などの新しいところ。
さらに最後は「サンパレス」まで登場!
おおお!この歌まだあったんだ〜。ちょっとアレンジが昔と違う。
CMはすべて違うものではなく、多少だぶっているので、それもまた生々しい。
CMは1999年当時のではなく、この夏あたりのもののようで、個人的には毎回どっかに入れてほしいなぁと思います。が、無理でしょう。

ということでプラマイゼロ。
いつもと同じく楽しめました。
次は「石川・富山」でしょうか。「試験に出る」は好きなので楽しみ。
といっても、ここ、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

<追記>
その後あらためて見ましたら、大泉さんの副音声はまぁまぁいつもの通りでした。
「サイコロ6はおもしろくないからいい」と藤村さんが言っているためか、サイコロでは本編に関係の無い話が多く、安田さんの副音声はいつもあんな感じなので、いつもよりおもしろくない、というのは訂正いたします。
posted by my_cecil at 21:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

水どう「原付日本列島制覇 文久目覚まし時計」

時計次から次とよくまぁいろんなグッズをリリースするものです(笑)

約4年ぶりの新作「原付日本列島制覇」で大泉さんと藤村ディレクターがモノマネした「文久三年」「嘉永六年」など、グッズとして出すみたいな流れで「オンリー」撮りしてました。
が、ほんとに商品化するとは。

収録されているのは、大泉さんと藤村ディレクターがモノマネした「文久三年」「嘉永六年」に加えて、毎晩宿で「締め」として行われた大泉さんの腹太鼓などが笑い声と共にそのままのクリアな音声で収録されているそうです。

仕様:
サイズ:H12.3×W14×D11.2cm
音量調整ボタン、ライト&スヌーズボタン付
音声はダイヤルで「オリジナルボイス4種+呼鈴1種」の計5種から選択可能
平均月差±20秒以内(気温5度~35度範囲)、アラーム精度±5分以内
電池:単3×3本(付属)、1年間保証書付
5,670円(税込)

中身もいいですが、外見もかっこいい時計です。
などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

水どうレビュー〜闘痔の旅

1996年12月4・11日放送
「激走24時間 大泉洋くん 闘痔の旅」

このあたりからだいぶ「水どう」らしくなってきた感じです。
クルマを運転する大泉くん、その後ろにミスター、そんなおなじみの構図ができました。

副音声でも藤村さんがいっていますが、大泉くんの「自我」が生まれた回。「今回は自分が主役なんだ」と分かってから、彼が自分をどんどん出してきています。前にも書いたように、まだまだミスターとの立場の違いというのは随所に登場しますが。

大泉さんの痔を治そうということで、道南〜青森の温泉を回っていくというものですが、ちゃんとした温泉というのはあんまりなく、「こんな温泉があるの?」というような山の中の水たまり(間違いだったというのもありますが)や、工事中だとか。
なかでも強烈なのは水無海浜温泉。海辺にあって波をがんがんかぶる湯船。
大泉さんも心臓マッサージ(胸をドンドンたたくやつ)をして入り、思いっきり波をかぶるわけですが、その強烈なシーンが話題になり、ここを訪れるどうでしょうファンも多いようです。
現在では改修されていて、もとの湯船よりも海側に岩を積んだ防波堤風のものができていて、ざっば〜んというのはあんまりなさそうになっています。でも満潮時にはほとんど海と同化するらしいし、湯船の底はぬるぬるだそうで、あんまり入りたくないですね。

興味深いのは「藤村くん、ちょっとテレビ出すぎ」という大泉くんの発言があること。
今ではいちばんしゃべる男が、このときはまだまだ裏方という立場だというのがほんのりあったという貴重?な発言です。

温泉卵はおいしそうですが、全体的に自分では(水どうをなぞるということなしに)行きたくない温泉ばかりで、それが逆におもしろいです。ちょっと函館の駅前も写るんですが、あの辺は昔よく行ったのでとにかくなつかしい!

「だからあたしテレビってきらい」
そういったご婦人たちは今どうしてるんでしょうね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

水どうレビュー〜粗大ゴミで家を作ろう

「サイコロ1」より、2週「ビシバシステム」のコントをはさんで、堂島孝平さんちを訪問のあとに放送された、鈴井大泉チーム?の部の第2弾。

まだまだ大泉さんは鈴井さんと対等ではなく、さぐりさぐり・・・のはずが、鈴井さんの異常に高いテンションで、大泉さんの存在感がいちばん薄い回になってます。

札幌の街が好きなわたしには、個人的にこの回はかなり好きです。
深夜HTBを出て中央区へ。中央区といっても大通とかの方ではなくて西側の方かな。
深夜とはいえ、ぜんぜん車がいない。
そんな状況で、今では考えられないけど、当時の札幌ではまだ「粗大ゴミの日」というのがあって、
電気製品や家具などが捨ててあったのです。それを拾って家を作ろうという企画。

敷き布団や扇風機をゲットするあたりで空も明るくなり、人形を拾うあたりでは雨が降ったのか地面が濡れています。そのあたりの雰囲気がとってもいいです。

そして最後に宮の森の宅地を無断使用して家具や家電を並べていくんですが、手アンテナによるテレビの通電や大泉エレクトーン演奏など、ここも見所が多いです。

この回でほかに興味深いのは、カメラ担当が嬉野Dでも藤村Dでもないカメラマンだということ。
本職の人ということもあって、2人でしゃべってるときは2人のバストアップで、ときどき話題の方にぐっと寄ったり、ぼくたちはトラックの上〜みたいな話になると、引いてトラック全体を見せるとか、とにかくカメラが動きます。ふつうの番組では違和感がないものの、ある意味「どうでしょう」らしくないのです。そういうところも意識して見直すのもおもしろいかも知れません。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

水どうレビュー〜サイコロ1

「水曜どうでしょう」については、DVDやグッズが出るときにちょこっと記事をアップするくらいで、それ以外はほとんど何も書いていませんでした。

ということで、これまでの「どうでしょう」についてあれこれ書いてみようと思いました。

まずは記念すべき第1弾の「サイコロ1」。

もちろん最初は「1」などとついていない旅企画、アン・ルイスさんインタビューが前半にあり、実質は1.5週くらいの企画です。
大泉さんはまだ大学生、嬉野Dはテレビの方に来てまだ半年。テレビに関わっていた人は、後にミスターと呼ばれる鈴井さんだけ。番組を作ることになった藤村Dも、数字を取れる番組を作りたいとかまずはテンポだろうとか、いろいろ考えるところは多かったものの、とにかく手探り感満載でした。

今見ると、大泉、鈴井両氏とも若い!
藤村Dは今と比べるとほとんどしゃべらないし、あの笑いもほとんど聞けません。
サイコロの何が出て、それによってどこに行くのか!?というのがかなりクローズアップされていて、大泉さんのトークで笑わせるという場面はまだありません。

番組が手探り状態で作られたというのと同時に、人間関係も、各自のキャラもまだ手探りだったのが、企画以上に大きな特徴になっています。
というのは、この頃の鈴井さんは、大泉さんにとっては人生で最も怖い人だった頃。鈴井さんは面倒見がよく真面目な人ですが、若いこともあってかなり尖がっており、よく大泉さんは説教されていたそうです。サイコロの2投目で、サイコロをけっとばした大泉さんに鈴井さんが説教をするというネタ的な場面がありましたが、カットされた場面やカメラがまわっていないところで、よく説教されていたとのこと。
電車の中で車窓を見ている大泉さんに、「ほら、カメラまわってるそ」と言わんばかりに大泉さんの肩を叩く鈴井さんの姿にそんなところが垣間見えます。
3作目の「闘痔」の前半、車の前で出発前のトークで、大泉さんを突き飛ばさんばかりにどけてしゃべる鈴井さんの姿もかなり威圧的。

一方、大泉さんですが、「モザイクな夜」でテレビ出演はあったものの、まだまだ素人に近い感じ。とはいえ、ところどころに今の姿を思わせるしゃべりが登場するのはさすが。
前述の通り、手探りで様子を見ながらしゃべってる感じがかなり強いです。

藤村Dはもっと今と違っていて、DVD版のエンディングに後姿が映りますが、番組中は姿も出ないし、ときどき低い声でしゃべるだけ。今とはぜんぜん違っており、まだ若かったこともあってヤ○ザのようでもあります。

前枠・後枠は、副音声でも言ってますが、若いこともあってアーティスティックなつくりになっています。部分に色のついたモノクロ画面で、わざわざロケをして撮ってるもの。構図的にも「おしゃれ」になっており、手間のかかったものになっています。
今では「めんどくせーから」やらないとのことで、そういうのも含めて興味深いです。
旅のおみやげをプレゼントするというのもやっていて、15通応募が来たということで、最初はほんとに一部の人しか見ていなかったんだなぁというのもおもしろい。数字的には悪くなかったそうですが。

海外企画などはぜんぜん古さを感じさせない「水どう」ですが、このサイコロ1については、建物や後ろを走る車や電車などがやはりちょっと古い感じを出していて、それもまたいいですね。

初期の「水どう」は、大泉・鈴井両氏の番組というわけではなく、アーティスト・インタビューやビシバシステムのコントなどと交互にサイコロなどが放送されるバラエティ番組でした。
その名残があちこちにあって、そういうとっちらかった感じが、この頃の雰囲気の1つとなっている気がします。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

水曜どうでしょうDVDN「アメリカ合衆国横断」


水どう15DVD全集第15弾。どうでしょう班が広大なアメリカ大陸に挑む!またも、真の企画内容を知らされない大泉さんが降り立ったのはアメリカの西端・サンフランシスコ!翌朝明かされる衝撃の企画とは!?はるか東のワシントンD.C.ホワイトハウスまで、1日約700キロを走破しながら爆笑の珍道中を展開する、どうでしょう海外ロケ第3弾「アメリカ合衆国横断全8夜」を収録。(HTV HPより)


このあと有名作品がめじろ押しになるわけですが、ついに「アメリカ」がDVD化されました。

DVDの解説にも書いてありますが、特に大きな事件が起こるわけでもない旅。
ミスターの有名な「インキー」事件にしたって、副音声で藤村Dが言っているように大したことではない。
しかもこれまでの旅に比べて長い距離を走破しています。長い距離を走った日は大しておもしろくない、そう大泉さんが言っているように、本来ならおもしろくない旅になってもおかしくない。
ましてやアメリカは巨大な田舎地帯が続く国。

しかし、見ててとってもおもしろい。

がんがん走らなきゃダメだとミスターが運転する車。ミスターが眠ったのをいいことに温泉に寄り道する車。これまでに何度と見た光景ではありますが、ミスターが気づいたあとのやり取りが違いますし、そんなミスターがインキー事件のあとは、一気に「男を下げる」ことになった、そんなこともこの旅を大いに盛り上げています。

個人的には、副音声が「こなれてきた」のがおもしろく、嬉野さんなんてゲスト紹介時「イエイ!」ていっている(笑)。
ここのところ敬語で話すことが多くなった洋さんの副音声ですが、体調が悪いことや新作のからみもあってか、いい意味でやさぐれたかつての雰囲気を取り戻していて、それも最高にうれしかったです。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

水曜どうでしょうDVD第14弾発売決定!

嬉野Dの「日記」によると、14弾のDVDの発売が決定したようです。
内容は、「試験に出る」「四国八十八ヵ所」「釣りバカ」の人気シリーズ3本立て!

・司会者の安田さんが3日間に渡りスタジオに監禁されたという「クイズ!試験に出るどうでしょう」。
・その罰ゲームとして大泉さんがひとりで回った最初のお遍路「四国八十八ヵ所」。
・地味すぎる釣りを無理やり盛り上げた「釣りバカ対決!氷上わかさぎ釣り対決」。

予約開始は、6/1(火)から!
発売&引渡しは、9/22(水)!

このあとになると「アメリカ」「原付東日本」「夏野菜」「ヨーロッパリベンジ」…と、すごいのが目白押しですね。超楽しみです。

などといってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

「水曜どうでしょう」DVD全集第13弾


どうでしょう13ぼちぼちみなさんは副音声まで含めて完全に見終わり、あとはお気に入りのものをリピートしている頃ではないでしょうか。

この13弾は・・・

日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー

HTBの裏口駐車場で、シェフ大泉が関係者に次々と衝撃の料理をおみまいし、最後はどうでしょう班全員が泥酔して終わった「シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー」のほか、「日本全国絵ハガキの旅」「東北2泊3日生き地獄ツアー」の3本を収録。

前回の「アラスカ」のように何夜も続くものではないけれども、名場面が多く、また、これまで、そしておれからに続いているものが多いので、どれも欠かすことのできない企画です。

まず「カントリーサイン」や「サイコロ」の要素のある「絵ハガキ」。これはのちの「四国」シリーズを生むきっかけになっています。
前回の「アラスカ」がきっかけになった「シェフ大泉」。これは「夏野菜」以降につながっていきますし、「生き地獄ツアー」では「腹を割って話そう」が登場。
どれもおもしろいし、副音声もおもしろさが完全に復活しました。前回のよかった部分をそのまま引き継いだ感じです。
次回にも期待!

といってもここは
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

水曜どうでしょう手描きトランプ(inアラスカ)


とらんぷ水曜どうでしょうファンのみなさんは、現時点で最新のDVD
「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」をもう何度もご覧になっていることでしょう。
前にも書きましたが、今回は副音声がまた「あの」感じが戻ってきておもしろいです。

その「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」の企画で生まれたトランプが、グッズとなって登場してました!

番組でアラスカにオーロラを見に行ったわけですが、あいにくの雨。そんな最終夜、オーロラを見ることを諦めた大泉さんが、1枚1枚手描きをしてトランプを作りました。それを再現したトランプで、もちろん「ババ」ならぬ「バカ」が入っているとのことです。
価格は525円。いいですね〜。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

水曜どうでしょうDVD全集第12弾


DVD12ついに「水曜どうでしょう」のDVD12弾がリリースになりました。
おそらくみなさん、本編&副音声を楽しんでいる頃だろうと思います。

今回は・・・

ミスターを騙すはずが、結局また騙された大泉さんの驚き顔が見どころの「香港大観光旅行」、
釣りバカシリーズ第1弾となる「門別沖 釣りバカ対決」、
シェフ大泉作の伸びきったパスタに参加者が激怒した「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」の3本を収録(HTBより)

副音声で覇気がなくて心配させた前作とは違って、結婚後初登場となる大泉さんのコメントもなかなかいいです。
これまでは最初はDの2人で、後半にミスターと大泉さんが1人ずつ登場するというパターンでしたが、今回は出だしが大泉さんのだましから始まるということもあって、大泉さんを加えた3人で始まっています。これが実にいいです。さらに、Dの2人で副音声を始めると、ついつい藤村さんが大真面目に長く語ってしまうケースが最近は多かっただけに、ここ数作ではいちばんいい出来の副音声だというような気がします。

そして久々に封入のチラシも復活。
これがあるのとないのとで気分がぜんぜん違います。
次回予告もあって、今度は絵はがき、クリスマス、東北変装とこれまた楽しみな内容。

大泉さんが「楽しかった」というだけあってアラスカ編は見ていて楽しいです。終始天気も悪く、大泉さんも発熱するなど、明るくない要素が多いはずなのに、番組初となるシェフ大泉、大泉vs藤村という名物も登場し、キャンピングカーの雰囲気もいい。
キャンピングカーから乗り換えた後半はそんな雰囲気もなくなり心配したところ、おかしなガイド&通訳が登場。そして「不正」登場。これは大爆笑です。

今回も隠しコマンドがあるんでしょうけど、前作ではわたしはついにPS2をリモコンではなくコントローラーを使いました(笑)。今回はどうでしょうね。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

「水どう」DVD全集第12弾予約開始


DVD12いよいよ「水曜どうでしょう」のDVDも12弾になり、予約が始まっています。みなさんはもう予約完了しているでしょうか。

ミスターを騙すはずが、結局また騙された大泉さんの驚き顔が見どころの「香港大観光旅行」、
釣りバカシリーズ第1弾となる「門別沖 釣りバカ対決」、
シェフ大泉作の伸びきったパスタに参加者が激怒した「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」の3本を収録(HTBより)

発売は10月28日(水)。いつも通り遠い気がしていながら、過ぎてしまうと意外にそうでもない、というか、月日がだんだん速く流れているだけなのかも知れません。

今回でアラスカまでいくと、わたしの好きな「夏野菜」「四国」「原付」が迫ってきました。
迫ってきたといってますが、リリースはいつのことか。

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

大泉洋、結婚!

おめでとう永作博美さん、岩崎宏美さん、中村勘太郎&前田愛・・・と芸能界の結婚ラッシュ。

しかし、こう来るとは思ってもみませんでした。

大泉洋さん、ついに結婚!

お相手はフジテレビのプロデューサー。
ドラマがきっかけだそう。

「水どう」のDVDを見ていると、彼の結婚についてあれこれ思いをはせる場面があります。
副音声でも、いずれ彼も結婚をし・・・みたいな話も出てました。
北海道の人気者から、いまや日本の人気者の1人といっても過言ではない地位に上り詰めた大泉さん。
結婚するとしたら北海道の人ではなくて東京の人だろうか、とか、もしかしたら芸能人だったりして、とか。
あれこれ考えて、いざ「プロデューサー」と聞くと、それはちょっと意外でもあり、彼らしくもあり。

こないだの副音声、藤村さんとほぼずっと敬語で話し、これまでのように画面とは関係ないことをしゃべるでもなく、妙に落ち着いてしまっているのが、ものすごく心配なわたしとしては、この入籍で彼の芸風(?)が、守りに入るというか期待しない方に曲がってしまわないことを望んだり、と、母親のような気分でございます(笑)。

オフィスCUEのサイトはもちろん、水曜どうでしょうのサイトまでが今は重くてなかなか動いてくれません。
人気者になったんですね〜。

ちなみにお相手のプロデューサーというのはフジテレビのドラマプロデューサー中島久美子さん(39)。2人が出会ったのは05年放送のフジテレビのドラマ「救命病棟24時Part3」。大泉さんにとって初の全国ネットの連続ドラマの、この作品のプロデューサーが中島さんで、昨年のドラマ「ロス:タイム:ライフ」で再会。放送終了後から愛をはぐくみ、交際約1年での結婚、札幌市内の区役所に2人で婚姻届を提出したそうです。
いわゆる記者会見のようなものはないようですが、しっかり2人で歩んで行って欲しいですね。

でも、とにかく、
おめでとうございます!

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 21:41| Comment(1) | TrackBack(1) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

水曜どうでしょうDVD全集第11弾


どうでしょう11さあ、みなさん。
ローソン屋敷への討ち入りは完了していますか??

「水曜どうでしょう」DVD第11弾の店頭お渡し日が過ぎました。

今回は「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5〜キングオブ深夜バス〜
の3本を2枚組で。
桜前線捕獲のため仙台から北上するも、数々の刺客との戦いに本来の企画が薄らいでしまった「桜前線捕獲大作戦」、onちゃんが大泉さんと荒々しく殴り合うほどの仲の好さを見せつけた安田顕初参加企画「十勝二十番勝負」、人気のサイコロシリーズ第5弾「サイコロ5」の3本を収録!!

こういう小ネタ的企画は大好きで、古くは「粗大ゴミ」「闘痔」などお気に入りのものがたくさんあります。今回の3本はいずれも見たことがなかったので楽しみでした。

大泉さんをはじめ、みんな有名になり忙しくなっているので、このDVDの前枠後枠の収録が2008年唯一の「どうでしょう」の仕事だったということで、今後は昔のように国内の旅を・・・なんてなかなかできなくなってきたのでしょうね。
副音声も、大泉さんはそれを撮るだけのために東京から札幌入り。2時間も札幌にいずに東京に戻るというハードスケジュール。

これまで副音声では藤村Dと大泉さんの言い争い(?)がとってもおもしろかったんですが、今回は出だしから大泉さんもおとなしいし(ずっと敬語だ)、藤村Dも前半ではかなりまじめに語っていて、安田さんとも真面目な語りなので副音声自体は、特にDISC1はあんまりおもしろくないなぁ。
これまでは画面と関係なく話す感じでしたが、今回は画面に忠実で、まぁそれはそれでいいのだけど。
藤村Dが副音声をクルマの中で流して楽しんでいるという話は有名でしたが、今回のDVD副音声はどうなんだろ。

ただ、本編や前後のトークは文句なくおもしろい。
副音声でも言ってましたが、東京駅の前の風景など、人間以外の部分が今とはぜんぜん違っていて一昔前だというのを実感させています。
今回はDVDケースにチラシと付録(!)が入っていましたが、次回のDVDの予告はなし。
次回は「香港」が3夜と「釣りバカ」、その次が「秘蔵VTR」が3夜で、そのあとが「アラスカ」7夜。「秘蔵VTR」は無しかな。

前作リリースから11か月。2008年はDVDリリースが前作1本のみ。新作は編集が早いんですが、「西表」以降新作がないので仕方ないのですが。副音声で今回からマウスで編集ができるようになったという話があるので、DVDのリリース間隔が短くなるといいな〜。

藩士のみなさん、お気軽にコメントください。
でも、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

どうでしょうオルゴール


オルゴールBOX「水曜どうでしょう」のグッズは実に手が込んでいて、たぶんがんがん使う方にはとってもいいんでしょうけど、もったいなくて使えないわたしのような人間には、結果的にどちらでもいいようなことになります。
作っている方には申し訳ない(笑)。

そもそも首都圏に住んでいる人間からすると、ロッピーで買えるものも含め、どうでしょうグッズってその場でお金と引き換えに買うことができません。
ロッピーも通販も、まずお金を払ってしばらく待たないとならない。
そうやって手に入れたものって何となく勿体ないんですよね〜。

友人の中には複数買って、保存用と使用用?ということをやっているぜいたくな方もいますが。
さて、あと3日で発売されるこのオルゴール。
こういう消耗品じゃないものは、そういう心配がないものです。その点ちょっといいですね。

「1/6の夢旅人2002」が流れるこのオルゴール。そうするとDVDのトップページ?と同じですから考えるだけでも楽しい。さらに曲に合わせて大泉校長やタコ星人のマスコットがクルクルと回る。ケースの内側には、前枠・後枠から抜粋した数々の名シーンをプリント。
そしてマスコットを包み込んでいるクッション材。嬉野さんによれば、このクッション材は新聞紙をくしゃくしゃ丸めたそうなんですが、その新聞紙はわざわざ作ったものなんだそう。8千文字くらいをぎっしりわざわざ残業して?書いたそうです。ものすごいこだわり。

H7.8×W12×D11.2cmという大きさのこのオルゴール、4,800円(税込)、7月26日(土)発売。もちろんロッピーの取り扱いはありません
ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

水曜どうでしょうDVD全集第10弾

DVD10弾さあ、みなさん。
ローソン屋敷への討ち入りは完了していますか??

「水曜どうでしょう」DVD第10弾の発売日です。
いつもながらここまで長かった・・・
今回は「東京 2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」の2枚組。
「徒歩移動」という新たな境地を切り開いた、98年の過激で過酷な徒歩モノ2本を収録!!
ローソンに行くと、回を追うごとにレジ向こうの買い物篭内の袋に入ったDVDが増えていくのがうれしいやら何となくさびしいやら。
今回はBOXUが同時リリースです!

「マレーシア」は、先に「ジャングルリベンジ」DVDがリリースされているので、これでそろったことになります。
東京のは、日ごろ見ている風景がたくさん入っているのでなんとも不思議な気分になります。
いつもDVDケースに入っているチラシが入っていないのがなんとなくさびしいです。いつもはそれに次回のDVDの予告があるので。
今回は「カルトクイズ」が入っていないんですが、どうなんでしょう。次回は「十勝」「サイコロ5」「香港」でしょうか?

残念なのが東京の方のタイトル。もともと「東京ウォーカー」で、このタイトルが実に秀逸だと思っていたので、この「東京 2泊3日70km」というタイトルは・・・

藩士のみなさん、お気軽にコメントください。
でも、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 00:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

水曜どうでしょうDVD全集第9弾

さあ、みなさん。
ローソン屋敷への討ち入りは完了していますか??

「水曜どうでしょう」DVD第9弾の発売日です。
今回は「北海道212市町村カントリーサインの旅U」、サイコロシリーズの中でもバカバカしさは群を抜き、玄人好みとの評価も高い隠れた名作「サイコロ4〜日本列島完全制覇〜」の2本が収録されています。第9弾DVD

道中あまりにひまなあまり、稲川怪談鑑賞と大泉おどかし攻撃と化した「カントリーサインU」は、大泉さんの驚きが秀逸。

大泉さん、ただただ素でビックリしているわけじゃない。後ろの席で何かが行われているのはわかってる。それであの驚きですから、やはり天才!
「サイコロ4」では最初の大泉さんの「サイコロだな〜!?」という叫びにはなぜだか鳥肌が立ってしまいました。
まだ副音声も含めてたっぷり楽しめます。楽しみ〜。

次回作DVDは「東京ウォーカー」「マレーシア」とのこと。

しかし、ここは、1位になっても、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

藤村・嬉野 本日の日記 2002年7月〜2003年3月

本日の日記9月5日ローソン受け取りだったので、もうみなさん手にしていることと思います。

「オフィシャルHPで番組ディレクター藤村・嬉野が日々書き綴った日記が、遂に本になりました!シリーズ第1弾は、2002年7月〜2003年3月の日記から選りすぐったものを!本にはしおりの他に専用のシールが付いているので、ペタペタ貼れば愛着の湧く自分だけの一冊を作ることができる!」

「表紙は藍染の日本てぬぐいをイメージした純和風。手で触ると、粗い布地をイメージしたザラつき感、凹凸がございます。
 そしてこの表紙、よーくご覧下さい。これは単純にパソコンかなんかで描いた「てぬぐいの図柄をそのまま表紙に印刷」したものではありません。
 実際に「ふ」「う」と染め抜かれた日本てぬぐいを作り、それを写真に撮って、その「写真を表紙に印刷」しております。」
(HPより)

ということで、ベトナム縦断の放送前後、つまりいったん「どうでしょう」が6年間の放送に幕を下ろすというあたりからの「日記」を収録。
単行本で1600円はやや高いかなとも思いましたが、「本日の日記専用シールとしおり付き」だし、ちょこっとカラーの写真もあり、横書きなので右から開くのがとても読みにくいんですが、中身はとてもいい。

なんと、紀伊国屋書店でも手に入るようです。
第2弾が早くも楽しみ!
でもいつ出るのか(笑)。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

「水どう」で違法発覚!?


タレント、大泉洋さん(撮影・山田俊介)「水曜どうでしょう」のロケで違法行為があったと、いまさらながらに指摘され、北海道テレビ(HTB)も謝罪したそうです。

問題になったのは、2000年5月に放映した「水曜どうでしょう」の企画「原付西日本制覇 第1夜」。鳥取砂丘を訪れて、砂を採取し、砂が積まれたバイクで走るシーン。

鳥取砂丘の特別地域の砂を採取するのは、自然公園法に違反しているそうです。なんで今になって?という気がしたんですが、今年になって「水どう」が砂丘の地元・鳥取県で放映され、7年ぶりに「違法行為ではないか」と指摘されたそうなんです。

HTBは違法行為を認めており、ウェブサイト上で「関係者および視聴者の皆様に対して謹んでお詫び申し上げます。今後は二度とこのようなことがないよう、指導・教育を徹底して参ります」と謝罪のコメントを発表しています。

「どうでしょうリターンズ」「水曜どうでしょうClassic」などはすべての都道府県で放送されているし、今年になって、アメリカ・カリフォルニア州でも現地の邦人向けに放送をしているので、それだけ注目を浴びている証拠なのかも知れません。でも、なんだかな〜。
「原付西日本」はまだDVDになってませんし、今回のことでDVDに鳥取砂丘のシーンが入らないとか、あるいはテロップが入るとか、そういうことになるかも知れません。
でもDVD化中止とかはやめて欲しい。副音声にもそれっぽい暗い影が落ちることになるだろうし、違法行為とはいえ、何だよ今さら、などと思ってしまいます。

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 18:57| Comment(2) | TrackBack(5) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

「サイコロの旅ノート」登場


サイコロノート続々と「一生どうでしょうします」という人が増えている「水曜どうでしょう」。
そのおなじみの企画「サイコロの旅」の名場面・名セリフがノートになって登場です!
って、「なんだ?」という感じですが、パッと見は表紙以外B5の普通のノート。しかし、なんとよく見るとラインの部分に名セリフが小さな文字でびっしりと敷き詰められているそう。
うれしいのはフリップボード風用紙、とサイコロ展開図までついていること。
税込みで350円とのことなので、たくさん買って、思い切って作ってみましょうか?

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

posted by my_cecil at 00:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。