2009年05月15日

宇都宮の餃子マスコット(ぶらり宇都宮の旅4)

餃子ちゃん忘れていたので、いまさらアップします。

宇都宮に行くのを決めてから、いちばん欲しかったのが写真のマスコットです。
「るるぶ」の宇都宮のページにて発見し、どこに売っているのだろうと思ってましたが、特に「ここで買える!」みたいなのはなかったので、逆に「どこでも買えるものだろう」と思いました。

宇都宮で、駅のおみやげコーナーのようなところに行くとすぐに見つかりました。

そもそもこれは何か?と言われたら
マスコット
としか言いようがないのですが、ストラップとしても使えますし、とにかくかわいいじゃないですか!

反響があったらアップしますが、これの裏はちゃんと餃子っぽく「ギャザー」もあるんですよ。

ほっぺが赤いのがなんといってもいいし、買ったのは小さいほうの黄色ですが、ちょっと大きいのもあるし、色が白いのもありました。
ちなみに写真のは262円。

ほかに、お皿に乗った小さい食品サンプル餃子がついたストラップや耳かきなどもありました。

長崎屋の地下におみやげ店がありましたが、そこにもあったし、割とどこでも売っていそうな感じです。
いかがですか??

といってもここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

宇都宮の餃子2店(ぶらり宇都宮の旅3)

餃子小町さて、すっかり誰も見てない状態のこのコーナー、宇都宮最終回は「餃子」です。

街のあちこちに餃子店マップのようなものが置いてあり、それを見ながら歩いてる人もけっこういますし、通りに面した餃子店には行列もできてます。
行列に並んで何かを食べるということには全く興味がないし、せかされるように食事するのは苦手なので、モスとかヴィドフランスで食事しようかとも思いました(笑)。
時間帯をずらすと、お店によっては列が途切れるときも出てきたので、まずはパセオの2階(駅構内)にある「餃子小町」。ここは餃子店が4つ並んでいるコーナー(写真上)。

1つだけあいているお店があったので入りました。
「宇都宮餃子館」
ここは12店舗もお店がある有名店。どのお店にも行列ができています。
HPはこちらです。
頼んだのは「健太餃子」といういちばんノーマルな餃子とライス。
健太餃子12種類の焼餃子があって、どれがどれだか素人にはよくわからないですが、それぞれ詰め合わせたセットみたいなものも用意されています。そんなに食べる気はないのでこれで行きました。
1つ1つが切り取りやすく食べやすい小ぶりサイズ。
味は普通においしいというところ。
混んでて回転も速い。お店の人も慣れていてテキパキ。焼くのに7〜8分かかりますとお店に張り紙がありましたが、10分以上は待ったと思います。
昔はどこのお店でも注文から待たされたと思いますけど、このぐらいの待ち時間でも「長い」と思ってしまうのはいけませんね〜。
でも落ち着かない店内で10分以上というのはけっこう厳しいです。合わせて450円だったかな。

夕方帰る前に、しばらく電車に乗るからと、腹ごしらえとして、それほどおなかも空いてないのにもう一店。それがこちら、
「元祖宇味家(うまいや)」
HPはこちらです。
5店舗あって、先ほどのパセオの4店のうちの1つでもあります。
宇味家餃子入ったお店には「餃子マップには載っていないお店」みたいな張り紙がありました。確かにそのマップにも「街歩きガイド」というマップにも載ってません。
お店の中では「U字工事」の2人が店内で早食い競争をしているDVDが流れていました。

注文したのは、焼餃子シングル(6こ・345円)とライス(お新香つき・180円)です。やはり注文してから出てくるまで時間がかかりましたが、こちらはジャズがかかって落ち着く雰囲気。そのU字工事のDVD(時間が短くずっとリピートされてるけど)もあってか、あんまり待たされてる感はなかったです。
それほどおなかがすいてるわけでもないのに、隣の人の餃子が到着すると、すっごくおいしそうなにおい。
こちらは6つが皮でくっついていて、1つ1つ取るときに隣の餃子の皮がくっついてくる感じですが、これはおいしい。
特製のタレというのもおいしいですね。お店のおばさんたちは愛想があるわけではないのに感じがいい。また来たいです。

機会があればまた別のお店も行ってみたいですね。
でも、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

宇都宮の繁華街(ぶらり宇都宮の旅2)


オリオン通り地元の方には「それは違う」といわれることがあるかも知れませんが、もしそういうところがあったら遠慮なく指摘してください。

ただ、いつものように匿名コメントは禁止ですよ。

宇都宮というのはもともと城下町ということもあって、歴史的な建造物があり、逆にあやしげなお店が集まってるところがまったく見当たらない感じです。
にぎわうところと言うと、JR宇都宮駅からまっすぐ西に伸びる「大通り」と、それと平行に走るアーケード街の「オリオン通り」かなという感じ。
オリオン通りの中
西の、オリオン通りの入り口は、東武宇都宮駅が入っている「東武百貨店」を出たところにあります。
写真↑の左が入り口(か出口)になります。
これをずうっと歩いていくと、いろいろなお店があって、浅草の新仲見世通りを広くした感じ。右に公開ライブ上のようなオリオンスクエアを通過すると県庁と市役所をむすぶ「シンボルロード」と交差。
もうちょっと歩くとアーケードがなくなってここでオリオン通りが終了。

左に曲がって大通りの方に歩くとそこがバンバ通り。バンバ通り
左に長崎屋、右にパルコがあり、大通りの向こうに「二荒山神社」があります。
この神社の前には「表参道スクエア」というビルもあり、道路を渡ると左がパルコに右が長崎屋なので、かなりにぎわってます。写真→ではなぜかあんまりにぎわってないように見えますが。
パルコにはCECIL McBEEやマウジー、リズリサからDGRACE、ABCマートや無印良品、タワレコや紀伊国屋書店など、何でもある感じです。
地下は渋谷の109に似た感じだし(店員さんはあんなに声張ってないけど)、1階などの賑わいは渋谷パルコと同等ぐらい。
二荒山神社
さて二荒山神社ですが、この神社は初詣、七五三、合格祈願などの市民の心の拠所となっていて、夜にはライトアップされます。
国の重要美術品もおいてある由緒ある神社で、夜は10時までライトアップされているそうです。
都内のこうした神社なら、必ず付近にたこ焼きや焼きそばを売ってる屋台がありますね(笑)。なんでだ?

パルコの前にちょっとした山と神社があるというのがなんともすてきです。
印象ですが、若い女性はみんなセンスもよく、東京と変わらないです。中高生は都内の中高生とはぜんぜん違って、昔ながらの中高生という感じでほほえましいというか。
都内から引っ越すことになっても、あんまり不便はないと思いました。

などと書いてても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
posted by my_cecil at 23:06| Comment(0) | TrackBack(7) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR宇都宮駅前(ぶらり宇都宮の旅1)


宇都宮駅このカテゴリーっておよそ3年ぶりなんですって。
我ながらびっくりです。
ということで書いてみましょう。

生まれて初めての宇都宮市探訪。
先日書いた「U字工事」さんたちの地元・栃木の県庁所在地です。
まずは玄関たる「JR宇都宮駅」。

東日本旅客鉄道(JR東日本)の列車の、
東北新幹線、山形新幹線、東北本線(宇都宮線)、日光線、烏山線、両毛線、
といった路線が入っているのでかなり大きな駅です。

駅から大通りを望む
メインの駅舎は地上3階建てで、そのビルの北側に地上9階建ての駅ビル「パセオ」があります。その向かいからは、ヨドバシカメラやダイソー、新星堂やGAPなどが入った11フロアの「ララスクエア宇都宮」へのデッキがあります。
駅から伸びるデッキから駅を背にして大通りを見るとこんな感じです(写真中)。
休日ということもあってこんな感じなんでしょうか。同じタイプの駅だと松戸駅あたりを連想しますが、道路が車でびっしりなので、道路が広く感じられます。

パセオにはスタバや成城石井、八重洲ブックセンターやAMO'S STYLEやOZOCなどが入っていて、もうどこにいるのか分からない感じです。大体普段の生活圏で見られるお店はそろっている感じ。

餃子像駅の東口方面には一切行かなかったんですが、あの有名な「餃子像」、もともとは駅東口広場にあったものを去年11月に西口に移動したそうです。
西口はバスターミナルの上に広場がある感じですが、その下の陰に餃子像があります。
もともと東口にあったさまざまなものが大半は西口に移動し、今後東口には高層商業施設が建つ予定だとか。

もともとこの駅は、宇都宮の市街地を避けて作られたらしく、JR宇都宮駅と東武宇都宮駅との間が繁華街といった感じに受け取れますが、今後はどんどんお店などが作られていくのでしょうか。
ただ「宇都宮109」のように競合した結果消えていくお店があるのであれば、このままでもいいような気が、よそ者としてはしています。

といっても、ここ
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。


posted by my_cecil at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

西新井大師にお参り


境内から山門の外を今日は寒くはありましたが天気もよく、
時間もありましたので東京は足立区の西新井大師に行って来ました。
←写真は「山門」から外の風景です。
こんな町並みが都内にもあるんですね。
大師大本堂厄除(やくよけ)や家内安全などの「お護摩」や「供養」などで有名で、初詣で毎年賑わうところでもあります。
写真右上は「大本堂」です。
今年は正直あまりよくないことがたくさんあったので、そんな今年にサヨナラという意味もあってお参りに行きました(というのは後付けの理由ですが笑)
大師駅さて、西新井大師には東武大師線で行けます。大師線というのは西新井駅から大師駅までの1駅だけの短い路線で、単線で2両編成のワンマン電車が往復しています。写真中左が「大師駅」。けっこう大きいです。
大師駅ホーム駅のホームはご覧のように広大なスペースが。平日の昼間なんてかなりムダなスペースに見えます。見えますというかムダです(笑)→。
でも、たぶん初詣時にはここが人でいっぱいになるんでしょうね〜。
大師線車内から最後の写真はそんな大師線の車窓から。ご覧のように単線ですが、都会の単線なので右も左も建物ばっかり。こんなプチ旅行もおもしろいですね
もちろん地元の人には、毎日の見慣れた風景ですけどね。
ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

西新井大師HP
*クリックしてみる?→人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

浅間牧場(ぶらり軽井沢の旅6)

中軽井沢からR146を10キロ以上北上するとあります。
800haという土地に800頭もの牛が放牧されています。ただし、今はぜんぜん牛は見えません。
観光牧場じゃなく県営の牧場だから仕方がないのですが、ここは藤山一郎氏の「丘を越えて」のモチーフになった場所。見ただけで「え〜っ」というような段を登っていって振り返るとそこには絶景が。。。
浅間牧場丘を越え
平衡感覚もなくなるような丘の斜面が幾重にも連なって奥には森のじゅうたん。その向こうには浅間山…のはずが、ご覧のように見えず。
この手前には「丘を越えて」の歌碑もあります。


売店はかなり大きく食事もできますし、その向こうには軽く乗馬もできる場所などあります。喫茶店もあって思ったより時間つぶしできます(つぶすなよってか)。
そこにヤギやウサギもいます。これはそのうちの一匹。
浅間うさぎ


何匹かだっこしてみましたが、かなりかわいい!
てか、ウサギって熱いのね
ぬるぬるして抱きにくいこと初めて知りました^^;

20050810a2e84e3c.jpg軽井沢の道路、特に別荘やコテージのある地域の道路、
なんて美しいんでしょう。

右にも左にもキレイな森。でもうっそうとしてるわけではないし、木漏れ日もまさに絵に描いたよう☆

とりあえず一枚撮りましたが、なにせ運転しながらなので。しかも、ここが一番キレイだったわけではないんですが、まぁいいでしょ。
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 01:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

軽井沢・プリンスショッピングプラザ(ぶらり軽井沢の旅5)

さて、最近だと軽井沢に行った人は必ず来るんじゃないでしょうか。それがここです。(写真はNew East)
NEW EAST店内

6つのゾーンに分かれての広〜いショッピングゾーンです。ホームページをご覧くださればいかにいろんなお店があるかよくわかります。そして、サンプル品など多数揃えているため一品ものも多く、珍しいものも多いのと全品プロパー(正価)の30〜50%が当たり前
したがってみなさん避暑に来たのに頑張って買い物しちゃうんです。でも東京から新幹線で片道5000円ちょっとで1時間ちょっとで来られるんだから近いものです。

この通りスタバもあります。
軽井沢スタバ

さて、わたしは今回行きたかった「サマンサタバサ ネクストページ」へ。ここはサマンサのタバサ・ベガ・バイオレットハンガーなどのブランドのアウトレットが満載。
軽井沢サマンサ店内もこんな感じ。都内のサマンサとあんまり大差ありません。今回は特に欲しいものはなかったんですが、店外には大きなダンボールが多数。東京から続々と新商品が届いてるようで、「その箱全部開けて見せて〜」という感じでした。

ちなみにNew EastとWestの間には広大な「芝生のひろば」というのがあります。例えがいいのかわかりませんがゴルフ場のようです。夜にはこんなに真っ暗ですが(写真の右が大きな池になっています)。
右が湖

ま、ここどうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
軽井沢プリンス・ショッピングプラザ
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 20:57| Comment(8) | TrackBack(3) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

碓氷峠の力餅(ぶらり軽井沢の旅4)

これは軽井沢というより、峠を一つ隔てた横川のものですけど、軽井沢駅にもあったので、ま、いいでしょ。

これは、峠の釜めし本舗(株)おぎのやドライブイン
のもの。

「おぎのや」さんといえば、1885年創業で『峠の釜めし』が、信越本線横川駅の駅弁として全国的に有名。1893年、横川〜軽井沢間が開通してからは、機関車付け替え作業の停車時間内に駅弁を買う人が多かったそうですが、軽井沢間の廃線後も益子焼きの土釜を使用した『峠の釜めし』は、その独特なスタイルで今も人気を博している、とのこと。

峠を越えるのにパワーをつけるということで生まれた「碓氷峠の力餅」は横川駅の駅弁売り場で買えます。外側はこんな感じ。

碓氷峠力餅
どうです?といわれてもよくわからないでしょう。
では中身ですが…

碓氷峠力餅中身
甘さ控えめのこしあんの中にお餅。一口サイズのため、こしあん好きにはすいすいいっちゃいます☆
これはおいしい!!

わたしの「これだけはゆずれないお菓子」のひとつに認定させていただきます!
でも、
どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。

おぎのやホームページ
人気blogランキングへ
posted by my_cecil at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼押出し園に行った(ぶらり軽井沢の旅3)


20050810bc9dcca1.jpgこのブログらしからぬ記事が続いてますが、いいです。何でもありなので^^

関東甲信越の方にはメジャーかもしれませんが、わたしは軽井沢初めてなもので、こういう初歩的なネタなんです。
さて、鬼押出しというのは、1783(天明3)年の浅間山の大噴火で約7平方キロにわたってできた岩海です。およそふつうの山にはありえないような形や色の岩が無数にごろごろしてるのです。
噴火の際、わずか10数分で477人の命を飲み込んだ溶岩(火砕流?)、その方々を弔う意味で観音堂もあります。
また、高原植物も豊富なところです。ちなみに浅間山が活動中ということで、奥の方の探索コースは閉鎖中でした。。。

なお、「鬼押出し」という名前は、噴火の様子が「鬼が暴れて岩を押出しているようだ」というところから名づけられたそうです。

って、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 09:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

浅間大滝(ぶらり軽井沢の旅1)


050809_1441~01.jpg変な土産屋さんとかもなく、道も砂利道だけど、頑張って行った先に、こんなにマイナスイオンが!


ま、どうせ誰も見てませんからっ(UoU)。。。
人気blogランキングへ

posted by my_cecil at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。